Trans Princess2014年05月

歴史は今この時間も作られている…☆

2014–05–31 (Sat) 22:22
土曜日も通常営業の私めです☆
「眠いけど 簡易更新 しようかな なぜなら昨日 サボっちゃったし」
…短歌ふうにまとめてみました☆


ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇

帰宅するサラリーマンの友。
なかなか頑張っているようですね…。

ASKA事件は芸能界のスキャンダル事件ではありません。
日本の支配層に対する、(外国の)敵対勢力が打ち込んだ核弾頭です☆
今は安倍が大手マスミディアを完全掌握していますからなんとかなりますが…
さあ、今後どうなる事か…☆

安倍を潰すのはそれほど難しい事ではなく、
一に外遊時に政府特別機の後ろの方に乗っている連中の素性を暴く事、
二に「岸信介ファイル」を公開する事、
三に岸家・安倍家の血筋の秘密を暴く事
で、全部おしまい…と、とある方が仰っておられましたが…
まあ、どうでしょうか☆

私は、そんな事をしなくても、国民が本気で怒ればおしまい…と思いますけれどね☆

だって、この国の憲法に書いてあるでしょう?
「主権在民」」って…ね☆


スポンサーサイト

少しづつ、「本当の事」を言いだし始める人々…☆

2014–05–29 (Thu) 22:37
安倍首相「個別的自衛権では対応は不可能」公明見解を否定 集団的自衛権、初の国会論戦

ふふふ…安倍と公明党が仲間割れですかあ☆
これからさらに、分かれていくのかな。
そうなると選挙協力が得られなくなり、自民党は惨敗します。
ましてや投票率が上がり、浮動票が新しいムーブメントへと流れたら…
さきの選挙の民主党以上の大惨敗(というより「滅亡」)の恐れもありますね☆

自民党内にもまともな人たちがいて、安倍の政治を非常に「危険」だと考え、
夏に政変を起こす…というお話もちらりと伺いました。
少しづつですが、時計の振子は逆に振れる準備を始めているのかもしれません。

そしてコメントでも話題のASKAのお話ですが…
どうも芸能界のみならず、官僚、政治家、財界…
様々な、「華やかな人々」が絡んでいるというお話も耳にします。

昔、「のーぱんしゃぶしゃぶ」というのが大きな話題になったことがあるようですが…
今度は「本物のしゃぶしゃぶ」かもしれません…ね☆
もちろん、お肉のではなく…です☆

そうなると気をつけなければいけないのは、左翼側のプロパガンダ。
右に劣らず左も汚いので、だから私は両方近づかないのですが、
「放射能怖い怖い」を筆頭に、逆ベクトルから私たちを騙しに来るかも知れません。

でも、それは所詮、金メッキを本物の金と言い張るようなもの。
すぐに馬脚を現し、消えていくでしょう…。

21世紀は、私たちの心構え次第で、
意外に素敵な時代になるかもしれません…☆

そうしないと、逆に「終わり」の時代になってしまうかもしれない…そんな危険もあります。

それなら…
「意外に素敵じゃないですか☆」の方が、いいですよね。

みんなで一緒に、そうしませんか?…☆

プロパガンダなんて「一昨日きやがれ」…☆

2014–05–28 (Wed) 23:24
いやぁ…本当に今日は平日名物簡易更新ですよ…☆

「集団自衛権」は、あれだけ安倍の圧力がかかっている大手マスミディアでさえ、反対過半数☆
実際には、8割くらいの方が反対なのではないでしょうか。
それ以上に反対なのが、「防衛省」と「自衛隊」の方たちでしょう。
「これでは国が潰れますよ」と、冷静に分析・判断されておられるのです。
「現場」」を知る人は、無責任な事はしないのです。
それは万事に同じなのでしょうね。

かねてから申し上げている「夏至」より少し前から、色々動いてくる可能性もあります。
日本政府のみならず、外国からのプロパガンダに扇動されず、
自分の長靴でしっかりと大地を踏んで、流されない事が重要ですね。

「長靴」でなくてもいいのですけれど…
私は長靴(ブーツ)大好きっ子なので…☆

まだ見ぬスキャンダルが眠っています…☆

2014–05–27 (Tue) 23:03
本日、平日名物簡易更新☆

財界人や著名人ズラリ 隣人も知らない…パソナ迎賓館「仁風林」ルポ
「子飼い」の夕刊フジからこんなお話が漏れるとは…反乱でも始まったかな☆
パソナ…竹中平蔵の闇の部分まで、ちゃんと報道できるかな…?
竹中まで来ればあとはもう…スキャンダルの嵐で、政権崩壊。
安倍とそのお仲間たちと、竹中は「ずぶずぶさん」ですからね。

まだ報道されていないのですが、それはもう、ものすごいのがあるみたいですよ…☆

やはり夏至から先、色々とありそうです。
うん…☆

でもどんな時でも、このブログに来ると…
ちゃんと更新していたりします☆
たまに、サボりますけれどね…☆☆☆

泥棒も入らないはずの南の島に入った泥棒…☆

2014–05–26 (Mon) 21:37
「貧乏で泥棒も入らない」=軍隊ないバヌアツなどやゆ-NHK経営委員の百田氏発言

「NHK経営委員を務める作家の百田尚樹氏は24日午後、岐阜市内で開かれた自民党岐阜県連の定期大会で講演し、自らを憲法改正派と紹介した上で、「軍隊は家に例えると、防犯用の鍵であり、(軍隊を持つことは)しっかり鍵を付けようということ」と語った。さらに軍隊を持たない南太平洋の島しょ国バヌアツ、ナウルの国名を挙げ、「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」などと両国をやゆする発言をした」

この男の知性の無さと品性の卑しさにはほとほと愛想が尽きますが、よりによってナウルを引き合いに出すとは。
国連加盟の独立国に対してなんという失礼な発言。
これを聞いた両国の人々は、とても悲しい想いをするでしょう。
日本人って、こういうものなのか…と思われたら、また日本は一歩、国際社会から孤立します。



「日本の歴史の中で最も大事な事件は大東亜戦争。しっかり勉強しないと、今現在の国際社会は語れない」

傑作ですね…。
しっかり勉強しなければならないのは、おまえの方だよ…。
その大戦中、こういうことがあったのさ…☆

前田 朗「軍隊のない国家(23)――ナウル共和国」法と民主主義424号 から

「ナウル人は国内で強制労働させられただけではない。一九四三年六月三〇日、
日本軍はナウル人の強制移送のための選別を始めた。食料の豊富な島に避難する
という口実であった。ナウル人は、日本軍が土地所有者を移送することによって
土地を取り上げるのではないかと疑った。七月、ナウル人六〇〇人の移送が始ま
り、他方、六五九人の日本人がナウルに送り込まれた。八月一六日にも六〇一人
のナウル人がトラック島(現在のミクロネシア連邦のチューク島)に移送された。」
「日本軍は結局、一二〇〇人のナウル人をはるか遠くのトラック島に運び、逆に
七〇〇人のバナバ人をナウルに送り込んだ。この強制移送は実に不可解なことで
あった。他方、占領期にナウルに送り込まれた日本軍兵士はのべ三〇〇〇人に及ぶ。」

「強制移送に伴って、日本軍はナウルの家屋、学校、教会を破壊した。ナウル人
は飢餓ぎりぎりの状態に置かれ、伝統的な生活様式そのものが破壊された。ナウ
ル人の三分の二が強制移送され、トラック島で農作業を強制された。戦後、帰還
できたのは七三七人だという。約五〇〇人が死亡したと推定される。このため戦
後のナウル社会には世代間のギャップが生じ、通常の家族生活が成立しない有様
だった。社会の存続にとって最低限の一五〇〇人しか生存できなかったのだ。」


百田は人様にお説教を垂れる位の勉強家なのだから、これ位は知っているでしょう。
知らなかったとは、言わせませんよ。

何の事は無いです。
「くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」はずの南の島に泥棒が入ったのですよ。
その泥棒の名はね…教えてあげる。
「日本」という国だよ…☆


こんな男がちやほやされるのが、今のこの国のようですね。
私は本当に悲しいですよ…

ナウル・バヌアツの国民の皆さま。
屑男が下品極まりない発言で、大変な失礼をしてしまいました。
私が代わりに謝ります。

ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい…



こういう屑どももそのうち消えるのですが…
それまでに日本が負う傷は、決して浅くは無いかもしれませんね…☆

それにしても、どうしてこう、すぐに増長していらないことばかり言うのか。
「くそ貧乏」とは随分冷たい言葉ですが…
こんな事では、日本は世界の嫌われ者として、完全に孤立します。

でも本当は…それが目的なのかもしれませんね☆


民衆は静かに立ち上がる…☆(仮題)

2014–05–25 (Sun) 21:51
「脱原発」意見、9割超 エネ計画のパブリックコメント

ほら…賛成は1.6%しかないのです。
日本の支配者層は屑ばかりですが、日本国民は賢いですよ。
正直そうではない人もいるけれど…意識の高い人々はこうして、正しい選択をするものです。

脱原発と同時に、福島の救済と再生も最重要課題。
福島の再生が出来なければ、日本の再生もありません。
逆にそれが出来れば、日本は再生できます☆

頭が古くてかたい学者たちが「不可能」と言っていますが…
「何だお前たち、偉そうにしていて、役に立つの? 立たないの?」と言えば、立たない訳で…
役に立たないのに威張っていて、お金は頂く…では「お前たちはいらないです、わふー☆」です☆
さっさとご退散頂き、そこに画期的な新技術を投入すれば良いのです。

少しづつ、風向きは変わってきます。
いい風が吹いてきますよ…☆



二人のプーチンとイギリス王室の存亡…☆

2014–05–24 (Sat) 21:31
マスミディアの報道には、色々な思惑が入り乱れているものです。
この記事なんかもそうですが、それとは別の、過去からの思惑も潜んでいるようです☆
いつものWalk in the spiritさまの記事から☆

ブーメラン現象、英皇太子の場合

こちらで英語放送の番組をご覧になれます



如何に、各世代が、ヒットラーと関係があったかを暴露、
一言で言えば、「おまえが言うな☆」
いやはや、ロシア(プーチン)の逆襲にあってしまい、
真実がばれてしまった!?

そのヒットラーも、ウィーンロスチャイルドの血を引いたユダヤ人だった…という噂☆
中東の石油を独占する為にユダヤ人をパレスチナに集めてイスラエルを作りたいのだけれど、そのままでは(何も知らないごく普通の)ユダヤ人は、欧州から動かない。
だからユダヤ人迫害と世界戦争を始めたのだと。

それは裏の権力者たちにとっては、みんなの願いだから、あの戦争を作ったと。
そもそもあんな戦争なんて、その気になれば、すぐ終わらせられたのです。

そう、第二次世界大戦は、本当は一日で終わっていたのです。

788px-Poland2.jpg

ポーランド侵攻時のドイツ軍の配置を見れば一目瞭然です。
ほぼ全軍を東のポーランド国境に張り付けていますから、西の独仏国境には兵は殆どいません。
ですから、ドイツ軍がポーランドに侵攻したのを見て、フランス軍がドイツ本土に進攻すればよいのです。
フランス軍は無敵の進撃でしょう…ライン川を越えたら、もう自然の要害はありません。
ですからハンブルクでもベルリンでも、防衛線を張るのは困難。
ドイツは地政学的に、本土防衛が困難な国の一つです。

ドイツ軍がとって返そうとしても、そう簡単には戻れません。
弱体とはいえポーランド軍がいるし、向こうからは(恐らく密約で)同時に攻め込んだソ連軍がやってきます。
ソ連軍が裏切らない保証はありませんから、二方面作戦を強いられます。
念は念を入れて、ナチス政権下で冷や飯を食わされている不満分子も焚きつけておけば尚よし☆
そしてドイツ第三帝国は、一気に崩壊へと向かいます。



なぜそうしなかったのか☆
歴史学では、この謎はこんなふうに(無理矢理)説明されています。

まやかし戦争

まやかし戦争(まやかしせんそう、英: Phoney War:フォウニー・ウォー)は、第二次世界大戦初期における西部戦線のことを意味する。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻の後、1940年5月のドイツ軍のフランス侵攻まで、ドイツとフランス・イギリスは戦争状態にあったにもかかわらず、陸上戦闘が皆無に近い状態であったためで、いかさま戦争とも言う。ドイツでは座り込み戦争(独: Sitzkrieg :ジッツクリーク)、フランスでは奇妙な戦争(仏: Drôle de guerre :ドロール・ドゥ・ゲール)と呼ばれていた。

Wikipediaの説明を読んでも、全然わからないし、しっくりしませんね…
でも、「最初からみんなグルだった」と考えれば、問題即決☆
「世界は三文芝居」なのです☆

第二次世界大戦が必要だったから、そうしたまで。
以前とある方(学者さんで、下位ながら欧州某国の貴族)から伺ったお話ですが、
「実際、フランス軍は国境を越えようとしていたのですが、どこからか秘密の命令が来て、撤退したのですよ」
お喋りに花を添えるエスプリかもしれませんが…さもありなんなお話ですね。

さて…チャールズ皇太子ですが。
英王室は「政治的発言」はご法度なのです。
労働党は早速、皇太子に退位せよと総攻撃をかけています。
下手をすれば本当に皇太子の地位からの「退位」を迫られるかもしれません。

…これも、三文芝居だったりして。
チャールズ皇太子を国王につかせない為にね☆

イギリス王室のチャールズ皇太子がロシアのプーチンを非難した記事でしたよね。
お話しは奇しくも、ロシアの帝政時代末期に遡ります。
この時代にも「プーチン」はいたのですよ…☆

怪僧ラスプーチン
Rasputin_pt.jpg

この男の予言はなぜか「当たる」事になっていてね…☆

「私は殺されます。その暇乞いに参りました。私を殺す者が農民であれば、ロシアは安泰でしょう。もし、私を殺す者の中に陛下のご一族がおられれば、陛下とご家族は悲惨な最期を遂げる事となりましょう。そしてロシアは長きにわたって多くの血が流されるでしょう。」

そして実際、貴族によって彼は殺され、ロシア革命は起きた…。

まあ…こいつもある意味「超能力者」なのだけれど…実は単なる「仕込み」☆
三文劇場を演じた「俳優」みたいなものですよ。
本当の歴史を動かしているのは、別にいます…☆

あ。
それでもう一つ、この仕込みじじい、意味深な予言をしている訳で…

「バッテンベルクの血をひくものが国王になる時、英王室は滅びる」☆

そうですか☆
ところで、チャールズ皇太子殿下は?
220px-Prince_Charles_2012.jpg

1948年11月14日に、エディンバラ公爵フィリップと同公爵夫人エリザベス王女の長男としてバッキンガム宮殿にて誕生。12月15日には宮殿内で洗礼を受けた。国王の女系子孫は王子の称号を与えられないのが原則であるが、チャールズの場合は将来国王になることが確実であったため、ジョージ6世はチャールズを王子とする勅令を出した。

ふうん…
そして、そしてそのお父様のエディンバラ公爵フィリップといえば…

ギリシャおよびデンマーク、ノルウェーの王家であるグリュックスブルク家(正式には、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク家)出身。ギリシャ王国の第2代国王ゲオルギオス1世の四男アンドレオス王子とバッテンベルク家出身のアリスの長男として誕生。ギリシャ語名フィリッポス(Φίλιππος)。ヴィクトリア英女王の玄孫であり、連合王国王位継承権を持つ(2012年2月現在第485位)。

母上のアリスさまは
バッテンベルク家のご出身ですね…☆

そう、チャールズ皇太子は正真正銘、バッテンベルク家の血をひくものなのです。

ラスプーチンの予言を「警告」と受け止めれば、
何が何でもチャールズ皇太子の国王即位を妨害したいところでしょう。
ですから今回の様な「事件」」は、大変好都合かもしれません☆


え?
例えチャールズ皇太子が即位しなくても、その子供である殿下たちにもバッテンブルク家の血は流れているから、単なる時間稼ぎにしかならないんじゃないですか…と?


確かに…
ウィリアム王子もヘンリー王子も、お母様であるダイアナ妃のお腹から生まれました。
Международная_Леонардо-премия_18

でも…
人間はお母様から産まれてくるのであって、お父様からは産まれません☆

ですから…
お母様はダイアナ妃でも、お父様が誰かは…本当は分からないのです☆


そのお母様も、不可解な事故で亡くなってしまった今、
本当の所は、正直分からないのですよ…☆

穿った見方をすれば、
その事を知っているダイアナ妃を亡き者にしようとした連中もいたかもしれませんね…。

さあ、これからも三文劇場が続くのか…
それとも、新しいスタイルの歴史が産まれるのか…

わたくしは東の果ての国の、そのまた東の地から、静かに見守っているのですよ…☆


「世論」はこうして作られる…☆

2014–05–24 (Sat) 20:10
家路を急ぐお父さんたちの友、「日刊ゲンダイ」紙に傑作な記事が載っていました☆

世論調査のマヤカシ露呈…集団的自衛権めぐり各社バラバラ

「(産経・朝日の)両紙の見解もまたバラバラなのだが、唯一、意見が一致したのは〈世論調査は質問の順番や文章などに影響される〉(朝日)、〈各社ごとの設問や選択肢の違いが回答に反映している〉(産経)という点である」

要するに、自分たちの都合のいいように、世論調査は「作り」ますという事ですね☆
朝日も相当にひどそうですが、現状では政権に近い分、産経の方が嘘八百が多そうです。
何の事は無い、これでは北朝鮮や中国の悪口など言えないではないですか。
昔は「新聞を読まないと、頭が馬鹿になる」と言われたそうですが…
今は「新聞を読むと、頭がおかしくなる」という感じですね。

もともとマスミディアとは、国民を服従させたり、扇動したりする為にあるのですよ。
そこをよく頭に入れて報道を見ていくと、
「なるほどね。ここは政府系だから(若しくは反政府系だから)、こういう事を言って、私たちにこうして欲しいのね…嫌なこったです、おととい来やがれです、わふー☆」となります☆

(あとでもう一つ別の話題を書き足します)

久米島沖のキノコ雲…☆

2014–05–23 (Fri) 22:59
不思議な事が色々置き続けているようでありまして…☆

久米島沖で爆発音 きのこ雲を確認



…この方向にある鳥島には米軍の演習場があるので、何かやったかな☆
そしてこの雲、福島原発の事故の時に上がった雲にも似ている。

…福島原発の事故は事故では無くて、
こういう兵器を使った、大震災を逆手に取った事件だった…のかもしれません。
どちらにせよ、革新的技術を使って、はやく福島の避難地域に安心して人々が帰れるようにしたいですね☆

それにしてもこのこの雲…
非核兵器の姿をした(実は)核兵器のような気がしますね。

驚異の世界 「ハワイの怪光」…☆

2014–05–22 (Thu) 22:11
昨日(5月21日)の記事、夜空のスピラルは、何を語ろうとしているのか…☆で、
空の不思議な現象をお話ししましたが…

実は…ハワイでも、おかしな現象が現れたようです☆
Mysterious Lights Over Hawaii – What Are They? (Stunning Photos)
「ハワイ上空のあやすぇ光だぁ こりゃ何だっちゃ? ぶったまげ画像付きっちゃ☆」
和訳するとこんな題名です…それは仙台語訳かなぁ…?
「ハワイ上空の妖しい光 何だこれは? 戦慄の画像付き☆」


1.png

2.png

Officials cannot explain these mysterious and strange lights, but U.S. Navy spokesman said he is not aware of any Military operations that coincide with the light and a U.S. Coast Guard said, based on descriptions, it is unlikely that the lights are distress flares, but could possibly be related to meteor activity, but after seeing these lights in the video and photos below, never has a “meteor” photo shown such movement, so that appears to be a little far-fetched.
官庁筋はこれらの怪現象について説明が出来ない。
しかし米海軍のスポークスマンは、今回の怪光に関連するような軍事行動は知らないと言い、沿岸警備隊も解説の中で「これは遭難による火災などではない。流星や隕石の類とも考られるが、しかし、動画や写真を見ると、このような動きをする隕石があるとは考えらず、それらとは大きく異なると思われる」。

なお且ついわゆる「自然のもの」とは考えられない気がしますね。
もし人工のものなら…ここはみんなの力で、「監視」すべきだと思いますよ…
そうすれば、おかしな動きは封じ込める事が出来ます☆

普段私たちの生活とは違う、「驚異の世界」の一つなのかもしれませんね☆

夜空のスピラルは、何を語ろうとしているのか…☆

2014–05–21 (Wed) 22:06
リンクさせて頂いている「In Deep」さまで、色々興味深い記事がアップされていますよ☆

むしろ謎が深まる中国の落下体。そして、死者の日の祭典が行われるメキシコ・オアハカに出現したノルウェータイプの「光の渦」




こっちがノルウェーの時の画像
norway-spiral.jpg

ノルウェーのオスロで同じ現象がみられた時は、ロシアのミサイルの失敗と報道されました。
すぐにロシアはそれを否定したのですが…それは報道されませんでした。
日本のマスミディアは、そういうものです。
そういう連中の報道を真に受けていると、命と財産がいくつあっても、たりませんよ☆



偉大なリーダーと、馬鹿なミスリーダーと…☆

2014–05–20 (Tue) 20:47
ひさしぶりのMH-370便関連のニュース

Former Malaysian Leader Accuses CIA of Cover-Up in Missing Jet
「マレーシア前首相、マレーシア航空370便はCIAの偽装工作だと非難!」

まはてぃーる先生怒る☆

さすがマハティール先生です☆
(ご要望があれば、和訳文を掲載致します。大きな新事実というより、老将軍の憂いという感じの記事です。)

日本の政治家は一人もこんな事が言えないのでしょうか…。
そこが日本の不幸なのですよ…。
あのアメリカでさえ、堂々と異議を唱える政治家がいるのにね…。

どちらにせよこの件、911ほどはうまくいかないような気がします。
米英の中にも、ユダヤ金融や戦争屋や王侯貴族の言う事を聞かない人が増えてきましたから☆
欧州の貴族の中にも、方向転換、「民と共に歩む」という人が出て参りました。

少しづつは、変わっているようです。
日本のマスミディアは、それを一切報道しないけれど…☆

八甲田からのメッセージ…☆

2014–05–19 (Mon) 21:16
不思議な事が多い世の中。
もちろん東北も不思議な事が多いです。
こんなお話からどうぞ…☆

深夜、無人の別荘から119番通報 誤報?それとも… 青森・八甲田

場所が場所ですからねえ…無謀な雪中行軍演習で、大量の犠牲者を出しました。
日露戦争に備えての演習…単なる人体実験。
八甲田山雪中行軍遭難事件

日本軍がこうやって自滅するのはお家芸です。
第二次大戦でも、鉄砲の弾に当たって死ぬ兵隊より、病死や餓死した兵隊の方がはるかに多いです。
満州など最後には、軍人だけ先に逃げて、残りの開拓民はスターリンへの置き土産。
日本政府は、こういう「棄民」(abandoned people)が得意です☆

最近は「大日本帝国の亡霊」や「満州国の亡霊」「旧軍の亡霊」が跋扈していますから、
その歴史の中で犬死させられた者たちが、「俺にも言わせろ」と出てきても不思議はないです☆
恐らく、何らかの警告を訴えたかったのではないでしょうか…。

あんまり脅しちゃうと、観光客の方が減ってしまいそうなのでこれ位にしておきます☆
雪中行軍隊の進路にほぼ沿って、県道40号線という道が走っています。
私、この道が大好きなんですよね…☆

■青森県 県道40号線■

kaseshinai.jpg
上記ホームページより拝借。
青森市嘉瀬子内(冬季閉鎖ゲート付近)から見下ろす青森市街地…☆
tashiro.jpg
田代湿原。青森市中心部から一般県道1本だけでこんな素敵な所へ来られます…☆

昼間なら大丈夫ですよ…夏なら本当に気持ちがいい高原の道です。
夜は出ますけれど…☆


驚異の世界と私たちと…☆

2014–05–18 (Sun) 21:24
捜索終了、死者301人=民営化で安全低下か―トルコ炭鉱事故
民営化は、国有財産の強奪に他なりませんが、おまけにコストカットによるこんな事故も発生。
…もう新自由主義は敗北し、去っていくしかないでしょう。
サスティナビリティ(持続可能性)がゼロですから☆

炭鉱火災というのは、私たちの想像を超えた被害が出るものですし、長く続きます。
例えば…今から52年前の1962年から、今も燃え続けている炭鉱火災があるのですよ。


セントラリア (米国・ペンシルベニア州)
坑内火災が発生したのは、1962年5月のことであった。火災の原因は明らかになっていないが、集積所のごみを焼却したところ、地下の鉱脈に火が燃え移ったとされる説が有力である。その火が燃え広がった結果、地表では地面が70℃から80℃と熱を帯び、地下水は水蒸気となって煙や有毒ガスとともに地表に噴出するようになった。また、地下水が失われたことによる地盤沈下に加えて、一酸化炭素・二酸化炭素の濃度の上昇による健康への悪影響も相まって、セントラリアの住民は生活が困難になるという事態となった。

坑内火災の消火には莫大な費用が必要とされ、また技術面での課題も多いことから、連邦政府は消火活動を断念。このため、セントラリアの住民には立ち退き料が支払われ、住民はこの地を去った。2002年には郵便公社によって郵便番号(17927番)が抹消された[1]。しかし現在でもごく一部の人々がゴーストタウンと化したセントラリアに住み続けている

centralia.jpg

鎮火がいつになるかは分かりません。
かなりの数の方が、「私が生まれてから死ぬまで、セントラリア鉱山の火災は収まりませんでした」と、死んだあと天国でお話しされるのではないでしょうか…☆


それに比べ、(本当の右翼ではない)似非右翼バブルは短い☆
安倍内閣は、「株価連動債」みたいなものです。
株価が下がればおしまい。
さて…それはいつかな☆

だいたいね…
本当の右翼(本当の左翼もですが)は、極力戦争を回避するものですよ。
国が栄え、国民が安心して暮らせる事を望むのが、本当の政治家ですからね…☆

見ているこっちが恥ずかしい…☆

2014–05–17 (Sat) 20:43
安倍首相等身大フィギュアに大ブーイング 「反吐が出る」「登って足蹴に」「射撃場の的に」

「どこの北朝鮮のお話ですか」
お気持ちはよくわかります。
陰謀論はともかく、壊すと器物破損になりますので、ぐっと踏みとどまるですよ…☆

…少なくとも東北での支持率は、本当は20%にも満たないでしょうね。
安倍政権の重鎮の地元が多い西日本の方は、比較的高いのかなあ…
否、それでもあんなに高いかどうか…向こうにも色々な人がいるでしょうし☆

皆さま薄々お気づきでしょうが…
安倍は非常に不人気なのに、なぜマスミディアの世論調査で、支持率があんなに高いのか。
不思議ですねえ…バレバレですが☆
政権とマスミディアが組むのは、その権力の末期症状時によく表れる現象です。



「スッタカネでカネスッタ」を無しにするチャンス到来?…☆

2014–05–15 (Thu) 22:40
日本株は減税、GPIF、追加緩和頼み?

GPIF、年金資金「株式運用」へ転換鮮明 高まる損失リスク、運用管理者育成面で課題も

勇ましいことばかり言っても、所詮安倍は岸信介の真似事をやっているだけ。
武器商人と結託して、愛国者ぶれば金が儲かる…卑しい根性です☆
本当に武力衝突の危機になれば、無様な姿をさらけ出すでしょう。

その意味で、南沙諸島でもめているベトナムの「涙の会見」は、たいしたものです。
「あ、この人たち本気で戦争する気だ」と感じるでしょう…空威張りの1億倍は効果があります。
そしてそれでも、「戦争はしたくない…」この言葉は、世界の世論を味方につけます。
こうして自分で相手をやっつけなくても、やっつけてくれる人を捜し、みつけます。

本当の「喧嘩がうまい人」とは、こういうものです。
うん、さすがベトナムですね…☆

話が脱線してしまいましたが…
安倍は自分たちが無能なのは分かっているので、
株価を上げて、マスミディアを牛耳れば支配は長く続くと思っていますね。
ですからGPIFの委員を「「お友だち」に入れ替えて、6月から猛然と株価を上げるようです。

…まあ、やればいいです。どうせ滅びる連中ですから、すぐに馬脚をあらわすでしょう。
その時までの残り僅かな日々、勝手におやり☆
それより、ここは考え方を変えれば、個人投資家に、もうないと思っていた「脱出」のチャンスがやってきます☆

NISAなどで、クズ株を「スッ高値」でつかまされた皆さんに朗報☆
(大口投資家は逆に、本当の優良株を残して、全部売り払いました)
6月に、お馬鹿友達の年金が、あなたのクズ株を高値で引き取ってくれるそうです。
こんなチャンスはめったにない…有効に活かしましょう…☆


日銀は倒産、日本政府は破綻、年金もゴミになるかもしれませんが…
そうしたら、また新しいのを…「もっといいもの」を、みんなで作ればいいではないですか…☆


C'est la vie(それが人生というものさ)…☆

2014–05–14 (Wed) 22:58
今日もこんな時間だ…。
時の流れは速いものです。
そんな時は…簡易更新ですよ☆

もう少しこちらのブログに更新時間をさけるよう、
日々の生活の効率化を検討中☆
頭の中で緊急会議☆

会議は踊る。
されど、会議は進まず…。

C'est la vie…(それが人生というものさ)ですね☆

そして間もなく、新しい一日がやって来る…☆

とある平日…☆

2014–05–13 (Tue) 22:46
本日(も)、平日名物簡易更新。

今日はちょっと、河原でヴァイオリンを弾いてきました。
…現在研修先の宿舎住まいですので、お部屋の中で弾くと迷惑ですからね☆
おかげで、河原の虫が全滅…したら嫌ですけど☆

帰って来てから晩ごはん。
大好きなバサバサのパン☆

パン屋の店主に聞くと…
このバサバサのパンを買っているのは、私を含め5人位しかいないらしいです☆
「予約制」のこのパン、そういう裏側があったのかぁ…です。
でもこの5人、大量に買っていくので、お客さんの「主食」なのだと思い作っているのだそうで…☆

「パンは外側カリッと、中はふっくらもちもち☆」
そういうパンは苦手の人間が、この世にはいるのですよ…☆
だから宮城県、すごく田舎だけど好き☆

日銀破産の予兆…☆

2014–05–12 (Mon) 23:14
夕御飯を食べながら、何気なく日銀のホームページを見ていたら…すごい事になってますね☆

日銀 4月30日営業毎旬報告(貸借対照表)☆

0430.jpg

資産の部
保有国債 204兆4005億円☆

負債の部
当座預金 133超7981億円☆


もう無茶苦茶☆

ちなみに2年前の平成24年4月30日の時点では

0430-2.jpg

資産の部
保有国債 90兆3900億円☆

実に104兆円の増加です。
発行した国債を殆ど全部、日銀が買い取っているのでしょう。

ここまでくると、もし金利が上がれば致命傷です。
このうちの「長期国債」は訳160兆円。
これがすべてスタンダードな「10年物」と仮定すると…
1%金利上昇で 16兆円
2%金利上昇で 32兆円
3%金利上昇で 48兆円
の損失が発生します。

これに対する準備金は…2兆7414億☆
全然足りません。
これではあっという間に…「債務超過」☆
皆さま…金利の上昇に注意を払って下さいませ。


一方、

負債の部
当座預金 133兆7981億円☆

2年前の数字が
当座預金  36兆3894億円☆

金融緩和したお金は、殆ど市中に出回らず、
こうして日銀の当座預金勘定に戻ってきています。

「アベノミクス」は嘘の出鱈目。
逆に金融機関はその事をよく知っていて、市中に融資せずに日銀当座勘定に戻してしまい、
国債も日銀に買い取らせて…「金融危機」を乗り切る体制を取りました。


まあ…日銀と日本政府が破綻すると思いますが…日本の金融機関は生き残るでしょうね☆

政治家に役人…
今までずっと威張っていたのが、一人残らずいなくなったら…
いよいよ反撃開始なのです…☆


だいたい明日あたり大地震が起こるぜ…正確じゃないけど☆

2014–05–11 (Sun) 21:16
私は以前(高校生の頃)、「当たる予言の作り方☆」という小さなHPを運営しておりました。
その頃からメールでのお付き合いのある方から、「また騒いでますよ~☆」と、こんな話題。

東京都心で謎の貼り紙が複数見つかる「5月12日に関東地方を巨大地震が襲う」【追記あり】

のすとらだむす師匠


おお…これはノストラダムスの有名な詩篇、「諸世紀」10巻67番…なつかしいなあ☆
しーらん☆

へえ…☆
そういう予言が出来るのならば、311もちゃんと予言しておいてくれればよかったのに…。
まあ、ここにフランス語原文をもう一度書いておきましょう。

Le tremblement si fort au mois de Mai,
Saturne, Caper, Jupiter, Mercure au bœuf,
Venus aussi Cancer, Mars, en Nonnay,
Tombera gresle lors plus grosse qu'un œuf.

…これはヴァロア朝時代のフランス語なので現代語とはちょっと違いますが、
あえて訳せば、一般的にはこんな感じ☆

非常に強い地震が5月に
土星は磨羯宮に、木星、水星は金牛宮に。
金星も同じく。巨蟹宮は火星に。ノネーで。
その時に卵より大きな雹が降るだろう。

これもかなり一生懸命に意訳しての事で…
2行目のCaperはラテン語で、直訳すれば「牡山羊」ですし…
bœufはフランス語で牛の事。おうし座はフランス語ではTaureauと言います。
ラテン語ではTaurus…この「トーラス」の方が、かえって日本人に知られているかな☆

一番分からないのはNonnay…
引用のサイトによれば「乙女座」の事らしいですが…?
乙女座はフランス語ではVierge、ラテン語ではVirgoですね。

Nonnayに近い単語はあります。
「nonne」…古語やふざけて使う言葉で、教会の「尼さん」という意味です。
…いやあ…尼さんを「乙女座」って、ものすごく無理があると思うのですが…☆

それにねえ…そういう星座配置は、それなりな頻度で起こっています。



そして、代表者の方のお名前「シーレン」。
何ですかそれは…と思ったのですが☆

ここから取ったのかなあ…?
同じ「諸世紀」の6巻70番。
Au chef du monde le grand Chyren sera,
Plus oultre apres aymé, craint, redoubté,
Son bruit & loz les cieulx surpassera,
Et du seul titre victeur fort contenté.

偉大なシランが世界の首領になるだろう。
より遠くへと愛され、恐れ慄かれた後に。
彼の名声と称賛は天を越え行くだろう。
そして勝利者という唯一の称号に強く満足する。

「偉大なシランの詩」若しくは「巨大なシランの詩」と呼ばれている、有名な詩の一つです。
Chyrenはシーレンではなく、シラン(パリ標準語では、日本人の耳には「シロン」と聴こえる)です。
…もうちょっとフランス語を勉強してから、ノストラダムス解読をしなさいです…わふー☆

ましてや日本の関東で起こるとは一言も書いていないし…
まあ、相変わらずですよね…こういうの。

とはいえ明日(に限りませんが)、このインチキビラとは関係なしに、
地震などの災害が起こる可能性もあるわけです。

やはり日々、ちょっぴりでよいので災害への心構えと、その対応策を打っておきましょう。
それだけで、いざという時に全然違ってきますから…☆


「寒さの夏」は来るのか…☆

2014–05–11 (Sun) 08:57
私のブログは、けっこう厳しい事、怖い事が書いてあります。
「怖い」といっても様々ですが、これには理由があります。

日ごろから「怖い」事を耳にしたり、考えたりしていると、
実際にそれが起きた時も、思っていたほどは酷くならないからです。
危機管理の鉄則は「大きく構えて小さく抑える」です。

この逆をやると、「小さく構えて大きなパニックを起こす」となります。
「そんなことはあり得ない」と思考拒否をしていると、とんでもない事になります。
ですから日ごろから、よく耳にし、考えておいた方がよいのですが…

世の連中もそこは良くしたもので、今度はそうした心理につけ込み、
更に恐怖でたたみこみ、支配する…いい例が「ショック・ドクトリン」ですね。
911後の米国などを支配した「テロの脅威」は。この典型例でしょう。
現在の日本における「中国の脅威」「韓国の横暴」「北朝鮮の恐怖」もそんなものです。

実際にはこの三国、経済的に破たんに瀕していて戦争どころじゃないのですが、
「ショック・ドクトリン」の不安商売の魔の手に引っ掛かってしまう人も多いようです。

これを防ぐには「無知」を恥じて、よく勉強する事。
(私も無知なので、年中お勉強です。だから簡易更新が多いのです?)
そうすれば、欲深で意地汚い人たちの魔の手もお見通しになります☆

では、今回もちょっと怖いお話…☆


エルニーニョ:大規模?6月に発生か…日本は低温や長雨に

El Niño

私は暑い夏が苦手なので、涼しい方が正直過ごしやすいのですが…農産物はそうはいきません。
テレビや新聞などのマスミディアは大嘘ばかりついていますが、実態との乖離は激しさを増しています。
消費税が8%となり、実際の市場の購買活動は非常に脆弱になっています。

ここで凶作が起きて米の値段が上がれば、それだけで庶民の生活はかなりの痛手でしょう。
米の値段が上がれば、小麦や蕎麦といった他の穀物の値段も上がります。
例えばお米が5kgで2,000円のものが3,000円まで高騰すると、当然パンやパスタ、蕎麦に消費は流れます。
そうなれば需給バランスにより、これらの価格も上がります。
パスタ500gで250円のものが300円位になるかも知れず、穀物商品価格は大きく上昇します。

外国から緊急輸入するにも、無理やりな相場操縦による円安で、貿易収支の更なる悪化も懸念されます。
家庭菜園など出来る方は、野菜位は自分で作って食べる…様な事も考えた方がいいでしょう。
面倒な方は今から丁度シーズンですので、さつまいもの苗を買って、植えましょう。
さつまいもは殆ど手もかからず、秋には美味しいお芋ができます☆


初ガツオ、記録的な不漁…高知で水揚げ3割以下

日本近海の海では、なにやらおかしな現象が多発中。
こちらもよく監視しておかないと…
浜値が上がっているようですので、こちらもお高くなりそうです…。

突然のストライキと、やって来る客と…☆

2014–05–10 (Sat) 20:13
久しぶりの「時事砲弾」。
さて、いきますよ☆

エル・アル航空のパイロットが突然のストライキ

jerusalem post

エルサレム・ポスト紙の英語版からです。
ヘブライ語は…少しわかるけど、面倒だからこっち☆

Pilots for the Israeli airline El Al refused to show up to work for scheduled flights on Thursday evening, causing delays and stranding hundreds of passengers at the airport, Channel 2 reported.
Pilots claim that since the creation of El-Al's budget airline UP, their working conditions have been downgraded, the report stated.
The airline said in a statement that they were working hard to send out flights as soon as possible.
まあ、待遇改善という名目はあるにせよ、突然ストをやるような理由にはならない。

そういえば、マレーシア航空370便が失踪した事件の時は、イスラエル外務省がストライキ中でしたね。
また何か、企んでいるのかもしれませんね。
皆さま、注意されたし…です。


そんな中、こういうニュース。
イスラエル首相、5月11日から来日

来るのか…。
いまや米国や西欧も含めて、「世界の嫌われ者」のなりつつある二国。
おそらくマグナBSPとモサドが起こした福島原発エア事故の件防衛協定や情報共有、兵器などのお話しかな。
南ドイツの新聞にこっぴどく書いてあったなあ…☆

こっちにも言い分はちゃんとあります。
そうやって日本のお馬鹿さんな政府首脳どもをを焚きつけてるのは「おまえたち」の仲間でしょ…と☆

国際金融資本・米国戦争屋・イスラエル・日本・中国人民解放軍(特に海軍)、朴&金コンビ…
このあたりが「お仲間」なんでしょうね。見ているとどうも…。


「世の中に 人の来るこそうれしけれ とはいふものの お前ではなし」
蜀山人こと、太田南畝の詠った狂歌ですが…

内田百閒がこれをもじって読んだのが、
「世の中に 人の来るこそうれしけれ とはいふものの お前ではなし」
という狂歌☆

東京の番町にあった「百鬼園先生」のおうちには、入口にこれが両方貼ってあったそうです。
これではなかなか、尋ねにくかった事でしょう。

…うるさそうなお爺様ですので、もともと私は頼まれても近づきませんが…☆


「備えよ常に」…☆

2014–05–08 (Thu) 23:01
今日も今日とて、簡易更新☆

あ、週末はそれなりのボリュームでの更新を予定しております。
…だから平日は簡易更新でいい…とまでは開き直れませんが☆

明日は、東日本から東北にかけて、大気の状態が不安定とか。
念のため折り畳み傘をお持ち下さい。
それ以外の地域の方も、天候急変への備えは常に…☆


私は荒天って…嫌いじゃないのです。
物々しいレインコートやレインブーツで身を固めて、出歩くのは嫌いじゃないです☆

ただ、風速60mとか、一時間に150mmも豪雨とか、F3スケール以上の竜巻とか、
そういうクラスになりますと「ちょっとダメ」ですが☆

手早く済ませて…☆

2014–05–07 (Wed) 22:53
帰ってきたらこんな時間だ…☆
今日はちょっとお勉強手こずりました。
さっさと夕食を済ませて寝よう。

さすがに本日は、近くのお店でお寿司を買ってきました。
…時間が遅く5割引きなので、1,620円が810円…エヘ☆

簡易更新の極みの「日記」でございます。
さて、明日も淡々と、それでも精力的に過ごすとしますか…☆

光陰矢の如し…☆

2014–05–06 (Tue) 22:25
大型連休も今日で終わり…明日から会社・学校という方も多いのでは。

プロは…明日から3つ年次休暇を取り、いよいよ大型連休スタート。

更にプロは…こんな時には休みを取らず、別の時にお休み。

私は…お勉強がお休みなしなのですけど…☆

あ、でもこの後、どこかでお休みをとります。
でもでも、あと2カ月もすると夏休みシーズン。
3か月もするとお盆休みなのです。

…間隙をぬって行かないと…です☆

EU、日本に「人権条項」要求=侵害なら経済連携協定停止
ははは…EU、は日本政府を途上国なみの人権蹂躙国と判断したようですね☆
まあ、その通りですので…はい☆
日本はもっと、崇高な思想で21世紀をリードしないと。
薩長が戦争屋と組んで支配する…時代はおしまいです。
そろそろ明治維新の見直しと、奥羽越列藩同盟、そして西南戦争の西郷隆盛の復権が必要ですねえ…☆

こうして時代の波は、それに猛烈に抵抗する連中を押し流し、次の時代の扉を開くのです。


広域で椋平虹観測…要警戒☆

2014–05–05 (Mon) 21:20
東京都心で震度5弱=伊豆大島近海が震源-16人けが、気象庁「余震に注意」

ふむ…相模灘で地震。

earthquake.jpg
ウェザーニュース様より

意外な遠隔地でもゆれを観測していますね。
まだ知られていない地殻の構造線があるのでしょう。

そして、こちらも継続中。
岐阜・長野県境の地震続く…最大M3・7

そして、光学現象。
各地で一直線に虹の光「環水平アーク」観測

水平虹は、大きな地震の前触れとも言われています。
2008年5月には同じように日本各地で観測され、数日後に四川震災が発生しました。

ただこの水平虹(椋平虹ともいう)を前兆とすると、下記の二つの条件が加わります。
①発生するのはある程度遠隔地である事
②これもある程度のタイムラグがある事

以上から、今回の相模灘の地震前兆ではありません。
多分、今日のはカルト国際金融一派の起した人工地震でしょう☆
①②に該当する地域・場所での発生に警戒が必要です。

深海魚の打ち上げがこの所話題に上がっています。
こちらも色々な意味で地震前兆ですので、警戒が必要です。


そしてさらに、気になるニュース…
GPS波浪計トラブル相次ぐ 南海トラフの津波観測

次回の南海トラフを中心とする地震は、どうも想像を絶するような規模の気がします…。
最大限の想定を以って、事に当たらなければいけないと思います…。

「リップカレント」にご用心を…☆

2014–05–04 (Sun) 20:23
連休は、痛ましいニュースも多いです。
今日は水の事故がありました…。

海水浴場で流され5人死亡 新潟・上越市
突然の大きな波がやって来て、さらわれた子供たち。
それを救いに海に飛び込んだお父さんや釣り人ともども、犠牲となってしまいました。

「救難隊、近づけず」=現場の海岸、多数の釣り客―上越水難事故
地図を見ると、こちらは海水浴場には指定されていない海岸。
そして釣り人が多い…となると、どうもこの辺りは離岸流が強そうですね。

離岸流全体の説明はウィキペディアをご覧ください。

この場合の離岸流は、「リップ・カレント」とも呼ばれています。
新潟の第九管区海上保安本部のHPに、さらに分かりやすい説明がありますのでご覧下さい。


rip current

海岸へ寄せて来た波の水が、沖へと帰る通り道…それがリップカレントです。
日本近海の場合、その速さは秒速1mを超え、速いものは2mにも達します。
この流れに逆らうことは不可能で、そのまま沖に流されてしまいます。
そしてそこは、ヒラメなどの魚の通り道になるので、格好の釣り場にもなるのです。

このリップカレントに飲み込まれてしまったら…まず慌てずに、下記の通りにして下さい☆
①岸と水平に泳ぐ
一番安全な脱出方法です。
真っ直ぐ陸に戻ろうとしても戻されてしまいますので、横に向かうのです。
リップカレントの幅はせいぜい30m位ですから、それほど広くはありません。
脱出したら、今度は隣り合わせている向岸流(陸へ向かう流れ)に乗って、陸へ帰ります☆

②岸に向かって45度の角度に泳ぐ
競泳の得意な方向きの脱出方法です。
この角度ならば、かなり離岸流の押し戻す力を減衰させる事が出来ます。
脱出したら、①と同じように向岸流に乗って、陸へ帰ります☆

③そのまま流される
遠泳に自信があり、且つ沖の波が穏やかな時には、こういう方法もとれます。
リップカレントは、沖のある地点で嘘のように消えてなくなります。
その地点とは、「波打ち際から白い波が立つ場所までの距離」の約3倍位の所が標準です。
そこまで行ったら①と同じように、向岸流に乗って、帰ります☆
泳げずに浮輪ごと流されたで、①②の方法がとれない場合、この時点で助けを呼びます。
海水浴場ならば監視員が気づいてくれます。
近くにサーファーの方がいれば、大声で助けを呼びましょう。

今回の場合、流されながら(不本意に)③のパターンになっていたのでしょう。
上下浜
yahoo地図で見る現場付近ですが…
うわあ…すぐに深くなっていますね(海の色や波頭の発生位置などから)。
逆にいえば、離岸流もせいぜい数十メートルで消えるはずですが…

またそこは波が高かった事と、海底の地形が複雑で、いくつもの別の流れがあるような印象を受けます。
そうなってしまうと、かなり厳しいです。
相当な熟練者でも、自分ひとり脱出するのが精いっぱいでしょう…。
それが慣れていない方で、ましてやお子さんがいらっしゃったら…。
つらい事故ですね。


その原因となった「突然の大波」。
意外と知られていない事ですが…

第五管区海上保安本部HPより
波は絶えず打ち寄せていますが、その高さは必ずしも同じではありません。確率的には100回に1回(8分程度の間に1回)は1.5倍の高さの波が、1000回に1回(1時間強に1回)は2倍の高さの波がやってきます。これは確率論ですから、「さっき大波が来たのでしばらくは大丈夫」という訳ではありません。

こういう経験をされて靴や服を濡らしてしまった事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
通常の波の高さの2倍の波がいつ来てもいいように想定しておくと、良いと思います。



これから夏に向かい、海へお出かけになる機会がある方も多いかと思います。
どうかリップカレントにはお気を付けください。
特に浮輪などで泳いでいると、横方向に流されている事があります。
それは「並岸流」といって、離岸流に飲み込まれつつある事を意味します。
本格的につかまらないうちに、陸を目指しましょう☆


私は南房総の外房側で少し暮らした事がありますが、リップカレントは「みお」「みよ」と呼ばれています。
おそらく日本近海では屈指(一説には秒速2mを超える)の速さです。
その時に結構、リップカレントに関するおどろおどろしいお話を聞いたものです。
それは…また別の機会にしましょう…☆

騒がしいけれど、裏側も見える…☆

2014–05–02 (Fri) 23:25
本日簡易更新☆
明日はもう少し時間がとれる…と思うのですが。

ネット閲覧ソフトの欠陥修正=XPにも特別対応―米マイクロソフト
単にネットを見るだけならOperaやFirefoxなどいろいろありますが、ビジネスユースのアプリケーションがIEでしか起動しない所などは、結構大変でしょうね。
この問題、ずっと前からわざと放ったらかし。
どこかの時点で、ネット封じの手段に使われるかもしれません。

…でも、うまくいかないでしょうが…☆


あと、ウィルス対策は欧米の会社ではなく、カスペルスキーをお薦めしておきます…☆

セウォル号は売り出し途中で沈没した…☆

2014–05–01 (Thu) 21:47
Walk in the spirit様の記事です。

セウォル号、事故1カ月前に売りに出されていた
さすが…明るい「天」と通じ合っているお方ですね…その通りですよ☆
一方私は、暗い「地」と通じ合っている人間なのですが…(こんなブログをやっているしね)、
だからこそ身内から「それはやり過ぎ。身をわきまえない☆」とばかりにグサリと刺すのも、時には必要なのでございます☆
もっとも、何が天で何が地か、何が善で何が悪か…
そういう単純なものではないようですが…この宇宙も、その外側も…☆


そういう事はさておき、あまりにお間抜けな「韓国海運三文劇場」…出来過ぎですね。
ここまで出来過ぎると、知恵のあるものは、「これ出来過ぎの嘘」と、本当の事を探し始めます。

今年はこれから先も、こんな「なんだこりゃ?」という事件が続発する可能性があります。
その時は、知的探究心を持って、物事を見ましょう。


同じくWalk in the spiritさまの記事から…
祝、乾燥!(リンパ節炎)
実は私も、4/20から喉が痛くなりまして…4/29に完治しました。
喉がおかしくなると悪い事が発生する事が多いのですが…乗り切りました。
これで大型連休も楽しく☆
…いえいえ、勉強の為、大型連休はありません…☆

皆様も「三文劇場」を見かけたら、
ぜひ舞台裏まで「ちょっと意地悪に」覗き込んでみましょう。

…普段見るマスミディアやネットのプロバイダの「見出し」が馬鹿げて見えるようになります。
そしてまた少し、「本当の事」が、水平線の彼方に見えてきます…☆

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR