Trans Princess
FC2ブログ

日本はどこかで、パラダイムの大幅な転換を…☆

2019–07–17 (Wed) 22:05
金正恩氏の、あの高級リムジンは制裁をいかに迂回? 米調査機関が報告発表

発表したのは韓国ではなく米国です。
そもそも北朝鮮に一番横流ししている国がどこかと言われれば、日本に決まっているでしょう?
この世界の実像を少しでも知っている人間ならば、朝飯前に分かるはずですが…☆




韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」

日本の国内はこうした論調で埋め尽くされていますが、
国際社会の中では、分が悪いのは日本です。
ネトウヨの支持を得る為に外交を持ち出すという最悪な戦術で、
日本の品格まで疑われてしまう可能性すらありますし、
何より問題なのは、こんな事をしている限り、物事は解決どころか、
まずます泥沼にはまり、ますまさう日本の国益を失うと言う事です。
「愛国者 語る奴ほど 売国奴」とは、こういう事を言うのです。




米国は日韓の問題解決支援で「できることはする」=国務次官補

できることはする。
米国はできないことはしないという事です。
と言うか、、する気なんてないのではないですか?…☆



在日米国大使館、ハガティ大使の月内退任を発表

こんな時に大使退任という事は、どういう意味でしょうかと問われれば、
今の安倍が率いる日本なんかそんな程度の国だと、思われているからでしょうね。
「日本は勝手にやっててください、米国も勝手にやりますので」
そう、米国は確実に、未来に向かって動いていますよ…☆




河野外相「聞いてないよ」 トランプ氏のツイートに焦る

傑作ですね…何も聞いていないそうですよ。
「日米同盟は嘗てない程に堅固である」なんて、大嘘だというのが分かりますね。
安倍は米韓朝が板門店で会うなんて、一言も聞いていなかったですから、
河野が大使辞任について何も知らなくても、当然な事です。
「いつもベタベタつきまとってうるさいから、しばらく放っておこう」
米国の対日政策の本当の姿は、これに尽きるでしょう。



米国は一歩、また一歩、アジアから離れようとしています。
南北朝鮮だけでなく、中国もロシアも、台湾も香港もASEANも、
その事に気づいて、動き始めているのです。
日本はすっかり遅れを取っていますから、
どこかの時点でパラダイムの大幅転換をしなければいけませんね…☆




最後にその米国の話題から…

米下院、トランプ氏非難決議を可決  「発言は人種差別的」

トランプを使った世紀のプロレス、見事ですね…☆
そう、この4人の女性を、新しいスターダムへ乗せたのは、このトランプですよ。

今までここ、つまり「リベラル」陣営の「女性」といえば、
あのヒラリーが、作り笑顔でここにデンと座っていたのです。
しかし、そのヒラリーを葬り去ったのはトランプ。
そして新たなスターを、いきなりスターにさせたのもトランプです。


恐らくトランプの次は、このようなリベラル陣営が政権を取るのでしょう。
その為にトランプと、彼を動かす「世界の胴元」は、
あの手この手のお芝居で金融戦争屋を粛清し、
スピードを下げて、「比較的穏健で持続可能な世界秩序」を目指しているのでしょう。


それが上手く行くかは、分かりません。
けれど「穏健リベラル」な近未来は、決して悪い話ではありませんし、
民がもっと学んで賢くなれば、そうした穏健な平和を重んじる社会になるのでしょうし、
もしそうなれば、「世界の胴元」に頼らなくても、やっていける…
そんな希望も湧いてくると思いますよ…☆









スポンサーサイト

日本の国益を台無しにしてでも選挙に勝とうとする馬鹿首相…☆

2019–07–15 (Mon) 21:15
韓国大統領「日本経済に大きな被害」 輸出規制を非難

ほらほら、正面切って文が言って来ましたよ。
こうなったら安倍たちも、韓国が北朝鮮に不法輸出していた証拠を出して、
彼らが大嫌いな韓国を、完膚なきまで叩きのめせば大したものですが…
証拠があるのでしょう? あれだけ大見得を切ったのですから…☆


日本、韓国輸出規制「北朝鮮搬出のためではない」態度急変

安倍首相など政府要人、北朝鮮関連ニュアンス発言 政府間の初の公式会議では「違う」否定 日本国内の輸出管理上の問題と示唆する発言も
日本政府が、韓国に対する輸出規制措置の理由に挙げている「不適切な事例」が輸出品の北朝鮮への不法搬出ではないと明らかにした。安倍晋三首相をはじめとする日本政府の要人が北朝鮮と関連があるというニュアンスで相次いで発言したが、公式会議の席上では態度を変えた。また、韓国に対する輸出規制政策の原因が、日本国内の輸出管理の問題点のためと解釈できる発言もあったと韓国側は説明した。


選挙対策で支持率を上げるためにでまかせを言っただけで、
選挙が終われば撤回するのではないですかね。
国内対策のために外交を使うのは安倍内閣の得意技なのですが。
その度に日本の国際的信頼を低下させ、国益を毀損して来ましたよね…☆

この記事に関して熱血ネトウヨくんたちが必死に間違いを指摘していますが、
その間違いより、あれだけブチあげて証拠が出せず、
国連安保理から牽制球投げられた方の追求をしたほうが良いですよ…

と言うか…さすがにまともな右翼は愛想尽きたでしょう。
このまま行くと、安部が倒れるとき、「右翼」全体が地獄へ引き摺り込まれます。
「我々は安倍とは違う」所をちゃんと見せておかないとまずいですよ。
もっとも、まともな右翼の人は、とっくに逃げ遂せてますが…☆


嫌韓極右の最後のあがきの先にあるもの…☆

2019–07–13 (Sat) 19:55
この数日のニュース、特に日本のマスミディアが流すニュースを見ていると、
馬鹿が外交をやると後始末が大変だと思う事ひとしおです…☆


先月の大阪G20で決めた事を憶えていますか?
金融戦争屋の広告塔、ニューズウィークの記事で再確認しますよ…☆

G20大阪サミットで安倍首相「自由貿易で強いメッセージ打ち出す」

安倍首相は「自由貿易やイノベーションを通じて世界経済の力強い成長をけん引していく」としつつ、世界経済の現状について「足元、安定化の兆しが見られるが、下振れリスクの方が大きい」「何より、貿易と地政学をめぐる緊張は増大している」と指摘した。
経済の下方リスクに対して「G20の責務」とし「 全ての政策手段を用いて成長を実現していく決意を共有したい」と強調した。
「経済成長の主要なエンジンとして、特に貿易とイノベーションが重要」「自由で開かれた経済は平和と反映の礎」と改めて指摘。「貿易制限的措置の応酬はどの国の利益ともならない」「いかなる貿易上の措置も世界貿易機構(WTO)協定と整合的であるべき」「現下の世界貿易をめぐる状況には深く憂慮する」と、米国の保護貿易政策を暗にけん制。「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため強いメッセージを打ち出さなければならない」とした。WTO改革に向けたモメンタムをさらに高める方策を議論したいとも述べた。

いやあ、随分とぶち上げましたねえ、安倍首相…☆
ところがその安倍首相率いる日本政府が、
舌の根も乾かないうちに首脳会議の共同声明を破棄したのですから、
世界は「これって何の為のG20だったの?」
「自分で言っていて自分で破って、日本は発狂したの?」
と見ている事に、日本人自体が気が付いていないのが痛いところです。


安倍たちがこのような態度を取った最大の理由は、
安全保障などではなく、選挙対策なのです。
経済も外交も八方ふさがり、あちこちで不祥事が露見され、
お仲間たちは問題発言が止まりません。
こんな時頼りになるのは、韓国嫌いのネトウヨ根性しかありません…☆

米国には逆らえないし、中国・露西亜にもケンカを売る度胸はない。
今まで裏で結んで付き合ってくれた北朝鮮も、今はトランプとべったり。
残っている叩きやすい敵は、韓国しかないのですよ…☆
そしてどういうわけか、日本人にはとても悪い癖がある人がいるのです。

日本は韓国に比べて優秀で、韓国人は非常に劣った民族である…
程度の差はあれど、そう考えている日本人は意外に多いですよね。
それは分かりますよ…日本国内ですら、それはあるのではないですか?
「白河以北一山百文」「蝦夷」とかね。
わたしが西日本の方たちから、自分の耳で直接聴いた言葉ですよ。
(わたしの父方の総本家も西日本なので、分かります)
沖縄に対しても、「琉球土人」など、酷い言い方がありますね。

勿論、そんな人は少数だと思いますし、
嫌韓感情を持つ人も、本来はそこまで多くないはずなのですが、
連日マスミディアが煽り報道をしていますので、そちらに傾く人も少なくない。
これは日本のマスミディアの重大な犯罪になると思います。
マスミディアとはそういう物だと言えば、言葉もありませんが…☆



さて、肝心の米国はこの事態をどう見ているかと言うと…
わたしは「これはこれで、使えるシチュエーション」だと考えているのではと思いますし、
もしかしたら、これもトランプのゴーサインで安倍がやっているのかもしれない、
そう思えるフシさえ感じます。

どういう事かと言うと…
こうして日本と韓国が敵対すればするほど、北朝鮮と韓国は接近していく事になります。
それは勿論韓国の中国・ロシア接近を意味し、
南北統一後の国家像は、中国・ロシア側の安全保障に組み込まれる事になり、
冷戦はこれにて終結、在韓米軍は晴れて朝鮮半島から撤退出来る事になります。


このあたりまでは、お馬鹿な日本の右翼も考えているでしょう。
「韓国が東側に付き、最前線は板門店から玄界灘へ移動する」
「そうなれば日本は東アジア随一の、米国の同盟国となる」
「防衛力もますます増強する必要があり、憲法改正が現実のものとなる」
ネトウヨ脳さんたちの、理想の未来みたいなものですかね…☆



ところが…☆
米国は続いて、日米安保を破棄するでしょう。
なぜなら、朝鮮戦争が終わったからですよ。
朝鮮戦争を戦う為に日米安保があったのですし、
それは米国を東側の軍事力から守る為にあったのであり、
米国が日本を守る為にあったのでは、100%ありません…☆

トランプはその布石をちゃんと打っています。
「もしもアメリカが攻撃されても、日本はわれわれを助ける義務がまったくない。」
「日本人ができるのは攻撃場面をソニーのテレビでみることだ!」
と、6月26日にFOXニュースでお話していたではないですか。
他にも色々ありますよ…☆

だから今嫌韓極右たちがやっている事は、
自分で自分の首を、喜んで絞めているようなものなのですよ。
忠告してもそれを素直に聞きそうには見えませんし、
本当に嬉しそうに自分の首を絞めているので、放って置くとしましょうか…☆
(さすがに米国の極右は、「まずい…」と気づいているようですね)



今日本がやっている「まずいシナリオ」どおりに進むと…
朝鮮戦争終結、朝鮮半島全体は中露と同盟関係をもつ事になり、
米国は朝鮮半島及び日本から完全撤退。
それどころか、黒字を減らさない日本へ、強力な攻撃を仕掛けて来る。
(おそらく、ニクソンショックやプラザ合意と同じ、米ドル大幅切り下げでしょう)


米国からバッサリとやられ、大陸に通じるパイプも絶たれた日本は、
そうとう窮地に追い込まれると思いますよ…
ただ、わたしはむしろ、そこまで行けば希望の光が見えてくる、
そんな気がしているのです。

この30年ほど、愚か者たちが国を動かし、疲弊し、衰退した日本。
逆にここまで失敗したら、国民も彼らを見放すでしょうし、
自分たちも悪かったと気づいたところは真摯に反省し、
あたらしい未来に、心機一転希望を持って取り組むようになれば、
徐々に社会全体も良くなっていくと思いますよ。

外国にも頭を下げるところは下げて、
その上で一緒に良い未来へ行きましょうと声をかければ良いでしょう。
そうすれば大陸の国々も、生まれ変わった一番東にある島国を、
頼もしい友人として迎え入れる事でしょう…☆



「そんな未来は許さーん!」
と言っているのが、例の金融戦争屋のご一派さんたちですが…
時代はもう彼らのものではありません。
わたしたちは歴史の大きな大きな断層を乗り越えて、
新しい時代へと、旅を続けていくのですよ…☆




日航123便動画、3日で55万アクセス超え…☆

2019–07–10 (Wed) 21:55
ブレクジットやトランプ政権誕生以来、世界は確実に変わりつつあります。
つい先日はトランプと南北首脳が勢ぞろいした…という事は、
いよいよ朝鮮戦争終結です。

それなのに日本(とイスラエル)だけは、旧態依然。
敵対心をあおり、国民を扇動して、外国との戦争機運を盛り上げる…☆

しかし…そんな日本にも、転機は訪れています。
その兆候は、意外なところからも伝わってきます。
たとえば、これ…☆



「知っていますか? この大問題」という題名のこの動画。
作られたのは有名な、「アシタノワダイ」さま。
7月7日にYouTubeでアップされた、日航123便撃墜事件の真相を探る動画が、
僅か3日で55万を超えるアクセスを獲得し、まだまだ増加中。
ここは若い視聴者も多いので、新たに興味を持つ人も一気に増加中です…☆

3日で55万人…色々あったようですが、
少なくとも現在もこうして見られるというところが、大きな変化です。
以前なら確実に、あちらさんによって消されていた動画ですからね。

この問題に国民が興味を抱けば抱くほど、
極右の重鎮、中曽根などは死んでも死に切れないでしょう。
しかし彼にも、確実に死の時は迫ってきています。
そこからはどんな人間も逃げられません…☆

この動画も一度消されたようですが、復活した…
復活させるように、大きな力が動いたと考えると、
それが何か…なんとなくお分かりになるのではないですか?

そう、ブレクジットやトランプ政権を成立させた人たちです。
その人たちがみんな聖人君主、とは正直思えませんが…☆
これまで蔓延っていた金融戦争屋を駆逐する為に動いているようです。
やはり日本も、変わり始めているのですよ。

日航123便撃墜事件を起こすという大ドジを踏み、
真相を知った米国の金融戦争屋に弱みを握られたため、
同年秋にプラザ合意を飲まされて、日本の凋落が始まったのだとしたら…

その後も同じような手で絡め取られ、報酬と引き換えに、日本を切り売りしてきた。
それが愛国者を装う極右どもの正体だったりしたら…
日本と世界を愛する国民は、立ち上がるべきだと思いますよ。
これに関しては、右も左も関係なく手を握れますよね…☆


お時間のある方、ぜひ動画をご覧ください。
歴史の断層を渡って向こう側へ行く、
この時代を実感しながらね…☆





涼しい夜、簡易更新ですみません…☆

2019–07–09 (Tue) 22:27
今回は簡易更新になります。
涼しい七月、いかがお過ごしでしょうか…


トランプ氏、「無能」メモ受け英大使と「絶交」

いつものトランプ・プロレスですよ…☆
そろそろ騙されている事に気が付かないといけないと思いますが…☆



首相「怒るなら同じ党名で」 「民主党の枝野さん」発言

痴呆が始まっているようですが、本人はそう思っていないのでしょう。
それでも首相が務まってしまうところが、日本の最大の悲劇ですが…☆





気象庁が向こう2週間の、低温に関しての警戒情報を発表…☆

2019–07–08 (Mon) 21:01
気象庁から低温に関する「早期天候情報」が出ましたね。

早期天候情報

temp-.png

低温に関する早期天候情報(東北地方)
令和元年7月8日14時30分
仙台管区気象台 発表
東北太平洋側 7月14日頃から かなりの低温
かなりの低温の基準:5日間平均気温平年差 -3.2℃以下
 東北太平洋側では、7月12日頃にかけて気温が平年よりかなり低くなる
見込みです。その後も7月14日頃からはオホーツク海高気圧からの冷たい
気流の影響により気温が低くなる見込みで、7月16日頃は平年よりかなり
低くなる可能性があります。
 東北太平洋側では最低気温が17℃を下回る日がある見込みですので、農
作物の管理等に注意してください。また、今後の気象情報等に留意してくだ
さい。

このブログは仙台から発信しているのですが、
上記のように、かなり警戒すべき情報が出ています。
特に稲に花が付く7月の低温は、冷害を招く恐れがあります。
宮城では冷害に対して抜群の耐性を持つ「ひとめぼれ」が主力になっており、
昔のような大凶作は避けられそうですが、それでも値上がりを目論む悪徳商人達が、
不安や恐怖を煽って、自分達だけ大儲けしようと企んできますので要警戒です。

このブログではそうしたケチな悪人連中の企みなどお見通しなので、
その都度皆さまにもお知らせしてまいります…☆



低温に関する早期天候情報(関東甲信地方)
令和元年7月8日14時30分
気象庁地球環境・海洋部 発表
関東甲信地方 7月14日頃から かなりの低温
かなりの低温の基準:5日間平均気温平年差 -2.7℃以下
 関東甲信地方では、向こう2週間はオホーツク海高気圧からの冷たい空気
の影響で、気温の低い日が多く、かなり低くなる可能性があります。
 農作物の管理等に注意してください。また、今後の気象情報等に留意して
ください。

その南の関東も、低温に警戒です。
今年は既に何度か、夏の気温の心配をお話しておりまして、
たとえば2019年4月7日の記事
いつもとはちょっと違う…☆の中では、


いつもとはちょっと違うと言えば、
今年の天候もそうですね。

東・北日本は天気の急変に注意 午後は急な雨や雷雨も(7日19時更新)

この時期に寒気団が度々降りてくるのは、なかなかありません。
今年の夏はどうなるのでしょうね。
311以来、色々な災害がやってきましたが、
一つ、まだやってきていないものがあります。
それはね…冷害。
「寒サノ夏」が来てもいいように、準備だけはしておいたほうがいいかもしれません。
…そうしておくと、得てして猛暑になっってくれたりしますのでね…☆

と書かせて頂いておりますし(この時はまだエルニーニョの話題は殆どなかった)、
最近では2019年7月3日の記事、
九州で豪雨続く 避難所にエアコンがあると良いですね…☆の中でも、

スーパーコンピューター予測では、梅雨明けはまだ先の様です。
そしてエルニーニョは継続中。
ここでもしオホーツク高気圧が発生すると、
今度は北日本で冷害の心配も出てきます。
今年の夏が、いつもとは違う夏になる可能性もあります。
まずは今夜、乗り切りましょう…☆


などと書かせて頂きました。
今回のちょっと心配な思いが杞憂に終わる事を祈りますが、
現実化しても大丈夫なように、備えはしておきましょう。
「準備は悲観的に、でも行動は楽観的に」が、
危機管理の基本中の基本です…☆


このほか四国や九州でも低温警戒の情報が出ています。
これらの地域の皆様も、十二分にお気をつけくださいませ!







朝鮮情勢はかなり進展していると見るべきかと…☆

2019–07–07 (Sun) 21:33
崩壊寸前の核合意 イランが濃縮上限を破る 安倍首相はトランプ大統領の首に鈴を付けられるか

トランプもイランも、安倍など相手にしていません。
このような素頓狂な記事をトップに載せて、
「これで世界の動きや安倍さんの偉大さが分かった」
なんてこの6年以上やってきた訳ですが…
この6年半、あなたの暮らしは楽になりましたか?
自分や周りの人たちに、温かい笑顔が戻りましたか?
それとも…?
ヤフーという会社も、それに加担してきたわけで、
のおかげで今、大ドジを踏んでも生き残っているのです。



北朝鮮「日本だけが北朝鮮と首脳外交行えず孤立している」

そのとおりですね…☆


板門店で米朝首脳会談 安倍総理の「蚊帳の外」感

さすがの馬鹿殿も、自分の身が危なくなりつつあるのが分かってきたかな。
ストレスの矛先は、一番立場が弱いところは向かう…



安倍首相、輸出管理「韓国は信用できないから」

要は戦争屋の安倍と、反戦争屋の文と言う構図。
戦争屋はトランプ-プーチンに押されっぱなしですので、
安倍も大分、文憎しになっているようです。
但し、騒ぎの発端の、韓国の反日的な行動って、
どちらかというと文ではなく、安倍と同じ韓国の戦争屋仲間がやっているのだけど…☆


そういえば文は、こういう話もしていましたね。

「境界線越え」文氏に相談=トランプ大統領が板門店で-韓国高官

この高官によれば、トランプ氏は金正恩朝鮮労働党委員長と対面する前、韓国側施設「自由の家」で文氏と共に待っていた際に境界線越えを切り出した。文氏は「(正恩氏と)握手し、手を携えて越えればかまわないだろう」と答えたという。
韓国高官は「トランプ氏は境界線越えについて、ホワイトハウスの儀典責任者には事前に話しておらず、儀典チームは(文氏に相談した時点では)全く知らなかった」と説明した。


わたしたちの想像以上に、米朝韓そして中露の間で、話は進んでいると思います。
板門店での会談内容は秘密のベールに包まれたままですが、
わたしはその中の一つに、ある重要案件も含まれているのではないかと睨んでいます。

G20の前に、トランプはちゃんとリークしているではないですか☆
それはね…「日米安全保障条約破棄」です。

日米安保、そして日米同盟という巨大な利権の上に胡坐をかいていた、
安倍たちにとってはこの世が終わるようなお話です。
そして多くの、論客と言われている方々もね。

「なんだ、日本は戦争屋の犬ばっかりだったのか…」
と言われれば、
「はい、そうですよ☆」
としか言い様がありませんが…☆



 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR