Trans Princess時事砲弾

キングを取られても、対戦続行する気ですか…☆

2017–05–24 (Wed) 22:46
これから土曜日にかけて、研修(実際は労働☆)が立て込んでおります。
なるべく更新を心がけますが、さぼった場合は、
「あ、忙しいんだな」と、次の更新をお待ち下さいませ…☆


加計学園文書「昨秋に示された」 前文科次官が証言

新潮の記事=公安のリークです。
報道の出所も内容も完全に「チェックメイト・キング」なのですが、
安倍はキングを取られても、ゲームを続けようとしていますね。
そういう人間は追放されますので、いなくなります。
人間引け際を肝心にしないと、逆に後が無くなるものです…☆



加計学園疑惑リーク元 読売新聞が異例報道の「官僚の風俗通い」は安倍官邸からの“リーク”

ここに至る前にっさっさとやめておけば、劣化ナチスにも「また次」があったのに…
我が身を守る為に官僚を敵に回しましたね。
これで内閣の答弁は、ますます意味不明なトンチンカンな物になる事請け合いです…☆



スポンサーサイト

「お約束の」ですかね?…☆

2017–05–21 (Sun) 21:17
北朝鮮が弾道ミサイル発射 EEZ外に落下、分析急ぐ

5月13日の記事、やっぱりね…☆ で、こんな事を書きました。

2017年5月12日に起きていますから、
犯人は例のカルト金融戦争屋か、そのお仲間たちです。
2+0+1+7+5+1+2=18=666…ですから☆
今後注意すべき日は、
2017年5月21日
2017年6月11日
2017年7月1日…などなど☆

今日は2017年5月21日です。
ね、分かりやすい人たちでしょう?




経済面では、突然の崩壊に注意する時期に差し掛かって来ました。
GDPが2.2%の伸びという報道がありましたが…

1~3月期GDP、年率2.2%増 個人消費がけん引

生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.0%減、年率では0.1%減だった。名目は5四半期ぶりにマイナスだった。

↑どこが景気が良いのでしょうかね…☆



一方、米国はもう武器位しか売り物が無いようで…☆

サウジに兵器売却合意 米大統領初外遊、イランけん制

トランプは色々爆弾を抱えているので、
金融戦争屋もそこを突いて、一気に逆転に持ち込みたい所ですが、
うーん、そろそろ逆スキャンダルが出てきそうですね。
役者トランプを支えている人たちはなかなか優秀ですから、
一番良いタイミングで、一番痛い反撃をする事を狙っているのでしょう。

ある意味、本当に「見もの」です…☆


トランプを叩けば叩くほど、自分の首がどんどん締まって行く…☆

2017–05–18 (Thu) 22:55
多忙の為、本日スーパー簡易更新☆
ブログ巡りとコメントへのお返事は、明日以降で…ごめんなさい☆



トランプを叩きまくったのは良いですが、
そのせいでドル安株安原油安が進んでいますね。
そうやってドル安株安原油安になればなるほど、
金融戦争屋は首が締まって、おしまいです☆


トランプ憎しと思って色々やるのは勝手ですが、
自分で自分の首を絞めて、結果的に自滅するのは彼らです。
トランプはのらりくらりかわしながら、
彼らが勝手に自滅していくのを待っていれば良いだけです。


それが分かってやっているのでしょうかね?
わたしには、甚だ疑問です。
「バカ丸出し」っていうやつですね…☆





金融戦争屋VS反金融戦争屋の戦い…☆

2017–05–17 (Wed) 22:18
トランプとロシアがくっついていると、日米のマスミディアが大騒ぎをしています。
ある意味その通りです。
トランプはプーチンと組んで、金融戦争屋を叩き潰すつもりですから…☆

しかし、それを糾弾する側に大義名分がないのも確かです。
彼らは戦争をわざとおこし、悲しみと涙にくれる人々を踏みにじって
巨万の富を得て来たのですから…☆

2014年3月5日の記事、
劇場のお芝居は、舞台裏の方が面白い…☆
などで、こんな事をお話しております。

もう、国対国…で時局を見ていては、判断を誤る素です。
「世界などどうなってもいいから、我々が金儲けをして支配者になる」という一派と、
その対抗勢力の争いで動いていると見た方が、分かりやすいと思います☆

そう、米国対ロシアなどという、過去の概念で見てしまうから見誤る訳で、
金融戦争屋対反金融戦争屋の構図で見ていけば、分かりやすくなります。
マスミディアはやはり、最後まであちらさんの味方で居るのか、それとも?…☆
コミーFBI局長に関しては、FBI内部でも「あのクズ野郎!」という人たちも多いですから、
そちらからのリークが出てくれば、あっという間に飛んでっいちゃう可能性もありますね…☆



一方の安倍は、四面楚歌。
このまま退陣すれば、閣議決定した政策もひっくり返されて、全部水泡に帰します。
そこでせめて憲法改正して、容易に後戻りできないようにしたいのでしょうが、
与党内部で一斉に反発が起き、かえって安倍包囲網を形成される事態に。
身の丈に合わない事をすると、最後はあとかたも無く滅びるものです…☆

一方の北朝鮮。
ここはやはり、金融戦争屋との縁が切れないのかもしれません。
ロシアは核を引き取る代わりに、北朝鮮の政体を安堵する交換条件を出しているのでしょうが、
先日はよりにもよって、ウラジオストークのすぐそばにミサイルを落下させたのがまずかった。
「北朝鮮発射のミサイルは、ロシアに脅威を及ぼさない」という声明。
それは、「この程度のミサイルならいつでも迎撃できる」という警告です。
これまで北朝鮮は優位に外交を進めて来たのですが、
親父さんの金正日ならば、絶対にしなかった「ポカ」ですが…

北朝鮮は利口ですから、勿論ロシアと事を構えようとは思っていないでしょう。
正面切っても勝てませんし、裏工作で反乱分子を動かされれば、北朝鮮で政変発生です。
ですから本当の理由、本当の仮想着弾地点は、ここだと思うのです…☆

20170517.jpg

仮想着弾地点は、実は北京市だったのではないでしょうか。
打ち上げ地点は平安北道亀城市。
ここから西方向へ撃てば、北京までの距離は約750km。
今回の飛翔距離は約800km。
金融戦争屋の北京政府に対する、脅しだったのかもしれません。
ですから今回、中国は本気を出してくるかもしれません。


米中露対金融戦争屋(+マスミディア)の戦い。
勿論北朝鮮内も、裏で色々もめていると思われます。
あそこは決して、一枚岩の国ではありませんしね。

日本の政権はまだ、金融戦争屋の方に味方をしている様ですが、
そろそろ刈り取っておかないといけません。
後でいろいろ面倒ですからね…☆





実際の墜落場所は、分水嶺の向こう側…☆

2017–05–16 (Tue) 22:37
陸自機の機体と乗員4人発見 北斗の山中、金属片広範囲に

dohshin20170516.jpg

昨日の記事でお話した事件、最悪の結末となってしまいました。
隊員の皆さまの、あの世でのますますのご活躍をお祈り致します。


戸田川(とったがわ)上流とは、随分離れていますね。
昨日の情報では鶉(うずら)ダムだと言っていたのに…
両者の位置関係はこの様になります。

oshima-2.jpg
(国土地理院地図より)

鶉ダムと戸田川上流は、直線でも15キロ以上離れています。
おまけに両者では、現地へのルートも水系も違います。
鶉ダムから流れる厚沢部川は日本海へ注ぎますし、
戸田川はやがて茂辺地川へ合流し、津軽海峡に注ぎます。
鶉ダム沿いの国道227号線は昨日もお話したように函館と江差を結ぶ動脈ですが、
函館近郊の上磯から出発し茂辺地川に沿う道道29号線は、
戸田川に沿う林道(廃道同然)を分岐した少し先の湯の沢ゲートから、
梅漬峠を越えた厚沢部町側の桧木橋ゲートまでは通年通行止めになっている、
寂しい道路です(つまり大迂回が必要)。


あまり詮索したくはないのですが、
発生時の墜落予想地点と実際の現場に大きな誤差が生じている…
そんな事が、今から32年前の夏にもありました。
そう、日航123便撃墜事件です…。


発生当夜、長野県の御座山に墜落という情報を流しておきながら、
翌日、実際の墜落地点は群馬県側の御巣鷹山と報道されました。

いえ、その報道すら意図的かもしれない誤報で…
実際には、名も無い尾根に墜落していたのです。
その場所の辺り一帯を指す地名は、
本当は高天原(たかまがはら)山というのです。
そしてそこは、群馬県側の上野村の村人達も度々足を踏み入れていた地域で、
例え真夜中でも、電灯などの照明さえあれば到達可能な地点だったのです…☆


お話が脱線してしまいました、すみません。
しかしこれがもし国籍不明の飛行機で、
何か危険な物(細菌兵器など)を積んでいた場合、
こんなに出鱈目な捜索で大丈夫なのでしょうか?

否、自衛隊の現場は優秀ですから、
本来ならば昨日のうちに、墜落現場を特定出来た筈です。

わたしの杞憂である事を心から願いますが、
記憶の片隅にはとどめておいた方がよいかな…
と思っております…☆



 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR