Trans Princess長靴娘式精神文明論

源氏物語の世から続く、「生霊の怨念」…☆

2017–07–24 (Mon) 21:47
ネトウヨさん、ネトサポさんたちが、仙台ヘイトを繰り広げておられるようです…☆

「仙台市民は情弱だからマスゴミに騙された」
「秋田付近に停滞中の梅雨前線さん、いざ南下へGo! 仙台に大洪水をもたらしてやってくれ! 容赦ない河川の増水と氾濫お見舞いしてくれて構わん!!(憤怒!)」
「サヨクガー!」
「まだ津波がくればいいのに」


もう、どんどんやって下さい。
でも、やればやるほど、惨めになりますよ。
それで良いのですか…?
ネトウヨさんにも色々居て、まともな方はこんな事はしませんが、
まともではない方が目立つのは、どこも変わらないようです…☆


さて、ここでちょっと目先を変えて…
これはわりと有名なお話…と言いますか、訓話なので、
皆さんもどこかでお耳にされているかもしれません。
どんな事かと申しますと…



皆さんも平安時代の古典、「源氏物語」はご存知でしょう?
原文を読まなくても、「あさきゆめみし」をはじめ漫画化されたものも沢山ありますし、
読んだ事は無くても、大体のお話は分かるのではないかと思います。

その「源氏物語」に「六条御息所」という登場人物がいます。
「ろくじょうみやすどころ」と読みます。
彼女は大変嫉妬深く、その怨念が生霊となって、
光源氏の愛する女性に取り憑き、苦しめていきます。
それは本人が意識して、意図的に行っているのではなく、
その時図らずも出た、ほんの一時の感情が、自然に生霊となってしまったのです。
それを知った六条御息所は、なんと恐ろしく、恥ずかしい事なのか、と思うのですが…

これと同じ事が、実は21世紀の現代にも、毎日沢山起きています。
このように 一人の人間には複数の想いがあって、
その一つが身体を離れて、人を憑き殺すような事までしてしまうのですよ。
そう、それがこうした「ネットへの書き込み」です。

インターネットの世界には実体はありません。
そこに登場するのは、敢えて言えば、現代に蘇った「生霊」なのです…☆

もちろん、参加しているのはごく普通の人なのですが、キーボードを叩く事により、
変にねじ曲がった想いが生きている身体を離れ、生霊として世界を跋扈するのですね。
他者に対する嫉妬、怨念、そんなものに満ち満ちているのが、
こうしたコメントには凝縮されていませんか…?


今回の様な余りにも低レベルで不様なものは、仙台の人間は歯牙にもかけませんが…☆
インターネット上での誹謗中傷で、病気になってしまう人、
そしてついには自殺に追い込まれてしまう人の数は多いのです。

もしそこで死んでしまえば…
今度は生霊などではなく、正真正銘、本物の「死霊」となります。
死霊は生霊など及びもつかない存在ですから、
今度はその死霊の怨念に、生霊を飛び立たせた人間たちだけでなく、
無関係だった人々までも巻き込んで、社会を暗く、恐怖に満ちたものへと変えていくのです…

大日本帝国の生霊と死霊も、こうしてこの世に漂っているのかもしれませんね…
ちょっと恐ろしいお話でしょうか?…☆


そこで、冷静に考えてみて頂きたいのですが…
源氏物語が刊行されたのは西暦で言えば1008年だったと記憶しておりますが、
その当時の社会と、現代のわたしたちの社会は、なんと似ている事でしょう。
思わず冷めた笑いが出てしまうほど、そっくりですよね。
あなたもわたしも、そんな昔の迷信のような世界に生きているのかもしれませんね。


時は進み、11世紀には無かった文明の利器は無数に存在しているけれど、
肝心の人間は、この千年、まったく変わらなかったのではないでしょうか?
何の事はない、21世紀の今に至っても、11世紀と同じ事をしているのかもしれません…☆



それではこれから、どうしたら良いのでしょう?

まず、そんな怨念と出くわしたらば…ですが、
戦わず、相手にしないのがまずは重要。
怨念ですから、まともに相手にしては大変ですよ…☆


ただ、知識と経験を積んだリーダーであれば…
怨念に耳を傾け、想いを聞き、慰めるという事も出来ます。
各地にある供養の場所は、そうした意味もあるのでしょう。
そんな場所はそれこそ何千何万とありますから、
日本の歴史は怨念の歴史だったのかもしれません。



更に進めば…
人々が怨念など持たず、幸せに暮らせる社会が出来れば、
これに勝るものはありません。
これは人類の抱えた難題のひとつですが、
これまで書いてきた様な出来事は、うんと少なくなるはずです。


しかし、それが出来れば苦労は無いわけで…
これはまだまだ、人間が勉強しなければならない事ですね…☆


そして政治の最大の仕事は、
こうした怨念を持った生霊・死霊を、なるばく産み出さない事です。
この四半世紀の日本の政治は、それとは正反対に進んで来ました。
その集大成が、今の安倍極右による「今だけ金だけ自分だけ」政治な訳です☆

色々な想いや見方・憶測は皆さんお持ちでいらっしゃるとは思いますが、
まずは東北は仙台から、そこから抜け出る為のロープを投げました。
ロープの先に付いたフックは、幸いにもしっかりと岩場に引っ掛かり、
脱出への突破口が開けました。


この国がこの先どこへ向かうか…
それはわたしたち一人ひとりの、想いと行動にかかっていると思いますよ…☆



スポンサーサイト

過去や未来に生きる人びととのコラボレーション…☆

2017–06–14 (Wed) 22:23
2日前の記事ですが…

世論調査 安倍内閣「支持する」48%「支持しない」36%

世の中に48%も馬鹿が居るとは思えませんね。
本当の支持率はずっと低く、東北では1桁台前半と聞いていますが…☆
国民は政府とマスミディアがグルになって悪事を働いているのが今の日本なのだと、
さすがに思わざるを得ない所まで、嘘をついてしまいましたね。
何の事は無い。威張っても北朝鮮あたりと変わらないではないですか…☆

安倍が失脚する時、マスミディアは一気にちゃぶ台返しをするでしょうが、
国民は新聞やテレビを、もう信じないのではないですか
特にNHKは完全に一線を越えてしまい、
後戻りが出来ない所まで来てしまった様な気もします。
わたしはそれでも、一向にかまいませんが…☆



前川氏が新証言 安倍官邸が安保法制反対の学者を”締出し” 天下り問題の”隠ぺい”

「他省庁のOBに関わるメールを含め、私は監視委がすべて出せと言うので出さざるを得ないと思っていたのですが、杉田氏は、私が監視委に出す前にこのメールの存在について杉田氏への報告がなかったことに怒っており、その場で『とにかく外務省と内閣府に関わるメールは出すな』と言われました。つまり、再就職等規制違反問題は文科省内だけに限定して、他省庁に及ぶ証拠は出すなということです。そこからズルズルと他の役所にも被害が及んだら困る、というわけです」
 文科省に端を発した天下り問題は中途半端な幕切れとなったが、杉田官房副長官のこうした指示はいわば、「隠ぺい工作」としか解釈しようがないのではないか。
 杉田官房副長官に前川氏の証言について取材を申し込んだが、官邸・官房副長官室は「個別の取材には対応していない」と、質問の書面すら送らせてくれなかった。(本誌・小泉耕平、亀井洋志)

こんなものはまだ、軽いジャブ。
もっと凄いお話は山ほどあり、ばれればおしまい…☆

思えばこの人たちは、歴史という大河の流れに乗って現れ、
良くも悪しくも、それなりにこの世の、この星の発展に貢献し、
そして今役目を終え、消えていこうとしている人たちだったのではないでしょうか。
「そんなのは嫌だ、これからもずっと俺様たちの時代が続くんだ」
そう考えて、川の流れを無理矢理堰き止めようとしている様にも思えます。
しかし、大河の流れはあまりにも大きく、重く、
人の手で止められるようなものではありません。
堰き止めた事によってかえって堰を打ち破る水の力が増し、
本来ならば残せたかもしれない部分まで、跡形も無く流してしまい、
再起の根まで、過去へと追いやってしまうのでしょう…☆

ですから、昔の人は仰ったのです。
人間引き際が肝心、負け方が肝心と。
そうすればまたいつか、再起の目が出て来ると…
まあ、それ以上は申し上げますまい…☆



共謀罪、深夜成立も視野

これもまあ、やるといいですよ…☆
こんな法律、後でいくらでも廃止に出来ます。
それより、あの人たちのやり口の汚さ、下劣さ、愚かさを、
わたしたちの脳裏に刻み込んでおきましょう。
日本をここまで貶めた大馬鹿者たちを引きずり下ろすために…☆

そして歴史の教科書に新たなページを加えて、
未来に生きる人々に、その事を伝える為に…☆


過去に生きた人々から学び、
未来に生きる人々に伝える。
それを、「過去や未来とのコラボレーション」と呼びます。
良いでしょう、これ。
過去や未来との共同作業なんて、ちょっと素敵ではないですか…☆



虚像と実像の乖離が激しくなる中、間もなくやって来る「夏至」…☆

2017–06–03 (Sat) 22:43
すみません、更新を二日お休みしました。
あくまでも本分優先でやっているブログですので、ご容赦下さい…☆
その間にも、いろいろありましたね…


Netanyahu: Israel 'disappointed' in Trump's decision not to move US embassy to Jerusalem

米大使館はテルアビブに置いたままで、ネタニヤフは失望だそうで。
そんな事は、最初から分かっていた筈ですが…


Trump: Israel, Palestinians 'ready to reach for peace'

イスラエルとパレスチナは和平の道を選ぶ…
そして米国は中東からは手を引く…といったところでしょう。
ただ、「そうはさせじ」という人々がトランプ政権内にいる訳でして、
テルアビブ-リアド-クウェート-カタールラインで固めたい様です。
それには巨額のお金が必要な筈ですが、そんなお金がどこからか出て来る…
というお話は、どこにもありませんけれど…☆


株価はと言えば、これも理由がないままに、2万円台を回復。
実体経済を映す鏡…の役割は、完全に終了しています。

実像と虚像の乖離は、
日々その差を増してきています。
物事が破綻したり、終了したりするときは、
得てしてこういう物のようですね。

今月21日は夏至です。
この夏至を境に、乖離は益々進んでいくかと思います。
この夏から秋は、一つの正念場です。


…と、そんな時でも、
このブログはいつもの様に、淡々と更新してまいります。

いつもの様に、
更新を時々サボりますけれどね…☆






欲望の果てに来るもの  アッシュルの「アネモネの丘」…☆

2017–05–19 (Fri) 23:09
本格更新は週末に…
「せんせーい、今夜ももう週末ではないでしょうかぁ~?…♪」
「うーん、いたい所を突く生徒さんですね~☆」



文科省「確認できず」=加計学園「総理の意向」文書

でもそのうち、出して来ますよ。
「やっぱりありましたー」とね。
それが官僚たちの流儀というものです…☆


共謀罪、衆院法務委で可決強行

いくらやっても、政権が交代すれば全部帳消しですけれどね☆
その辺をあの人たちは、よく分かっていないのでしょう。
やればやるほど、自分たちの過去の罪まで暴き、曝け出してしまう…
ですから今度それが白日の下に晒される時、
彼らの栄光と秘密も、全て砂の様にサラサラと、
消えてしまうのかもしれません…☆




人は一度手にした力を、
どんなに汚く卑しい手を使ってでも、永遠に守ろうとします。
そんな事が出来る訳も無いのが、この世の掟です。
それは何千年も前の昔から、あまり変わっていないようです…☆


わたしは子供のころから父の書架にあった本を手当たり次第に読んでいました。
その中の1冊、森本哲郎さんの「四季の旅」という世界紀行文の中に、
こんなお話が載っていました。


アッシリアは千数百年の歴史を血と涙でつづった。
むろん、当のアッシリア人も血を流し、涙を呑んだにちがいないが、
それ以上にメソポタミアの無辜の民の血が流され、涙は枯れた。
アッシリアの王は征服した国々の民を、他の地方に強制的に移住させたのである。
数万人、時には数十万人の男女が、子供を連れ、
たがいにいたわりつつ見知らぬ土地へと拉致されていった。
蜿々と続くその移住者の列の前とうしろで、絶えず罵声が飛び、ムチが鳴った。
けれども最後に、当のアッシリアの終末がやってくる。
アッシリアの流した血は、アッシリアの血でつぐなわれるのである。
メソポタミアの野を埋めるまっ赤なアネモネのように。

もし歴史をつかさどる神がいるとしたら、と私はアッシュルの丘で思った。
その神は女神ではないか、と。
なぜなら、歴史の神は、どんな血の海も、涙の川も、
最後にはこのような花でやさしくおおってしまうからである。
花園のように。
(森本哲郎「四季の旅」より 原文のまま)



高校時代の眠たい世界史の授業を思い出して頂きたいのですが…☆
古代の中東に、アッシリアという国がありました。
その都はニネヴェといいますが、まだアッシリアの国が若いころは、
チグリス川の畔りの、
アッシュル(現在のイラク共和国の首都バグダッドの北方)に都がありました。
その廃墟がある丘に咲く、血のように赤いアネモネの花を見ながら、
森本さんはそんな想いを胸に抱かれたのではないかと思います。


蜿蜒と続く人類の歴史の、悲しい部分なのですが…
実は日本もそうだったのではないでしょうか。
わたしが東北に来てからでも、
地震があり、原発騒ぎがあり、地方の大不況があり。
そうして多くの人が、故郷を離れていったのを自分の目で見ていました。
それは形こそ「自己責任」になっていますが、
事実上、見えないムチに追われて、異郷へと移動させられたのです。
そのムチをふるった当事者たちは今日も厚顔無恥に、
奇妙な法律と脅しで、自分の欲望を満たさんと蠢いています。
でも最後には、その者たち自身の血と涙で罪を償うとしたならば…
またひとつ、悲しみが年代記のページを埋めるのでしょう…☆


でも、そんな悲しみの物語に、どこかで歯止めをかけたい。
そんな想いは、本当は誰しも心のどこかに潜ませている訳でして…

いつか血の様な花が咲くアネモネの丘に、
平和な微笑みが訪れる時が来るかもしれませんね…☆

その為にもわたしたち民衆は、失敗しながら学び続け、
少しづつ少しづつ、賢くなっていかなければいけないと思います…☆



それでも地球は回っている…☆

2017–05–11 (Thu) 22:53
さてさて、オカルトな記事でちょっとお遊びしていた間にも、
安倍政権は順調に終焉へ向かっている様ですね。
あとは森友で蹴飛ばして加計でひっくり返して、
防衛と原発と戦争屋の件もばらすぞと脅せばおしまい。
わたし的には、それも全部ばらしてしまえばいいと思いますよ。
この世の仕組みから言うと完全に滅ぼすのは不可能ですが、
大馬鹿者たちを長い間封印する事は出来ますからね…☆


いつも歴史のターニングポイントになる夏至ですが、
今年の夏至は、これまた大きな転換点になると思いますよ。
そして秋には、かなり際どい所まで行くのではないでしょうか。
台風の目の一つが米国。
トランプは馬鹿ばかりやっている様で、実際そうなのですが…☆

2014年11月5日に、こんな記事を書いております。
Après moi le déluge(朕の後には大洪水)…☆

ルイ15世の言葉を無責任の権化、安倍にあてはめた記事ですが、
本当にこの言葉が似合うのは、実はトランプの方かもしれませんよ。
なりふり構わずやりたいようにやる、後の事は後の事だと。
そして何をするかと言えば、
金融屋や戦争屋に代表される米国に巣食う寄生虫を、
全部ぶった切っちゃおう…という事です。

実際それ位の人間でないと、こういう荒仕事は出来ません。
そういう役を「地で」演じきるのが、彼に与えられた運命です。
この運命に背くと、一発で葬られるかもしれませんし…☆

日本は…と申しますか、
政府はあてにならないので、民衆はどう自分を守るかですが、
取りあえず御商売をされている方は、米国の借金踏み倒しにご注意を☆



ファティマの秘密もそうなのですが、
どんなに恐ろしい予言でも、その予言に従っていれば生き残れる…
予言の時代とはある意味、気楽なものだったかもしれません。

けれど予言に怯える時代は終わり、
予言などあてにならない時代に入りつつあるようです。
予言にすがって、予言の忠告する通りにしていけば良い…
そんな楽をしようとしても、もうダメです☆

自分で考えて、自分で行動しないとね。
予言にすがるより余程手間も苦労も多いのですが、
その分、得られものも沢山ある筈です…☆


 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR