Trans Princess2013年09月

欲しいものが見つからない?

2013–09–30 (Mon) 21:43
今年のブーツは去年にもまして、あまり良いお品がありません。
世界中不景気、日本はさらに不景気なのですが、アベノミクスのまやかしがあるにも拘らず、商品の高級化はしていないようです。
高級化…というのは語弊があり、私的には「ちゃんとした材料を使い、ちゃんとした職人さんが作った、ちゃんとした製品」なのですが、有名ブランドの品ですら粗製濫造ですから…☆
考えても見てください。アウトレットモールへ行くと、有名ブランドのお品が溢れているでしょう?
本当に良いものはそんなに沢山の数は作れません。

日本は世界に先駆けて、「本当にいいものを少量作る」国に転換すると、新しい未来が開けると思いますよ。
もっともその前に、放射能海洋汚染をめぐる世界中からの賠償金(多分千兆円単位)で潰れそうですけど☆
それが嫌なら…超画期的技術を短時間で開発して、この問題を解決するしかありますまい☆

スポンサーサイト

想いは言霊の響きに乗せて…☆

2013–09–28 (Sat) 23:14
男の子が女の子の服を着てブログを書く…
奇妙なコンセプトなので、一般受けはしなさそうですが、そこがこのブログの魅力でもある…☆

「男の娘」が一般的サブカル(これも皮肉ですね、一般的なサブカルって何?、一般化したらサブカルじゃないえでしょ????)になり、私のこういう世界はややもすれば陳腐な世界と見られかねないなあ…、と、ちょっとがっかりする部分もありますが、「心はいつも王女さま」のモットーよろしく、ちゃんと自分の思う所を書いていきたいと思います。

現在「より深い」私の世界を表現したい為のサイトを準備中なのですけれど、このブログはみんあの「普段の世界」と「私の世界」をつなぐブリッジとして、これからもちゃんと更新していきたいな…と思っています。


この所原発の話題に絡んで、ややもすれば政治的分野にすら踏みこんでしまうこのブログですが、それもどうか、この国の未来を案ずるもの言霊として受け入れてくださればと思います。



滅びの美学のカケラもない☆

2013–09–28 (Sat) 19:25
<新潟・柏崎刈羽原発>再稼働申請 「ベント」「断層」が焦点 初の沸騰水型、ハードル高く
へえ…何があったんでしょうね。

で、こういう見方もあります。
泉田知事に何があったのか 「特捜部がターゲットに」報道も
さもありなん☆
当たらずとも遠からずでしょう。
薄汚い連中がこの国を牛耳っているのは、もう千数百年年近く前から変わらないのです☆

もっとも、「ベントであれあだけ福島が酷い事になった(という事になっている☆)」と公式報道では言っているのでので、ベント装置が…と言いだした時点で、再起動は無理じゃないですか☆

それでもごり押しのごとく原発再起動(「再稼働」は東電内の言葉だよ)するのであれば、
日本の脱原発は次に起きる、福島第一原発事故とも比較にならないような、それはそれは悲惨な事故の後となるでしょう。
東日本から西日本へ、またはその逆も、陸地をそのまま移動できなくなるようなね。

それ以上に問題なのは、もしそんな大事故を起こした時、国家として存続できない可能性がある事です。
それはなんとも醜い滅び方…滅びの美学のカケラもない、がっかりな結末となるでしょう…

…2017年あたり、要注意か…

やる時は、一気にやっちゃいますよ☆

2013–09–25 (Wed) 21:51
新聞・テレビなどマスミディアの報道とは裏腹に、景気は全然良くなっていないようです。
それはそうです。あんな事で景気が良くなるなら、今頃人類始まって以来の好景気が世界中を覆っています。
といいますか、そういう好景気の時代なんて、少なくとも当分の間無いでしょう☆
「あんな事」とは…昔、「アベノミクス」っていう言葉があった事、まだ憶えていらっしゃいますか?

本来ならば国を挙げて国難を乗り切らねばならないのに、
ネットゲリラさんの「経産省エリート炎上w」
にも紹介されていますが、こんなものですよ。…旧帝大あたりを出てエリートぶっている人たちは☆

これはやっぱり、何か大きなことが起こるかもしれませんね。
なかなか始まらないけれど、始まってしまったら、あとは本当に早い…と思いますよ☆

予感3

2013–09–24 (Tue) 23:12
10月は日本も世界も、何か色々と動く予感。
…良い事ならばいいですが。

Иду, куда я хочу.

2013–09–23 (Mon) 21:52
タイトルが読めないぞ…!、というクレームが来そうですが。
「いづ くだぁ やぁ はちゅ」って読みます。
「私は行きたい所へ行く」という意味です。
どこの言葉ですか…という質問が来そうですので、お答えしておきます。
ロシア語ですよ☆

そういう人間本来の「自由」を、ことごとく奪ってきたのがこの二十年位だったような気がします。
私が生まれてからずっと、そういう社会に、誰かさんたちが一生懸命してきたのでしょう。
でもそれも、いよいよおしまい☆
そうでないと、地球がもちそうもないですからね…?

そうなったら…じゃあ、私はどうしようかな。
まずは大好きなお服に帽子と手袋とコートとブーツをあわせて、
寝台列車に飛び乗ろうかな…
遥かなる旅路を胸に、夜空に夢を描こう…。

「もしもし、今晩の寝台は全部満席です…」と言われたら…?
意地悪な質問するなあ…???☆

秋ひとり佇む者

2013–09–22 (Sun) 20:30
秋を感じるようになりましたね。
とりあえず、聴きたくなる曲はこんな感じかな?
マーラー《大地の歌》第2楽章「秋ひとり佇む者」
え?眠くなりますか…☆
聴きなれてくると、これがけっこう、「いいなあ」と思えるようになりますよ。

今日は温かいものが食べたかったので、お店でスープを買い、お部屋で温めなおしました。
今日はガルボスープ…アメリカ料理ですね、これ。アメリカの料理はあまり評判が良くないし、実際「ちょっとこれは…」というものも多いけれど、これはわりと好きです。

そういえば、クラムチャウダーもアメリカ料理ですね。本場はボストン…と思っていたら、ニューヨークも本場らしいです。両者は味付けが全然違っていて、ボストンは白いクリームベースだけれど、ニューヨークは赤いトマトベース。「マンハッタンクラムチャウダー」って言います。

冬はスープやシチュー、和食なら鍋料理がいいですね…って、まだ冬じゃないですけど☆

たまには「女の子」画像もアップしておかないと☆

2013–09–22 (Sun) 19:17
そうそう、すっかりここが「男の子が女の子の服を着て書くブログ」である事を忘れてしまっていました…って、冗談です、冗談☆
ブログだからね…ちっちゃいサイズにしておきましょう。別にケチだからじゃないです☆
summer night play mini

せっかく猛暑が終わって涼しい秋になったのに、夏服ですか…って言わないようにね☆

(後でもう少し、文章を書き足します。)




夢見るシーズン☆

2013–09–20 (Fri) 22:40
お客様があまりいらっしゃらない(はっきりと「寂れている」と言え☆)なこのブログですが☆
かえって好きな事を書けるブログになっているので、更新もはかどりますね。

秋風の吹くこの季節は、「手袋とブーツの子」である私には、厭な季節ではありません。
それどころか、来るべき「ハレの日」を夢見る、素敵なシーズンでもあります。

私の好きな季節は、特に晩秋ですね。
コートを着込んで、帽子を被って、手袋をはめて、ブーツを履いて…
落葉した街路樹を見ながら、ちょっと冷たい風に身を屈めながら、ヒールを鳴らしながら歩くのは、
厳しい冬を前、少しだけ自由を感じるつかの間の羽ばたける自由を満喫する季節です。

東京にいた頃はそれが真冬だったけれど、今は晩秋かな…?
でも、寒いお国の厳冬も、それそれでまた楽しいのですけれどね☆

大恐慌後の世界を照準に入れよ☆

2013–09–19 (Thu) 22:31
昨日のブログの続きになりますが…
当ブログでは、未来を先取りして「質」に重点を置いて、記事を書いていきたいと思います。

…と言いますか、皆さま、もう「お値段安くて質そこそこ」には愛想が尽きているのではないでしょうか?
日本人は本当にいいものを求めますから、今の状況には辟易なのではないでしょうか?

グローバリゼーションって、世界中をとりあえず「そこそこ」」な物でみたして儲ける…という発想なので、質の点は全く疎かなのは、皆さまも身にしみてお感じになっていると思いますよ。

やっぱり、本当に良いものを長く使う…に、戻りつつあると思います。
振り子は戻る…これは当然の事でしょう。

ですから、これから何か御商売を始める方は、今から「質」に重点を置いたものを考えると良いでしょう。
経済の一番いい状態は、「景気はいいけど物価は高い」ですから、そこに照準を絞って引鉄を引く方が、次の時代を担っていく事でしょう☆

私…?
私は…次の時代担わなくていいです。
重すぎて、ぺしゃんこになっちゃうです…☆

本当に良いブーツを履きましょう

2013–09–18 (Wed) 21:44
市場に出回るブーツの質が、年々下がってきています。
これは私にとって由々しき事態なのです。

経済学の本を紐解くと、市場における商品の「質」と「量」は、交互に入れ替わりながらそれぞれの役割を果たしていくのが良い経済だと書いてありました。
この十数年、特に中国製などを見れば分かりますが、圧倒的に「量」に傾いたプロダクツが新興国市場を中心に出回り過ぎていたのではないかと思います。
そのあおりは先進国にも押し寄せ、特にこの20年間がっかりな日本では、例えば1980年代あたりに比べて大幅に質の下がったブーツが出回っているのではないでしょうか…。

だって、ご年配の方のお話を聞くと、「ブーツは昔高かったんだよ。ちょっといい品は普通に5万円とか10万円とかしたからね」と仰っていました。

別に値段が高い=良い商品と言う訳ではありませんが、バブルのような異常な状態を除けば、値段が正直なのもまた摂理です。

品質の高さが自慢の日本人なら、品質の高いブーツを履きましょう☆

…もっとも、最近の政治や福島原発処理のお粗末さを見ていると、本当に「品質の日本」なのかと、ちょっと嘆きたくもなりますね。

ブログの長短 2

2013–09–16 (Mon) 20:11
私はあまり身体が丈夫な方じゃありません。
消化器系など特に弱いし、一生薬を飲み続けなければいけない身でもあります。
ですので、あまり無理も出来ません。
そんな私でも、ちゃんとほぼ毎日、時にはこうして一日に複数回投稿出来るという事で、ブログというものはやはり便利だと思います。

ただ、それこそ「時事砲弾」とかに話題が行ってしまって、なかなか私の内面の事とかお話しできませんけれど☆
そうした事はやはり別にちゃんとしたホームページを作って、そこで書くことになりそうです。

ごく普通の人達には理解不能なホームページになりそうですが、ごく少数でも、興味を持って見てくれる方がいたらいいなと思います。

おちおち「おいた」も出来ない☆

2013–09–16 (Mon) 19:42
この所時事の話題、特に原発の話題に触れることが多かったこの1カ月。

私はですね、本来時事の話題なんてあんまり興味がなくて…。
可愛いランジェリーに可愛いお服と可愛いコートを着込んで、可愛いお帽子を被って、罪深いほどピカピカに光る手袋とロングブーツで身を固めて、お散歩しながらお買い物をしたり、図書館でお勉強をしてから面白そうな本を借りたり、あとはおうちでちょっと罪深いイラストを書いたり、妄想したり、ぼーっとしているのが好きな人間なのです。

そんな私でも多少は世の中の人々とのつき合いがありまして、その時の話題がもっぱら、これなのです。
「大丈夫、問題なんて無い」派と「大変だ、怖い怖い」派がせめぎ合っていて、それは決して福島の人々を思うがためという理由ではなく、結局どちらも、自分の為にやっているような気がします。

そして両方とも、人々が本当の事に触れないようにしているんじゃないですか…?

うーん、それでもここは歴史の転換点のようなので、色々な出来事がこれから矢継ぎ早に起こるでしょう。
私は…コート着てブーツはいて快楽に耽っていたいのですが…なかなかそうもいかないようですね、これから。

やれやれ…これじゃおちおち「おいた」も出来ないです…☆

裏ばっかりで表なし☆

2013–09–16 (Mon) 11:43
東京五輪開催決定から1週間。珍しくテレビを見ていたら、滝川クリステルさんのスピーチについて色々話していました。you tubeにもあがっていました

En japonais, il est possible de le décrire avec un seul mot "o-mo-te-na-shi"と言っています。綺麗な発音です。私がしゃべると「おんじゃぽね、いれぽしぶる でゅる でぃくひーふ あヴぇくぁんそるも おもてなし」となります。…何かの呪文じゃないです☆

そんなこと言ってる場合じゃないでしょ。これを見よ。
福島県 県北浄化センター脱水汚泥モニタリングデータ
一番左に出ている「131I」は、ヨウ素131でしょ? 半減期が僅か8.1日のヨウ素131が断続的に観測されるってことは、今も核分裂おこしてるんでしょ、原発のどこかでね。それ位ではもう驚きはしないけれど。
どんなに隠してもデータは漏れる。確かに「おもてなし」で、裏でこそこそ隠蔽してばかり。そんな事しているから、「放射能怖い怖い」の連中につけ込まれるのです…私はあいつらも嫌いだから、余計むかつく☆

やっぱり福島原発を何とかするのが第一、話はそれからです☆
だいたいこんな状態でおもてなしされたいと思う外国人はいないでしょ…?

ゴモラがソドムを訴える時代☆

2013–09–15 (Sun) 10:49
原発・放射能問題には一貫して批判的な私だけれど、その反対勢力の仲間でもない。

日本政府や東京電力など端から信用していないが、「放射能怖い怖い」を煽る連中も、全く信用していない。
どちらも結局、自分の地位・財産・名誉からはじまり、果ては恨みつらみの籠った怨念まで、それぞれの目的や欲望で動いているから、どっちも信用できないですね。

例えばドイツ。それこそ欧州の旧貴族たちの噂話ではありませんが、この数年、ドイツは中国や韓国を取りに来ています。日本と韓国・中国の分断させて、自分の縄張りにしようという事なのでしょう。そこに持ってきて、この放射能・汚染水問題は渡りに船。ある事無い事全部出してきて、世界中の人々の恐怖をあおっているのもまた事実なのです。

そう考えて頂けると、なぜ311の直後から、あんなにドイツが原発事故に関して騒ぎ立てるのか、お分かり頂けると思います。そういえば、SPEEDIの情報をいち早く発信したのはこのドイツでした。日本政府はなかなか公表せず、それで猛批判を浴びたのですが、それは自業自得ですね。





台風が晴海&お台場目指してやって来る☆

2013–09–15 (Sun) 10:00
大型台風、四国沖北上=16日朝、東海・関東上陸か―大雨に厳重警戒・気象庁
隅田川花火は雨で中止、開催決定の日も雷雨、その1週間後に台風と。これはもう、このままでは五輪などやらせぬぞという神の啓示ですね。
…ただ、そんな事しなくてもこのままじゃどうせ中止か総スカンでボロボロなので、わざわざそんな台風なんかよこすんじゃないです。

実際、東京で五輪をやってほしい人は、実は日本では少数派のようです。例えば、
東京MXテレビの投票結果
開催地の東京ですら、半数を大きく上回る56.5%の人が反対。しかもソースがMXテレビなので、これでも賛成票を多めにしているはずですが☆

ゼゼヒヒ インターネット国民投票
東京五輪開催に反対、今の時点で78%。
なあんだ、みんなもそうだったのかと言う人多そう☆

例え福島原発の問題が無くても、私は反対、反対、大反対だったからね。
ああいう健康的な祭典は、不健康極まりない私には乗馬以外興味はないです☆

それでもやりたいという場合は…前々回の記事のように、あと7年半の間に、汚染水は勿論、地上汚染地域っも含めての画期的な除染、燃料棒の回収と廃炉作業、住民や原発作業員の方々の万全の健康管理体制の確率、被災地域の新しい産業の確立と地域再生…と、山ほどある課題を全部クリアする必要があります。

…それでも、やりますか?
…その気になれば、出来なくはない気もします。
ただし大前提条件があって、それは、今の政府、政治家、官僚、財界人が一掃されるという事ですが☆

夜汽車の窓辺に想うあの日々

2013–09–13 (Fri) 22:36
ななつ星、試運転中に突然停車 後続列車に運休や遅延
日本にも豪華な寝台列車が登場…と思いきや、早速止まってしまいましたか。
だいぶ先まで予約で埋まっていると聞きましたが、大丈夫ですかねえ…。

日本の寝台列車もよいのですが、夜汽車の本場はやはり欧州でしょう。
今日もたくさんの夜汽車が、欧州全土を始め広い大陸を走り抜け、果ては極東のヴラジバストークや北京まで、長い長い旅をする仲間もいます。パリ北駅から列車を2回乗り継ぎ、フェリーに乗れば日本の富山に着きますし、さらに乗り継げば、列車とフェリーだけで、パリのションゼリゼから東京の銀座まで行く事も出来ます。

列車にもよりますが、その七つ星のような「つくり物」ではなく、一等寝台から二等座席車まで、様々なタイプの車両を繋げていますので、好みに合った旅ができるのが魅力ですし、なにより「つくり物」ではないので、実際に人生のひと時の、移動の為の「旅」をしている人たちが乗っていますから、そんな人たちとひと時の交流が出来るのも、旅の魅力だと思います。

もし機会がございましたら…飛行機やバスのようなドライで殺伐とした旅では味わえない、欧州の旅の魅力を、存分に味わってみてくださいね。

赤壁も関ヶ原もスターリングラードも、みんなまとめて大逆転!

2013–09–11 (Wed) 22:39
来月にはIAEAが再調査にやって来る。
IOCは一つの私的団体なので、贈収賄罪は問われないからやりたい放題買収できたけれど、IAEAはそうはいかないです。なにしろ海外のミディアはこぞって汚染水がコントロールできていない報道をしていますし、東電もどうやらあまりにおバカさんで醜い日本政府に嫌気がさしてきたようで、
地下水から高濃度のトリチウム…福島第一原発
という様な発表を続々と行い、これからはその流れがさらに大きくなるでしょう。
…どうせだったら、さっさと本当の事を公表すればいいのに。
ちなみに…比較的安全と思っている西日本も、実際にはかなり汚染の影響は大きいようです。

今まで嘘で固めてきた日本政府は全信用を失い、解体かも…☆
なにしろプライムミニスターが世界中を裏切る大嘘で、五輪開催を決めたのですから。
…本当に悪いのは、プライドはあるけどお金は無い、欧州の王侯貴族なのですが…?
そういうのがIOCの委員にはウロウロしていますからね☆

日本で五輪は開けないと、世界中からのバッシング…位ならいいけれど、
日本国宛ての損害賠償請求が山ほど届き、計算したらGDPの数倍だあ…。
借金したらワイマール共和国よりひどいかも…とりあえず、踏み倒そうかな。
でも、もうヒトラー役やる役者すらいないしなあ…☆

でもそれ位して、そこから人が入れ替わって、全く新しい革新的な技術と人材を投入しないと、東京五輪はよくて返上、悪ければ剥奪。
でもそこまで追い込まれたら、逆に普段おとなしい真面目な日本人は、信じられないようなパワーを発揮するかもしれません。
除染は勿論、、廃炉も出来て、太平洋に流れ出た放射能物質も無力化!

そして…絶体絶命の大ピンチから大逆転しての東京五輪開催…になる気がします☆
ひどい目に遭ってきたのだから…それ位しないとね☆

小鳥の響きは世界共通?

2013–09–10 (Tue) 23:07
風変わりなこのブログ。
なるべく更新していきますので、感性が合うなあ…と少しでも感じた方。
これからも遊びに来て下さいね。

今日の朝は、小鳥たちのさえずりで目をさましました。
私は「小鳥」という日本語の響きが好きです。
かわいいですよね。

英語ではsmaii bird若しくはlittle bird。
「リトルバード」のほうが私は好きな響きかな…学校の英語の試験ではちゃんと「a」を付けないとね。
実際には「リトル」も「スモール」もつけない事が多かったりしますが…☆

フランス語では「oisillon」とか「petit oiseau」とか…
…はいはい、試験の解答にはちゃんと「un」をつけましょう。
あ…、「petit oiseau」は音をつなげて「ぷてぃとわぞぉ」と読むとそれっぽいです☆

ロシア語では、うーん、「птица」かな。「ぷちぃっつあ」と読むと、それっぽいです。
…ちゃんとキリル文字が表示されていますか…それが心配です☆

中国語では…?
北京語では「雀」と書いて、日本語表記なら「ちゅえ」が近いかな☆

どの言葉でも、なんとなく可愛らしい響きですね。
なんとなく好きですね。

え?ドイツ語では…と。
えーっと… 
「Kleiner Vogel」…「くらいなー・ふぉーげる」と読むとそれっぽい…です☆
でもスイスやオーストリアではちょっと訛っていて聴きづらいです…♪

え…スペイン語…?????
そ…それ位、自分で調べなさいです…!!!!


正義の味方より悪魔の情

2013–09–09 (Mon) 22:57
オリンピックに浮かれている人って、開催地の東京でさえ、実はあんまりいなさそうです。
本当はこういう形ではなくて、もっと別の新しい希望や夢が欲しかったんじゃないかな…。
と、あくまで遠い所から見ていて感じる事なんですが…決して当たらずとも遠からずと思いますよ。
それにしても、首相のあの軽々しい発言は後々、とんでもない災禍を呼び起こす予感☆

だって早くも
恐れていたオリンピック開催が決定(米国 ウォールストリートジャーナル)
とか
悲惨な危機管理 日本はふざけている(ドイツ シュピーゲル誌)
とか…早速袋叩き。賠償金数百兆円位は吹っかけてきそうですね…☆

政治に詳しい古老から
「安倍さんは機嫌が良くなると、絶対に出来ない事を『出来る』と言い切ってしまう事が多々ある」
なんて聞いていましたが…ああ、これかあ…やっぱりかぁ☆

汚染水、首相の「完全にブロック」発言を事実上否定(毎日新聞)
そうしたら早速、東電が「いち抜けた☆」宣言ですか…☆
そのスピードで事故対応も除染もやればいいのに。

あ、でも福島に希望はありますよ。
微生物を使った放射能除染が福島で実験中で、かなりの効果が格安の費用で実現されつつあるようです。
政府には断られたので、民間企業と提携してやるようです。
…上が頼りにならないと、民衆が頑張って乗り切る…のが、この国の特徴なようですね。
…それだったら、上なんかいらないか…エヘ☆

趣味の時間は人生の清涼剤

2013–09–08 (Sun) 21:34
私の趣味は、乗馬とヴァイオリン。
それだけ聞けば、なんて素敵なお嬢様。
けれどどちらも、我ながらそんなに名手ではありません。
自分の好みに騎乗して、弾いて…です。
でも、趣味って、それ位でいいんじゃないかなあ…とも思います。
それで生計を立てるのならばともかく、自分の人生の楽しみが趣味なのだから、それでいいと思います。

あ、楽器なら、あとはピアノも弾けますよ。
得意曲は…「猫踏んじゃった」です。
嘘です。「英雄ポロネーズ」位なら弾けますよ。途中3回位つっかえて楽譜を見る位で…。

でも世の中、色々な趣味をお持ちの方がいらっしゃいますね。
古い看板を集めるとか、珍しい切符を集めるとか…。
私の知り合いにも「地震雲を観測する」とか、「全国のパターゴルフ場を回る」とか…。

どうしてもお金がかかってしまう趣味もありますが、
お金をかけなくても楽しめるものもあります。
仕事や勉強だけでなく、そういう楽しめる時間を持つと、やはりいいですね。

あ。私にも、隠れた趣味があります。
それは…手袋とブーツのお手入れ。
愛しい手袋やブーツは、お手入れする事によって、さらにその魔力が引き出されます。
忙しい毎日でも時間を作って…ね。
全世界の手袋とブーツを愛する、フェティシストの皆さまもいかがですか?

あとで返上・剥奪がなきゃいいけど

2013–09–08 (Sun) 09:43
オリンピックは…残念、イスタンブール落選ですね。
でもおかげで、あの街の景観が保たれていくと思えば、良しとしましょう。

「東京開催が嬉しくないのか!おまえは非国民だ!」と言われたら「そうですか?他にもっとする事があるでしょ?」と惚ける事にしましょう。でも、少なくとも福島をはじめ東北の人たちの気持ちは、「五輪より先にやる事があるでしょう」だと思いますよ。それにいよいよ、東京の人間が東京に住めなくなるような気がします。前回と同じく、真の東京っ子ほど、東京を脱出する事でしょう。
私? とっくに脱出していますので、もういいです。

オリンピックか…私が興味がある競技は馬術と、せいぜいフェンシング位かなあ。冬季だったらバイアスロンとかあるんだけど…あ、近代五種がありました。
射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニング。要するに19世紀までの戦争に必要な要素を組み合わせたものです。もちろん、自分でやろうとは思いません。だって、この華奢な体では…(苦笑)

そう、水泳とランニングはパス…☆
馬術とフェンシングと射撃でいいです。
乗馬服を着てお馬に乗って、ピストル撃って、エペで突き合って…。
うん、それなら私の退廃的趣味にぴったりです。
(ほら、脳みその中では全然違う事を考えてる…)

あのー、もしもし。それでは「五種」になりませんよ…
はい、それでは「鞭打ち」と「踏みつけ」を追加する事にします。
手袋を嵌めた手に持った革の鞭で思いっきり引っぱたいて、ピカピカのロングブーツを履いた足で思いっきり蹴ってから、ブーツの底でぎゅーっと踏んづけます。

あれ…残りの二つはスポーツじゃないかな?




「悪魔の子」ですら嘆く始末

2013–09–07 (Sat) 11:00
気がつけばけっこう時事問題について書いています。しかしここは「時事サイト」ではないし、ましてや「反原発サイト」でもありません。
ただ、何ともお粗末な(少なくとも自称)エリートさんたちのお粗末な三文劇場を見ていると、ついつい書いてしまうだけです。ですので「正義感」などかけらもないです。

それどころか、相当に「罰当たり」な子ですよ。なにしろ子供の頃から「人類はいかに美しい状態で、潔く滅びるべきか」などという恐ろしい事を脳みその中で考えていた人間ですから…私の脳みそは本来そういうふうに出来ていますので、「いい子」的な発言は虫唾が走る「悪魔の子」なのです。

…逆に言うとですね、そういう子ですらちょっかいを出したり、がっかりするような状況なのが今の日本です。

昨日引用したリヒテンシュタインの新聞の名はLiechtensteiner Vaterland。日本語に直訳すれば「リヒテンシュタイン祖国新聞」です。放射能汚染相手に「祖国の存亡」を賭けた戦争をしなければいけないのに、怖い事は考えないで、「今さえよければ、自分さえ生き残れば」と考える魂は思っていたより多いようです。

こういう事をしているといつか見た夢のように、福井の原発が大事故を起こして、その汚染により日本列島が東から西へ、西から東へと陸上移動出来なくなる様な事態になるかもしれませんし、それは意外に近い未来かもしれません。

とはいえ、偉そうにしている他の国もそんなに大したことはないので、そんなに悲観する事もないかな…
(それって、もっとまずい状況なんじゃない???)

もうひとつ追記しておくと…
この汚染水、本当に原発事故由来のものなのかという事も考えておくべきですね。
311が核爆弾を「鼻薬」に使っての人工地震だったとしたら…?

何か変な本の読み過ぎでしょうか…ふふ。
でも、私にはどうもこの地震と放射能、胡散臭いんですよね…。

世界の裏側でも大騒ぎ

2013–09–06 (Fri) 21:58
汚染水漏洩の話題は世界中を駆け巡ります。
数日前話題にしたリヒテンシュタインという地球の裏側の欧州の小国ですら、話題になっていますよ。

東京電力福島原発の漏洩
人口5万人にも満たない世界の奥の院でも「祖国新聞」が(朝日新聞の引用という形で)報じています。

ちなみに米国、CNN。
東電は全く現地をコントロール出来ない
英国、ガーディアン紙。
福島、殺人的線量更新

私は思いやがるです。
2020年東京オリンピックなど見たくないし、例え招致に成功しても、次々と露呈する深刻な事態で、良くて「辞退」、悪くすれば「剥奪」の運命になるより、ちゃんと福島が再興するようにしてから、例えば2028年とか2032年とかにやればいいです♪ 万全を期してなら、2036年でも2040年でもいいです。
その時の開催地は東京でもいいけれど…、福島単独では難しいかもしれないので、「東北オリンピック」にして、主開催地は仙台でも良いのではないですか…?

逆にそうした「かなり厳しいけど、実現可能な目標」を立てれば、大きな希望を日本にもたらすと思うと思うですよ。目先の利益しか考えない風潮を止めることが、日本を「真に世界から尊敬される国」にする方法だと思っているです、わふー。

東京は安全です!福島は危険だけど。

2013–09–06 (Fri) 19:23
「東京は安全」 汚染水問題、釈明に追われる招致委
逆にいえば、250キロ離れた福島は危険なようです。…どうしてこういう事を言うのか…福島に住む人間の事を全く考えていないのはよく分かります。考えていれば、余程の粗忽者でない限り、口に出る寸前で止まります。

遮水壁建設などに自民から厳しい声 福島原発汚染水対策
「なぜ五輪招致前に発覚したのか=なぜ五輪招致決定後まで隠蔽出来なかったんだ!」と仰る議員さんへ。
「いや、あれはもっと前に分からなかったのかという意味だ」という良いエクスキューズがあるので、よろしかったらお使いくださいね…それはともかくこの記事が興味深いのは
「汚染水は何十年も保管しなければならない。最悪のシナリオを考えて準備をしてほしい」(秋本真利衆院議員)
「最終的に汚染水は(海に)どう放出するかタイムスケジュールを示すべきだ」(笹川博義衆院議員)
という全く逆の施策が語られている事で、自民党の中も「てんでばらばら」な事を図らずも暴露していますね。

私は福島県あたりの山々や森や湖の風景が大好です。
それに福島の人々は私の様な退廃的で罪深い者とは違い素朴で温かい方が多い、愛すべき土地です。
なので、さっさと革新的技術を導入し、政治家をはじめ人ももっとちゃんとした人たちに入れ替えやがれ…と私は思っていやがるのです…。


émerveillement merveilleux

2013–09–05 (Thu) 22:06
私は大の可愛い物好きです。
レース、フリル、リボン…
職人たちによって紡ぎだされた、手のかかる装飾品を纏うのが好きです。

本当に良いものは、手がかかるもの。
時間もかかり、その分コストもかかります。
ですから当然、本当にいいものは、割高になります。
そして、そう沢山は作れません。少量生産です。
量より質、これが基本です。

この十年。十五年。
これと正反対の道を進んできたのが、この世の地球という星なのだと思います。
ちょっと見た目はいいけれど、本当の価値あるものではない…。
だから人々は、本当の幸せを味わえない。
とはいえ、本当に価値のあるものはそう全員には行き渡らないものですから、
今の風潮を全部否定はしないけれど…。

この世は、本来交わる事がない色々な霊たちが各々の世界から集まり、一堂に会する不思議な空間…
と思えば、ここで本当に良いものを求めるのは非常に難しく、
且つ、各々の魂にとっては、とても有意義な事なのではないでしょうか?

…と、偉そうなことをいう私自身、まだまだ勉強・修業の身…なのです。

世界の奥の院

2013–09–03 (Tue) 23:21
私は日に数十分、海外の新聞などのサイトに行って情報を収集するのですが、「TEPCOが嘘つきクズ会社なのは勿論だが、日本政府も信用できない!」という論調が日増しに強くなってきました。この分では例え五輪誘致が決定しても、この問題でよくて辞退、下手をすれば剥奪かもしれませんね。私はお金持ちだという方、今のうちからリヒテンシュタインあたりに財産移動しておいた方がいいと思いますよ…ただし、あなたが本当の意味での資産家であるのならのお話。意地汚く狡賢いだけが取り柄の成金は、そのまま一文無しになりやがれ…です☆

そんなリヒテンシュタインは世界の一番の奥の院。例えばスイスの銀行にお金を持っていくと、そのお金を「モンテカルロあたりの賭博ですった」事にして、預けます。そうするとそこにはリヒテンシュタイン人の行員さんがいて、そのお金をリヒテンシュタインへと持っていきます。ここはローマ法が支配しているお国で、許された人以外はもう誰も、そのお金に触れる事は出来ません。

そんな一面を持つリヒテンシュタインですが、私たちの様な普通の人間にも、住むにはいい所だと思います。リヒテンシュタインの首都のファドーツ、その表の顔はとても風光明媚で平和な町です。人口は5000人。実は隣のシャーンという町の方が人口は多い…500人位だけれど。それでも首都なので、我々外国人も気軽に歩けますし、その気になれば住めます。

夜はとても静かです。なにしろ昼すら静かですから…。
都会が恋しい人は、隣国スイスのチューリッヒまで遊びに行くと良いでしょう。バスでザルガンスへ出て、列車に乗り継ぎます。日本の大都会に比べればがっかりな規模ですが、それでも一通りのものは揃っています。

でもあまり夜遅くまでは遊んでいられません。帰りはチューリッヒ中央駅22時40分発のブダペスト行き夜行列車に乗って、そのまま寝過ごすとハンガリーまで連れて行かれるので居眠りを我慢して、1時間弱後に着くザルガンスで下車し、23時40分発のリヒテンシュタインに行く最終バスを捕まえねば…。
何度も乗っていると、バスの運転手さんから「おかえり!」と言われるようになります。

なんだかせわしない様な、それでいて帰るのが楽しい様な…♪


嘘がばれたらアイムソーリー☆

2013–09–02 (Mon) 22:01
相変わらず、三文芝居を演じ続ける世間。

「東京五輪銘柄」の株価上昇
そんなことしている場合じゃないですよ…海外はみんな「放射能垂れ流し」」に怒っていますよ。
東電は嘘ばっかり。ばれたらソーリーソーリーばっかり
ほらほら…オリンピックより、先にやる事あるでしょう…。
革新的技術を惜しげもなく投入し、とっとと放射能など消してしまえ。
微生物を使った除染など、まだまだ新手の新兵器が繰り出せるのが我らが日本です。

まったく…これではこのブログが、時事ネタに埋もれてしまうではないですか…!
それでも嘘を続けるなら、いまから天文学的な賠償金をむしり取られる事を覚悟した方がいいですね。
そういう事に長けた連中が多いのも事実。
それが「この世」ですから、どうにもなりません。

もっとも、私はこれにも穿った見方をしてしまいますねえ。原子炉がメルトスルーして核燃料が地下百メートルまで落ちていようが、ここまで太平洋を汚染するにはまだまだパワー不足。
やっぱり311=核を使用した人工地震説の方が、すんなり事実は説明できますが…?
…一笑に伏せる事が出来ない部分があるのも、確かですね。

喧嘩弱いんだから、止めておけばいいのに

2013–09–01 (Sun) 20:14
オバマ米大統領声明「重い決意」=シリア問題、国際社会と連携―安倍首相
この人喧嘩弱いんだから、止めておけばいいのに…。

戦争が騎士道精神に乗っ取った、ある意味芸術だったのは19世紀まで。
美しい軍服に身を纏い、軍帽やハウベを被り、革の長靴を履き、軍馬に跨り、サーベルを振りかざして突撃しながら死んで行くのは、誇り高き人間男性の美学でございます。
ところが20世紀以降は、特に単なる殺戮の場と化したので、私は「戦争」ではなく「殺戮」と呼んで区別しています。

戯言はそれ位にして…オバマも訳のわからない人ですね。
スノーデン氏報道で日本でも有名になったガーディアン紙に、こんな事まで書かれていますね。
オバマの驚くべきUターン
この方も、裏事情色々で最初から全然期待していないですが、スノーデン事件への対応以来(例え嘘でも、民衆の側に付いておくべきでした)、安倍並の失敗続き。
米長期国債は3%を超えそうだし、無理やり吊りあげた原油価格は暴落しそうだし…と、何が何でも戦争騒ぎに持ち込みたいのはわかりますが、所詮「誇りある死」ではなく、「お金のある現世」が目的の人たちなので、崩れる時はあっという間に、蜘蛛の子を散らすようにいなくなるでしょう。

…結論。やっぱり私は19世紀の欧州が好きです…。

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR