Trans Princess2016年05月

「安いヒトラー」安倍政権を待ち受ける、巨大な嵐…☆

2016–05–30 (Mon) 20:58
公明代表に増税再延期で理解要請 首相、野党は不信任31日提出

それにしても、これから大変なシナリオが待ち構えているのに、
自分の権力は維持したい…という神経が分かりません。
今日は日本語記事を引用させて頂きながら、
本当は大変な時期に差し掛かっているのだという事を、再認識して頂ければと思います。

①増税再延期
これは多くの人々に願いなのですが、副作用は当然あります。

安倍首相「リーマン危機前夜」に世界が失笑。伊勢志摩で日本が失ったもの

選挙後は株価下落のリスク大
株式市場には「5月に売って10月まで買うな」との格言があります。
それでも今年は夏に参議院選挙があり、選挙での勝利を最優先する安倍政権では、それまでにあらゆる手を使って株価を押し上げる、との思惑があります。サミットはその材料と考えられたのですが、ここまで見たように、これといった成果はなく、自ら率先して積極財政に出ることだけが頼りとなります。
しかし、格付け会社に言わせると、消費税増税の延期は格下げ要因と言います。S&P社の長期格付けによると日本は現在A+となっていますが、ここから格下げされた場合、日本の国債は良いとしても、企業の社債格付けにとって国の格付けが上限となるため、企業が格下げされ主要企業の資金調達コストが高まります。
これは企業収益を悪化させ、株価には下げ要因となります。

この「標準貧乏☆」に限らず、格付け会社など凡そ当てにならないのですが…☆
それでも赤でハイライトしたように、企業にとっては資金調達問題に直面する事になります。
標準貧乏ではA+→A→A-と格付けが下がります。
最悪の場合、2等級格下げを喰う可能性すらあります。
そうなると格付けは「A-」。
その下は「BBB+」…いよいよAクラスから陥落する可能性が現実味を帯びてきます。


②東京五輪中止

いよいよ東京五輪中止の可能性が、現実味を増してきました。
政権にとっては真ん中に核爆弾を投下されたような事態となります。

裏金疑惑で「東京五輪中止」が現実味…フランス検察当局が執念を燃やす理由とは

「フランス検察は『契約書の開示は原則しない』という竹田会長の答弁を重視しています。これは契約書という物証が存在していることをJOC自ら認めたことを意味している。贈収賄の立件に自信を深めたフランス検察は今後、招致委員全員を喚問して聴取、その上でJOCから裏金を受け取ったIOC関係者を訴追する動きに出るはずです」
そうなった場合、IOCの選択は以下の3案のどれかになる公算が大きい。(1)「JOC委員を全員罷免し、新執行委員会をつくるよう勧告」、(2)「IOC臨時総会を開いて東京五輪中止を決定。代替地にロンドンを推薦」、(3)「IOC浄化のため、今後の五輪開催予定を白紙化する」だ。

そうなった場合、IOCの選択は以下の3案のどれかになる公算が大きい。(1)「JOC委員を全員罷免し、新執行委員会をつくるよう勧告」、(2)「IOC臨時総会を開いて東京五輪中止を決定。代替地にロンドンを推薦」、(3)「IOC浄化のため、今後の五輪開催予定を白紙化する」だ。
前出のガーディアン紙記者が続ける。
「ただ、(1)案はあまりもに甘く、フランス検察の追及がさらに厳しくなりかねない。おそらくIOCは(2)案か(3)案のどちらかを選択するでしょう」


わたしも、東京五輪などサッサと辞退してしまえば良いと思います。
ただ…どうも裏を覗くと、最初から東京で五輪を開催させる気などなかったと思いますよ。
これについては2016年5月16日の記事。
五輪返上 80年前の記憶…☆
でも、このように書いております。

「そもそも、最初から「味噌がついた」この大会。
 一番初めの時点から、嵌められていたようにも思えますね。
 エルドアンの極右トルコと、安倍の極右日本。
 どちらが開催地になっても、こういう事は起きたのかもしれません」

スペインは2020年より遥か前に財政破綻しそうなので除外し、
トルコはISISがらみの件が色々あったので除外し、残ったのが日本。
いい思いをさせておいて、お金だけ出させて、陥れて潰し、恥さらしにする。
その辺りは、日本でも彼ら(今回摘発に回っている貴族連中とその親玉)と仲の良い連中は、
その可能性をコソコソとお話していたようですから…わたしはその連中も大嫌いですが☆

ただ…皮肉な事に、肝心のロンドンがいよいよ火の車になりそうですが☆
そして東京五輪中止をひそかにほくそ笑む国内の連中にも、皮肉な事態が起こるでしょう…
まあ、人を呪わば穴二つです。
森や竹や安ばかりでなく、お前たちも思いっきり穴に嵌まりやがれです…☆

国立競技場の跡地は…もっと素敵なものを作りましょう。
都民のみならず、日本中、世界中の人たちが、
「あの時から世界は変わったんだ、だから今こうして、世界は平和で幸せなんだ」
と思えるような、素敵なものをね…☆



③パナマ文書

日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治

パナマ文書公開は、米国が世界に向かって仕掛けた「戦争」だ
パナマは独立国ですが、実体は、旧宗主国の米国が支配しています。このため、米国政府(ペンタゴン)にとって、パナマの民間法律事務所がもつ情報を、ハッキングという形をとりながら偽装して得ることは、簡単だったでしょう。
米国が、英国の支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿を、ばらまいて世界に公開したことの目的が、「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」であるのは、傍証からではありますが確かなことのように思えます。
「英国系のタックス・ヘイブンは危ない。米国系は安全である」と示すためでしょう。2016年1月27日付けのブルームバーグは、「今や利に聡い富裕層はせっせと米国内に富を移動させている」とも言う。
パナマ文書を、「ある人が正義にかられ、命の危険を冒して暴露した」とは、到底思えません。本人にとっての利益がどこにあるのか、考えることができないからです。
パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」でしょう。インターネット時代には、「兵器」も情報化しているのです

誠にもって、吉田さまの仰るとおりだと思いますよ☆
ああいう「商いの道」に反した金融屋というのは、最後にはこうして共食いを始めます。
この手の財産保全は本来スイスやリヒテンシュタインが超一流どころですが、
最近は当局の追及も厳しいので、所謂「汚れたお金」は預かってくれません。
特に裏金など預かってしまったのがバレれば、お取り潰しになってしまいますからね☆

そこで、スイスやリヒテンが相手にしないような「汚れたお金」の引受先となったのが、
英国領のタックスヘイブン。
そこを潰して、米国内に誘導しようというのが、米国戦争金融屋。
案外とシンプルな構造なのです。
余談ですが、このパナマはかつて米国が「第2のリヒテンシュタイン」にしようとしたのですが、
なにぶん大雑把な米国ですから…失敗したのですよ。
そこで今度は1990年代末~2000年代に、本家のスイスとリヒテンを乗っ取りに来たのです。
その時、このスイス・リヒテンを守ったのが…そう、ロシアだったのです。
それ以来、スイスと米国は正直仲が悪いです…☆

お話が横にそれてしまいましたが、
このパナマ文書、当初の米国の目論見が外れてしまい、
見せたくない部分までどんどん分析され、リークされています。
これに対して安倍政権の反応が、これまた目を覆うばかり…

「パナマ文書」徹底調査 安倍官邸も国税庁も“ヤル気ゼロ”

要するに…調査すると、ご自身やお仲間の立場が危ういのでしょう?…☆
そんな思いを余所に、解析・リークはこれからどんどん続けられます。
現職閣僚の名前が上がれば、任命責任も含めていよいよアウト。
国内の大手ミディアは報道しなくても、海外のミディアはどんどんリークしますし、
今では日本語版もあり、現地語版を訳して紹介するサイトやブログも数多あるので、
隠し通すことはできません…☆


④アベノミクス大失敗

アベノミクスは完全に破綻☆
これについては今まで色々と書いてまいりました。
今日は植草一秀さまの記事を読んで、再確認させて頂きましょう。

増税再延期=アベノミクス大失敗安倍内閣不信任

安倍首相は伊勢志摩サミットを不正利用して消費税再増税再延期を打ち出した。
消費税再増税再延期について安倍首相は、2014年11月18日の記者会見で、
「来年10月の引き上げを18カ月延期し、そして18カ月後、さらに延期するのではないかといった声があります。
再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします。」
「平成29年4月の引き上げについては、景気判断条項を付すことなく確実に実施いたします。
3年間、3本の矢をさらに前に進めることにより、必ずやその経済状況をつくり出すことができる。
私はそう決意しています。」

と述べたが、これを再延期するとしている。
つまり、アベノミクスの運営に失敗して、消費税再増税を再延期せざるを得ない状況に追い込まれたのであるから、安倍政権は総辞職するべきである。しかし、権力を握って離さない安倍政権は、厚顔無恥に消費税再増税再延期を打ち出し、政権運営を続ける構えを示している。

さすが植草先生、シンプルな文章で、ピシャリと的確に指摘されていますね☆

もうどんな手を使ってもよいので、権力と利権は手放さない。
これが「安ヒトラー」こと、安倍の本心でしょう。
安倍ヒトラーの略ではありません。
…安いヒトラーだから、「安ヒトラー」で十分です☆

そして、今回の植草先生の記事、
冒頭の部分をもう一度お読みください…

政治は権力をめぐる闘争でもある。
安倍政権は目的のためには手段をいとわない。
息を吐くようにウソをつき、
メディアを不正利用し、
公的資金を買収に用いる。
不正選挙にも手を染めているかも知れぬ。

ついに不正選挙についても言及されはじめました。
もしかしたら、慎重な植草先生も言及するほど、
国内のみならず海外からも、様々な情報が寄せられているのかもしれません…☆


⑤以降もまだまだありますが、
つづきはまた後日…☆




スポンサーサイト

本当は、核兵器はずっと使われ続けてきたのではないでしょうか…☆

2016–05–29 (Sun) 21:03
国内ミディアでは「オバマの広島での感動的スピーチ」が大々的に報道されていますが、
当の広島の方たちは、淡々とお受け止められておられるようです。

あくまでわたしの考え方なのですが、
今回のスピーチは、71年前の広島、そして長崎の原爆の事だけでなく、
本当は使用されてきた、最近の核兵器についての想いであるのではと思います。

…核兵器は第二次世界大戦以降もずっと使われてきていると思います、
21世紀に入ってからは、その使用頻度も上昇してきたと思いますよ。
それは一見、通常兵器の様に見せかけた核兵器です。
普通の人々はそれを、核兵器だとは思っていません。

例えば、これ…



「911事件は、第4世代戦術核兵器のなせる業だった」
はい、水爆、それも純粋水爆がWTCビルビルに仕掛けられていたのでは…
純粋水爆でも中性子線は強力ですので、
爆心地およびその近くにいた人は、いずれ生命の危険にさらされます。

純粋水爆

今日の、機密となっていない技術のみを用いて、純粋水爆作成を思考実験的に考えることはできると主張されている。理想的状況での論議であり、そのような技術が既に存在し実現可能という意味ではない。そのようなデザインの純粋水爆の重量は約3トン[1]で、TNT約3トンの威力になると予想される。提案された設計では、核融合反応の発生に必要な条件を満たすために大型の爆発力による磁束圧縮ジェネレータを使用する。爆発的損傷の観点から見れば、通常兵器より明らかな利点はないが、大規模な中性子束は半径500m以内の人間に致死量の放射線をもたらす(死者の多くは被爆直後ではなく数ヶ月を経て発生する)。

通常兵器より明らかな利点はあります。
「核兵器を使ったとは夢にも思われないという事です。
人間とはある面、大変に愚かな部分があるのも事実です。
一度それが成功すれば、その手をどんどん使う事になります。



イスラエル・サウジアラビアによるイエメンでの攻撃シーン。
どうみても、通常兵器ではないです。
ここでも戦術型核兵器は使われたのではないでしょうか…


(通信状態不良なので、ここで一旦保存します。また後で書き足します)

また、イラク戦争後、放射能病としか思えない人々が続出した時、
劣化ウランがその原因ではという説が跋扈しました。

でもこれも、よく考えてみてください。
劣化ウランの様な安定した物質から、そんなものが出る訳がないでしょう?
それならば、東京や大阪や福岡近郊で、今頃大量の病人が蔓延しています。
なにしろかつて劣化ウランは、工業用触媒として大量に使われていました。


イラクで核兵器を使って、有色人種を虐殺し、
それを劣化ウランでお茶を濁した…
そういう可能性も考えられます。




そしてこれも、そうだったのではないですか?



福島第一原発の三号機爆発です。
(わたしは「フクイチ」という呼び方が嫌いでね…正式名で呼びます)

特に理系の方…
これが水素爆発に見えますか?
ただの水素爆発で、こんな状況になりますか?
よく考えて下さい…
原発で事故が起こった事にするには、放射能汚染は欠かせません。
その為に、視覚的効果を兼ねて小型核を使用すれば、
一石二鳥でしょうね。

そういえば、小泉が空母ロナルドレーガンの乗組員の被爆について、
涙を流していたという報道がありましたが…
さすが、薩摩田布施の北朝鮮人。
日本の東北の人間の死や悲しみには、涙一つ流さなかったくせに…
まあ、いいです。
人は人を裁けない…わたしには彼を裁く事はできません。
ただ、彼らはその親子ともども、天が裁くことになるでしょう…☆

ロナルドレーガン乗組員の被爆については、
311地震=核兵器を使った人工地震と考えれば、納得がいきます。
なにしろ彼らは、その震源地の宮城沖で待機していた訳ですから…





オバマはそうした自らの悪行を懺悔したのだ…
そう仰る方も、わたしの知人にいらっしゃいます。
そんな善人ではないだろう…という方もいらっしゃいます。
さあ、どうなのでしょうね…


さて、ここで櫻井ジャーナルさまの記事です。
今回の記事も、様々な示唆に富むものです。


なき世界を追求すると言いながらロシアとの核戦争を準備する米大統領の戯言を伝えるマスコミ

 そうした中、1995年1月にアメリカとロシアは核戦争の一歩手前まで行ったという。ノルウェーの北西沖にある島から「科学目的」のロケットが発射されたのだが、その軌道がロシアの想定するアメリカの大陸間弾道ミサイルと同じで、ロシア軍が反撃しても不思議ではない状況だったとされている。
 核戦争の寸前まで行ったケースはほかにもあり、例えば、1979年にはNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)のコンピューターは戦争シミュレーションと実戦を間違えて核戦争を始めかねない事態になり、その1年後にも米軍のコンピューターはソ連が大規模なミサイル攻撃を始めたと判断、1985年にはソ連の早期警戒衛星が太陽の光をアメリカの大陸間弾道ミサイル発射と誤認して危うく核戦争になるところだった。

そう、キューバ危機などはまだ序の口。
表には出ないけれど、それだけに危険な状況が、何度も起きていたのです。
そのたびに、わたしたちは首の皮一枚つながっていた…のかもしれません☆

 「儲かる兵器」の開発に熱心なアメリカと違い、ロシアは着実に兵器の性能をアップさせてきた。弾道ミサイルのイスカンダルは射程距離は280から400キロメートルだが、飛行速度はマッハ6から7。西側の防空システムは対応できないと考えられている。
 シリアでの戦闘ではカスピ海から発射された巡航ミサイルがシリアのターゲットへ正確に命中、潜行中の潜水艦から発射されたミサイルによる攻撃も見せた。実戦配備が近いとされているS-500は弾道ミサイルが大気圏へ再突入する前に撃ち落とすことが可能だとも言われている

万一最終戦争が起きた場合、勝利者はロシアになります。
特にS-500(ロシア語ではС-500 Триумфатор-М=勝利者という意味)は、弾道弾迎撃可能な防空システムと言われています、勿論完璧ではありませんが、例えばモスクワやサンクトペテルブルクなどの重要都市近郊で、数にものを言わせた「槍衾(やりぶすま)」を築けば、かなりの確率で守りきれるでしょう。
一方の米国のパック3は、簡単にいえば、飛んでくるピストルの弾を日本刀で弾こうとするようなものです。もしそれが、かの有名なルパン3世の「八代目石川五右衛門」が操る斬鉄剣であればなんとかなりそうですが…現実はそうではありません☆ 


そこで想像すると、今回の広島訪問は、どういう意味なのでしょう…
① 単にもう核兵器は使わないと宣言する
② もう核兵器は使わないので、ロシアと和平、シオニスト戦争屋討伐宣言
③ 何も考えていないので、なんとなく訪問した

さすがに③はないでしょうが…
あとは、オバマとその背後の人々を、どう見るかです。
櫻井さまは、かなりシビアな見方をされておられます。

わたしは、オバマもともかく、
ヒラリーとその背後の人々が気になりますね。

彼らが狂信的シオニスト集団だとすると、
もしロシアがC-500を配備してしまえば、もう勝ち目はありません。
それならばその前に、最後の大勝負に出よう…
となると、やはり危機がやってきますね。


しかし、民衆がそれを知り、抑える事が出来れば、
そんな危機は遠ざかっていくでしょう。
わたしはそう、確信しております…☆

安倍たちの「よこしま」を見抜かれた、伊勢志摩サミット…☆

2016–05–28 (Sat) 21:13
安倍首相のサミット発言「リーマンショック級の危機」に世界中から失笑! 仏「ル・モンド」は「安倍のお騒がせ発言」と

と言いますか、安倍の腹心が見え見えで、頷く気にもならないのでしょう☆
日本でも毎日がようやく食いつきましたか。

伊勢志摩サミット  「リーマン級」に批判相次ぐ

海外マスミディアはこぞって、
「自分が消費税延期で選挙をしたい為にそういう事を言った」と報道☆

The Times
World leaders disagree on Shinzo Abe’s economic gloom

CNBC
Japanese PM Shinzo Abe's Lehman claim at G-7 is aimed at sales tax delay

Bloomberg
Abe Invokes Lehman Crisis Comparisons at G-7 Economic Talks

まあ、ここまで来たのですから、
もっと日本の政治家と官僚とマスミディアのおバカさんぶりを晒してくださいませ…☆

安倍はこれでもう、国際的には「過去の人」です。
おとなしく消えてくれればいいのですが、
30日の記者会見で何を言いますかねえ。
今の地位にしがみつけばしがみつくほど、
先祖の代まで遡って、嘘と罪が暴かれるでしょう…


オバマ氏「実は折り鶴を持ってきました」 原爆資料館で

勘の良い方はお気付きでしょうが…
オバマは広島の原爆のため「だけ」に、この場に来たわけではないでしょう。

もうひとつ。
自分たちが世界中に投下してきた「核兵器」に対する想いも多分にあると思いますよ☆
それについては、明日また書きます。


追記
安倍のお話の理論は滅茶苦茶ですが、
経済危機寸前なのは事実です。
勿論、安倍はそんなことは理解していませんが…☆




好き好んで破滅する人たち…☆

2016–05–26 (Thu) 22:42
すみません、本日簡易更新☆

サミット大成功→支持率・株価上昇→衆参ダブル選挙。
こういう計画に沿って、政権&マスミディアは動いているようです。
ですから実際の出来事は全く違う報道が、
わたしたちの前を通り過ぎ、消えていくでしょう…

やればやるほど、
「ああ、こんな時に権力など握っていなければよかったのに」
と思うような大破局の責任を取って、歴史の表舞台から消える事になるのに…
まあ、好きでやっているのでしょうから、放っておきましょう☆



目に見えない戦いが繰り広げられています…☆

2016–05–25 (Wed) 22:35
陸自実弾誤射 OB「ありえぬ」「深刻」 識別容易、疑問深まる

空包と実包は見た目からして一目で分かりますし、
一発撃てばその音も反動も全く違うので、素人でもすぐに分かります。
ですから、自衛隊の現役や退役の方々が仰るように、ありえません。

そうしてこんな、見え透いた言い訳をするのかと不思議なのですが、
実弾で撃つ、或いは(相手も)実弾で撃ち合うような事態が起きていた…
と考える方が自然かもしれません。


陸自実弾発射 管理があまりにずさん

空包でも至近距離から撃てば、厚めの雑誌など貫通してしまいます。
ましてや…あまり考えたくありませんね。
世界各国の軍隊で、ありえないようなミスや事故が続発していますが、
その裏にはわたしたちには見えない、隠された戦争がある可能性は低くありません。

モスクワの陸軍訓練協会の射撃クラブで、超初心者向けのAK-47体験ツアーがあります。
もし訪れる機会があれば、一度行ってみてはいかがでしょう。
(もっと安い射撃場は沢山ありますが、初心者には事故の可能性があり危険です。
 こちらロシア陸軍の軍人が英語で丁寧に指導してくれますので、非常に安全です。)
実際の戦争用の銃の威力と、恐ろしさが体験できます。
戦争はやらないのが一番だと、実感して頂けると思いますよ…☆




同日選見送りの公算…首相、消費増税延期へ

記事の内容…と言いますか「言い回し」」は、本当に安倍様ヨイショ。
「風と共に去りぬ」ではなく、「安倍とともに滅ぶ」…
読売はいよいよ、覚悟を決めたのでしょうかね。
いいですよ、ぜひ滅んでくださいませ。

そもそも抜き打ちでダブル選挙をするつもりだったようですが、
そうはさせじと、色々な方がリークし、あっという間に世間に知れ渡ってしまった。
なにしろわたしなどの様なものにすら、その噂が届いた位ですから。
ですから、どうにもならなくなった…のかもしれません。

それでも安倍官邸はよくわかっていないようなので、
「いーんだよ、俺様が解散したいからするんだよ」と、
いよいよ大暴走を始めるかも…☆

空包を撃つつもりが実弾を発射していた…
という事になるのか、ならないのか。
成り行きを注視しましょう…☆


日本海で旅客機2機に、未確認飛行物体が猛接近…☆

2016–05–23 (Mon) 22:43
エジプト航空804便(MS804便)、案の定、続報が少なくなってきました。
一応、「MS804便の残骸だ」という報道と画像は出ていますが、
正直申し上げて、「その辺で調達できるものばかり」です。

160521071506-01-egyptair-wreckage-0521-large-169.jpg

これって、丸まったタオルに見えるのですが…
お風呂場へ行って、タオルを湯船に浮かべてみてください。
最初は浮かんでいても、そのうち沈みますよね、
そういうのが、アレキサンドリアからはるか沖の地中海上に、
プカプカ浮いているのを拾ってきました…
なんて、信じられるわけないじゃありませんか…☆




一方、日本の近辺の空でも、異常事態発生です。
特にロシアで大々的に報道されています。

その中から2016年5月22日付、コムソモーリスカヤ・プラウダの記事です☆

Диспетчеры спасли два пассажирских самолета от «НЛО»

правда

記事はロシア語ですので、わたしが和訳していきます。
(時間がないので逐語訳はしません、いつもの通り意訳です)

「航空管制官、2機の旅客機をUFOから救う」
事件は日本海上空高度1万1000mで起こった。
日本発オランダ行きのKLMオランダ航空機と、同じく日本初スイス行きスイス航空機が
離陸1時間後の自動航行中、この2機と同高度を平行に飛ぶ危険な未確認飛行物体を、
ロシア航空官制が発見した。
通信を呼び掛けても未確認機は応答せず、トランスポンダが無効化若しくは停止していた。

スイス航空のパイロットはそれを肉眼でとらえ、4発エンジンのジェット機だったと語っている。航空管制の推奨に従い、2機は高度変更し、正体不明機から遠ざかった。
暫定調査によると、正体不明機はボーイング社のB52Nベースの飛行機と考えられる。スパイ機は「この高度(民間航空路)なら、航空管制も厳しく監視しないだろう」と計算して、旅客機のふりをしていたと思われる。


なるほど、B-52タイプの飛行機が旅客機に化けてロシア管制空域を飛行。
色々なケースが考えられますが、
B-52ごときでロシアに宣戦布告など出来ません。
C400防空システムで、コテンパンにやられるのがオチです。

最悪のシナリオを考えると…逆にB-52モドキを同じ様に偽装させ、
ロシア空域から民間航路沿いに日本へ接近し、
ロシア機と見せかけて、日本を攻撃する。
そうしてロシアと日本の関係を悪化させ、戦争状態に引きずり込む…
そういうシナリオも考えられます。

なにしろ世界の金融戦争屋は滅亡の危機に瀕しています。
ですからどんな手を使っても、第三次世界大戦を起こしたはず。
他にも危険なシナリオは考えられます。
同じ様に、イランから発進させたと見せかけて、
爆撃機でイスラエルに核爆弾を落とすとか…
勿論犯人は、イスラエルの味方のはずの金融戦争屋。
でも彼らは一般市民など、味方などと思っていないでしょうから…


しかし、案ずる事なかれ☆
ロシア軍はそういうシナリオもしっかり織り込み済み。
ですからこうして、言わば公式サイトのコムソモーリスカヤ・プラウダで、
情報は全部把握しているというところを見せて、
「甘い。旅客機を偽装したりしても、ダメダメ☆
 そんな事はロシアはちゃんとお見通しだよ。馬鹿な真似はおやめなさい。」
と、太い釘を刺したのではないでしょうか…☆

そう、ロシアは全部お見通しですよ…☆

解散総選挙の噂と、近所迷惑だけが残った仙台G7…☆

2016–05–22 (Sun) 21:50
民進・岡田代表、消費増税延期法案の提出を検討

この何気ないニュース、実は大きなターニングポイントかも。
勿論、イオン岡田は誰かに言われて、それを言っただけだと思いますよ☆
でも、増税先送りを先に言われてしまいました。
これで安倍は、増税先送り争点で総選挙に打って出ることはできません。
タガをはめられてしまったのです。

しかし、どうもきな臭いお話を、複数の方から伺っています。
次の週末から来週にかけてに、安倍が解散総選挙に打って出るとか。
最有力日は6月1日らしい…
日取最悪ですけど、いいのですか☆

憲法改正が争点で、総選挙ですかね。
そんな事では負けるどころか、
自民穏健派や創価学会の一般会員が反旗を翻し、
今の極右自公政権は崩壊しますよ。
「否、我々には不正選挙マシンムサシがあるから、絶対負けないのだ」
…と、思っているかどうかは知りませんが☆
まあ、明治維新馬鹿政府もオシマイです。


増税延期で国債格下げも。「Aマイナス」の可能性

経済の悪影響以前に、国債の金利が上がりますよ。
金利が上がれば、そこでゲームセットです☆
一時的に日銀と年金で買い支えると、後の傷がさらに深くなります…



東芝不正で「同罪」トーマツ窮地

第二のエンロン&アンダーセン事件の発生か?
一番悪いのは、ウエスチングハウスを売り抜けして善人面している奴です。
そっちをちゃんと調べなさいって…☆


仙台G7会議は為替動向の認識触れず、米の円安けん制鮮明に

 だが、仙台市を訪れている米財務省高官は、円相場に関し「引き続き秩序だった状況」と述べるなど、会議後も米側の円安けん制姿勢は継続。
 日本の為替が秩序立った動きと指摘しただけでなく、「震災のような危機後の無秩序な動きと市場の変動は区別する必要がある」「金融政策のみに依存するのは不十分」「貿易で利するための措置は、世界経済システムを阻害」となどと相次いで発言。日本を名指しこそしなかったものの、円安進行にはクギを刺した格好だ。
 こうした米国の姿勢を踏まえ、21日の日米財務相会談ではどのような議論が展開されるのか。その結果によっては、週明け23日の外為市場にも影響が出そうだ

実は仙台市民のG7への関心は薄く、
「どうせ飲み食いして騒ぐばかりで、何もしないし、、出来ないだろう」というのが平均的意見☆
おまけに交通規制があったり、やたらと警官がいたりと大迷惑。

財政出動→一時的好景気→そのあと来る大恐慌→それを踏み倒すため戦争

…これって、ナチスドイツそのものではないですか。
さすがにアドルフの娘(?)、メルケルは絶対にそれはしないようですよ。
一方満洲国で同じような事をやってきた爺の孫は、やる気満々。
学習能力があるのはどちらでしょう…

わたしはどっちも、近づきたくはないですねえ…☆


ハーバード大学は、STAP泥棒…☆

2016–05–22 (Sun) 10:38
STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

これまで理化学研究所の公式発表では、「STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった」「STAP細胞の実験結果はES細胞の混入したものによる」として、その存在は完全に否定された。
 しかしハーバード大は日本の「STAP細胞は存在しない」という大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていた。小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。
「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」
 ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する特許請求である。
 STAP細胞論文での小保方氏の実験担当部分「アーティクル」のプロトコルは「オレンジジュース程の酸性の液に細胞を浸すと細胞が初期化する」が有名だが、それ以外に細胞にストレスを与えるさまざまな方法が試されており、「アーティクル」でその成果を報告している。これは理研がSTAP細胞論文を発表した当初の「報道発表資料」にも明示してある。




さすが世界一の泥棒国家、アメリカ合衆国☆
正式にはそのアメリカ合衆国の一部特権階級です。
一般国民は日本と同じように、彼らの搾取対象です。

イスラムの国々には勝手に土足で入り込み、やりたい放題☆
日本では沖縄で強姦殺人に飽き足らず、STAP細胞横取りで全部「オレのもの」☆
人のものはオレのもの、オレのものもオレのもの…☆


STAP問題、小保方氏犯人説を否定する検察判断…嘘広めたNHKと告発者の責任問われる

そもそもLi博士のES細胞は、STAP研究とはまったく関係のない種類のES細胞であることは、石川氏の告発状が出される時点で判明していた。それにもかかわらず、『NHKスペシャル』と同様に石川氏は、あたかもLi博士のES細胞がSTAP研究に混入されたとされるES細胞と同一であるかのような告発状を作成し、マスコミに配布していた。石川氏の告発内容がのちに虚偽であったことが判明したが、マスコミはその告発状の論旨をベースに国民をミスリードさせていった。

同番組は、昨年8月からBPO(放送倫理・番組向上機構)の審理に入っている。今年4月26日、BPO臨時委員会が行われ小保方氏からヒアリングを行っている。同日出席するはずだったNHK番組関係者は、熊本地震の取材を理由に全員欠席した。



ご覧のように、その片棒を担いだ人間が、日本国内にいます。
NHKと言えば籾井、籾井といえば安倍明治維新極右政権☆
こういうのを売国奴といいます。
英語ではtraitor、仏語ではtraître、露語ではизменник、中国語では卖国贼、
独語ではverräter…とやっていくと、世界中にそういう連中がいるのがわかります…☆

ハーバード大には「STAP泥棒」という名誉ある称号を与えます。
と言いますか、彼らはこうやって、
世界中の学者からその功績を略奪し、さも自分がやったかの様に振舞ってきただけ。
白人の厭らしさを感じますね…
わたしも白人の血が入っているので、人の事は言えないけど☆


でもそれももう、オシマイ。
さすがに米国の傲慢に業を煮やした欧州勢が、「ちょっとまった」をかけてきています。
ユダヤ系も、米国シオニストに反発する勢力が台頭してきて、
この件に対しても、小保方さん支持に回り始めています。

そもそもこういう事が話題に上っている時点で、ハーバードの負け。
「特許泥棒」の汚名がついか冠をかぶるだけです…☆

いっそのこと、「Harvard University」から、
「Pervert University」に改称するといいと思います。
名は体を表す好例となると思います。



追記

「Pervert」の意味ですか? こちらをどうぞ。

アルク辞書より

pervert
【自動】いやらしい目つきで見る、変態的行為をする、いやらしい[エッチな]行為にふける【他動】1.〔正しい道などを〕踏み外す、〔善などに〕背を向ける【文例】

2.~を悪化させる、~をおとしめる【文例】

3.~を悪用する、~を不適切に用いる【文例】

4.~を曲解する、~を誤解する【文例】

【名】性倒錯者、変質者、色気違い〔差別語〕、いやらしい目つき、背教者、邪道に陥った人◆【略】perv【レベル】10、【発音】《名》pə́ːrvəːrt 《動》pərvə́ːrt、【@】パーバート、【変化】《動》perverts | perverting | perverted、【分節】per・vert



彼らはその「変質者」と呼ばれる人々からも嫌われるような事をしていますね…
そこまでやったら「悪の美学に反する」と、悪魔たちにすらも嫌われますよ…☆


沖縄の残虐な事件は、歴史の大きな転換点となるでしょう…☆

2016–05–22 (Sun) 09:54
昨夜は当直、今日はお休み…☆

この所有名ブログさんに、裁判を吹っ掛けたり、
言いがかりのコメントをつける極右の方々が殺到しているようです。
そういう事をすればするほど、極右の正体がばれ、
極右的思考から国民が遠ざかってしまうのですが。
それにあまり悪戯が酷いと、逆に告訴告発される危険もあると思うのですが、
今や彼らの母国や支持母体が、のっぴきならない緊急事態なのかもしれません。
この動きは夏至を過ぎた頃から、さらに加速していくように感じます。
今回はMS804便事件以外の話題を、纏めて書きます。



沖縄の米軍女性殺害事件で本土マスコミが安倍官邸に異常な忖度! 読売は「米軍属」の事実を一切報道せず

「沖縄県警はすでに、事情聴取段階で相当な証拠を固めていた。ところが、県警内部で、捜査に圧力がかかっていたようなんです。安倍官邸の意向を忖度した県警上層部が『オバマ大統領の訪日前でタイミングが悪すぎる』と、言いだしていた。それで、このままだと、捜査を潰されてしまう、と危惧した現場の捜査関係者が琉球新報にリークしたということらしい。つまり、新聞に報道をさせて、既成事実化して、一気に逮捕に持って行こう、と」(在沖縄メディア記者)

今回は沖縄の警察、特に現場の皆さんが頑張ってくれました。
そう、みんながその気になってやれば、こうして世界中に発信できるのです。


しかし、驚いたことに、それでも頑として米軍関係者の存在に一切触れなかった新聞社がある。読売新聞と日経新聞(全国版)だ。

ポダム正力ですからねえ…それが宿命です。
でもそういう事をすればするほど、読者の心は離れていくのに。


遺体遺棄事件:沖縄県警「地位協定の壁なし」 だが一歩間違えば…

okinawatimes.jpg

在日米軍司令部によると、男は軍属の中でも地位協定適用の“特権”が受けられるSOFAと呼ばれる地位を与えられていた。雇用契約によって同協定の適用を受けない「軍属」がいる中で、SOFAは「法制度上は限りなく軍人に近い保護」(日本人基地従業員)を受ける立場だ。
日米地位協定17条は第1次裁判権について、米軍人・軍属の公務中に起こした犯罪は米国にあり、公務外の場合は日本にあると定める。だが公務外でも、米側が先に身柄を確保すれば原則起訴まで日本側に引き渡されない。
今回は公務外だったことに加え、米側の確保前に県警が身柄を押さえたため「壁」はなくなった。だが一歩違えば、地位協定を盾に米側が男の身柄を確保し引き渡さない可能性もあった。


そう、一歩間違えれば、この容疑者はまんまと逃げ果せる事が出来ました。
と言うより、そうやって多くの犯罪者が米国によって守られてきたという方が正しい。
東京や大阪に巨大な米軍基地があれば、こういう事が何百倍の規模で発生します。
そう考えて頂ければ、沖縄の立場も理解できると思います。

暴行目的、女性を物色 遺体遺棄容疑の米軍属供述

一連の記事を読んでみて感じたのですが、随分と犯行の手口が手慣れていますね。
元海兵隊員のSOFA軍属。
沖縄の内外で他にも何かやっているのではと、勘繰ってしまいます。
こういう事を、進駐先の中東やアジア、中南米でもやっているのかもしれません。


この事件は、日米安全保障条約破棄に向かう、大きな転換点になる気がします。
そして破棄をしてくるのは、日本政府ではなく、米国政府だと思いますよ。



MS804便事件は、あのMH370便事件から丁度「804」日後?…☆

2016–05–21 (Sat) 07:45
こんな記事があります。
英国のデイリー・エクスプレス紙より。

Lost MS804 linked to missing MH370?
「失われたエジプト航空804便は、消えたマレーシア航空370便にリンクしているのか?」

CONSPIRACY theorists have suggested the disappearance of Egypt Air flight MS804 could be connected to the missing MH370 mystery after it emerged the two journeys were exactly 804 days apart.
「陰謀論者たち(訳注:この言い方は好きではないが)はMS804便とMH370便との間に因果関係があると示唆する。それは二つの事件の間が、ちょうど(MS機の便名と同じ)804日であったからだ。

express20160519.jpg

An incredible coincidence has come to light as the number of days between the two air trips matches the flight number of the latest aircraft to disappear from the radar and the skies.
Flight MS804 was reported missing enroute from Paris to Cairo on May 19.
MH370 departed from Malaysia to Beijing, in China, on March 7 2014, 804 days earlier due to this year's leap year providing an extra day.
Some 66 people are believed to have perished on board MS804.

現地時間では2014年3月8日午前1時半過ぎから事件が発生するのですが、
英国ではMS370便事件発生は、時差の都合でまだ3月7日です。
3月8日から計算しても、事件当日を入れれば804日間となりますね。

2014年3月8日から2016年5月19日までの日数:804日

hiduke.jpg

偶然の一致と片付けるのも良いですが、
この世に偶然というものは、無いとは申しませんが、逆に少ないと思いますよ。
世の中が偶然で出来ていれば、確率・統計など、もっとちゃんと当たるはずです…☆

誰かが意図的にやっていると考えれば、これは警告であり、挑戦状ともいえます。
「俺たちはいつでも、こういう事が出来るのだ」と。
…そういう事をする位なら、もっと世の中の為になる事をすればいいのに。







MS804便「墜落事件?」を巡る思惑…☆

2016–05–20 (Fri) 22:20
元東京財団上席研究員だった人のブログ。
笹川平和財団シニアアドバイザーでもあったので、
その裏側の人脈はお分かり頂けるでしょう。
(どちらも様々な人がいて、その中にはまともな方もいらっしゃるのは事実ですが…)


http://blog.canpan.info/jig/archive/5840

NO4134『エジプト旅客機墜落の謎』 [2016年05月20日(Fri)]

 5月19日、パリのシャルルドゴール空港を飛び立った、エジプトの旅客機が、ギリシャ近くで突然、レーダーから姿を消した。その後この海域で、ライフ・ベストが見つかっていることから、墜落は間違いなかろう。
 乗客は多国籍に及び、エジプト、サウジアラビア、スーダン、アルジェリア、フランス、イラク、イギリス、カナダ、クウエイトなど59人、そのほかにはクルーが10犠牲になったようだ。
 ロシアの治安担当者は、テロによるのではないか、とコメントしているが、エジプトの航空大臣も同様の判断のようだ。しかし、それは確定ではないとも語り、今後調査を進めるということだ。
 これから先の話は、私の推測でしかないが、お読みいただきた。

:エジプトはアメリカに距離を取り、ロシアと協力関係を強めていた。
:エジプトはロシアから大型の兵器輸入の話も進め、既に数百億ドルにも及ぶ兵器をロシアから購入してもいる。
:湾岸諸国の間で、エジプトに対する治安面で期待が、高まっている。
:エジプトのシーシ大統領はナセルの信奉者だ。
:エジプトとアメリカの盟友トルコとの関係は劣悪だ。
:エジプトのシリア対応はアラブ民族主義的だ。

 日本の場合はこうだ。
:日本政府はロシアとの関係改善を強く望んでいる。
:日本国内には自主防衛論議が盛んになってきている。
:日本国内には中国との関係改善を望む政治指導者がいる。
:沖縄はアメリカよりも中国との関係促進を考えている。

 余計な推測かも知れないが、日本だけが世界の不安定化の、蚊帳の外にいるとは、考えない方がいいのではないか。そろそろ、あらゆる角度から日本と外国との関係を、考える時期が来ているのではないのか、と思えるのだが。



…何が言いたいのでしょうか。
①日本の事を心配している
②ちゃんと戦争屋の言う事を聞かないと、日本でテロを起こすぞ
どちらでしょうね…☆

兎にも角にも、
サミット期間中に、日本で派手にやらかす可能性が残っています。
この時期は要警戒です。


二転三転する情報。
「今度はこれでどうだ」と、
事件の胴元が仰っています。

不明エジプト機の残骸見つかる 大統領府、墜落と断定

AP通信などによると、ギリシャのカメノス国防相は、「エジプト軍が搭乗者とみられる遺体の一部やスーツケースを発見した」と述べた。エジプト国営中東通信は「大統領府は声明で、地中海に墜落し、犠牲となった乗客乗員とその家族に哀悼の意を表明した」と伝えた。
 シーシ大統領は19日夜、墜落原因の調査の強化を指示した。ファトヒ民間航空相は19日の会見で「技術的な問題よりテロの可能性の方が高い」と述べたが、原因特定については「時期尚早」としている。


へえ…地中海へ墜落ね。
今回もまた、ELTは作動しなかったのですか☆

航空機用救命無線機

墜落の衝撃を感知して自動的に遭難信号を発射する自動型、水中に投げ込むことで浮上自立し遭難信号を発射する水上型、手動でスイッチを入れることにより遭難信号を発射する手動型がある。飛行計画通りに位置通報が為されない場合に、最後の通報地点を中心に捜索が行なわれるが、同時に発射された電波を海上保安庁の運用するコスパス・サーサット(Cospas-Sarsat )人工衛星システムで受信し捜索する。


MH-17便以来、色々な事件を扱ってまいりましたが…
今回もまた、これで有耶無耶にするのかもしれませんね。

残骸は墜落した直後であれば、スクラップ部品をばらまいて回収すれば、
いくらでも証拠物件を作る事が出来ます。
MH-17便では2年以上海を漂流した残骸に、
フジツボなどの付着物がついておらず、かえって疑惑が深まりましたが、
MS804便の場合、今ならばなんとか言い訳ができる訳です☆


実際には墜落していない可能性も低くないのです。
それについては、また更新致します…☆



自社機行方不明を、ツィッターで第一報する会社はありません…☆

2016–05–19 (Thu) 22:19
沖縄での米元海兵隊員が起こした殺人事件など、
色々とお話したい事は沢山あるのですが…
本日は簡易更新なので、お話を一つに絞ります。

本日、また不可解な航空事件が舞い込みました。
第一報はこちら。

パリ発カイロ行きMS804便、レーダーから消失=エジプト航空

[18日 ロイター] - エジプト航空は、パリを出発しカイロに向かっていたエジプト航空機MS804便がレーダーから消失したと、ツイッターで明らかにした。

この時点で、堅気な航空機事故ではないのが分かりますよね。
もう一度書きますよ☆

[18日 ロイター] - エジプト航空は、パリを出発しカイロに向かっていたエジプト航空機MS804便がレーダーから消失したと、ツイッターで明らかにした。

自社の航空機がレーダーから消失したという重大事態の第一報を、
ツィッターで流すような航空会社が、どこにありますか?
例えば日本で同じような事態が発生した時、
JALやANAが、その第一報をツィートして流しますか?

この第一報がツィッターというのは、ウクライナでの、あのマレーシア航空17便事件。
いきなりツィッターで、MH17便は撃墜されたとつぶやかれた事を憶えていますか?
普通は考えられませんよね。

まずは情報収集をし、記者会見を行うのが普通の会社です。
それにエジプト航空は、アフリカ随一の歴史ある民間航空会社の名門です。
日本にも1962年、そう、まだ日本が「発展途上国」だった頃から、
初のアフリカ大陸直通便として乗り入れています。

Flightaware MSR804

msr804.jpg

msr804-2.jpg


37,000ft上空を通過中に突然消息が消えていますね。
一番安定している飛行状態なので、事故は考えられません。
データが突然途切れているのは、
以前のMH370便と同様、トラポンを切断したのでしょう。


Flifhtradar MS804便の軌跡

ms804-2.jpg

こちらのデータも同様ですね。
高度37,000ftで、ぷっつりと消息が途絶えます。
さあ、何が起こったのか…こちらも監視してまいります。


冒頭にも申しあげましたように、
この他にも様々な出来事が起きています。

お話の種には困らないのだけれど、
なかなか記事にするのが追いつかないのが現状です。

本当に、大波乱の2016年ですね…
まずは落ち着いて、冷静に物事を見ていきましょう…☆



(アップ後、一部誤字等訂正しています☆)

ちゃんと勉強しないと、総理大臣みたいになっちゃいますよ!…☆

2016–05–18 (Wed) 23:22
本日簡易更新です。
今週末は、少し時間がとれそうですから、今日は勘弁☆

「私は立法府の長」言い間違え? 話題の発言、実は初めてじゃなかった

一般常識として、三権分立とその長の事位は、知っておきたいですよねえ…☆

三権の長

sankennbunnritu.jpg



まあ、この人の正体は、「超劣化版ヒトラー」ですから☆
彼の頭の中は、こういう事になっているのでしょう☆

全権委任法

法律の正式名称は「民族および国家の危難を除去するための法律」(独: Gesetz zur Behebung der Not von Volk und Reich)。

この法律は授権法(じゅけんほう、独: Ermächtigungsgesetz、英語: Enabling act)と呼ばれる、立法府が行政府に立法権を含む一定の権利を認める法律の一種であり、ドイツ語および英語では、他の授権法と用語上の区別はされていない。このため日本語においても単に「授権法」と呼ばれることもある


でも超劣化版なので、その夢は露と消えるでしょう。
と言いますか…
民主主義国家の首相ならば、
せめて小学校高学年レベルのお勉強は、マスターしてくださいませ。


勿論、上記のニュースは世界中で報道されているでしょうから、
地球中でで恥をさらしている格好になります。

「ちゃんと勉強しないと、総理大臣みたいになっちゃいますよ!」
子供が勉強しない時、最近のお母さまはこう仰って、子供に諭すようです…☆

はい、そうお母さまが仰られるのも、納得ですね…☆

どんなに上手に隠れても…☆

2016–05–17 (Tue) 22:09
パナマ文書の件を「オフショア・リークス」で見ていたら、
どこかで見た事がある方の名前が出てきました…

https://offshoreleaks.icij.org/nodes/12105486

hatena.jpg


Officer
Kazuhiko ASAKWA

Connected to 1 address
Connected to 1 entity
 Linked countries: Hong Kong
 Data from: Panama Papers
The Panama Papers data is current through 2015
Search in opencorporates.com
 Got a tip? Help ICIJ investigate: contact us or leak to us securely


Kazuhiko Asakawa…

まさか、この人ではないですよね…

AIJ投資顧問

浅川和彦
1975年に横浜市立大学を卒業して野村証券に入社。10年後には京都駅前支店長に就任。さらに本社法人三部部長、熊本支店長へと出世した。1994年に突然退社。2000万円の支度金をもらう。野村OBが数多く在籍するペイン・ウェーバー証券東京支店へ入社。ペインから女性役員を引き抜いて、2000年にAIJの前身の資産運用会社を買収、独立した。2002年に旧山一證券出身者で成るアイティーエム証券を社員ごと買収[6]。

あの「年金資産消失事件」で、涙した方を存じております。
それはそうですよね、厳しい毎日を過ごしながら、心の支えとして夢を描いてきた、
自分の老後が消えてなくなってしまったのですから…

まさか、損をした事にしてネコババした…
それをタックスヘィブンへ持ち込んで、隠した…
などという事ではないでしょうね?
もしそうならば、さすがにもう、人間失格です。


こういう「秘密口座」は、スイスやリヒテンシュタインが超一流の本場。
しかし彼らは上手なので、如何わしいお金は絶対に預かりません。
そういうお金が回るのが、パナマやシンガポールやケイマン諸島など、
アングロサクソン国家の経営するタックスヘィブン。

勿論、アングロサクソン国家が全部悪いとは申しません、
むしろニュージーランドなど、そういう状況に対して、
国民の皆さまはカンカンに怒っていらっしゃいます☆

どこかの都知事の醜聞は幾らでも流しますが、
パナマ文書の件は、殆ど報道しない日本のマスミディア。
都知事の肩を持つ気はさらさらありませんが、
否、もっと報道するべき事があるのに、と思います。

現閣僚の名前でも載っている可能性があるのでしょうかね…?
もし載っていればその時点で、今の政権はアウトですね☆

自分のアンテナを高く掲げ、情報を収集しましょう。
受験や資格の勉強よりも、その方が未来が開けると思いますよ…☆



昨日の記事の追記です。

こちらのリンクをご覧ください。

有名詐欺師列伝 浅川和彦

AIJというのは、本当にどうしようもないほど悪い会社でね…
ケイマン諸島(タックスヘイブンの代表格)などを使って、
とんでもない詐欺行為を働いていたのです。

結局お金は最終的に、香港上海銀行へと流れたわけですが…

hk.jpg

このKazuhiko Asakawaさんも、香港ですね。
(誤解されている方も多いのですが、
 香港上海銀行は香港でも中国でもなく、英国の銀行です)

パナマ文書はCIAが中国や欧州を嵌める為にリークしたと言われていますが、
どうもそれを裏切って、公開してほしくない情報まで流し始めているようです。
やっているのは、それこそ彼らの中にもぐりこんだ「トロイの木馬」かもしれません。

わたしがチラっと見ただけでこんな人物が出てくるのですから、
これからますます、目が離せなくなりますね。
勿論、わたしなどよりずっと優秀な人たちが世界中にいらっしゃいますから、
それこそ天地がひっくりかえるようなお話の正体を、見破ってくれるでしょう…☆

五輪返上 80年前の記憶…☆

2016–05–16 (Mon) 22:15
London in the frame to host 2020 Olympics as Japan bid probed over secret payments

東京が開催権はく奪に場合、代替開催地はロンドン…だそうです。
やる気満々なんじゃないですかね?…☆
確かに、二番手だったイスタンブールがあるトルコがあの調子ですからね…

東京には前科があり、1940年の五輪を返上しています。
この時の二番手だったのはフィンランドのヘルシンキ。
ただ、準備期間が2年しかなくてとても間に合わず、
前代未聞の「五輪中止」となったのです。

現在動いているのは昔ながらの欧州の貴族勢力ですが、
その裏側に、彼らを動かしている連中がいるで…
それが何者かは、いずれ分かるでしょう…☆

そもそも、最初から「味噌がついた」この大会。
一番初めの時点から、嵌められていたようにも思えますね。
エルドアンの極右トルコと、安倍の極右日本。
どちらが開催地になっても、こういう事は起きたのかもしれません、


それを食い止めるためには、
日本は全部入れ替えをしないといけません。
政権も五輪組織も人心一新するだけでなく、
準備期間があと4年しかないので、突貫工事でやり抜く必要があります。
タイムリミットは、迫ってきています…


ただ、わたし個人的には…
もう五輪などやらなくていいと思っています。
血塗られた、利権まみれの今の五輪ならば…

本当に世界中の人が楽しく集える祭典になれば、
やってもいいとは思います。
でもそれは、もう少し先の時代になりそうかな…☆



追記

21時23分、関東でそこそこ大きな地震。
NHK水戸放送局
「最初は大したことない揺れだったが、そのあと大きな縦揺れ」

???…変わった地震ですね。
普通は小さな縦揺れの後、大きな横揺れが来るはずなのですがね~☆
まあ、これだけでは自然地震か人工地震かの区別は正直つきませんが。

しかし、震源地はやはり、中央構造線沿い。
人工地震に触発されて自然地震が起こることも含めて、
やはり中央構造線沿いは、監視と警戒が必要なようです。



呆れるお話が続々と…☆

2016–05–15 (Sun) 09:49
この数日、あきれるニュースが続々。
完全に末期症状ですね…☆

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

一部の専門家は、小保方氏がSTAP細胞のレシピ(詳細な作製手順)を公表するサイト「STAP HOPE PAGE」を開設した際にも、「STAPを今さら研究する研究者は世界にどこにもいない」と批判していたが、それが完全な間違いであったことが証明された。

ネイチャーのSTAP論文が撤回された理由は、小保方氏が発見した「STAP現象」の否定ではなかったことは前回記事で述べた通りである。
 小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。
 ハイデルベルク大学が発表した今回の論文によって、STAP現象に対する世界的な関心が再び高まっていくかもしれない。


文中の前回記事とは、こちら。
【STAP論文】若山教授、共同執筆者に無断で撤回が発覚…小保方氏捏造説へ誘導【前編】

現場で一番悪いのはこの山梨大の若山教授ですね。
ハーバード(裏は米国湯田金)に裏金でも貰って小保方さんを陥れ、手柄を持っていこう…
そういう陰謀に加担したのかもしれません。
一方、ハイデルベルク大の動きを見ていると、
欧州湯田金は小保方さんの味方に付いたのかもしれません。

いずれにせよこのブログでは、2014年10月25日の記事
STAPは本当にあったんだね、シータ、やっぱりあるんだよ…☆

をはじめとして、「STAP細胞は存在する」「小保方さんは正しい」と、
一貫して支持させて頂いております。
もうこれ以上、画期的技術や科学が、既得権益に潰されないことを願います…☆




東京五輪招致で1億6千万円の“裏金”に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れず

電通=里見=満州国=アヘン=河豚計画…とたどっていけば、
戦後の日本で暗躍してきた者たちの正体も分かってきます。
ここは真相追及サイトではなく「わたしの日記帳」なので、
あまり専門的にはお話しませんが☆
(ご存知のように、そういう時間も無く…すみません)
今回どうも、欧州当局とマスミディアが、それを狙ってきているようにも感じます。


日経「FT買収」の無残な財務

そんな里見満州マスミディア帝国の片棒を担いできた日経が、
毒饅頭を食べて、のたうち回っているようです…いい気味です☆


シャープ、最大7000人リストラの真実味

シャープもある意味毒饅頭を食べ続けて、ここに至ったわけですが…
鴻海に債務超過を救ってもらった形となり、リストラはさらに増えるでしょう。
そして今度は、その鴻海が怪しくなります…


東芝の営業赤字7191億円 金融除き過去最大 3月期

キャノンが7,000億円という法外な価格でメディカルを買収したのは、
この債務超過を逃れるためなのは皆さまもお気づきだと思うのですが…
ところがこの取引、やはり独禁法に抵触するようです。
日本の公取委はともかく、米国の司法省と、
「無く子も黙る」と言われたSEC(米国証券取引委員会)が乗り出してきています。

下手をすればこの取引は無効となり、東芝は3月末の時点で債務超過で倒産。
おまけに巨額の追徴金を請求されることになります。

どうするんでしょうね…☆



舛添の醜聞?
そういえば、あの産経が張り切って報道していますね。

どうも舛添を尻尾切りして、大阪の橋下を東京都知事に持っていこう…
そういう計画が水面下で進行しているというお話も伺いましたが…

東京では超不人気、嫌われ者のあの男が、都知事になれる訳ないじゃないですか☆
まあ、ムサシ不正選挙マシンを使えば、当選した事にはできるでしょうが、
さすがに「これは不正選挙だ。やはりムサシって本当にあったんだ」と、
多くの都民が気づくので、墓穴を掘るだけです…☆


既得権益を守りたい人々が時代に逆らって、必死に抵抗していますが、
そろそろ皆さん、店仕舞の準備をされた方がいいですよね。
そうしないと直撃弾を食って、それっきりになっちゃいますよ…☆


熊本生まれの、村下孝蔵さんの名曲、「踊り子」…☆

2016–05–14 (Sat) 23:57
本日は5月14日。
熊本での大きな地震があってから、ちょうど1か月です。

<熊本地震>小中学生転出742人 関東や東海にも

ああ、311の時と同じことが起きてしまった…
311より規模においてははるかに狭い範囲だったので、
これ位はなんとでもなったでしょうに。
この国の支配層は、この国の普通の国民など、
どうでもいいのでしょうね…

熊本地震に関しては、兵器による人工地震の疑いあります。
けれど時間がなく本格的な考証が出来ず、申し訳ないです。
ご興味のある方は、コシミズさんのサイトなどで積極的に考察されています。
ぜひご覧になってみてください。

2016.5.4  リチャード・コシミズ熊本講演会

でもそれならそれで、わたしたちにも対抗手段はあります。
普通の人たち同士で団結すればよいのですから。
むしろその方が、新しい平和な時代を作るためには、
いいのかもしれません。
そう考えれば、新たな力も湧いてきますよね。

久しぶりの企画ですが、
「わたしが生まれる前の名曲」シリーズ。
今日は千葉在住、わたしの恩師からのリクエスト。
熊本出身の素敵なシンガーソングライターのこの曲です☆

この曲は、実はわたしの母も好きな曲です。
母曰く、「本当に日本らしい曲。そしてそれは、世界の宝物」だそうです。
…わたしの母は西洋人ですので、余計にそう思うのでしょうか…☆


村下さんは残念ながら、もう亡くなられているのです。
でもその歌声は、こうしてもっと若いわたしたちも聞くことができますし、
この歌が街角に流れていた頃を知る人たちも聞くことができ、
その時間を共有する事ができる…素敵な事ではありませんか?☆



村下さんは熊本県生まれで、生前は広島で活動されていたと伺っています。
「熊本訛りでトツトツと喋るのだけれど、そこが素敵だったんだ…」
わたしの恩師の言葉です☆

村下さんは今あの世から、熊本と日本、そして世界のことを心配されていると思います。

ですから、ここはわたしたちこの世に生きるものが手を組んで、
「大丈夫です☆ ここは私たちに任せて、素敵な歌をそちらの皆さまに届けてください☆」
という位できなきゃ…。

そういうわたしも、大したことはしていないのですが、
みんなと一緒に出来る範囲からやれば、きっと大きな力になるさ…☆


本当の日本の魅力は、「苦しい中でも出せる、人間的な優しさ」だと思います。
それは豊かな感受性に裏打ちされてのものだと思います。
そういう心、これからもずっと、大切にしたいですね…☆

この曲、わたしも大好きです。
確かに、日本ならではの詩とメロディ、その奥の優しさと、寛容さ…☆

とても切ない曲ですが、
そんな切なさを味わえるのも、の世に生まれたものの特権かも…

これらもずっ、と聞き継がれていけばいいな…と、思います☆

やっぱり東京五輪は賄賂で誘致でしたか…☆

2016–05–12 (Thu) 22:28
どんどんボロが出る、極右一派。
今度は東京五輪で賄賂ですか…☆

「東京オリンピック招致委、IOC有力者に多額の現金」イギリスで報道

これも当初から噂されていた事ですが、
本当に絶妙なタイミングでリークしてきましたね…お見事です。
元ネタの英国・ガーディアンの記事はこちら☆

Papa Massata Diack: Tokyo bid claims the latest in an avalanche of allegations

guardian 20160512

The businessman Ian Tan Tong Han, who as outlined in that report was a consultant to the Athlete Management & Services company through which the Japanese conglomerate Dentsu serviced its contract for the IAAF’s commercial rights, was another often seen by his side. Dentsu has confirmed it still has a “business relationship” with AMS but said it never employed Tan directly as a consultant.

The marketing giant Dentsu, another recurrent thread through this tale, had its long-term deal for the IAAF’s commercial rights extended by Diack Sr to 2029 shortly before he stepped down as IAAF president in August last year at the end of a Beijing world championships overshadowed by allegations of doping, corruption and cover ups. The Guardian has since learned that Diack did so unilaterally, without any recourse to the IAAF Council.

マーケティング界の巨人電通…
なるほど、電通も絡んでいる事を報道していますね。
これはいよいよ、大日本帝国&満洲国の残党を潰しに来たのかも…☆

そしてガーディアンの記事の書きっぷりから、
①確たる証拠をつかんでいる
②これに続くネタが、まだまだ沢山ある
という感じがしますね。
リーク系として伝統あるガーディアンはヘマをしませんから、
それだけの自信があるのでしょう。

さあ、安倍も舛添も森も、どうしますかね…☆


消えゆく者と、残る者と…☆

2016–05–11 (Wed) 23:05
パナマ文書で大騒ぎの中、文春のリークも続いていますね。

舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!

文春は米国大使館の意向に沿った記事を書きます。
どうやら米国は、反金融戦争屋がイニシアチブを握ったのかもしれません。

こちらは日刊ゲンダイの記事…
舛添都知事 「TV生釈明」はデタラメのオンパレードだった

もうボロボロですね…
彼が取りうるべき最善の手段は、
13日の釈明会見で正直に告白し、辞任をする事だと思いますよ。
それが、彼自身を守る方法だとも思います。

ここでもう一回突っ張れば、とどめのパンチが飛んでくるでしょうね。
それはもしかしたらあの、「政党助成金で自分の借金を返済した」とかいう、
一時期飛び交った、あの噂の事かも知れませんね。
消えゆく者の姿です…☆

まあ、あと一言だけ…
彼はパリに2年、ジュネーブに2年、客員研究員で滞在していたはずなのに、
どうしてあんなにフランス語が下手なのか…謎です。
あともう一つ、彼はフランス語とイタリア語を、同じ言語だと思っているようです…




ぐるり旅、宮城も道南も 夏観光キャンペーン

北陸新幹線に比べて人気が薄い北海道新幹線ですから、
本当はこういうキャンペーンを、JR北海道をはじめ、北海道側でもやって欲しいです…☆
札幌延伸がはるか先のお話なので、
札幌の関心が薄いのがネックなのだと思いますが…

最大の起爆剤は、札幌延伸時の「北斗星」復活かな?
昼行便では東京だけでなく仙台-札幌も、飛行機には勝てません。
それなら、新幹線のスペースを生かして、新しい夜行サービスをしても良いのでは?

現行では新幹線は0-6時まで高速走行できないのですが、
その間はどこかに停泊していればよい訳です。
もし在来線最高速度程度で夜間も走れれば、東京・仙台-札幌は、
かなりいい時間帯で発着できるでしょう。
在来線最高速度は130km/hですが、
乗務員交替の停車や余裕時間を見ても、500km程度は移動できそうです。

でも特例で、京成電鉄は160km/hで走っていますよね。
この速度なら上記の余裕を見ても、700km程度移動できます。

それ位で走れれば、多くの都市間が高度なサービスで結ばれますし、
現在運転士さんたちに負荷が来ている高速バスの肩代わりもでき、
運転士さんたちの能力も、バス本来のきめ細やかな区間サービスに専念できます。

それが出来れば、名古屋・大阪-札幌や、
岡山・広島-仙台、九州-東京など、色々と出来ますね。


飛行機も高速道路も鉄道も船も、ハイクオリティ。
それも単なる量やスペックだけでなく、使い方などソフトの意味で…
そういう国家づくりも、日本の21世紀らしくて、いいと思います…☆


パナマ文書 日本関連のデータベース…☆

2016–05–10 (Tue) 22:59
すみません、本日当直中です。
ですから極限簡易更新です☆

パナマ文書、一部が公開されましたね。
その中で日本関連の情報は、ここで見られます。

Offshore Leaks Database Browse by country Japan

お時間のある時にでもどうぞ…☆
ポロポロっと、知っている名前が出てきますよ☆

おっと、今日はこの辺で。
また明日、更新しますね…☆



パナマ三木谷の裏側に居る人たちは?…☆

2016–05–09 (Mon) 23:26
今日は研修がそこそこ早く終わったので、
これ幸いと図書館に行って調べ物をしていたら、
いつの間にか遅くなってしまいました…☆
そういう事情で、本日簡易更新です…すみません。


公開前に早くも…“パナマ文書”に楽天・三木谷会長の名前

パソナ…じゃない、パナマ文書が、日本時間では明日大公開だそうで。
それ自体も色々見どころはありそうですが、
わたしにこのリークに対する、報復の暴露も期待しております…
そういう泥仕合に転じれば、更なる「この世は三文劇場」が、
一般市民に知れ渡る訳ですから…☆

ミキタニは白洲以来の神戸人脈ですから、
他にもパソナンブとかオリミヤウチとか、色々出てくるかもね…

「良くも悪くも超一流」は、出てこないかもしれません。
そういう人は、パナマなんて使わないでしょうから…☆


「異界からの招待状」  田代峠ミステリー その1…☆

2016–05–08 (Sun) 21:20
この所時事関係の記事が続いていますので、
たまには、ちょっと違う話題をしようかなと考えておりまして…☆

このブログの中でも人気が高い記事の一つ、
2015年5月25日更新の、
「 不忘山(わすれずのやま)・蔵王 B29墜落ミステリー…☆」


そのコメント欄で話題になった都市伝説、「田代峠ミステリー」のお話を、
やや「不定期連載」という形で書こうと思います。
この時はUFOや謎の地下基地の様なお話を頂いております。
わたしの記事は、それとはちょっと違う角度、
現実世界の観点から、このお話を考察していきたいと思います。


その前に、「田代峠ミステリー」をご存じない方もいらっしゃると思いますので、
今回は言わば「予習編」という事でお送りします…☆

都市伝説としての田代峠はかなり有名らしく、
ちょっと検索を掛ければ、それこそいくらでも出てきます。
こんな動画もありますね。



そもそもこのお話の大元は、「婦人公論」の1979年8月号に、
山形県最上町の高橋コウという人からの、
下記の様な投稿が記載された事からの様です。
様です…というのは、わたしはその記事を直接見ている訳ではないですし、
だいいち、わたしはその頃まだこの世におらず、
それこそ「異界の住人」だった筈ですから☆

その投稿は、下記の様だったそうですよ…☆

あ、この文は結構長いですので、お時間のあるときにどうぞ。
「そんな暇な時間なんて無いでやがるです、わふー☆」という方は…

次回の記事で「どこかの首相でもわかっちゃう、手記のまとめ超要約」を書きますので、
そちらの方をご覧くださいませ…☆


それでは、「丁度暇だから読んじゃおっかな☆」という方、
続きをどうぞ…☆


続きを読む ⇒

新幹線が遅れて、盛岡1泊…☆

2016–05–08 (Sun) 19:51
今日はもう一つ記事を更新する予定ですが、
まずは昨日の続きのプチ記事。

事故発生は21時20分頃。
わたしが盛岡駅に来たのが21時35分ごろ。
最初は23時頃運転再開見通しだったので、
到着した21時51分発「はやぶさ・こまち96号」の車内で、
常時持ち歩いているノートPCで記事更新…
している間に、運転再開予定が0時半頃に変更になり…




東北新幹線で人身事故 8日午前2時半以降に運転再開の見通し

nj2016050702_60.jpg

既にガランとした、盛岡駅23時半少し前の様子ですね。
事故発生の前に東京行き最終はすでに出発しており、、
残る上りは仙台どまりの最終、「はやぶさ・こまち96号」のみ。
もう少し早い時間に事故が起きていたらかなりごった返したでしょうね。
23時02分発に東北本線の北上行きが出発。
いわて銀河鉄道の滝沢行き最終が土日は運休なので、在来線は運転終了しています。
一方の「はやぶさ・こまち96号」はホームに停車したっきり、動きません…☆

この時点ではまだ0時半運転再開と案内していましたが、
嫌な予感がしたので下車し、駅近くのホテルに電話を掛け、2件目で部屋を確保☆
こういう時、勝手を知っている街だとすぐに手を打ちやすいですね。

東北新幹線 人身事故で5時間にわたり高架上に停止

多少未練を残しながらシャワーを浴びて、色々あって酔いも醒めたので、
コンビニで買った白ワインと小岩井チーズで一人乾杯後、就寝☆
結局午前2時半運転再開かあ…結局、その選択は正しかったようです…☆

翌朝6時半に目覚めて駅へ向かうと、平常通りの運転。
昨日の騒ぎ、何だったんでしょうという感じ…☆


新幹線の線路内に侵入するのは至難の業なので、
自殺しようと北上駅ホームから線路に降り、
通過線に飛び込みそのまま数キロ引きずった…のかもしれません。

これも以前お話した事があるかと思いますが…
色々と小手先で考えても、飛び込み自殺はなくなりません。
自殺をなくす効果的な方法はただ一つ。
「自殺したくなるような歪んだ社会」を無くす事です。
そういう道に日本が舵を切るには、まだもう少し時間がかかりそうですね…


夜更けの盛岡で、仙台行き最終新幹線を待つわたし…☆

2016–05–07 (Sat) 23:06
本日簡易更新☆

今日は業務で盛岡に来ています。
大型連休に縁の無いわたしたちですが、
せめて今宵は一杯やって、慰労会☆

…そうしたら、東北新幹線が人身事故で止まっております☆
北上駅で下り函館行き新幹線に飛び込み自殺があった…
という事の様です…但し、確証はとれていません。

22時過ぎ、「花巻・北上・一ノ関までのお客様は在来線で」という案内がありました。
22時07分発一ノ関行き普通列車…
北上駅以南へ行く最終便なのですが…
一ノ関じゃ駄目なのだよ。
わたしは仙台まで帰りたいのだ…☆

という事で、今しばらく復旧を待つわたしです。
復旧は0時30分ごろを「予定」だそうです。
…予定は未定です☆

0時半過ぎに出ても、乗車する仙台行きのはやぶさ96号はこの間各駅停車なので、
仙台着は2時近くになるよねえ…
当然、接続する各線は最終列車が出た後。
仙台での乗り継ぎを尋ねるお客様、他にも数人。
どうなりますかねえ☆


追記

段々面倒になってきたので、
これから盛岡市内のホテルに空きが無いか確認します。
多分、1部屋位はなんとかなりそうな気がしますが、
何分大型連休中ですから…
どうかなあ…☆


ヒラリーのおしりに火がつき始たのかも?…☆

2016–05–06 (Fri) 22:49
FBI、クリントン氏近く聴取か

kahoku20160506.jpg

どうもこれ、完全にブラックっぽいのですが…
ここで彼女が逮捕されては、「トランプ対サンダース」の大統領選という、
湯田金戦争屋にとっては悪夢の展開になりますが…☆
今からこんな調子では、ヒラリーが大統領になっても座礁確実です。
…大統領になるには、米国版ムサシが使えればのお話ですが


4月の米非農業部門雇用者数は+16万人、失業率5.0%=労働省

米労働省が発表した4月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が16万人増と、7カ月ぶりの低い伸びにとどまった。伸びは予想の20万2000人増を下回った。 失業率は5.0%で変わらずだった。

本当はもっと悪いと思いますけれど、
さすがにこれ以上に良い数字は嘘が綻ぶ為出来なかったのでしょう。

相場は買い支えも入っている様ですが、
あまりそういう事をすると、落ちる時には手のつけられない状態に陥ります。
…逃げるが勝ちですよ☆


米国は日本を見捨てたいのか、それとも独立させたいのか…☆

2016–05–05 (Thu) 22:56
あれあれ?
せっかく更新したのに、反映されていないぞ???
また通信不良かな…
そういう事、たまにありますよね?
イヤイヤイヤイヤァ、マイッタネッチャ☆

という事で、不本意ながら本日簡易更新。


「トランプ氏、日本防衛費の全額要求応じなければ駐留米軍撤収」の持論も曲げず

はい、「日本も核武装しろ」とは、こういう事です。
日米安保は破棄したいというのが本音でしょう。
「それならば日本は単独で核武装をはじめ再軍備する」
北朝鮮工作員とそれに騙される人々ならそう仰るでしょうが、
現実はそんなに甘くありませんよ…☆


それ位は分かっている人たちもいて、
ロシアに安倍を指し回しましたが…
湯田金戦争屋が「俺たちを裏切るのか!よくも見捨てようとしたな!」
と、なりふり構わない振る舞いに出てくることも予想されます。

ああ…
あまりかかわり合いになりたくない人々です…☆

対米政策に関しては、連邦政府よりもまともな、
各州ごとにお付き合いを進めていけばよいと思います。
例えば。オレゴンやモンタナなどの州ごとに付き合えば良いのです。

そういう時代の到来が間近に迫り…
それに徹底抗戦念する人々がいる…

さあ、とりあえずは大型連休の中の「営業日」でもある、
明日の相場に注目しましょう…☆


わたしは今日も明日も営業日ですので…
お楽しみのブログ巡りは明日にして、これから寝ます。
おやすみなさい…
また明日、お会いしましょう…☆


プランBへ舵を切る米国と、昨日、天に召された撃墜王への想い…☆

2016–05–04 (Wed) 22:20
すみません、昨日は更新お休み。
その変わり東京で、色々とお話を聞いてまいりました。
この後の記事で、幾つか話題にしようかと思います。


予想外のトランプ氏躍進、背景に共和党指導部への怒り

クルーズ撤退、ヒラリー敗北の衝撃

米国御用ミディアもすっかり舵取りを切り替えましたね。
米国はこれまでの世界唯一の超大国の地位から降り、
国内に立て籠もって立て直しを図りたいようです。
その中核は、日米安保(韓米も然り)からの撤退と、
「プランB」…つまりは米ドル切り替えによるデフォルト。
トランプにやらせるつもりなのだと察します。

ヒラリーでは米国民は納得しない。
例え当選しても、その後の国内分裂が避けらない…
そう考えている人々がいるのは確かです。
勿論、金融戦争屋はヒラリ-でなきゃ駄目なので、
これからあの手この手で捲土重来を図るでしょうが、
まあねえ…☆



一方の日本の、米国隷属万歳なマイノリティバカども、大慌てです…☆

トランプ氏指名確実で、高村副総裁「日米同盟に懸念も」 下村総裁特別補佐「パイプがない」

産経新聞も大慌て…☆
皆さん、お払い箱の運命に気づいていらっしゃる様ですから、
これからヒラリーの裏側の人たちと相談するのでしょうね。
大変ですね…


おまけに、担いでいる神輿が軽すぎて、
こういう事態になると、かえってお荷物。

安倍首相出演『ワイドナショー』はまるで接待番組だった! 松本人志は「おじいちゃんが守ってきた国が好き」の迎合発言

今回の出演で、安倍首相と官邸は『ワイドナショー』を『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)や『情報LIVEミヤネ屋』(日本テレビ)に並んで自分の応援番組になると認識したはずだ。そして、これから先、何か大きな政治的PRを仕掛けたいときは、必ず登場するようになるだろう。そのたびに、松本との馴れ合いの会話を繰り返し、ヤフーニュースになり、それが世論の地ならしに役割をになっていく。本当にこの国のメディア状況はどうかしているとしか思えない。

やしきたかじん、宮根誠司、松本人志…
この3人、同じオーラと血筋を感じますがね…☆
結局、軽い神輿を担ぐのは、頭も軽い人間ばかり。
一度劣勢に立つと、最後は特攻肉弾攻撃位しか思いつきません。
ああ…71年前と同じですね。
がっかりですね…☆



亡くなった元ゼロ戦パイロット原田要氏は生前、安倍首相を痛烈批判していた!「戦前の指導者に似ている」と

原田さんは旧海軍の撃墜王。
実際の戦争の厳しさ、悲惨さを熟知しておられる真の意味での戦士であり、
この国の未来を、心から案じていらっしゃる国士でした。

でも、ご安心ください。
この国の民衆は、ちゃんと学習して、次の無駄な戦争は起こさないと思いますよ。
ですから今は天国で、あの頃の戦友たちとお酒でも飲みながら、見守っていて下さい☆


あ、でも…
ちょっとピンチになったら、わたしたちに加勢して下さいませ…☆
「ちょっと」助けてくれたら、わたしたち普通の民はとても勇気づけられ、
この国と世界の平和を、守り抜く事が出来ると思います…☆



メイストームにご用心…☆

2016–05–02 (Mon) 22:34
今日は忙しかった…☆
気温の高低差が激しく、
意外に体調を崩しやすいのも今頃です…ご自愛くださいませ☆

今日の相場は、またお芝居でしたね。
買い手が日銀や年金しか残っていないので、ある意味静かです。
一つ心に留めて頂きたいのは、
下がる要素は数えたらきりない位にあるのに、
上がる要素は公的機関の買い支え位しかない事です。


3日~4日 広範囲で大荒れ 暴風・高波・土砂災害に警戒 交通機関への影響も

明日明後日は天気が荒れそうです。
「メイストーム」という言葉通りの天気が心配されます。
クライメイト・ウェポンによる、人工異常気象だったりしてね。
否、そういう研究だけは異常に進んでいるのですよ。
これは真面目なお話です。

そういえばもう4年前ですが…
茨城のつくばで、大きな竜巻の被害がありました。

万一に備え、警戒は怠りなくです…☆

連休中ですが、簡易更新…☆

2016–05–01 (Sun) 23:12
すみません、本日簡易更新。

理由…
今日もほぼ平日勤務だったから。
研修中とはいえども、それなりに気を張る事も多いので、
本格更新は明日以降にて…
明日はいよいよもって平日なのですが☆

明日の相場は見ものですよ。
麻生の口先介入がどれだけ効力があるかね…☆

すみません、明日は早出なので、今日はこの辺にて…☆


 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR