Trans Princess未分類

2017–04–13 (Thu) 19:40
今日は早く帰れたから、昨日の記事に追記しようとして、
間違えて記事を消してしまった…

しょぼーん…


元気回復してから、今日の記事を書きますので、
もうしばらくお待ちください…☆



…まあ、それまで、
こちらでも見ていて下さいな。

よく出来過ぎていて、
笑えませんよ…☆




スポンサーサイト

こんなお粗末な復興大臣、前にもいたなあ…☆

2017–04–04 (Tue) 22:26
どんなにカネで買収しても、次から次へとボロをだしていけば、いずれ破綻します。
今日も呆れた男が呆れた事をしたようです…☆

「出ていきなさい!うるさい」今村復興相が記者に激昂 自主避難者への支援めぐり

今村雅弘復興相は4日の記者会見で、東京電力福島原発事故の被災地で自主避難を続けている住民への対応をめぐる報道陣からの質問に対し、「出ていきなさい。二度と来ないでください、うるさい」などと述べていたことが明らかになった。菅義偉官房長官は同日午後の会見で、今村氏から報告を受けたとしたうえで、適切に対応するよう求めたと述べた。
 原発事故があった福島県では、先月31日に避難指示区域外に暮らす自主避難者への住宅の無償提供が打ち切りになった。今村復興相は4日の閣議後の会見で、「自主避難で避難生活を続ける人は、基本は自己責任だ」と発言。
 この問題をめぐって「国は責任を取らないのか?」などと質問した記者に対して、今村氏は「出ていきなさい。二度と来ないでください、あなたは。うるさい」などと感情的になる場面があった

まあ自分さえよければ良い売国極右なので、こんな程度の男なのでしょう。
それにしてもなぜ、復興大臣には当の東北の人間が選ばれないのでしょう。
ちなみにこの方は、薩長土肥の肥前=佐賀県のご出身の様ですよ…☆
そういえば、「オフレコ」で有名な初代復興大臣様も、九州のご出身でしたね。
まともな九州の方からみれば…恥ずかしいでしょうね、多分…。


そして例によって、すぐに「謝罪」だそうで。

今村復興相「出て行きなさい」 記者に激高し謝罪
今村復興大臣が会見で記者の質問に対し感情的になって声を張り上げる一幕があり、その後、発言について釈明し、謝罪しました。

 「責任持ってやってるじゃないですか。なんて君は無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい」(今村雅弘復興大臣)
 「撤回しません」(記者)
 「しなさい。出て行きなさい。もう二度と来ないでください、あなたは」(今村雅弘復興大臣)
 東京電力・福島第一原発事故の自主避難者への国からの支援が打ち切りとなることについて、記者から「国に責任はなく、自主避難者の責任だというのは無責任なのではないか」と質問を受けた今村大臣。記者の質問に激高する一幕がありましたが、これについて謝罪しました。
 「感情的になってしまいました。改めましてお詫びを申し上げ、今後はこういうことがないように冷静・適切に対処していきたい」(今村雅弘復興大臣)
 今村氏は「説明してもわかってもらえなかった」と自身が感情的になってしまった理由を説明。一方、午前の会見で自主避難をめぐり「何かあったら訴訟したらどうか」と発言したことについては「客観的に言ったつもりだ」と釈明しました。



東北の人間の目は、とても冷ややかですよ。
わたしももう、東北の人間です。
ですから、とても冷ややかな目で見ています。
正直、呆れてものも言えません。
まあ、一言だけ言うとすれば…


おまえたち…復興の邪魔だから、もう、来なくていいよ…



アップルの「トラップ・ドア」騒動に思う、運命の1985年8月12日…☆

2017–04–01 (Sat) 23:46
まずはゼロヘッジさまから、気になる話題。

More Dangerous Than The NSA? The Massive Spy Agency You Haven't Heard Of

米国の諜報機関と言えばNSAが有名ですが、それを上回るかもしれない諜報機関、
NGA(National Geospatial-Intelligence Agency=国家地球空間情報局)が話題になっています。
(有名なCIAは、諜報と言うより工作機関と申し上げた方がよいでしょう)

スノーデンの言うとおり、わたしたちのPCやスマホには全てトラップ・ドアが仕掛けられていて、
その気になれば国家は全ての情報を収集できるのでしょう。
そういえば先日、アップルの脆弱性についてのニュースがありましたが、
櫻井ジャーナルさまの、よくまとめられた記事をご紹介します。


WikiLeaksが公表した資料によると、アップルのコンピュータやiPhoneも有害ソフトに汚染の可能性

WikiLeaksが発表した新たな資料「DarkMatter」によると、アップルのコンピュータやiPhoneには製造ラインから消費者の手に渡る間に有害ソフトが感染しているという。もっとも、こうした工作はアップルだけの問題ではなく、むしろアップルは遅い方だ…(中略)
1970年代の終盤に開発された不特定多数のターゲットを追跡、情報を収集、分析するシステムのPROMISの場合、アメリカやイスラエルの情報機関がトラップ・ドアを組み込んで各国政府、国際機関、あるいは金融機関に売っていた。このシステムを日本人で注目したのは原田明夫と敷田稔。法務総合研究所は1979年3月と1980年3月、2度にわたってPROMISに関する概説資料と研究報告の翻訳を『研究部資料』として公表している


上記引用の通りとんでもないお話なのですが、こうしたはお話は昔から存在します。
来るべきコンピューター社会に備えて、パーソナルコンピューター普及の前に、
最初から「トラップドア」を埋め込んでおいたのです。
それが皆さんがお使いになって来た、「ウィンドウズ」です。
櫻井さんの仰るように、アップルは遅い方です。


しかし、せっかくのドア付きOSも、世界的に大きなシェアを取らなければ意味はありません。
それには競合する、ウィンドウズより優秀なOSを、早い段階で潰してお金ければなりません
そんなOSの一つが、日本が開発中だった「トロン」だったのです。
1970年代から80年代初頭の日本はまだかなりまともな国で、
原田氏や敷田氏の様に、同盟国に対しても監視の目を怠らない、
国家安全保障もちゃんと考えた国だったのです。


経済的にも米国を追い抜き、世界を凌駕する様な日本。
その日本を叩き潰す計画が立てられ、その中にこのトロンも含まれていたとしたら…

合点のあう出来事が、皆さまの脳裏に浮かぶ事と思います。
そう。
1985年8月12日に起きた、「あの事件」です。

日本航空123便墜落事故



JAL123便ミサイル撃墜 プラザ合意押し付け トロンOS技術者暗殺 佐宗邦皇氏不審死事件

2010年02月10日17:31
17名のトロンOSの研究者を載せた日本航空123便墜落事故 撃墜されたのか?

http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=352
自衛隊の無線技師だった知人の祖父は、事故当時、北海道は根室にて亜米利加空軍の軍事演習のやり取りを処理しており、こんな無線を受けた。
「…あ、当たっちゃった」
いやいやビンゴ、狙い通りでしょ?
追記:尚、この便には、純国産コンピュータ・オペレーション・システム「トロン」開発プロジェクトの技術者17名が搭乗していた。



日航123便については多くの謎が残されており、
ミサイルを使ったのかどうかまでは、正直分かりません。
しかし、最初から123便に搭乗した人間及び搭載された貨物を、
この世から永遠に葬り去ろうとした事は確かだと思います。
OSトロンを葬り、米国ビルボードで日本人として唯一人1位を獲得した坂本九さんを葬り、
日本の安全神話を葬り、運命の「プラザ合意」を押しつけ…
そしてこの後バブル経済を起こし、破綻させ、
その後の凋落に漬け込み、愚民化政策と中韓への憎しみを植え付け、
日本を右傾化させた人々の正体は、この事件が解明されれば、
すべて分かるのかもしれません。

もしそれがもっと早く分かれば、あの911も起きなかったのかもしれませんし、
311と原発破壊工作もなかったのかもしれません。
あの事件は、大きな大きな、ターニングポイントだったのだと思います。



上記のとおり、犯人の中に米国とイスラエルの姿が浮かび上がりますが、
一言断っておきたいのは、両国ともすべてが悪い訳ではなく、
特に監視対象となっている普通の国民は、むしろ最大の犠牲者と言う事です。
このおぞましい世界を変えるには、どこの国の国民も連携し、賢い民衆になる事です。
米国もイスラエルも、勿論日本も…☆




もっとも…そこまでしてOSに細工をして、全ての情報を収集しても、
それを解析するには大量の優秀な人材が必要で、実際には不可能なのです。
元々はその為にAI(人工知能)は研究されたのですが、所詮機械は機械。
やはりうまくいかないのでしょう。
それならばと、今度は単純頭脳労働に導入し、人員削減に役立てようという事の様です。
…本当は愚かな人たちの考える事は、悲しい程幼稚です…☆



二つ目の記事更新簡易化のおわびです…☆

2017–03–26 (Sun) 22:51
本日二つ目の記事…と思ったら、これから出動。
本日は「待機」でしたので、これは想定のうち。

気温3度。
雪が降ってもいいように、まだタイヤはスタットレスなので大丈夫。
また明日以降、ちゃんと更新しますので、
それまでお待ちくださいませ…☆


簡易更新が続く言い訳です…☆

2017–02–25 (Sat) 22:48
この所簡易更新が続き、すみません。

4月から研修も後期になり、行き先が決まりまして…
もっと田舎の方へ移る事になりました。
とはいっても、県内の某所ですけれどね。

ついにアカデミーから追い出されましたかと問われれば、
まあ、そんなものです。
へへへ…☆

ご覧のとおり、あまり品行方正な人間ではありませんからねえ…
おまけに出来も悪いし、お上には立てつくし…
まあ、この方が性に合っております…☆

それに、わたしは大都会で生まれ育った人間ですが、騒がしいのが苦手でね…
最近は仙台の街中も何かと煩く感じられてきましたから、
のんびりした田園地帯で研鑽を積む方が良いです。
人手も足りないですしね…☆

その準備もあって何かと忙しいので、
どうしても更新内容が貧相になっておりますが、
何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます…☆




 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR