Trans Princess未分類

ルチアたちの前に現れたのは、聖母マリアなどではなく その2…☆

2017–05–10 (Wed) 22:02
ファティマの奇跡の秘密の続きです…☆

教皇領を失い、スッテンテンのバチカン教皇レオ13世は、
1887年にIOR(Istituto per le Opere di Religioni)ことバチカン銀行を設立。
その最大の実力者が、Rafael Merry del Val y de Zulueta、
ラファエル・メリィ・デル・ヴァル枢機卿。

1865年10月10ロンドンのスペイン大使館生まれで、1930年2月26日没。
枢機卿在位は第一次大戦が勃発した1914年から死去まで。
英国系のスペイン貴族の家系で、父カルロスはオーストリア大使、
兄アルフォンソは英国大使になったという超エリート一家。
更に従兄のフランシス・ズルエタはオックスフォード大学の民法学の欽定教授。
その息子(つまり甥)のフィリップ・ズルエタは、アンソニー・イーデン、
ハロルド・マクミラン、そしてダグラスヒュームと、都合三人の英国首相に個人秘書として仕えました。

名士辞典を読んでいるだけでお腹がいっぱいになりそうですね。
この一族はロートシルトの大番頭として屋台骨を支えてきました。
ご多分にもれず後期の三世・四世の時代になると、ボンクラばかりになったようですが…☆

さて、財政面での援助と引き換えに、バチカンを勢力下に治めたロートシルトは、
その世界コントロールの為に、バチカンを最大限に利用します。
第一次世界大戦は国際金融の影響が薄い帝政国家を転覆させるのが目的の一つ。
その最大の標的が帝政ロシアでした。
それが成就すればひとまず目的は達成し、ウィルヘルム・ドイツも用済みです。
1917年4月16日、レーニンを載せた封印列車がペトログラードに到着。
帝政ロシアは崩壊します。
ですから贋聖母マリアは、「間もなく大戦は終わる」と予言したのですよ…☆
(この辺りは、前回ご紹介した記事の著者さまとは、違う解釈です)



お話をファティマに戻しますと、これがやはり、見れば見るほど胡散臭い…☆
分かりやすくする為に、ウィキペディアから引用します。

ローマ教皇ベネディクト15世の祈り
ファティマの地に聖母が出現された1917年は、ローマ教皇ベネディクト15世が、教皇座としての外交手段と権限の全てを使って第一次世界大戦の終結を模索していた時であった。ベネディクト13世の平和外交は徒労に終わり、ベネディクト15世は、自分の外交による力の限界を感じ、神の母、全ての恵みの分配者である聖母に願うことにした。ベネディクト15世は1917年5月5日、平和への嘆願書とする文書で、全てのキリスト者に対し、聖母へ世界の平和をもたらす執り成しを希い、これを聖母にのみ委ねるよう祈ることを呼びかけた。 ベネディクト15世は戦争終結について聖母の執り成しを望み、真摯な祈りをするために「平和の元后」の称号で聖母を呼ぶことを定め、この称号をロレトの連祷に永久に加えることを命じた。なお、ファティマの地で聖母マリアが牧童たちに出現したのは、ベネディクト15世が聖母へ平和を訴えるメッセージ行った5月5日の8日後である。なお、その後の一連の出現で聖母は第一次世界大戦の終結について語っている。

1917年5月5日にベネディクト15世がお祈りしたら、8日後に聖母マリアがやって来た…
そして毎月(キリストが刑死した)13日をわざわざ選び、メッセージを伝えた。
…この出来過ぎた様な展開、どこか「三文劇場」を思わせませんか?

wiki1.jpg

800px-Newspaper_fatima.jpg

当時の新聞には、確かに大群衆らしいものが映っていますが、
不思議な事に、「太陽のダンス」を映像で記録した媒体は残っていないのです。
1917年といえば、写真は既に一般的な者にいなっていましたし、
チャップリン喜劇や小公女などの映画も撮影されていました。
「いやいや、ファティマの様な田舎では、そんなものは全く普及していなかった」?

大勢のマスミディアが居たのですから、首都リスボンから持ち込んだでしょう。
絶好のチャンスだった筈ですがね。

これはあくまで仮説ですが、
マスミディアがこうだったと言えば、それが事実になる…
そんな三文劇場の一つだった可能性も、否定できないのです。
マスミディアは「彼ら」のものですから…

とんでもない奇跡を起こして人々をあっけにとらせ、
自分たちが望む、未来のビジョンを刷り込ませ、洗脳する…
これはいわゆる、ショックドクトリンの手法ですしね。




「いやいや、これは超常現象だ!」
と考えられる方も沢山おられるでしょう。
…それならそれで、疑問は沢山ありますよ。

何よりわたしにはファティマに登場したこの女性に、
聖母マリアの慈愛を感じる事が全く出来ません…☆

永遠の地獄を不可避な物としておきながら、
永遠の天国は約束していません。
ですから人間は例え天国にいても、
永久にいつ堕ちるか分からない、地獄の恐怖に怯える事になります。



おまえは聖母マリアの名を語った、ニセモノですね…
人が作ったものか、人知を超えたものかの違いはむしろ些細な事。
問題は、多くの誠実な人々が慕う聖母の名を語り、
人々を恐怖で支配し続けようという、
そのさもしい欲望にあると言わざるを得ません…☆


まあ、ここは単なる日記帳。
このお話は、これ位にしておきましょう。

それにしても子供の頃から疑問なのは…
どうして近所の教会の神父さんやシスターさんはあんなに良い人たちばかりなのに、
大聖堂のお偉い聖職者さんたちは、ああも強欲で醜い人ばかりなのでしょうね…☆


「教会に近づくほど、真理は遠ざかる」
昔からある、諺です…☆



スポンサーサイト

ルチアたちの前に現れたのは、聖母マリアなどではなく…☆

2017–05–09 (Tue) 21:48
さて、ファティマの奇跡の秘密ですが…

わたしは霊の存在や人類以外の崇高な存在も否定はしません。
むしろ霊界の存在などは自分の経験も含めて、確実にあると断言します。
それでは今回の聖母マリアも、そうした霊的な存在なのでしょうか…?

もし霊的な存在だとすれば…
このファティマに登場した「聖母」はとやらは、マリアではありません。
霊界の勉強をしている、若しくは知識・体験がある人間ならば誰でも分かる事で、
「永遠の地獄」というのは、実は一部の人の心の中にだけ存在します。
それも永遠ではなく、或る時気が付きさえすれば、心の持ち方を変えさえすれば、
永遠と思われた地獄は、一瞬にして消えてしまうものです。

このお話は長くなるので、またいつか別の機会にする事にして…
例え霊的な存在だとしても、「堅気な聖母マリア」でない事だけは確かです。
罪深い連中をやっつけるというのならば、
まずは悪の総本山の、バチカンに殴り込みに行くと思いますけれどねえ…☆

ましてやこの聖母マリアとやらは、人間が作った虚像の可能性が高いのです…☆


何点か、なかなか鋭い考察をされている記事がありましたので、
下にリンクを張らせて頂きます。
こちらのminaさまの記事を引用しながら、お話を進めていきます。

「ファティマの予言」をでっち上げた人々



1917年ポルトガルのファティマに、聖母マリアが計6回現れ、「ファティマの予言」と言われる「3つの予言」を伝えたことで知られる
「ファティマの奇跡」。だが、これは実は捏造だった可能性が高い。
ファティマの奇跡は、スピリチュアリズムの観点から考えても矛盾が多いが、ここは敢えて歴史的背景から見ることが重要と思われる。ファティマで聖母マリアと名乗る存在が当時の教皇に向けて伝えたとされるメッセージの中には、以下のことが含まれる。
「ロシアの回心・ロシアの奉献」つまり、ロシアに経済的な保護をもたらすことで戦争を回避せよ、ロシア人は聖母マリアに身も心もささげるべきであるといった内容である。1917年と言えば「ロシア革命」が勃発した年。そして、ロシア革命は、その後のアメリカの独立戦争ほか、1789年フランス革命、日本の江戸幕府を倒幕・明治維新同様、すべてが彼らフリーメイソンによって行われたことでも知られる。

そう、なぜロシアにここまでこだわるんのでしょうね、この聖母さん…☆
上記の他にわたしが注目しているのは、地政学上におけるロシアの位置です。
ユーラシア大陸の真ん中を支配する者がこの世界を支配するのが地政学ですから、
それが邪魔だと言うのは、ユーラシアの真ん中を治めておらず、
且つ、全世界を支配したいと望む者や者たちという事です…☆


ワーテルローで強大となったロートシルトは段々バチカンにも浸透していくのですが、
当時のイタリアは統一運動の嵐の真っ最中…☆
「よく知らないなー、そんなの☆」という方は、下記のウィキへのリンクでお勉強です…☆

イタリア統一運動

1861年にイタリア王国が建国され、1866年にはあのヴェネツィアを併合。
当時の法王ピオ9世は「バチカンは牢獄なり」とヒキコモリ作戦に出ますが、
ついに1870年には、ローマなどの教皇領も併合されてしまいます。
困ったのは教皇領からの収入が途絶え、すってんてんになったバチカン。
そんな素寒貧バチカンに救いの手を差し伸べたのが、
そう、あのロートシルト家なのです…☆

ピオ9世の後を継ぎ1878年に法王になったレオ13世は、
Istituto per le Opere di Religioni(Instriture for religions work 宗教事業協会)、
いわゆる「バチカン銀行」と呼ばれる組織を作りました。
法王就任の9年後、1887年の事です。

それを実際に動かすのは法王ではなく枢機卿と呼ばれるエリートたち。
国王は飾りで、官僚組織が実際に政府を動かしている…様なものです。

そんな枢機卿の一人に、ラファエル・デリ・メリィテルヴァルという、
切れ者の男が居たのですが…☆






(長くなるので、次回以降に続く…☆)

ファティマの奇跡から100年 エルサレム回復から69年…☆

2017–05–07 (Sun) 21:00
さて、たまにはオカルトの記事でも書きましょうか…☆
ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、
今年は「とある出来事」から、丁度100年なのです。
その出来事とは…これです。
下のリンクからウィキペディアの記事へジャンプ出来ます。


ファティマの聖母

1916年春頃、ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使とする14-15歳位の若者が現れ、祈りの言葉と額が地につくように身をかがめる祈り方を教えた。その後も天使の訪問は続いた。1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて様々なメッセージを託された[3]。聖母からのメッセージは大きく分けて3つあった。

で、その3つというのがこれ…

1.死後の地獄の実在:多くの人々が罪な生活、傾向によって、死後地獄へ導かれている。肉欲や傲慢など現世的な罪から回心しないままでいることにより、人は死後、永遠の地獄へと行く。具体的に、聖母はこの少女ら3人に7月13日、地獄のビジョンを見せ、彼らはそのあまりの光景に戦慄した。地獄は神話ではなく実在し、そこは全ての人が死後行く可能性のあるところで、入ったが最後、二度と出ることはできない。

2.大戦争の終焉と勃発:第一次世界大戦は、まもなく終わること。しかし人々が生活を改め罪を悔い改めないなら、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死に、そしてその多くが地獄に落ちてしまうこと。その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう、ということ。

3.秘密:聖母マリアは、1960年になったら公開するように、それまでは秘密に、とルシアに厳命した。その内容は「ファティマ第三の秘密」と呼ばれ、ルシアを通じて教皇庁に伝えられたが、1960年が過ぎても教皇庁は公開せず、2000年になってから発表に踏み切った。教皇庁によれば教皇暗殺の危機だとされる。ヨハネ・パウロ2世は、ファティマ出現記念日である1981年5月13日に発生した事件を東欧の政権による暗殺未遂と発表しているが、後述した理由から疑問視する意見もある。



この出来事はローマ法王庁からちゃんと「奇跡」として認定されています。
バチカンお墨付きの、実際に起こった出来事だったとされています。
今の世界は欧米を中心に発展来ましたが、その根幹にあるのはキリスト教。
そのキリスト教の総本山の一つで、最大勢力であるバチカンですから、
この出来事を真実と思う方も多いのです。

この「聖母マリア」がルチア・フランシスコ・ヤシンタの前に初めて現れたのが、
1917年5月13日ですから、間もなくそれから丁度100年という事になります。
そうなると、こういう予言が必ず出てくるわけです…☆


【超悲報】「5月13日第三次世界大戦勃発。ファティマ聖母100周年で」的中予言者が重大発表! 5月15日にも地球滅亡、10月13日まで絶望続く

20170513-1.jpg

この予言が正しければ、
早ければあと6日で第三次世界大戦勃発します!
さあみんな、急いでトイレットペーパーの買い占めをするです!わふー☆
え? それは1970年代の石油ショックの時の日本だ…ですって?

上記の記事にもありますが、これに「ダニエル書」の世界滅亡予言が重なります。

■破滅の時は、2017年5月15日
さて、ダニエルは神の御使いである天使ガブリエルから授かったという、人類の終末も預言している。
……エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシアなるひとりの君が来るまで、7週と62週あることを知り、かつ悟りなさい。その間に、しかも不安な時代に、エルサレムは広場と街路とをもって、建て直されるでしょう……」
1948年5月15日は、世界中に散らばっていたユダヤ人が中東にある大昔の祖国に帰って来たイスラエル建国の日。
メシアが来るまで7週と62週、つまり「69週」があるとなっている。ユダヤ密教では「神の1週間を1年」と象徴することがある。すると、週を年と換算すれば、69年ということになる。
つまり、エルサレムの回復(イスラエル建国)1948年5月15日+69年=2017年5月15日とは考えられないだろうか。

実際にはダニエル書9章で、70週といういう期日が出てきまして…
その70週は、7週と62週、そして最後の1週に分かれていて、
この最後の1週は更に、半週と半週に分けられているのですが…そうかたい事言うなです☆
こうして…破滅の予言が重なったのです。


さあみんな、やっぱりトイレットペーパーの買い占めをするです☆
世界が滅亡したら電気も水道も止まり、ウォシュレットも使えなくなるです。
だからとっとと、トイレットペーパーの買い占めをしやがれです! わふー☆


さて…
この予言は成就するのでしょうか、それとも…
そしてファティマに現れた歳暮…じゃない、
聖母マリアとは…?



(つづく…☆)

大型連休でも通常運転中です?…☆

2017–05–04 (Thu) 22:42
すみません、今日も簡易更新です。
東京からお客様がいらっしゃいまして、宴席を設けて楽しく歓談。
お開き後は宿泊先のホテルまでお送りし、今さっき帰宅しました。

明日はちゃんと更新しますよ…!
という事で、今日はこれから寝ます。

いや、昨夜は急遽代打の当直でして…
連休中で大忙しでしたので、もう眠いのです…☆




三文芝居も見飽きてきましたね…☆

2017–05–02 (Tue) 21:53
明日から5連休…の人もいらっしゃいます☆
わたしは…まあ、他の時期に休みを取る予定ですので、今回は軽めに☆
そして本日、軽めの記事です…(それが言いたかったのか?)☆


稲田防衛相 北朝鮮が中距離ミサイルを発射した直後の発言

これは世界の目もそう認定している所ですが、
朝鮮半島動乱を一番望んでいるのは日本の安倍政権です。
その割には、なんとも能天気なお人ばかりが閣僚です。
本当は何も分かっていないし、分かろうにも理解する能力がありません。
それをインチキ支持率で持ち上げるマスミディアに至っては…
もう全部、「いらない」ですね…☆


改憲派の重鎮は健在

この人は死ぬに死ねないでしょう。
死んだら最後、様々な疑惑や汚点が噴出してくるでしょうから。
結果的に日本を破滅させたJL123便撃墜事件を筆頭にね。
「天網恢恢疎にして漏らさず」、この世にいるう内に悪事がバレればまだ救いがありますが、
全部抱えてあの世へ行けば、大変な事になりますよ…☆


仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入

皆さまの中にビットコインに投資している方がいらっしゃったら、
わたしからのメッセージは、「止めておいた方がいいですよ」に尽きます。
元々は人民元を信用しない中国人成金相手の詐欺商売ですし、
「サーバーが飛んだのでもう分かりません」の一言でオシマイです☆
ましてや、孫の所では…☆




 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR