Trans Princess2014年03月

休日の前の夜…☆

2014–03–07 (Fri) 23:13
土日休みです…久しぶりです☆
これが「労働」なら、労基法その他諸々の法規に違反しますが…
お勉強で、なおかつ自分が好きでやっているので、これでよいのです☆

思いっきりこのブログを更新したいのですが…
留守の間の埃をお掃除しなければならず、他にも色々と、忙しかったりします☆

そういう金曜日の夕方ですから、
本日のお夕飯は、お手抜きをしてしまいました☆
「でぱちか」で買ったテイクアウトのスープと、お惣菜です☆

「でぱちか」…「えきびるちか」と言うべきか…☆
お味は…悪くはなかったです…☆

さあ、明日もちゃんと起きて…☆

2014–03–06 (Thu) 23:11
こんな私が、思った事を、思うままに書いているブログですが…

ちょっとづつですが、アクセス数や拍手の数が増えてきました☆
皆さま、ありがとうございます☆

で…平日名物の簡易更新です☆

マスミディアには真実はないけれど、
ネットでも真実を探るのは容易なことではない。
…私の名言でやがるです、わふー☆

その「真実」にしても、書き手、読み手によって「真実」は変わるわけで…
Aさんは「Zが真実なのに、どうしてみんな分からないんだろう」と思うし、
Bさんは「Yが真実なのに、どうしてみんな分からないんだろう」と思うし、
Cさんは「Xが真実なのに、どうしてみんな分からないんだろう」と思うし…
そして本当の事は、ぜんぜん違うNの所にあったりして…☆
でも実は、もっと高い視点から見れば、それはTだったり…☆

21世紀はそういう時代です。
リニアではなく、多次元的な世界が、そこにあります。

あんまり「大丈夫」と思うのも危険ですが…
あんまり「もうだめだ」と思う方が、もっと危険です。
そういう恐怖感にとらわれた人々を餌食にする連中がいて、
決して悪人ではない、とても賢い人間までが、はからずもそれに加担してしまっている…
それが世界の現状。

ですから、淡々と、自分らしく生きるのが、一番良いし、一番の対策☆


…あんまり難しい事を言っていると、明日寝坊しそうですので、これでやめます☆


なんだかこのブログらしくないなあ…☆
では、こんなのはどうでしょう☆

ネットゲリラさんの記事から
転載禁止は韓国人の陰謀w

嫌韓スレを立てる
   ↓
仲間がワラワラと集まって、嫌韓レスを集中的に書き込む。
   ↓
せいぜい50スレ程度で、まとめサイトに転載

要するに、こうして騙された人が増え、嘘の世界を創っていくと…☆
作られた嫌韓・反中。
それと同じことを、逆に韓国・中国が反日の世界を創り…
それのみならず、世界中で同じ事をお互いにやっている☆

そろそろ世界中の人たちが、そんな「マトリックスな世界」に、覚醒する時期かな…


…本当に明日寝坊しそうなので、これ位にします…☆
(全然「簡易更新」じゃないし…☆)


劇場のお芝居は、舞台裏の方が面白い…☆

2014–03–05 (Wed) 23:05
さて、平日名物の簡易更新でございます…☆

とあるお客様からメールをいただきました。
「3月2日の記事の後半にあった、ウクライナ情勢の分析、消えちゃってますが。 あれ、けっこう鋭い分析でしたね」

あれ…本当に消えちゃってますね☆
すみません。記事を修正したりする時など、よくやるのです…☆

英政府は、欧州連合(EU)が実施する可能性がある対ロシア経済・金融制裁や貿易制裁には加わらない見込み
いやあ…イギリスが裏切るのはいつもの事です☆
さすが元世界に冠たる大英帝国…「腐っても鯛」なのです☆

今回はどうも、アメリカのネオコン&金融が、濡れ手に粟を狙って暴発したようですね。
オバマには内緒で、そっち派の閣僚たちが悪だくみをしたのだけれど、へまをやった…☆
おかげで、数年越しで、沢山のお金をかけて工作してきたEUの努力は、水泡に帰す…と☆

ただですね、オバマとプーチンは、もとからそんな計画を知っていたんじゃないですか…☆
そして、この機会を利用して、その人たちに大ダメージを与える…と。

もう、国対国…で時局を見ていては、判断を誤る素です。
「世界などどうなってもいいから、我々が金儲けをして支配者になる」という一派と、
その対抗勢力の争いで動いていると見た方が、分かりやすいと思います☆

おっと☆
明日は早いので、本日はこの辺にて…☆

やっぱり図書館は、知識の宝庫☆

2014–03–04 (Tue) 22:56
お勉強から帰ってきました…あれ、もう11時だ。
もうすぐお昼ごはんですね…あれ、違ったかな☆

今日は大学の図書館に寄ったので、すっかり遅くなりました…。
大学の図書館って、けっこう夜遅くまでやっているのです。
でも、深夜にはいったん閉めます。

その理由は…もちろん、司書さんたちの生活の事もあるのですけれど…
最大の理由は、そこで寝泊まりする学生たちを排除するためだと思います☆

だって…本当に読書好きの人なら、寝袋や食糧を持ち込んで、ずっと図書館に寝泊まりしますから☆

そんな事を、しかも官費(私の学校は国立です…)でやられてはたまったものではないので…
「こら、一旦出ていけ☆」と、無理やり閉館するのでしょう…☆

夜間輸送は鉄道に回帰させるべきです…☆

2014–03–03 (Mon) 23:28
北陸道SAで夜行バスが事故 2人死亡、24人搬送
色々ご意見はあるとは思いますが…やはり、バスはある程度危険な乗り物です。
昼間はともかく、夜間走行には何かと問題もありますし、なにより安全のためのバックアップシステムは、どうしても手薄になってしまいます。

ここはヨーロッパのように、夜間輸送は鉄道に任せた方が良いと思います。
その鉄道にもいろいろ問題はありますが…☆
それでも、廉価なコストで移動をしなければならない人々の安全を確保するには、鉄道の夜行輸送の復活を、そろそろ真剣に検討すべきだと思いますよ…。
JRも収益性の良い豪華な寝台列車だけでなく、国民の命を守るために、廉価で快適な夜行サービスを提供するようにしないと…また犠牲者は増えます。
増えてからでは遅いのです。

現場で働いている乗務員の方々の生活も考えなければいけませんが…
高齢化でマイカー依存が出来なくなる方々が増えるので、そうした方向けの「半バス半タクシー的」なサービスの拡充など、その貴重な労働力を発揮できる仕事場は、いくらでもあります。

座席車のみならず、寝台もクシェット(簡易寝台車。日本のB寝台車に近い)をヨーロッパなみの比較的安価で提供できるようにすれば、無理に深夜・早朝の新幹線や飛行機に乗らずにすみます。
数室は個室寝台を用意し、これはそれなりに値段を取って、それなりの設備を整えておけば、富裕層にも安心して利用してもらえるでしょう。

ヨーロッパで走っている夜行列車は、こういう個室寝台から二等座席車まで取り混ぜた編成が基本です。日本の高速道路とは比べ物にならないほど整備されたアウトバーンを所有するのに、夜間輸送は安全な鉄道にやらせる…ヨーロッパには悪い所も多々あれど、こういう見習うべき所もあると思いますよ☆


この件のみならず、安心して暮らせる社会を取り戻すために、目先の利益だけにとらわれない価値観を養う事が、持続可能性の高い社会を実現して、新しい日本を再構築するのに不可欠でしょう☆

…それと正反対なことをやっているのが、今の日本のような気がします。
どこかでベクトルを変えないといけませんね…☆


イスタンブールへの道…☆

2014–03–01 (Sat) 23:24
ヴェネツィアのカーニバル、いよいよ佳境…のようです☆
「ようです」というのは、私は今日もお勉強でこちらにいるからなのです…☆

さて、更新が開いてしまいましたが…パリからイスタンブールへ、シンプロン・オリエント急行のルートに沿っての旅も、佳境に入ってまいりました。

(ここまでの記事一覧)
寝台列車で年越ししてきました

ヴェネツィアからイスタンブールは遠い?…☆

かつて「東西」を隔てた鉄路は険しく…☆

かつて「東西」を隔てた鉄路は険しく…2(迂回編)☆

かつて「東西」を隔てた鉄路は険しく…3(苦闘編)☆

シンプロン・オリエント急行の物語☆

(寄り道編) ブダペストの光と影と…☆


ようやくたどり着いたベオグラード鉄道本駅。
迂回劇場☆

ブダペスト回りの迂回ルートでもいいのですが、
ここは忠実に、ザグレブ経由で…☆

そしていよいよ、イスタンブールの地名が、地図上に登場です。
ついに見えたイスタンブール☆

「トルコ」「黒海」「ウクライナ」という地名が見えると、「ああ、ヨーロッパの随分外れまで来たなあ」と思いますよね。
でも、ここまで来ればもう大丈夫、イスタンブールなんて目と鼻の先。

「と・こ・ろ・が…☆」

ヴェネツィアからイスタンブールは遠い?…☆でこう書きました。
「私のちょっとおかしな脳みその中では、下記の様な逆算式がありまして…
①イスタンブールのヨーロッパ側のターミナルであるシルケジ駅には、確かセルビアのベオグラード発着の定期列車があったはず☆」

所がですね…そんな列車は存在しないようです。
もちろん以前はあったようですが…ただ、区間運転の列車が走っており、乗り継げばイスタンブールまで行けます☆

さて、まずは時刻を調べてみましょう。
TCDDこと、トルコ国鉄のHPに、国際列車の案内があります。

ヨーロッパ連絡

(補足)
ブカレスト・北駅       12:13  → 22:45 ディミトロフグラード駅 (連結作業)
ソフィア・中央駅       18:55  → 22:45 ディミトロフグラード駅 (連結作業)

ティミトロフグラード駅 23:04 → 07:50 イスタンブール・シルケジ駅


イスタンブールから通ずるヨーロッパ方面への列車は、ルーマニアのブカレスト発着ととブルガリアのソフィア発着があり、両者はブルガリア領内のディミトロフグラードという街で連結され、イスタンブールへ向かうのですね。

いよいよ…あと1回で、このシリーズ完結…かな?


« 前へ | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR