Trans Princess未分類

希望の党から小池は出て行け…☆

2017–10–03 (Tue) 06:27
小池氏と維新、竹中平蔵氏が仲介 橋下氏も「密約を」


あ、この件、マスミディアでもオープンになったのですね☆
そういうことなのですよ。
どこまでも汚い人たちです。

民主党は小池を希望の党から追い出すといいですよ…☆
スポンサーサイト

極右に引導を渡すのは…☆

2017–09–25 (Mon) 22:24
本日簡易更新です。

この時期に解散総選挙をするのは、
北朝鮮ミサイル危機など、全くのインチキであるという証拠です…☆
本当に危機的状況ならば、こんな時に解散をするなど、
米国が許す訳が無いではないですか…
ちょっとだけ頭を使えば、誰でもわかる事です…☆


まあ、いいです。
いつもの様にマスミディアで自民党有利と報道させて、
いつもの様に投票集計システムで、総得票数×パーセントで票を各党に分ける…
というインチキで、自民党・公明党・その他改憲勢力を勝たせる…と☆
そううまくいくかは、知りませんが☆


もしそれをやっても…所詮は無駄な事。
結果は同じです。
安倍はもはや、再開した国会で演説一つ出来ないでしょうから。


極右は跡形も無く滅びます…☆
例え、今度の選挙でインチキ勝利をしてもね。
その引導を渡すのは…

森の妖精アイさまへのコメントのお返事にも書かせて頂いたのですが、
極右どもに引導を渡すものは…
それは北朝鮮でも中国でもロシアでもなく、
米国(そして英国)だと思いますよ…☆


秋分を過ぎ、冬至へ向かって、さらに世界の変化はスピードアップするでしょう。
日本にとっての最大の問題であり課題は、
北朝鮮でも中国でもなく、米国の撤収がいつになるか…です。
この辺りを読みを間違えると、大変な事になりますよ。
十二分にお気をつけくださいませ…☆


「安全第一」の落とし穴…☆

2017–09–10 (Sun) 20:00
本分優先のため、更新2日お休みしました。
この時期はなかなか忙しいのですよ☆


小田急小田原線の沿線で火事 一時車両に燃え移る

結果論といわれてしまえばそれまでですが、
なぜそんな危険な所に停車してしまったのでしょう。
もしかしたら、コンプライアンス、マニュアル厳守だからかもしれません。
非常ボタンが押されたら、即座に緊急停止しなければならないというね…

緊急事態が踏切障害などで無く、すぐ脇にある沿線火災である事がわかれば、
非常ボタンは押されても通電はしている筈で、自力走行で脱出できます。
安全確保の為15km/hの警戒速度で走行しても、数十秒で現場を抜け出せた筈です。
(信号機があってATSが絶対停止機能つきだと、その対応で少々手間ですが)
これ、もし桜木町国電火災の63形だったら、イチコロですよ…



この様な例は過去にも枚挙に遑(いとま)がありません。
有名なのは昭和47年11月6日に発生した、北陸トンネル列車火災事故でしょう。
こちらは類焼ではなく、連結していた食堂車からの出火ですが、
様々な要因が重なり、大惨事となってしまいました。
様々な問題が複雑に重なり合う事態での、「最善の策」のあり方を考えさせられる事故です。

北陸トンネル火災事故のwiki

午前1時13分頃、北陸トンネル内を走行中の大阪発青森行き501列車 急行「きたぐに」(EF70 62牽引、10系客車15両編成)の11号車食堂車(オシ17 2018)喫煙室椅子下から火災が発生。
それに気付いた食堂車従業員からの通報を受けた車掌の非常ブレーキ操作と機関士の非常停止措置により、列車は運転規定に基づいて直ちに停車した(敦賀側入口から4.6km地点)。
乗務員は列車防護の手配(対向の上り線に軌道短絡器を設置し、信号を赤にする)を行った上で消火器等で消火作業を開始したが、火勢が強まり鎮火は不可能と判断したため、車両の切り離し作業に取り掛かった。火勢の激しさとトンネル内の暗闇で作業は難航。
1時24分頃、火災車両より後部を切り離し移動した後、1時29分頃、トンネル両端駅である今庄、敦賀両駅に救援を要請するとともに、引き続き火災車両より前部を切り離す作業に取り掛かった。
しかし1時52分頃、架線が溶断され停電したため、列車は身動きが取れない状態に陥った。


昭和時代後期から末期にかけては、まだ普通急行列車が沢山走っていた時代です。
青函連絡船を介した北海道連絡輸送の為、青森発着の急行列車も多く設定されていて、
青森-上野には「八甲田」「十和田」「津軽」といった夜行急行列車が何本も設定され、
青森-大阪には、この「きたぐに」が走っていました。
この他昼行の急行、青森-金沢の「しらゆき」や青森-仙台の「くりこま」も走っていた訳で、
一度そんな時代の汽車旅をしてみたいなあと、ちょっぴり思うのですが…☆


出火の通報があった時に、そのまま走ってトンネルを脱出していれば、
ここまでの大惨事にはならなかったと想像されます。
非常停止地点から南今庄側の出口までは、直線の線路で約9.3km。
牽引するEF70の最高速度は100km/hですが、旧型客車牽引の為95km/hに制限されます。
それでも5分52秒後、つまり1時19分頃には、次の南今庄駅側出口へ脱出可能でした。
敦賀側の方が出口は近いですが、確か本線上でそこそこの速度を出しながら、
推進運転(機関車が最後尾で運転する事)出来るのは原則、東京の上野-尾久間だけです。

「走行する列車の風圧によって、火の勢いが強くなるのでは」
「トンネルの先の南今庄駅付近山林で、山火事の危険があるのでは」
等のマイナス要因もありますが、火がボーボーなのにトンネル内でシコシコやっているよりは、
遥かにマシな結果になったはずです…☆



ではなぜ、そんな危険な北陸トンネル内で緊急停車してしまったのかと言えば、
答えは、「異常事態があったら、何が何でも列車を止めろ」という大原則があったからです。
ではではなぜ、そんな大原則が出来たのかと言えば、
直接の引鉄は北陸トンネル事故の10年前の昭和37年に、こんな事故が発生したからです…

三河島事故のwiki

三河島事故(みかわしまじこ)は、1962年(昭和37年)5月3日21時37分頃、東京都荒川区の日本国有鉄道(国鉄)常磐線三河島駅構内で発生した列車脱線多重衝突事故である。
常磐線三河島駅構内で、貨物線から進行方向右側の下り本線に進入しようとした田端操車場発水戸行の下り第287貨物列車(D51 364牽引、45両編成)が、出発信号機の停止信号を行き過ぎて安全側線に進入し脱線。先頭の機関車と次位のタンク車(タキ50044)が下り本線上に飛び出した。
その直後に、三河島駅を4分遅れで出発し下り本線を進行してきた上野発取手行きの下り第2117H電車(6両編成)が下り本線を塞いでいたタキ50044に衝突。先頭車(クモハ60005)と2両目の車両(クハ79396)が脱線し、上り本線上に飛び出した。
さらに約7分後、その現場に上野行きの上り第2000H電車(9両編成)が進入し、線路上に降りて移動中だった2117Hの乗客多数をはねた上、上り本線上に停止していた2117Hの先頭車と衝突した。これにより2117Hの先頭車と2両目の前部が原形を留めず粉砕された。上り2000Hは先頭車(クハニ67007)が原形を留めず粉砕され、2両目(モハ72549)は築堤下に転落して線路脇の倉庫に突っ込み、3両目(サハ17301)も築堤下に転落、4両目(モハ72635)が脱線した。
この結果、死者160人、負傷者296人を出す大惨事となった。

①本線に進入しようとする貨物列車が安全側線で脱線し、一部が下り本線をふさぎ
②そこへ下り本線を走行してきた電車が衝突し、一部が上り本線をふさぎ
③更にそこへ上り本線を走行してきた電車が突っ込んだ

①も貨物列車が脱線したときに列車を止めれば、②も③も起きなかった訳です。



「異常事態があったら、何が何でも列車を止めろ」
この事故が契機となって、国鉄はATS(自動列車停止装置)を導入し、
安全性は飛躍的に高まりました。

しかし、北陸トンネル事故では、それが裏目になってしまったのです。
「異常事態があったら、何が何でも列車を止めろ」
その大原則に従って列車を止めた事が災いし、被害を大きくしてしまった。

それはなんと皮肉な結果だったのでしょう…
原則には例外がつき物で、
例外には、例外の例外がつき物で…
現場をよく知る熟練した人間が、そのつど判断する事が望ましいのですが、
今やマニュアル化の極限までいってしまったような状況下、
更には「コンプライアンス」「遵守」といった言葉が、人々の上に重くのしかかります。
本当の非常事態のときに、これで上手く回るのだろうか…
そうした不安は、皆さまもお感じでいらっしゃるのではないでしょうか?…☆



北陸トンネル事故に関しては、
山形のきうりさんが、詳細な報告・検証をされておられます。
マスミディアの報道内容の矛盾等に関しても考察をされておられ、
とても興味深く、濃い内容になっています。

北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上

北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下

お時間のある方は是非、ご一読をお薦め致します…☆



三文劇場が続く中、東北・北陸も梅雨明け…☆

2017–08–02 (Wed) 22:16
「グーンと下げなあかん」籠池氏音声データ

昨日話題だったこのお話ですが、これが「逮捕後公開の情報」のようです。
もっとすごいのを期待していたのですが…☆
おまけにリリース元がFNN…籠池劇場らしいです。
すみません、あまり盛り上がった事が書かないで。
でもわたしには、そう思えるのです…
この件には裏があるので、額面通りには受け取らない事…とね☆



分裂したビットコイン、価格も揺れる

高い授業料を払ってお勉強をするためのツール、ビットコイン☆

社会的には需要があるシロモノですが、
なにしろそれを運営している人たちが怪しいですから。
11月までに言い値で売れる局面があったら、わたしなら売りますね。
もっとも、最初から買いませんが☆



Tillerson Tamps Down Talk of North Korean Regime Change

北朝鮮とは対話だそうで。
それはそうです…金融戦争屋の最大の友好国ですから☆
潰しちゃったらおしまいです。
「実は強い北朝鮮」劇場で生かしておけば、後で軍事予算も沢山もらえます。
どこかのお国のボンクラ首相がヘマをすると、
すぐにミサイルを発射して、その支持率回復に励んでくれますしね☆

ロシアはわたしに似てちょっと意地悪ですから、
「あれはIRBMだよ」と、本当の事を言って困らせますが…☆
…わたしがロシアに似て…と言うべきか?…☆




おしまいに、河北新法の記事から。

夏空やっと 東北梅雨明け

仙台も梅雨明けです。
これから七夕を挟んで旧盆明けまでが、仙台の短い夏です。

20170802.jpg

仙台西部の向こう1週間の予報。
七夕の頃には、徐々に気温も上がってきそうですね。
けれどそれは、本当に短い夏の盛り。
今月の下旬には、朝晩にもう秋の気配を感じるのでしょう…



もっとも、南の海に謎の台風5号がいます。
この子次第では、天候の変化もありうるわけで…☆

20170802-2.jpg

「台風5号で」グーグルさまに聞いてみたら、こんなのが出て来ました☆
…何ですかこの予想図は?…☆

台風5号、奄美・沖縄接近へ=4日から暴風高波警戒-気象庁

20170802-3.jpg

クリックしたら、これが出て来ました。
全然違うではないですか…☆


「僕の考えた理想の国家」 崩壊へ…☆

2017–07–13 (Thu) 22:19
すみません、本日簡易更新です。
本格的更新は週末に…☆


新潮からこんな記事。

「山口敬之」を救った刑事部長の出世 菅官房長官からの絶大な信頼

新潮は公安からの情報で書かれている雑誌ですから、
完全に体制の中は真っ二つ(若しくはそれ以上)の様です。
「公安など何でも言う事を聞く」と思っていたのかもしれませんが、公安も人の子です。
聞けないものは聞けないでしょう。

追い詰められた安倍に取れる手段は限られていますが、
それこそ口から出任せで、
①憲法改正を諦めるて、経済最終戦政策へ転じる
②消費税を引き下げる
位の大嘘でも言って、支持率のV字回復を偽装するしかないでしょう。
国民は安倍を全く信用していませんから、本当の支持率は上がりません。
ですから、「V字回復を偽装する」です。
もっとも、誰も信じる人はいないでしょうが☆




渡辺謙も批判! 核禁止条約に唯一の被爆国・日本がなぜ不参加?核軍縮をことごとく潰す安倍首相、将来は核保有も…

本当は核兵器が欲しかった。
核兵器があれば戦争でも勝てた。
核兵器を自分で持てないのならば、
秘密で技術を供与して、北朝鮮に作ってもらおう…
そのあたりが本音の人たちですから…
日本国の首相としては、全くもってその器に似つかわしくない男です。

「ほかの金持ち国は信用できないけれど、日本は信用できる」
かつてはそういう国や人たちが、世界中におられました。
世界から信頼される国に戻るには、
まずは権力を私している腐敗したものたちを、引き摺り下ろす事です…☆



 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR