Trans Princess時事砲弾

泣く子も黙る税務署も、一般職員は本当に大変ですね…☆

2018–02–18 (Sun) 22:13
今日は出先からの更新です。
地球上は勿論、宇宙空間でもあの世でも、
アクセス可能なところからは、通常通り更新いたします。

「何があっっても、淡々と更新を続ける」
それがこのブログのモットーでございます。
…たまに更新をサボるのも、モットーでございます…☆



小池百合子氏後ろ盾の政治塾に幕 わずか5カ月、恨み節も

確か塾生は入塾料1万4000円、受講料3万6000円(1回6000円)の5万円を、
先払いしているのでしたよね。
200人×5万円=1億円、ごちそうさまでした…☆
小池の頭の中は、「日本のヒラリー」になる事だった。
でも今はもう過去の人…次に名前が出る時は、犯罪者としてかもしれません。



確定申告はじまる「佐川長官出てこい!」個人事業主ら憤懣やるかたなく

それはそうだ…☆
こうなってくると、意図的にと申告漏れやグレーゾーンを作っておき、
お呼び出しを食らったら待ってましたと、延々と逆襲を続ける御仁も出現するでしょう。
これをやられれば、さすがに税務署もお手上げですが、
それが所轄内に何十人、何百人と出てくる可能性もあります。
偉いのがアレでは下手に強気にも出られず、
人手不足で完全に業務停止に追い込まれますが…☆



雲隠れの佐川・国税庁長官を発見 まるで逃亡犯のような行動

ここまで忠誠を尽くすのは、ちょっと異常ですね。
この人、何か弱みを握られているのかもしれません。
もしそうなら、洗いざらい喋ってしまうほうが吉。
トカゲの尻尾切りになる可能性もありますから、
少しでも命の危険を感じたら、海外ミディアにぶちまけるといいかも。







スポンサーサイト

梯子を外された屋根の上で、ラストダンスを踊る人々…☆

2018–02–15 (Thu) 22:43
トランプ政権「北と予備的対話の用意」報道

と言いますか、これも何度も申し上げておりますが、
トランプは北朝鮮と戦争をする気など、最初から全くありません。
日本を除いて5カ国で協議して、朝鮮半島統一で話がついたと思います。
そうでもなければ、金家の妹がノコノコ出かけるわけないでしょう。

その時点で「ああ、全部終わったんだ…ヤラレタ☆」と、普通は気がつくと思うのですが…
安倍は見事に梯子を外され、大恥をかいて帰国したわけです…☆



「北朝鮮と接触必要だった」=安倍首相

はいはい、こうなったらもう、そう言うしかないですよね。
ほら、ネトウヨ、ネトサポの皆さんも、
「安倍ちゃんの接触は良い事だ」と、「私もそう思う」を連打されております…☆


日経やNHKも、そろそろ気づいていると思うのですが、時すでに遅しです。
これらのマスミディアの退潮は、今後顕著となるでしょう。
嘘ばっかりついていた、とんでもない連中だとね。
身から出た錆ですから、同情の余地は全くありませんが…☆


これまで何度も申し上げてきました、このフレーズ。
「トランプをただの馬鹿だと思って甘く見ていると、後で酷い目に遭いますよ。」

それはこういう意味だったのですよ。
でも、こんなのまだまだ序の口。
あの男の真の恐ろしさを、彼らはこれから味わう事になるでしょう…☆




動く相場 動く世界 動かない日本…☆

2018–02–13 (Tue) 22:10
只今、円高進行中…☆

円高と言うよりは、ドル安ですよね。
何度も申し上げていますが、米国は株価・通貨・債券のトリプル安トレンド。
目的は勿論、世界覇権からの撤退と、対外債務の踏み倒しです。
そして米国の国内に立て篭もって、国力の回復に努めようというわけです…☆

今の状況はこれまで世界を牛耳ってきた欧米中心のエリートが仲間割れを起こし、
Bチームのほうが、キッシンジャーを使って、色々動いているのでしょう。
わたしはトランプのその政策が、「それが上手くいく」とは申し上げておりませんよ。
ただい、世界はそう動いていると考えれば、
日本の、そして世界の民衆も、これからどうすればいいかが分かってくると思います…☆


今一番の注目は、やはり中東でしょうね。
先週出ていたワシントンポストの記事でご覧下さい。

Netanyahu suggests police could implicate him in corruption probe

「corruption probe」とは、英語で御食事券のことです。
うーん、美味しそう。楽しみ…でも、お酒などの飲み物は、別途料金かな?

…あ、間違えたです☆
「corruption probe」とは、英語で汚職事件のことです。

Also looming is case 3000, which involves allegations of corruption and bribery in a multibillion-dollar submarine deal with Germany. While Netanyahu has not been named as a suspect in that case, members of his close circle have been arrested.

「case 3000」とは、ドイツから購入した潜水艦の、汚職スキャンダルの事です。
multibillion-dollar(数十億ドル)規模の汚職が行われ、イスラエルの当局が捜査を行っています。
ネタニヤフの名前はこれまで挙がっていないのですが、
彼に近い人たちが既に逮捕されています。

いよいよ証拠を捕まえて、立件する所に来ているようですから、
ネタニヤフはここで、一か八かの勝負に出る可能性もあります。
ですからそんな中で、こんな事件が起きたわけで…

イスラエル軍機を撃墜 政府軍がミサイル攻撃

乾坤一擲の先制攻撃!
…をしようとしたら、見事に撃墜されましたとさ☆
シリア上空はロシアのC-400防空網が張り巡らされていますから、
正直今の西側の軍事力では手が出せません。
そうしたら早速、報復でもしたのでしょうかね…

「機体バラバラになって落ちた」ロシア機墜落、全員死亡

堅気な事故ではない事は明白ですが、
ここで「イスラエルの破壊工作」とは言えません。
言えばネタニヤフの思う壺。
ネタニヤフは一般国民を煽って、国内を結集させようとします。
そんな事はロシアもお見通しで、極めて冷静に対処しています。


相場は日本時間の夜に入って膠着状態。
あちらさんも「座して死を待つ」様な事はしないでしょうから、
そろそろ介入してくる時間かも?…☆
そんな訳で、短期間での予測は不透明です。
中長期的には、史上最大のバブル崩壊で決まりですが…☆

そんな国際社会の劇的変化にもかかわらず、
日本は相変わらずの、満州国状態です。
お隣の朝鮮半島は統一がほぼ決まりましたが、
こちらは相変わらずの宗主国の「幻」に追従するのみ…
正直、情けないですね。


そう、今の日本は、岸信介たちが作り上げた満州国と同じです。
宗主国は米国…但し、金融戦争屋の作り上げた米国です。
その米国で革命が起こり、反金融戦争屋が政権を握った訳ですから、
安倍たちは自分たちの運命を、分かりそうなものですが…☆


満州国の最後を、よく勉強しておくと良いと思います。
「勉強は苦手」と言う方も、そう仰らないで…
気軽に学べる動画などを、今後ご案内してまいりますから…☆


どこかで、日本の政治や社会を一新するタイミングがやってくるはず。
その時気をつけなければならない事も、今後お話してまいります。
基本的には…肩肘張らずにやろう…です☆









日本スゴイ…別の意味だけど…☆

2018–02–11 (Sun) 21:30
下町ボブスレー問題でジャマイカバッシング! 背景に右派メディアと安倍応援団の「日本スゴイ」の虚妄

平昌バッシング、韓国ヘイトが止まらない! 浅田真央ブームとネトウヨ、ヘイト増殖の意外な相関関係を検証

日本の右翼は滅亡の時が迫っているというのに、
結局最後まで改心せず、する事もワンパターンで変わりませんでしたね。
これは未来の日本が進む道に、大きな影響を与えるでしょう。


海外では別の意味で、日本スゴイと思われていますよ。

英国BBC
Tokyo school plan to adopt Armani uniform sparks criticism

ヴォーグ誌
This primary school in Japan is forcing children to wear Armani uniforms every day

エコノミックタイムズ
Parents criticise Tokyo school's plan to adopt Giorgio Armani uniforms

フランス フィガロ誌
Japon: une école critiquée pour avoir choisi un uniforme de la marque Armani

ドイツ シュピーゲル誌
Grundschule will Uniformen von Armani einführen



お金持ちの子女が集まるプライベートスクールなら、全く問題ありません。
そういう世界は、古今東西あるものですから。


しかし公立学校がアルマーニとなると、状況は全く異なります。
と言うか、これがとんでもないバッシングを世界中から食らう事は、
余程の馬鹿でない限り、少し考えれば分かるはずです。

そうか、日本の評判を落とすために、わざわざやっているのか…☆
そう考えれば、彼らの正体も分かるというものです。
制服の単価が高いほうが、我田引水も捗りますしね…


…単なる、「余程の馬鹿」だったりして…☆
 
そんな人は、校長や首相になってはいけません。
生徒や国民が苦しむだけですから…☆


そういえば…
公立小学校の制服は宮城をはじめ、東北では皆無に等しいです。
制服業者さんは岡山など西日本がメインなので、
距離的に遠く、いわゆる管理教育の影も薄い東北の地では、
根付かなかったのでしょうね…


あ。
わたし事ですが、小学生の頃、制服を着ていましたね。
私立学校に入っていたからですが。


伝統的な半ズボンに黒タイツを履いて学校へ行った小学生は、
もしかしたらわたしが最後かもしれません

その上、雨の日には、乗馬ブーツまで履いていましたよ。
わたし的には好きですけれどね、そういう格好。

そんなわたしでも、公立の制服にアルマーニは、反対です。
キックバック目的がミエミエですし…☆







市場にとって「最怖」のシナリオ…☆

2018–02–10 (Sat) 22:40
株も暗号通貨も、こんな時に買う馬鹿がどこに居るのかと思ったら、
今や最大の購入国は日本のようです。
あれだけボロを出しながら、なぜ未だに安倍政権が延命しているのか、
なんとなく分かるような気もしますね…☆



暴落を受けて、0hedgeは更新の嵐ですが…☆
そんな乱立記事の中から一つ、これを見てみましょう。

The Scariest Chart For The Market

Interest-rates going up "for the right reason" is bullish, right?
Each time interest rates have surged up to their long-term trendline, a 'crisis' has occurred...

20180210.png


金利が上がれば、経済危機がやってくるというお話。
賛否両論雨あられでしょうが…☆
普通金利が上がれば、立ち行かない所が続出します。

例えば貴方が、損正義という実業家だったとします。
貴方は現在、10兆円の有利子負債を負っています。
現在の金利は0.1%で、毎年100億円の利息を払っています。
融資額に比べてタダ同然の金利で借りている為、
手持ちのお金一杯一杯の自転車操業で、
更なる事業拡大にせっせと取り組んでいます。

そんなある日、利息が0.1%から0.2%に上がりました。
利払いの決済日は近く、貴方は200億円を支払う事になります。
けれど手持ちのお金は、元々払うつもりだった100億円しかありません。
ですからあと100億円を、どこからか調達してこなければなりません。
手持ちの資産を売却するしかありませんが、
金利上昇で株価は下がり、ここで損失を出す事になります。

…これがもっとハイペースで来たら、どうなるでしょうかね☆
0.1%が1.0%になった時、払う金利は1000億円で、900億円足りません。
手持ちのお金が無ければ、資産を投売りするしかありません。
損君だけでなく、世界中の経営者が同じ立場ですから、
結果はどうなるか、おわかりでしょう…☆

もっと分かりやすく言えば、住宅ローンはどうでしょう。
3000万円の住宅ローンでお家を立てました…金利は0.6%。
単純計算で今年は18万円、月々15,000円の金利を払えば良い…
そう考えていたら、金利が0.4%上がって、1.0%になりました。
こうなると、月々25,000円の金利を払わなければなりません。
月々10,000円のアップ…生活、苦しくないですか?

そうしたら今度は、金利が1.6%に上がりました。
残債は2,950万円。
今度は年額47万2千円、月額4万円近く金利を払わなければなりません。
これはギブアップする人も出てくる金額ですね。



金利が下がれば、当面の危機は少し遠のきますが、
金利が下がる要因は、今のところ見当たりません。
逆に、上がる要因は幾つもあります。

人類の歴史は諸説あって、
本当は何十万年も前から文明を持った人類は居た…という説も否定できません。
それはさておき、定説では5千年前のメソポタミアから文明が始まったとされていますが、
その5千年の歴史の中で、こんなにも巨額のお金を市場にばら撒いたのは、
後にも先にも、今現在の、今この時しかありません…☆

従いまして、ここで巨大化したバブルが弾け、
宇宙で言えば巨大恒星が超新星爆発を起こした場合どのような事が起こるかは、
少なくともメソポタミア文明以来、初めての経験となるのです。
ですから何が起こるのかは、やってみないと正直わかりません…☆
ただ、この世がカオスとフラクタルから成り立つと仮定してみれば、
大体のことは想像できますでしょう?


ところがそれを国策として、2%金利を上げようとした国があるのですよ。
先の例で言えば、3000万×2%で、毎月5万円も返済額が増える勘定です。
固定金利を選んだ人は大丈夫ですが、
多くの人が変動金利を選択しており、
せっかく手に入れたマイホームを手放す危険が増大します。
実際には125%ルールなどの救済はあるのですけれど、
それでも長期で見れば結果は同じです。

そういう愚かな事をしたお国、どこだかご存知ですか?…☆




 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
(サービスで更に少し大きめ画像に☆)

こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR