Trans Princess2016年08月

過疎地を襲う災害…☆

2016–08–31 (Wed) 21:54
岩手県下閉伊郡岩泉で9人死亡。
昨日書いたとおり、やはり犠牲者が出てしまいましたね。
台風のスペックからすると、正直その10倍の犠牲者を覚悟していましたが…
この後4週間以内に再び大雨に襲われるとすると、更に厄介です。

事故があった岩泉の町役場周辺は周囲を山に囲まれ、
太平洋に注ぐ小本川の作った狭い平野です。
分水嶺以東の水が皆、出口を求めて小本川に殺到します。
下流にある施設の少し上流で合流する猿沢川は、支流を含めると広大な流域から水を集める為、
この辺り一帯で豪雨となると、かなり危険な状態になります。
堤防を作るにも土地が必要、そしてお金が必要ですが、
過疎化で中央から見捨てられた地域では、それもままなりません。
そうした地域は岩泉だけでなく、日本全土に数え切れないほどあります。

岩泉は昭和45年から国の過疎指定を受けている町ですが、
もともと岩泉のある北上高地は、本州でも指折りの低人口密度地域なのです。
高地の上にある都市と言えば、南部にある民話で有名な遠野市位ですし、
東西に山田線、釜石線と2本のJR線が走っていますが、
これは盛岡・花巻といった内陸都市と、宮古、釜石といった沿岸都市を結ぶためのもの。

昭和時代の古い時刻表(父は鉄オタです☆)を見ると、
その山田線に嘗て走っていた急行「リアス」は、盛岡を出ると沿岸に近い茂市まで、
人口希薄な北海道でも例が無い、2時間近いノンストップ運転を行っていました。
つまり、急行を止めるような大きな町が無かったのです。
(その「リアス」は、今は快速に格下げされ、途中停車駅は少し増えましたが)

地方を切り捨ててきた結果、下らない箱モノをつくっても、肝心の所にお金は回らない。
そして災害があれば、大手ゼネコンが儲かる工事はするものの、
地域全体はまた、切り捨てにかかる…

南の小さな島にはあんなに食ってかかるのに、
沖縄や本土の「地方」は簡単に見捨てる。
その精神構造が分かりません。
…と申し上げたいですが、本当はその精神構造が良く分かるのです。
簡単です…「今だけ、金だけ、自分だけ」です。

ですから、余計にあきれ果てて、仕方が無いのです…☆







スポンサーサイト

「ハリーボッテーのインチキ台風」去る…☆

2016–08–30 (Tue) 23:12
すみません、本日も平日名物簡易更新。
続き記事はまた後日更新します☆

台風は正午前から午後にかけて風雨が強くなりましたが、
言われていたほどの事は無く、夕方には治まりました。

最近、わたしが「ハリボテ台風」と命名したタイプの台風があります。
異常なまでに低い中心気圧の台風で大騒ぎ。
しかし、実際に通過してみると、「何だこりゃあ…?」というレベルの風雨のみ…。
勿論、一部地域にそれなりに被害は出て、犠牲者の方も出てしまうのですが、
前評判には程遠いのです。
これを、「ハイスペック・ハリボテ台風」と言います。
「ハリー・ボッテーのインチキ台風」という、映画のタイトル風でもいいですね。
次に同じ様な台風が来たら、是非そう呼んであげて下さい…☆


今回の物もそれに近い気がします。
人心を煽る事が主たる目的なのかもしれませんね。

とはいえ、台風シーズンはこれからが本番。
これまでの気象学的見地のみならず、
その裏にある政治・経済的に利用するマスミディア報道体制などにも、
十分に警戒が必要かと思います…☆





学者が役に立たないのは毎度の事ですが…☆

2016–08–29 (Mon) 23:17
本日簡易更新☆

なんだ…インチキ台風、やっぱり東北狙いでしたか。
最初からそんな気がしていましたが…☆

東西の高気圧や偏西風蛇行=台風10号、Uターンの主因

…スーパーコンピューターがなぜかこんな進路を予想したので、
無理やり辻褄を合せたのですね。
だからアカデミーの人間は嫌いなのです…。

kasayanさまは、昨日のブログ記事でこんな事を仰られていました。

 台風10号の動向・・・「なぜそうなるのか?」と考えていると時間がドンドン過ぎていきます。

理由もわからないのに「モデル(シミュレーション)がそうなっているから」と言っているだけでは気象予報士の存在価値がありませんから、50代の衰えつつある頭を絞って考えるのですが・・・タイムリーに結論がでなければ、いくら確かな理由を絞り出しても、気象予報士ではなく気象解析士になってしまうので、泣く泣く断念。

そう、今回の台風は、これまでの自然科学では説明がつかないのです。
それをなぜか、スーパーコンピューターは理由も言わずに叩き出し、
アカデミーの学者は、無理やりそれを正当化するだけ。

でもそれは、医学や、他の学問も同じ病に冒されています。
この病を治すには、大きなパラダイム転換が必要ですね…☆


さて、台風はまっすぐわたしの居る場所を狙ってきているかのようです。
対策は整えましたが…

わたしには、未だに粗末な仮設住宅で暮らしている方々が心配です。
風速50mでは、屋根など吹き飛んでしまうかもしれません。


もっと苦しめ、もっとひどい目に逢え…
スーパーコンピューターを操るクズ悪魔の、
卑しい笑い声がふと聞こえてきそうですね…☆


けれどそれは…
そうした物が、自分たちに残された時間があまり無い事を知って、
心の底から焦っているからなのだと感じております…
それが、2016年夏という、今の出来事なのです…☆



水は昔を憶えている   「カスリーンの幻影」(その2)…☆

2016–08–28 (Sun) 16:53
前回の記事の続きです。

お話はカスリーン台風のご紹介から始まり、
そこから歴史を紐解き、利根川の東遷、明治43年大水害の入口まで来ました。
まずはウィキペディアで、明治43年大水害をさらっと学習☆

明治43年の大水害

---------------------------------------------------------------------------------------
明治43年(1910年)8月5日ごろから続いた梅雨前線による雨に、11日に日本列島に接近し房総半島をかすめ太平洋上へ抜けた台風と、さらに14日に沼津付近に上陸し甲府から群馬県西部を通過した台風が重なり、関東各地に集中豪雨をもたらした。利根川、荒川、多摩川水系の広範囲にわたって河川が氾濫し各地で堤防が決壊、関東地方における被害は、死者769人、行方不明78人、家屋全壊2,121戸、家屋流出2,796戸に及んだ。最も被害の大きかった群馬県の死者は283人、行方不明27人、家屋全壊流出1,249戸に上り、群馬県など利根川左岸や下流域のほか、天明3年(1783年}の浅間山大噴火後徹底強化した右岸側においても、治水の要中条堤が決壊したため氾濫流は埼玉県を縦断東京府にまで達し関東平野一面が文字通り水浸しになった[2]。東京でも下町一帯がしばらくの間冠水し、浅草寺に救護所(現、浅草寺病院)が造られた記録が残っている。
---------------------------------------------------------------------------------------

この時の侵水域がこれまた広い。

荒川の歴史
000032447.jpg

埼玉県の平野部分が殆ど浸水ですね…
この水が東京の下町に押し寄せ、大きな被害をもたらしたのです。
それでもこの時は主に浸水源は荒川の水です。
利根川の水は、江戸川へ流入する水を関宿水門を閉じて制限した為、
江戸川からの氾濫・決壊が無かったのは幸いでした。
もっとも、そのおかげで水は全部銚子方向へと流れる事になり、
利根川下流地域の洪水の被害を、より一層深刻化させたのですが…

この時の災害を教訓に、東京の下町を水害から守るため、
荒川放水路が開削され、昭和5年(1930年)に完成しました。

…そんな放水路、東京のどこにあるのですかと聞かれそうですが、
これですよ☆

arakawahousuiro-1.jpg

東京の地理に詳しくない方でもわかる例としては…
ディズニーランドへ行く時、東京駅から京葉線に乗ると、
やがて地上へ出て新木場駅に停まります。
新木場駅を出て右手に海を見ながら長い鉄橋を渡り、次の葛西臨海公園駅へ向かいますよね。
あの時渡る川が、旧「荒川放水路」なのです。
あれだけの幅と河川敷を擁する川は、実は全くの人工物で、
この水害からの復旧・治水工事の一環として造られた物なのです。
今は単に「荒川」と呼ばれていますけれどね…☆

その名残は地図のあちらこちらに見られます。
例えば、これ…☆

horikiri.jpg

荒川をはさんで、東武鉄道堀切駅と、京成電鉄堀切菖蒲園駅があります。
堀切(葛飾区)のウィキペディアによると
---------------------------------------------------------------------------------------
葛飾区西部、荒川東岸の低地にあたり、対岸は北から足立区、墨田区に接する。町域の北は小菅および西亀有、東は東堀切および宝町、南は四つ木に接する。
町の中央を東京都道308号千住小松川葛西沖線(平和橋通り)が南北に横切っている。この平和橋通りと京成本線が交差するあたりに堀切菖蒲園駅がある。実際の菖蒲園は、この地点より南西に約10分ほど歩いたところにある。
菖蒲園のある綾瀬川沿いには首都高速中央環状線が通っており、菖蒲園の北300メートルほどに堀切ジャンクションがある。ここはかつて、堀切橋(旧橋)が架かっていたところである。
テレビドラマ『3年B組金八先生』や『親子ゲーム』のロケ地であった東武伊勢崎線堀切駅周辺は、荒川対岸の足立区千住曙町にある。大正年間に荒川が開削される前は地続きであった。また、堀切駅自体も現在より東にあったが、開削予定地に当たったため現在地に移動した。なお移動前は花菖蒲の名所、堀切園(現・堀切菖蒲園)の最寄駅であった。現在では葛飾区と堀切駅周辺とは荒川上流の堀切橋を利用し、約1km迂回しないと往来できない。
---------------------------------------------------------------------------------------

なるほどねえ…って感じでしょう?
そういう地名は、探せば全国に散らばっていそうですね。


さて、荒川放水路の開通の翌年、昭和6年(1931年)に、満州事変が勃発。
日本は長く苦しく、そして悲惨な、戦争への道を歩み始めます。
そしてやがて…

昭和20年8月15日 玉音放送
昭和20年9月2日  ミズーリ号艦上で降伏文書調印

平和はやって来ましたが…
当時の東京の空襲被害は甚大な物でした。

f56cb271.jpg

「橋淀」「原荏」「田蒲」「黒目」「立足」などと読まないように。
既に戦後とは言え、この時はまだ右から読む時代の地図ですから…☆

荒川の右岸(今の千住や墨田区、江東区など)は一部を除き、殆ど焼失していました。
逆に左岸は、ごく一部を除き空襲は無かったのです。
この頃は下町が焼け野原だった事もあり、外郭部へ住む人々が増えたため、
戦前に比べて人々の通勤距離が、大幅に伸びていたそうです。
一方で電車やバスは空襲の被害で数が足りず、大混雑の状況。

荒川左岸もそうした人々が移り住み、人口が増えていたそうです。
そんな戦争終結から2年余りの、昭和22年(1947年)9月。
カスリーン台風はやって来ました…



さて、ここで冒頭にお話しした、当時の埼玉県北埼玉郡東村へと、
わたしと一緒に、時空の旅に出ましょう…☆

kathleen1.jpg

kathleen2.jpg

ご覧の様に決壊地点は、渡良瀬川との合流点の約2.7キロ手前です。
ここでは二つの流れがぶつかり、流れが滞るのは当然です。
地図上方に見える渡良瀬貯水池は、当時はまだ規模がもっと小さく、
既に満水だったと思われます。
と言いますか、戦中戦後の食糧不足の為、
遊水地を開墾して、畑にしてしまったらしいのです…☆

その為渡良瀬川からの水は全量、容赦なく流れ込んできます。
おまけにその下流には東北本線利根川橋梁と国道4号線利根川橋があり、
その橋脚に引っ掛かる流木などで、更に流れは滞っていたと思われます。



ここは前回の「利根川東遷」でお話しした様に、もともと水が流れていた場所では無い「新川通」。
ここで前方からの圧力と、後方からの圧力に押されることになった時、水はどうしたのか…?

東遷のお話の時の地図を思い出してみて下さい。
嘗て新川通が無かった頃は、水は浅間川を通って、江戸湾方向に流れていました。
その浅間川は、どうもこんな感じだったようです…

kathleen5.jpg


浅間川とは?
↑こちらのHPさまでも、浅間川の正確な位置は分からないとおっしゃっておられますが、
 記念碑が宇宙科学館のそばにあるそうです。

img_2.jpg

これは確かに、藪蚊が多そうですね…あのシマシマのやつ☆

img_4.jpg

「利利根川は羽生市川俣で締め切られたあと、大越地区外野と大利根町との境で南にカーブし、現在の古利根川(浅間川)筋を南に流れていた。元和7年江戸幕府直轄地を支配していた伊奈忠次は浅間川を締切り旧原道村から東へ新しい川を掘り、利根川の本流を渡良瀬川に合流させたので、古い河道はとなった。このときの堰堤址が60mにわたって残っており、埼玉県の史跡に指定されている。」

そう、かつて川の流れは、ここから南へ転じていたのです。
しかしその場所は、もうとうの昔に塞がれていて、周りよりも補強されていた事でしょう。
そこで水の選んだ「脱出口」は、約3.3キロ下流の決壊地点だったのでしょう。
ここからまた、ウィキペディアからの引用です。

---------------------------------------------------------------------------------------
カスリーン台風による大洪水の発端となったのは、埼玉県北埼玉郡東村(現在の埼玉県加須市[大利根地域・北東部])での利根川堤防の破堤である。この場所は江戸時代に人工的に開削された新川通と呼ばれる直線河道であり、「明治43年の大水害」の時には破堤しなかったため、比較的楽観視されていた場所であった。
しかし実際には上流の遊水地帯が開発によって消滅しているなど、「明治43年の大洪水」当時とは状況が変化しており、利根川の水は全て新川通に集中することになった。それに加え、下流の栗橋付近には鉄橋があり、そこに漂流物が引っかかって流れを悪くしていたほか、渡良瀬川との合流点もあるため、増水時には水の流れが悪くなるという構造的な問題を抱えていた。
こうした要因によって、15日午後9時ごろには堤防の上から水が溢れはじめ、16日午前0時過ぎに大音響とともに北埼玉郡東村の利根川右岸提が 340m にわたって決壊。濁流は南に向かい午前3時には北葛飾郡栗橋町(現在の久喜市[栗橋区域・北部])、午前8時には南埼玉郡鷲宮町(現在の久喜市[鷲宮区域・西部])、午前10時には北葛飾郡幸手町(現在の幸手市中心部付近)、午後1時には南埼玉郡久喜町(現在の久喜市[久喜区域・中心部付近])に到達する。濁流の進行速度は決して早いものではなかったが、濁流がどこに流れるか、どこに避難するべきかという情報に乏しかったため、避難はスムーズに行かなかった。
---------------------------------------------------------------------------------------

昭和22年9月16日午前0時過ぎ、340mに渡って堤防が決壊。
水は田畑や町を飲み込みながら、南下をつづけます。
こちらに当時の侵水域を表した地図があります☆

000020171.gif

最終的には東京湾の近くまで達する事になるのですが…
この流れのコース、そっくりではありませんか?
もう一度、東遷前の利根川の地図を見ましょう。

keiido_tonegawa011i.jpg

そう、行き場を失った水は、遠い昔に流れていた記憶を辿って、
浅間川-古利根川or庄内古川が嘗てあった場所を、流れていったのです…

文字通り、「水は昔を憶えている」のです。
正確にいえば、地形が大きく変わらない限り、水は昔の通りに流れる…でしょうね☆

でもね、わたしは水にも意思があり、悠久の地球の歴史の中で、
何度も何度も山から川へ、川から海へ、海から空へ、空から山へ…
それを数え切れないほど繰返してきた水は、ちゃんと出口を知っていたのではないか…
そんな気もするのですよ。


悪い事は重なる物です。
新川通堤防決壊と同じ頃、今度は利根川の対岸、
埼玉県北埼玉郡北川辺村(現在の埼玉県加須市北川辺)の三国橋付近で、
渡良瀬川右岸が決壊し、濁流が村を襲います。

kathleen3.jpg

二つの川に囲まれたV字地形の北川辺の水深は6.5mにも達し、
人々はまだ無事だった部分の堤防へ避難したようです。



こうなると現場一帯は大混乱し、もう手の打ち様がありません。
利根川右岸から水は、南下を始めます。


この9月16日未明に決壊して溢れ出した水は、
16日深夜には杉戸町(東武動物公園のある辺り)、
17日深夜には春日部町(市に昇格するのは、7年後の昭和29年)、
18日深夜には東京都県境の北方にまで迫ります。


勿論、政府や地方自治体、GHQもこの事態を重く見て、
出来る限りの対策を取った筈なのですが…???



(また長くなったので、次回へ続く…です☆)

嘗て東京を大水害が襲った   「カスリーンの幻影」(その1)…☆

2016–08–28 (Sun) 13:15
昨日の記事で、

「台風の災害にかこつけて、原発事故や大停電や堤防破壊などの、
 破壊工作が行われる事は、十分に考えられます。」

という様な事を書きましたが、
実はかなり以前から、わたしが危惧している事があります。
台風に限らず豪雨により増水した際、関東地方のとある河川の、
とある部分の堤防を意図的に破壊する事により、大洪水を引き起こさせて、
首都東京の一部を含んだ広大な領域を、大混乱に陥れる事が出来るのです。

そのとある河川のとある部分とは、ここです。

pont-k-1.jpg

×印の地点、埼玉県加須(かぞ)市新川通といいます。
東京の浅草から日光へ向かう、東武日光線の利根川橋梁から上流へ1キロ上流になります。

ここは昭和30年まで、埼玉県北埼玉郡東村新川通と呼ばれていました。
第二次世界大戦の敗戦からまだ2年あまり、まだまだ戦後の混乱の最中にあった昭和22年(1947年)9月、
台風襲来による増水の為、この部分の利根川堤防が決壊し、大水害が起きた事があります。
その台風の名は…「カスリーン台風」。



カスリーン台風のウィキペディア
↑まずは上記リンク先のウィキペディアを一緒に読みながら、お話を続けてまいりましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------
カスリーン台風(-たいふう、昭和22年台風第9号、国際名:カスリーン〔Kathleen〕)は1947年(昭和22年)9月に発生し、関東地方や東北地方に大きな災害をもたらした台風のこと。カスリン台風や、キャサリン台風などとも呼ばれる。台風本体の勢力の割には降水量が多い雨台風の典型例とされている。
当時、日本はアメリカ軍を主とする連合国軍の占領下にあり、台風の英名についても1947年(昭和22年)から1953年(昭和28年)5月までアメリカ合衆国と同様に、A、B、C順に女性の名前が付けられていた(日本ではこの他にキティ台風、ジェーン台風などが有名)。カスリーン台風の英名は「KATHLEEN」であるので、Aから数えると11番目となる。
なお、この11個の中には、アメリカ軍が英名を付けたにもかかわらず日本が台風と解析しなかった熱帯低気圧5個が含まれている。一方、カスリーン台風の前には、日本が台風と解析したにもかかわらずアメリカ軍が英名を付けなかった台風が3つ存在する。よって、カスリーン台風を日本の台風番号で表すと、11-5+3で9号となる。
---------------------------------------------------------------------------------------

そう、この当時はGHQ占領下で、台風はABCの順番にm名前がつけられていました。
ちなみにこの年の台風で米軍がネーミングした11この台風は、
1-Anna
2-Berrinda
3-Carol
4-Donna
5-Eileen
6-Faith
7-Gwen
8-Helena
9-Inez
10-Joyce
11-Kathleen
となります。

米軍式に言えば11号ですが、気象庁的には9号です。
49年後の今、10号台風接近の報を聞きながらこの記事を書くのも、興味深いですね…



000000819.gif
↑国土交通省関東整備局HPよりお借りしました。
2016年10号と違い、コース的にはとてもオーソドックスです☆
公式には房総半島の南端、千倉から御宿までの海岸線ギリギリに通過した事になっています。
上陸こそしなかったものの、典型的な雨台風で、広い範囲で豪雨となりました。

---------------------------------------------------------------------------------------
この台風による死者は1,077名、行方不明者は853名、負傷者は1,547名。その他、住家損壊9,298棟、浸水384,743棟、耕地流失埋没 12,927 ha など、罹災者は40万人を超え、戦後間もない関東地方を中心に甚大な被害をもたらした。
特に、群馬県の赤城山麓や栃木県の足利市などにおいては土石流や河川の氾濫が多発し、これらの被害者を中心に群馬県では592人、栃木県352人の死者を出している。また、利根川や荒川などの堤防が決壊したため、埼玉県東部から東京都23区東部にかけての広い地域で家屋の浸水が発生した。この地域で大規模の洪水が発生するのは1910年(明治43年)8月の大洪水(以下、「明治43年の大水害」と記す)以来であった。
なお、東北地方では北上川が氾濫。岩手県一関市などで被害が出ており、岩手県内では109人の死者を出している。
---------------------------------------------------------------------------------------
9月14日から15日にかけての主な降水量は、秩父 610 mm 、箱根 532 mm 、日光 467 mm 、前橋 391 mm 、熊谷 341 mm 、網代 329 mm 、尾鷲 256 mm 、宇都宮 217 mm 、仙台 186 mm となっている。
---------------------------------------------------------------------------------------

上記のとおり、群馬・栃木・岩手の三県での犠牲者が殆どで、
こちらの被害詳細の考察も失敗学的には非常に重要なのですが、
この記事では「埼玉県東部から東京都23区東部にかけての広い地域で家屋の浸水」を中心に、
お話ししてまいります☆

---------------------------------------------------------------------------------------
カスリーン台風による大洪水の発端となったのは、埼玉県北埼玉郡東村(現在の埼玉県加須市[大利根地域・北東部])での利根川堤防の破堤である。この場所は江戸時代に人工的に開削された新川通と呼ばれる直線河道であり、「明治43年の大水害」の時には破堤しなかったため、比較的楽観視されていた場所であった。
しかし実際には上流の遊水地帯が開発によって消滅しているなど、「明治43年の大洪水」当時とは状況が変化しており、利根川の水は全て新川通に集中することになった。それに加え、下流の栗橋付近には鉄橋があり、そこに漂流物が引っかかって流れを悪くしていたほか、渡良瀬川との合流点もあるため、増水時には水の流れが悪くなるという構造的な問題を抱えていた。
---------------------------------------------------------------------------------------

さて、この付近のもう少し詳しい地図を見てみましょう。

kathleen1.jpg

栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県…四つの県の境界線が交わる所であり、
関東地方を大きく南北に分ける、利根川が流れる場所であり、
その利根川と、渡良瀬川が合流する地点であり…と、ここはこの辺りの要衝の地なのです。
ピンが立ててある場所が、先ほどもご紹介した堤防決壊地点の埼玉県加須市新川通。
現在は堅牢な堤防が整備され、カスリーン公園として整備されています。


最近の台風・水災害を危惧してカスリーン公園を訪ねる
↑こちらのHPさまからお借りしています。

src_40644997.jpg
カスリーン大水害のモニュメントだそうです。

src_40645451.jpg
決壊口現場。ここから濁流が、遥か東京をめがけて下って行きました。

src_40645577.jpg
決壊口から上流方面を望む

長閑でいい所ですね。
とてもそんな大災害があった場所には見えませんが…
悲劇があった場所と言うのは、往々にして、そういうものかもしれません…☆


少しだけ遠くの風景 さま 「2つの大河と鉄道に囲われた緑の三角地」
↑こちらのHPさまよりお借りしています。

6050_view_01.jpg

決壊現場の1キロ下流にある、東武日光線利根川橋梁。
浅草発日光行きの、2ドアの快速電車が利根川を渡っていきます。
特別料金不要の為、車内は普通の4人掛けのボックス席ですが、
JRのボックス席より、ずっとゆったりしています。
そう、東京に住んでいた頃は、面倒でも一旦浅草へ出て、日光や鬼怒川へ行ったけ。
帰りは浅草で下車して、美味しい物を食べたりするのも、楽しみの一つでしたね…☆

…と、お話が横にそれてしまいました☆
上のお写真、もう一度見て下さい。
鉄橋のトラス(線路の上の覆いの様な部分)、真ん中部分と両端部分では形が違いますよね?
真ん中部は曲弦トラス、両端部分は平行弦ワーゲントラスという形です。
元々は真ん中の曲弦トラス部分だけが橋梁で、昭和4年(1929年)に出来たのですが、

両端の平行弦トラス部分は災害の7年後の昭和29年に、
カスリーン台風の水害を受けて河川改修(引き堤、嵩上げ)を行った際、
新たに付け足された部分です。
こんなところにも、当時の記憶が残っているのですね…☆


さて、この決壊部分、なぜ「新川通」という地名なのでしょう。
答えは簡単、文字通り、「新しく川を通した」場所だからです。
後から作った人工の川ですから、その想定された流量を上回った場合、
当時の様に水が溢れてしまい易い…いわばアキレス腱なのです。


お話は江戸時代にまで遡ります。

利根川東遷事業
---------------------------------------------------------------------------------------
利根川東遷事業(とねがわとうせんじぎょう)は、利根川の付け替えにかかわる一連の河川改修。
狭義には、文禄3年(1594年)に行われた会の川の締め切り工事から承応3年(1654年)の赤堀川通水までを指すが、広義には、足尾鉱毒事件後に行われた明治時代後期までの一連の工事を含む。
---------------------------------------------------------------------------------------
中世頃は、利根川と渡良瀬川とはほぼ平行して南流し東京湾(江戸の内海)へ注ぎ、河口も異なっていた。利根川は現在の古利根川・中川の流路に近かったが、上野国と武蔵国の両国の国境の南で乱流し、綾瀬川や荒川と合・分流していた。渡良瀬川の下流部は現在の江戸川の流路に近く、太日川(ふといがわ)と呼ばれていた。
徳川家康江戸入府後これらの河川の河道を付け替える工事が始まった。文禄3年(1594年)に会の川を締め切り、元和7年(1621年)には浅間川を締め切るとともに新川通を開削し、利根川の中流を栗橋付近で渡良瀬川に接続した。これにより、渡良瀬川は利根川の支流となり、太日川は利根川の下流の位置付けとなった。それまでの利根川の下流は、上流から切り離された形となり古利根川と呼ばれ、その河口は中川と呼ばれた。
さらに、承応3年(1654年)に分水嶺を開削する工事を行い香取海(銚子河口・太平洋)に通じる河道を開いた。このため、江戸時代から大正時代までは、利根川の下流は、権現堂川から江戸川を経て東京湾へ至る流路と、赤堀川から常陸川を経て太平洋へ至る流路が存在し、二つの流路は逆川を介して関宿でもつながっていた。そして次第に常陸川への流路の方に比重が移り、昭和3年(1928年)に権現堂川が廃され、赤堀川・常陸川の流路のみ残り、江戸川はその支流となった。

---------------------------------------------------------------------------------------

多くの地名が飛び交い、話が込み入って混乱しそうですが…☆
要するに、元々江戸湾(今の東京湾)に注いでいた利根川・渡良瀬川を、
新しい川を通して、常陸川(今の利根川の関宿より下流の部分)にも水が流れるようにしたという事。
はしょりすぎてクレームも来そうですが、ここは土木のHPではないから、これでいいの!…☆

分かりやすくするため、天体・天文・暦・地図・気象さまのHPから、地図をお借りしてきました。


keiido_tonegawa011i.jpg

ただ、流路は水害などの度に度々変わったので、一概には言えないそうなのですが…

利根川-浅間川or会の川-古利根川-太日川-江戸湾
↓(分流)            ↑(合流)
渡良瀬川-庄内古川----- -↑  
  ↑思川(合流)

と言う感じでしょうか…これも一時的なルートでしょうけれどね。
ともかくも、利根川・渡良瀬川・思川といった大河川は、いずれも江戸湾に注いでいたのです。

ところが、江戸に幕府が開かれそこに町が出来ると、その治水対策に頭を悩まされる訳です。
京都の白河法皇が自分の思い通りにならない事を3つあげて、
「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」
と嘆いたという逸話がある様に、治水は昔から為政者の悩みの種なのです。
そこで、徳川家康はその打開策として、上記三川の流れを太平洋に注がせようとします。

これも、うーんとはしょってまとめると、
①まず新川通を作って、利根川を渡良瀬川につなげちゃう
②赤堀川を作って、①を常陸川につなげて、銚子方向へ水を流しちゃう
③名前は全部利根川にしちゃう
④江戸川も掘って江戸湾にも行けるようにし、水運に使っちゃう

更にはその下流部分で、
⑤鬼怒川と小貝川の合流を廃して、別々に利根川へ合流させちゃう
⑥その他モロモロ(面倒臭くなってきたので省略☆)

とまあ、これで江戸湾に流れ込む水量は大幅に少なくなった訳です。
江戸は100万を超える人口を擁し、徒歩型都市として世界史上最大級となった訳です。

し・か・し…

時代は明治に入り、江戸は東京市と名を変え、更に発展を続けましたが…

明治43年(1910年)9月。
その東京市を含めた関東広域が、大洪水に見舞われたのです…





(長くなったので、ここで一旦切ります☆)

台風に便乗した事故や災害など、人為的破壊工作にもご注意を…☆

2016–08–28 (Sun) 00:34
今日も台風10号のお話から。
「今度は北関東から東北へ上陸するであろう…我を崇めよ…!!!」
と、「スーパーコンピューター」サマがのたまっているようです…☆
それにしても、露骨な悪意がミエミエな予想です。
そう、関東南海上をうろついていたときから、
わたしはこのライオンロックに、とても嫌な「気」を感じていたのですよ…


まずは気象庁予想。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1610l.html

1610-00.png

なるほどね。
昨日の九十九里・東京直撃コースから、
大きく東に回りこんでから、小名浜へ上陸する進路に変更。
そう、どうもあの、福島第一原発がターゲットの様ですよ。
もう少し拡大してみましょう。

1610-00-1.png

小名浜-不忘山(蔵王)-鳥海山-仁賀保というコースですね。
このコースでは、福島第一原発は中心のすぐ右側、非常に強い雨風が予想されます。
そして、東京大空襲の日、B29が3機墜落した、「忘れずの山」へ…
この事件に関しては2015年5月25日の記事、

不忘山(わすれずのやま)・蔵王 B29墜落ミステリー…☆
をご覧ください。

この元ネタは、気象庁GSMモデルの様です。
こちらは30日午後1時の予想図です。
http://atmos-nwp.com/gsm_sfc/gsm_sfc_wind.html

wind76-1.png

もろに小名浜あたりですね。
破壊工作担当チームが、何か企んでいなければいいですが…
台風だけでなく、台風にかこつけて破壊工作を行う連中にも、
警戒が必要かと思います。



一方のJTWCはと言うと、これもまた嫌な「気」を感じさせる予想です。
https://metoc.ndbc.noaa.gov/ProductFeeds-portlet/img/jtwc/products/wp1216.gif

wp1216-20160827.gif

これも少し拡大してみます。
「ああ、ここか!」という場所の近くを通ります。

wp1216-11up-1.jpg

この×印、皆さま憶えていらっしゃるでしょう?
そう、あの311のセントロイド(震央)ですよ。
震央と金華山の間を抜け、気仙沼-和賀岳-八郎潟コースですか。
いい度胸していますね、スーパーコンピューターさん…☆

自転運動に逆らって、史上初の北緯30度以上での南西進を達成した後は、
風もないのに一番水温が高い海域に行き、エネルギーを十二分に補給。
V字ターンをした後は、寒冷渦とやらを理由に大きく弧を描き、
ついには史上初の北関東or東北地方に上陸する台風となり、
311に痛めつけられた土地を蹂躙。

「そんな都合がいい台風、ある訳ないだろう!」…でやがるです☆

少なくともスーパーコンピューターには、明らかに悪意が住み着いているのでしょう。
勿論、そうさせているのは、生身の生き物なのでしょうが…☆
そしてこの通りのコースで進む事があれば、
明らかにコントロールされた台風ですね…

環境改変兵器禁止条約

1977年5月18日に締結された「気象兵器を制限する環境改変兵器禁止条約」。
これに明確な違反する行為を行ってきた者たちがいるのでしょう。
それからもう、40年近く経っているのですから、
「SFマニアか中二病」と笑ってすまされない所まで、
事態は進んでしまったのかもしれないですね。

一方、こちらはNOAAの予想図。
http://www.prh.noaa.gov/guam/image/frTrack4.jpg

frTrack4-1.jpg

最初は別々の進路を予想していたJTWCとNOAAですが、
昨日今日と、同じルートを予想しています。
我らが気象庁も、最初はECMWFに近い予想を出しておいて、
最終的にはJTWCに合わせるパターンが多いですからね…☆



と思ったら、ECMWFもほぼ同じルートに変更してきました。
http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/medium/mean-sea-level-pressure-wind-speed-850-hpa-and-geopotential-500-hpa?time=2016082700,0,2016082700¶meter=Wind 850 and mslp&area=Europe

ps2png-atls18-95e2cf679cd58ee9b4db4dd119a05a8d-HfCDUz.png

「なんだ、コイツラ…グルでやがるです、わふー☆」



但し、このルートでは、海水温の低い地域を通ります。
スピードは決して速くは無く、ある程度の時間低水温地域を通りますので、
上陸する頃には大幅に減衰している筈です。
…堅気のまともな台風ならばね…☆


台風を完全にコントロールなど出来ない…と言う方も多いでしょう。
しかし、もしまったくの自然作用で、台風がこの進路上できた場合でも、
台風の災害にかこつけて、原発事故や大停電や堤防破壊などの、
破壊工作が行われる事は、十分に考えられます。


そうした破壊工作を防ぐ最も効果的で、且つ安上がりな方法は、
「またやるんじゃないの、あいつら」と、ネットでじゃんじゃん騒ぎ立てる事です。
そうすれば悪事は働けなくなりますし、やったとしても、すぐにバレます…☆

幸い日本には独立党さまをはじめ、こうした戦法に長けた方々が沢山いらっしゃいますし、
海外にも、今回の日本の台風が怪しい…と監視している方々も沢山いらっしゃいます。
「ショックドクトリン」の封じ込めには、これが一番だと思います。


そうしたら、また進路予想を変えてきたりして…☆




二転三転する予想 今度は九十九里浜にターゲット、ロックオン?…☆

2016–08–26 (Fri) 23:13
当直の為、昨日更新お休みしました。
本分優先ですので、ご了承くださいませ…☆

台風10号…こちらは「イルミナティマーク」でお馴染みの、米国JTWC予想。
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp1216.gif

wp1216-20160826.gif

見れば見るほど、怪しいヤツ…☆
こういう経路を取る台風は、これまで見た事も聞いた事も無いのですが、
これからはこういうタイプが当たり前になるのかもしれませんね。

おや? 一時はもっと大回りしてから東北上陸を予想していましたが、
ターンを小さめにして、九十九里浜にターゲットを変えて来ましたね。

そして、NOAA(米国海洋大気庁)も、昨日までの本州遥か南海上を東進の予想を変え、
90度ターンして、九十九里への上陸を予想しています。
但しスピードは遅く、更に1日遅い、31の上陸です。
http://www.prh.noaa.gov/guam/image/frTrack4.jpg

frTrack4.jpg

注目すべきは、台風の勢力。
どちらも90度ターン時に大幅に勢力が減衰する事を予想しています。
29日以降、海水温が比較的低い海域を通過する為かもしれません。

台風について(その1)

台風のエネルギー源は、暖かい海面から供給された水蒸気が凝結して雲粒になるときに放出される熱であり、台風が発達するためには高温な海水温が必要です。その限界は約26℃で、強い台風に発達するには発達期に水温が約28℃以上の海域を通過することが必要とされています。  しかし、移動する際に海面や地上との摩擦により絶えずエネルギーを失っており、仮にエネルギーの供給がなくなれば2~3日で消滅してしまいます。


つまり、発達には28度以上、維持には26度以上あれあば良い訳です。
こちらは気象庁HPの、日別海面温度、8月25日分。
sstD_HQ20160825.png

これから予想モデルで台風が通る海域は、それでも水面温度が27度以上あります。
一気に減衰するかは、正直微妙です…
それに、れよりも低い水温で、膨大な被害をもたらした台風は、いくつもあります。
例えば、昭和34年9月26日に上陸した…

伊勢湾台風

伊勢湾台風(いせわんたいふう、昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ〔Vera〕)は、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれることとなった。


この伊勢湾台風襲来時の、海水温データが残っています。

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1959--isewanTYPHOON/pdf/07_chap3-1.pdf

isewan temp

28度水域から本土までの距離が近かったという見方もありますが、
少なくとも水温だけが台風の勢力を決めるとは限らないと言えます。
(例:洞爺丸台風の津軽海峡西方付近での急速発達など)
ですから、この時点ではまだ油断しない方が良いかと思います。



それにしてもなぜ、90度ターンなどするのでしょうか?
これについては、今日もkasayanさまのブログから拝借させて頂きます。

台風10号の動向と週末、来週の空模様(160826)

台風が本州に引き寄せられるようにコースを変えるのは、朝鮮半島付近に寒冷渦(寒気を運ぶ偏西風が大きく蛇行し、ついには流れから切り離された寒気の渦)が南下してくるため、台風が寒冷渦の渦巻く風に引き寄せられるから。

63e1dbc9.gif

気象学的には、とても理にかなった解釈だと思います。
けれど…それだけの力が、この寒冷渦にあるのか、個人的には疑問が残ります…



(この記事、あとでもう少し書き足すかもしれません…☆)

これまでに無かった様な戦慄の大型台風が、日本を窺っています…☆

2016–08–24 (Wed) 23:58
多忙の為、本日は記事のみの更新です。
お世話になっている方々のブログめぐりは、あす以降のお楽しみ…☆


さて、そんな忙しい時でもお伝えしたい記事とは…
来週早々、凶悪な台風がやってくる可能性が出てきました。
こちらのkasayanさまのブログの記事をご覧ください。

日にも台風12号発生?台風10号の動向は??(160824)

気象庁GMSモデル
5371e721.gif


ECMWF(欧州中期予報センター)モデル
b6e13456.gif

米国NOAA・GFSモデル
6f6da400.gif

いずれも来週月曜日午後から夜、台風10号が日本を直撃する予想です。
上陸地点には若干の違いがあり、
気象庁=関東
ECMWF=近畿
NOAA=東海
いずれにせよ、日本の中心部を、中心気圧950hPaを大きく下回る勢力でやって来ます。
上陸時にも、950hPaを下回っている可能性も高く、最大限の注意が必要です。


そもそもこの台風、正直非常に怪しい。
wp1216.gif

JWTCよりの引用ですが、この10号台風の、これまでの異常な経路を再度ご確認ください。
八丈島の南を西に向かったあと南西へ向かうという経路は、
地球の自転の法則も完全無視という、長い近代気象観測の歴史上初めて見られるものです。
もともと北海道へ上陸した11号、千葉に上陸した9号と、三姉妹だった台風です。
台風の渦巻きを数字の6に見立てて、「666(魔数)」みたいだね…という方もいらっしゃいました。
その三姉妹で最後まで生き残った真ん中の娘が、大東島の南付近で一転して、
再び本土へやって来ます。

その予想進路を、日米欧3つのスーパーコンピューターが別々にはじき出した結果が、
上記の3つの画像の通り、ひきつった笑いが出てしまうほど、似ていますね…☆
自然の法則からかけ離れた台風。
気圧配置や風を理由に、なんとか説明をつけられない訳ではなく、
事実、正統派(?)の気象学者さんはそうやって説明してくれるのですが、
少なくともこの程度の風では自転の法則に負けて北に向かうはずのものが、
なぜこうして西から南西へと向かうのか、納得のいく説明ではありません。

どうしてそうなるのでしょう…?
①これまでの自然科学の法則が実は間違っていたから
②気象兵器として開発されたので、「自然の法則関係ネーだから」
実は気象学者にとっては、②のほうがまだ救われるのかもねえ…
だって、①だとしたら、今日この時点でこれまで築いてきたアカデミー崩壊だから…☆


そしてこの台風10号、わたしが危惧している点がもう一つ。
通常、台風は日本本土に近付くに従って、海水温の常用と共に勢力が落ちます。
南の海上では930hPa位まで下がっても、本土接近時には960-70位まで最低気圧は上がります。
ところが、上記3つのモデルを見ればわかるようにこの台風はそうではなく、
本土に近づけば近づくほど、その勢力を増大させてくるのです。

gms0829.jpg

気象庁GMSモデル、8月29日21時(「12時」はグリニッジ標準時での表示)。
中心が伊豆大島付近ですが、その最低気圧は950hPaを下回っています。
そんな強力な台風が、首都圏を直撃するのは極めて稀です。
これが近畿コースを辿っても、東海コースを辿っても、精力的にはこれと大差ないでしょう。

この台風、私にはとても嫌な「気」を感じます。
まるでスーパーコンピューターから生まれ、
スーパーコンピューターの通りに動く、
フランケンシュタインやゴーレムの様な、不気味さを感じますね。
そうそう、こちらをご覧ください。

GSM日本域地上予報モデル

20160824.jpg
(↑この画像ではく、リンク債の再生ボタンをクリックしてね☆)

リンク先で「海面気圧&1時間降雨量」をクリックし、再生ボタンを押してください。
南海上にある台風10号の渦が、まるで鼓動の様に、大きくなったり小さくなったりします。
そう、怪物の様な鼓動を繰り返しながら、強くなっていくのです…
そして90時間を過ぎたころから、猛然と「獲物」に襲いかかります。
スーパーコンピューターが、台風の予測をしているのではなく、
スーパーコンピューターが、台風にそう手ほどきをし、
命令を出しているかのように感じてしまいますね…☆


それはともかく…☆
3つのスーパーコンピューターがはじき出した予想は、かなり危険です。
勿論、3つの予想とも外れる可能性もあるのですが…
最悪の場合も念頭に置いて、早めに準備をされる事をお薦め致します…☆
あと、kasayanさまも仰っている、ヘンな台風12号の動きも注意ですね☆

勿論、そんな時でもこのブログは、淡々と更新してまいります。
ときどきサボりますけれどね…☆



様々な物の相関関係も、崩れる時が来る?…☆

2016–08–23 (Tue) 22:54
平日名物の簡易更新でございます。
台風9号も無事やり過ごしましたが、
本当の台風シーズンって、実はこれからなのですよね。
お腹いっぱい、もう食べられませ~ん、っていう感じ…☆


What's Wrong With This Picture? (Again)

ははは…☆
相関関係と言えば…ドル円レートと日経平均もその好例だったのですが、
今や為替介入を封じられ、日本株の独歩高状態。
1ドル100円の為替を考えれば、日経平均は高くともせいぜい11,000円が精一杯。
それでも株価だけが頼りの安倍政権は無理やり買い上げて、
1ドル80円でも株価16,000円をキープしたいのではないですか?

そこまで行っても、どこまで行っても、
いずれは相場崩壊して、オシマイですが…☆
で…株価が崩壊したら、債権は上がり金利は下がる…とは決まっていません。
なにしろ国債の値段があるうちに売り飛ばして、資金繰りをつけたい人たちが、
これから大量に出てくるでしょうし。

そもそも国債を乱発し過ぎて、国債も紙くずになる時代です。
安全な資産など、ないです。
強いて言えば金現物ですが、
こちらも売って資金繰りをつけに来る人も多いので、暴落の可能性もあります。

ただ、暴落を含む乱高下ののち、最終的には上昇するでしょうから、
未来の為にお金を取っておきたい人は、やはり金現物でしょうね。

但し…
不思議なお話ですが、金はちゃんと、持ち主を選びます。
心根の卑しいひとからは、金は逃げてしまう物なのです。
さあ、ロスチャイルド卿は、金の番人の役をこのまま続けられるでしょうか。
それとも?…☆




米国陸軍&国防総省、6兆5千億ドルの巨額ネコババが発覚?…☆

2016–08–21 (Sun) 17:16
ゼロヘッジから、こんな記事。
あまりにスケールが大きすぎて、目を疑うような話題です。

government-report-finds-65-trillion-taxpayer-funds-unaccounted

0hedge 20160821


Shocking Goverment Report Finds$6.5Trillion In Taxpayer Funds "Unaccounted For"
「衝撃の政府報告書 6.5兆ドルの税金が使途不明」


上から順に、訳文をつけていきます。
----------------------------------------------------------------------------------
先週、我々が第一報を流したとある先進国の話は、ライアン・ロクテがリオで起こしたものよりも、
遥かに巨大スキャンダルになりそうだ。
すなわち、政府の汚職であり、虚偽であり、潜在的詐欺行為であり、横領である。

本日のロイターが発表した追及記事によると、陸軍の財政が支離滅裂状態になっており、
数兆ドル単位の不正な修正会計処理を行い、見せかけ上の貸借を合わせているだけなのだ。
国防総省の主席査察官は6月の報告書で、「陸軍は2015年の1四半期だけで2.8兆ドル、
年間では6.5兆ドルの不正修正処理を行った」と述べている。

結果として陸軍の2015年の財務報告書は著しく改竄されていると結論を出している。
強制的な修正は国防総省と陸軍の首脳部が意思決定をする際の資料として、
信頼する事が出来ないものとなっている。

--------------------------------------------------------------------------------
訳文ここまで


金融関係や安全保障関係の人たちの間では、前から知る人ぞ知る案件だったのですが、
ここに来てついに表沙汰になりましたか…
6.5兆円は1ドル100円として、なんと650兆円!…☆
「使途不明金」「会計書類改竄」
要するに横領…ネコババではないですか?…☆
恩師が言う所の「一発でハコテン…どころじゃ済まないぞ」という感じでしょうか☆
そりゃあ、ロクテの話など、軽くふっ飛びますって…☆

もう少し、記事を読み進めていきましょうか…


ここから訳文
---------------------------------------------------------------------------------
国防総省が会計上の不正をやったのは、今回が初めてではない。
陸軍の数字のインチキは、この数十年国防総省が行ってきた深刻な会計操作の、
最新の一例に過ぎないのだ。
リポートは2013年にロイターがシリーズでこの件について暴いた時と同様に、
国防総省が如何にして大規模な書類変造を行い、帳簿を改竄したかを証言している。
結果、国防総省が如何にして、アメリカ連邦議会の予算よりはるかに多い金額の公金を、
何にどう使ったのかを知る術は無いのである。
陸軍は要求されたデータを失くしたり、保存していなかったりで、保存している物も大方は、
不正確なものである…と主席査察官は述べている。

----------------------------------------------------------------------------
訳文ここまで
(ご要望があれば、これ以下の部分も和訳致します☆)


今、米国が抱えている問題は色々ありますが、
この事件だけで、政府も軍も、否、そんな程度では済まされず、
経済も社会も人々の心も、崩壊する可能性があります。

いよいよ、この時が来ましたか…
ですから申し上げてまいりましたでしょう。
この秋、とんでもない事が起きますと。

いやあ…私はよく知りませんけれど☆
そう言ってきたのは、ただの勘ですよ、ただの勘…☆



一方の金融戦争屋は、崩壊どころか消滅の危機ですよね、これ。
この状況から逃れる手段はただ一つ。
再び911の様なインチキテロを引き起こて、人々の思考をリセットさせて有耶無耶にし、
世界大戦でも引き起こすか、政界中の相場を大暴落させるか、
若しくはその両方を同時にやる事位しか、逃れる方法がありません。
昨日の記事でも書きました、アジアでのこの所のきな臭いニュースは、
その準備段階の可能性もありますので、要監視です。

更には311時の福島原発の様な、あからさまなサボタージュ(破壊工作)も考えられます。
この点についても、十二分に警戒して頂きたく思います。


ロイターも動き、ゼロヘッジも動いています。
要するに、支配層・権力者たちは完全に仲間割れしている状況ですし、
インディペンデントのライターの動きも、もう止められません。
この件についてはいずれ、更に驚愕の大きなニュースが届く事でしょう。

我々は大嵐に備えて、
打てるだけの手を、全て打っておきましょう…☆

おっと、日本の場合、リアルの台風も3つ来ています。
そちらの方への警戒&対処も、お忘れなく…☆


海底4000mの海域の水深100m地点で地震発生ですか…☆

2016–08–20 (Sat) 23:45
本日2本目の記事は、この話題。

20160820-4.jpg

本日1801時に起きた三陸沖での地震。
丁度パソコンに向かっていた時で、画面に緊急地震警報が立ち上がったため、
早速Hi-netのAQUA震源速報を見てみました。

20160820.jpg

20160820-1.jpg


何ですか?、震源の深さ0.1kmって…☆
しかもこのあたりの海は、すごく深くなっているのです。
AQUA速報の北緯40.3、東経144.0付近をグーグルアースで調べると…

20160820-2.jpg

海底は海抜-4236m。
震源が水深100mでは、海水部分で地震が起きた事になりますね?
どういう地震なのかと?…☆


もちろん気象庁版では修正され、
北緯40.3、東経143.9、深さ10kmと発表されていますが…
ちょっと違いすぎませんか?

Hi-netのAQUA速報は、かなり「本当の地震情報」、
つまり、気象庁が弄くるより前の情報を、教えてくれる事もあります。
あの311の日も、わたしはたまたまPCの画面を開いていて、緊急地震速報が出て、
速攻でHi-netページを見て、牡鹿半島沖につけられた「X」印(震源)と、
M=8.4という数字を見た瞬間、冷たい物が背筋を走ったのを憶えています。
それは気象庁発表のM7.9よりずっと正確に、発生した地震の巨大さを教えてくました。
その事と、実際の揺れのひどさから、気象庁の警報より高い津波が来るかもしれないと思い、
急いで内陸の標高の高い方向へと逃げたのです。
気象庁の言う事を信じていると、命がいくつあっても足りないゾとは、友人の言葉です☆


話が横にそれましたが、
今回の地震、またしても怪しい揺れを、Hi-netが拾ってくれたのは事実です。
所謂自然地震のアルゴリズムに基づく計算では、そのように産出されてしまう、
そういう揺れがあったという事は、覚えておいた方が良いでしょう。

台風の抜けた後、(丁度中越沖地震の様に)怪しい地震にも警戒が必要です。
そう、怪しい地震。
人工兵器による攻撃の可能性も含めてね…☆
なにしろ「プロジェクト・シール」以来、70年以上の歴史を持っていますからね…☆


実はマボロシの高性能機と、これまたマボロシの「核の傘」…☆

2016–08–20 (Sat) 21:28
戦争屋のポチマスミディアが、色々騒いでいるようです。
ヤフーニュースには、そういう「大衆に見せたいニュース」が山盛りです…☆

最新鋭ステルス機F35、米軍岩国基地に16機

F35が本当にいい戦闘機ならば、今頃世界中こぞって買い求めている筈。
でも、実際にはそうではありません。
1年以上前、2015年7月のAFPの記事ですが…

米空軍パイロット、機動性が悪いとF35を酷評 空軍が反論

これまでの例から見て、こういう開発が遅れてあちこち弄られたタイプはたいてい失敗作。
それも、並みの遅れではないですからね…
天下の米軍が、パイロットにムキになって反論するのも憐れ。
本当に痛い所を突かれたという証拠です…☆



B52、B1、B2…米爆撃機3機種を同時展開、アジア太平洋で初

ガラクタを寄せ集めて、尖閣で戦争でもするつもりですかね…
わたしには、米中が戦争するなどとても考えられません。
と言うより、裏で手をしっかり握っているからこそ、アップルは中国で生産しているし、
米国本土の公共事業に、中国企業がこぞって参加しているのですから…☆
戦争屋さんは、どう考えているか知りませんが☆

ただ、本当に戦闘行為を行うののであれば、
尖閣ではなく、朝鮮半島有事かもしれませんね。
もともと盤石ではない北朝鮮の内部が、どうも怪しそうですし…
その場合、一番使えるのはB1でもB2でもなく、使い勝手の良いB52でしょう。
米国の軍需産業は「儲かる兵器」ばかり作っていて、大幅に技術力が低下しています。
米国版公共事業と言える産業なのですが、どこかのお国のテレビ番組の様に中抜きが酷く、
現場に降りる予算は元の何分の一かで十分な予算が無いのです。
これでは良い物も作れず、優秀な人たちは他の産業へ転出してしまいます…



核廃絶、思惑のずれ鮮明に=「橋渡し役」日本に課題―国連総会で議論へ

 だが、部会では全会一致が崩れ、条約推進派と「核の傘」の下にある国々の間の思惑のずれが鮮明になった。唯一の被爆国として核兵器保有国と非保有国の橋渡し役を自認する日本は、難しい調整を迫られる。

これも、いまさら何を仰っているのでしょう?
「核の傘など無い」という事は、10年近く前に明らかになった事です☆

有事「核の傘」どう機能、防衛省が米に概要提示要請へ

有事「核の傘」どう機能、防衛省が米に概要提示要請へ
(2007年)3月20日14時38分配信 読売新聞

 防衛省は、北朝鮮などの核の脅威に備えるため、日本が核攻撃を受けたり、核攻撃の脅威にさらされたりした場合、米軍がどのような場面で核兵器使用を判断し、日本側にどう伝達するのか、具体的な概要を示すよう米政府に求める方針を固めた。
 複数の防衛省幹部が明らかにした。米国のいわゆる「核の傘」の信頼性を確保するのが目的だ。防衛省は将来、米国の核兵器部隊の運用についても、日本有事における自衛隊と米軍の共同作戦計画に反映させたい意向だ。
 防衛省・自衛隊と米軍は現在、日米共同作戦計画の策定を進めており、防衛省はこの作業の中などで、米側が「核の傘」をどう機能させるのか、具体的な説明を求める考えだ

…結局、「核の傘って本当にあるのですか」と、米軍に今度聞いてみます…と言う事☆

「核の傘」はない・キッシンジャーも元CIA長官ターナーも言明

日本は自己の防衛で、米国の「核の傘」があるという幻影に取りつかれている。
そんなものはない。
アメリカが日本にどういっているかの問題ではない。
米国の戦略家が米国国内で如何なる発言をしているか、そもそも現代の核戦略がどうなっているかを学べば米国が日本に与えているという「核の傘」はない。

キッシンジャーは、代表的著書『核兵器と外交政策』の中で、核の傘はないと主張した。
 ・ 全面戦争という破局に直面したとき、ヨーロッパといえども、全面戦争に値すると(米国の中で)誰が確信しうるか、米国大統領は西ヨーロッパと米国の都市五〇と引き替えにするだろうか
 ・ 西半球以外の地域は争う価値がないように見えてくる危険がある
キッシンジャーは日本に対する「核の傘」はあり得ないと指摘している。筆者がキッシンジャーを好きだから引用したでない。核戦略の分野で『核兵器と外交政策』は最も権威のある本である



そうしたらね、キッシンジャーもターナー元CIA長官も、
「核の傘なんて無いさ。それはマボロシだよ、キミ」ですって…☆

本当に、何をやっているのでしょうかね、日本のエリートって…☆

そろそろ選手交代。
もう少しまともな人たちは、どこかにちゃんと、居る筈です…☆



22:40追記

310261-WID.jpg

進路図がごちゃごちゃしていて、なんだかよくわかりませんね…☆
ただ今日本近海に、3つの台風がひしめいています。
日本の南海上は非常部水温が高くなっていますので、
下手をすればあと1つ2つ発生しかねません。
色々な意味で「怪しい」状況です。

まずは雨風、特に大雨への備えを十分にお願いします。
今回の場合は小さな台風ですが、風はそれほどでもない場合でも、
台風の足はそれほど速くありませんので長時間降り続き、
とんでもない大雨が降る恐れは高いのです。
用心の上に、用心を重ねましょう…☆


八方ふさがりで崩壊の予兆と、その次の標的と…☆

2016–08–18 (Thu) 23:16
99円台への円高加速で政府・日銀が幹部会合「投機的な動きには必要な対応打つ」

為替介入は厳禁だって、世界中から言われているのに…☆
安倍政権の経済政策は全部破綻。
経済・外交…何もかもうまくいかなくなってきていますね。
さあ、いよいよ追い詰められました…☆


午後の株安招いた「法則」の崩壊

同時に、黒田日銀も崩壊間近。
今月に入ってから、金利が不気味な動きをしています。
鎮圧に失敗すれば一気に国債金利は暴騰し、
日銀が債務超過に陥る懸念すらありますね。
勿論、借金のある会社は大変な事になりますから、
戻せるものは一旦現金に戻し、返済してしまうのも戦略的撤退です。



五輪旗「しっかり受け継ぐ」=リオ閉会式へ出発―小池都知事

この方も、今はいいけれど、爆弾はたくさん抱えておられますね。
案外、賞味期限は短いかもしれませんね…
そうなると、またしても都知事選。
次回はさすがに無理が出て、インチキが大バレしますよ…☆








見せたい記事のネタが尽きてきました…☆

2016–08–17 (Wed) 23:08
今日もこんな時間になってしまいました。
と言う事で、本日も簡易更新…☆


<マイナス金利半年>消費底上げ限定的…目立つ副作用

<税制改正>ビール税一本化、本格議論…政府・与党

エリートが一般大衆に読ませたい記事を羅列するのが、
このヤフーのニュースヘッドラインです。
そこへヤフコメに工作員がネトウヨ文章を書いて、煽る…というのが定番です。
ここをちゃんと考察すれば、本来韓国系の孫正義という男の正体が見えてきますが、
まあ、それは各自で考えて下さいませ…☆


で、その「見せたい記事」が、「余り見せたく無い記事」も含む様になってきました。
いい加減に良い記事が見当たらないのも一つの理由ですし、
内部での反乱がおきているのも、一つの理由でしょう。
でも最大の理由が、民衆がどんどん学んで賢くなってきているので、
「嘘も休み休みに書け」と、冷たい視線を投げかけているからだと思いますよ。


それにしましても、良いお話が無いですねえ…
お盆休みも終わり、そろそろ次の動きがあると思います。
情報収集はお忘れなくです…☆



円高なのに、政府買い支えで下がらない株価…☆

2016–08–16 (Tue) 23:29
平日名物、簡易更新…☆


円高、一時99円台…英のEU離脱決定以来

そこで、目立たぬように、市場介入。
まあ、勝手におやり。
そのうち、ますます深みにはまりますから…☆

それより、99円台というのに、株価は16,000円台☆
為替介入は禁じられても、株の買い支えは継続中。
そこで、あるべき相場より5,000円以上高い日経平均が登場する訳です。

逆にいえば、いつ3日で3,000円以上暴落しても、おかしくない状況です。
人を出し抜いて自分だけ儲けようというような人間が、
ここで大損を被るのは正直勝手なのですが…

会社の仕事で運用などやっていらっしゃる方は、そうも言っていられません。
特に秋は、相場が相当に荒れることが予想されます。
用心の上に用心を…
リスクにはしっかりヘッジを掛けておく事を…
忘れないようにして下さいませ…☆





天を仰いだ人々の上に、復興への長い道を見守る夏の青空があった…☆

2016–08–15 (Mon) 22:20
お盆休みもそろそろ終わりですね。
…わたしは全部「出」だったので、そんな気分では毛頭ありませんが…☆
仕方無いです、まだ研修中の身ですし、
ご家族のある方は、この時期にお休みしたい方もいらっしゃいますのでね。

その代わり…しっかり代休は取らせていただきます…☆


“最高のシンクタンク”満鉄調査部の系譜が九州に

よくもまあこんな日に、こういう記事を載せたものです。
こういう感覚、よくわかりませんね。
満州ではアヘンを売り歩いて軍資金を得ていたのですが、
そのおかげで、どれほど多くの人々が犠牲になった事か…

満州の怨念は未だ、生き残っています。
なにしろその満州のニキサンスケのうちの一人の孫が、
今は首相となって、「良かった昔」を再現しようと頑張っていますし。
けれどそれも、極右の崩壊とともに、この世を去っていくでしょう…☆


こんな日とは、今日8月15日の終戦の日ですが…
本当は戦争が終わったのは、9月2日なのです。
ミズーリ号艦上で降伏文書に調印し、初めて第二次大戦は終わったのです。
事実、この間にも散発的に戦闘があり、そこで無くなった方もいらっしゃいます…


終戦勅語が放送された8月15日に行う政府のセレモニーで追悼されるのは侵略の手先になった人びと

 戦後、このビッテルは為替に絡む犯罪で逮捕されたことがある。今と違って国外へ自由に出られない時代、日本人エリートは海外旅行する際、日本カトリック教団本部四谷教会のビッテルを介して「闇ドル」を入手していた。霊友会の小谷喜美会長もビッテルからドルを手に入れたのだが、これは法律に違反した行為であり、事件になったのだ。

 ところが、警視庁が押収した書類は「ふたりのアメリカ人」が持ち去り、捜査は打ち切りになった。秘密裏に犬養健法相が指揮権を発動したと言われている。ビッテルは日米をつなぐ闇資金に深く関係していたと見られている。


これについては説明するとお話が長くなるので今日はやめておきますが、
まあ、そういう事なのです。
日本も勿論反省をしなければなりませんが、
本当に悪いのは、裏でこの戦争を計画、実行し、
巨万の富と権力を手中にした人たちなのですよ。

そんな人々も、次の嵐で支配体制は崩壊しますから、
お詫びはきちんとして、その後に、
実はこういう経緯で…と、相手にも分かってもらうようにお話をし、
それではこれから、どうやって一緒に未来を創りましょうか…
というお話をするのが良いと思います。

それにはどの国も、「分断して統治する」白人エリートたちと、
その手下の同国人たちを追放しなければなりません、
彼らは同じ白人ですら、「自分たちより劣等」と差別している位ですからね…
その割に、やっている事は本当にケチくさいですけれど☆


それでもわたし個人的には、8月15日に戦争の事を想うを、
否定はしませんし、出来ません。
8月15日は、やはり特別な日です。

玉音放送の後、何もかも失った想いで、皇居前広場に集まり、天を仰いだ人々。
でもその頭上には、抜けるような夏の青空が広がっていたのです。
平和国家としての再出発と、一面の焼け野原からの、
復興への長い道を見守るかのように…

それが、昭和20年8月15日なのですから…☆


「戦争に負けた。 でも、自由だ…☆」

そう、平和と自由を、守ろう…☆




お盆はみんなで一杯やりながら、世界情勢のお勉強?…☆

2016–08–12 (Fri) 22:02
全国的に、お盆休み真っ最中☆
見たまえ、諸君。
スーパーのチラシも、「お盆はみんなで楽しもう」と言っているです!…☆

obon.jpg

…お帰りの乾杯に、いきなり日本酒ですか?
いやあ、これはききそうですね…☆
「お盆を楽しむ」…帰って来たご先祖様たちも一緒になって、
楽しく一杯やるのもご供養なのですね(本当かよ?です)…☆


実はわたし、明日も明後日も出なのですが…
当番制ですからね、ちゃんと後で休みをもらいますので、ご安心を☆
せっかくの夏休みですから、まずは皆さんで笑って頂きましょう。
こちらの動画をどうぞ☆
「総統閣下は天皇陛下が生前退位の意向を示した事にお怒りのようです」



総統閣下、全部当てが外れてしまったようですね…☆
天皇陛下は、戦争大好き連中のつまらない野望など、お見通しです☆

でも、こんなものでは済まされませんよ。
極右連中には秋から色々、大変な事が襲いかかって来ますよ…☆



トランプ氏「オバマ・クリントン両氏はISの共同創設者」と発言

11日朝に行ったCNBCとのインタビューでは「そう言って何が悪いんだ」とし、「私は事実を言っているだけだ」と語った。

誠にもって、仰る通りなのですがねえ…☆
そのクリントン、またも疑惑が浮上。

クリントン氏に新たな疑惑 直系団体が国務省に口利き

kahoku20160812.jpg

仙台西部の明日朝の最低気温は15度か…ちゃんとお布団を掛けて寝ようっと☆
あ、そっちを見てしまった…

記事の内容は…

疑惑は、クリントン氏が国務長官に在任していた当時、財団側が大口献金者の利益のために、クリントン氏側近や国務省に同省幹部との面会や職の世話を働き掛けていたというもの。
メールを入手した市民団体は、クリントン氏が長官在任中は財団の業務に関与しないとした誓約に反し「不適切だ」としている。

カネと権力の為なら何でもしちゃうのが、クリントン一族の掟☆
これまで大手ミディアを使って、トランプのネガティブキャンペーンを強力に進めてきましたが、
今や体調も極めて悪く、これからはむしろ、自分のボロが出てきます。
ますます心も体もおかしくなっていきそうですが、
そうなると民主党内の敵、サンダースに油揚げをさらわれることになり、
いよいよ八方ふさがり…
それでも嘘とインチキで、乗り切れるのでしょうか?…☆


入江はエメラルド 風が吹き抜ける 「ひまわりの丘」…☆

2016–08–11 (Thu) 22:21
時事の記事が続いていますので、このあたりでちょっと一息。
夏休みらしい企画で、のんびりして頂きましょう。
そこで、久々の「生まれる前の名曲」コーナー。

今日はわたしの恩師のリクエスト、1982年の曲です。
そう言えば2014年11月3日の記事ご紹介した、
「いそしぎの島」もそうなのですが、
アルバムの中の1曲でシングル化されておらず、あまり知られていないようです。
でも、とても綺麗で、ちょっと切ない曲ですよ…。
「山の日」にわざとぶつける、「海の曲」☆
松田聖子さんの「ひまわりの丘」です。



この曲、何度か聞いていると、そのクオリティの高さに驚かされます。
この歌詞をこの曲に乗せて、このシンガーが歌う為に出来た様な気すらしますよね…☆

ひまわりの咲く 丘に座れば
入江はエメラルド 風が吹き抜ける

恩師は元々東京の下町の人なので、夏にはよく房総の海へ出かけたそうです。
湘南に比べれば確かにちょっと野暮ったいけれど、湘南とは比べ物にならないエメラルドの海。
そんな若き日の想い出が、蘇るのだそうです…☆
そんな事もあって恩師は今、県都の千葉市に住み、そちらで教鞭をとっておられ…るのかな?☆

「で…実際、この曲の様な出来事があったのですか?」
「…全然無いなあ。野郎ばかりで行って、野郎ばかりで騒いで、野郎ばかりで帰ったなあ…」
「あれあれ…☆」
まあ、そんなものですよね…わたしにもそういうの、全然無いし…☆


房総と言えば、わたしもご縁がありまして…
わたしは以前身体が弱く、外房にある病院にお世話になっておりまして、
その病院の近くに住んでいた事があるのです。
あのあたりの海は、それこそ「入江はエメラルド」なのです。
素敵な所が沢山あるのですが、今日は私のお気に入りの場所をお教えします。

moriya.jpg

ここは千葉県勝浦市の守谷海岸です
これは以前私が撮ったので、写真の出来が良くありません…
腕が悪くてねえ…他の写真を見ればわかるでしょ?…☆
ですので、ちょっと他のHPさまから拝借。

_1433388332_12908.jpg
KAUMOさまのサイトより拝借


20130715_117032.jpg
千葉県発二日酔いまでの後悔街道さまのサイトより拝借

20130715_117030.jpg

この鳥居がある小さな島(と言うか岩礁)ですが、実は干潮になると、浜から歩いて渡れるのです…☆
わたしは311の日に大津波から逃げた経験がありますが、それでもやはり、海はいいですね…☆

その後病気も良くなり、わたしもこうして元気に暮らしています。
わたしが今の道を心したのは、そういう事があったからでもあるのです。



あなたの愛を 失う事を
ただ怖がっていた あの夏の日

今日の出来事もいつの日か、
「あの夏の日」の事として、想い出すのかもしれませんね…☆

今日出来た貴方の想い出は、何ですか?

え? わたしですか。
それは…長靴にゴム手袋姿で、畑でスギナと格闘した事ですよ☆
ちゃんとたまには畑の方も顔を出しておかないとね…


すみませんね、色気が無くて…☆





おまけ

守谷海岸の場所
moriyamap.jpg

外房沿いを走る国道128号線で、鵜原の先の清海小学校で旧道に入れば道沿いです。
鴨川方面からは、行川アイランドで旧道に入ればOKです。
鉄道ならJR外房線の上総興津駅から歩いて7-8分です…☆

さて、また今度千葉へお邪魔し、
恩師の愚痴でも聞いてあげるかな…
…本当は、恩師に愚痴を聞いてもらおうかな…じゃないの?、と?
あれ? なんでバレちゃったんだろう…☆





「金融戦争屋最後の希望」ヒラリー婆さん、健康不安の疑い…☆

2016–08–11 (Thu) 09:05
(14:00 文の順番を若干入れ替え&文末加筆。より読みやすくなったと思います☆)

日本では人気絶好調と報道されているヒラリーですが、
ここに来て、いよいよ暗雲が立ち込み始めています…☆

Is Something Wrong With Hillary: Bizarre Behavior, Seizure Allegations Raise Doubts About Her Health
「ヒラリーはどこか悪いんじゃない? 奇妙な振る舞い、発病の疑惑、健康不安の疑い」

Hillary-being-helped-up-stairs-stroke.jpg

画像を見ればわかるとおり、自分では歩けない状態ですね。
ああ…これはもしかして…(今はこれ以上言えませんが、かなりまずい状態の可能性もあり)


https://twitter.com/Cernovich/status/762136251029913600?ref_src=twsrc%5Etfw

Who is this man who follows Hillary? He's clearly not SS. Doctor, shrink? Or brainwasher?
「ヒラリーのそばにいる彼は誰? シークレットサービスじゃないね。医者? 精神科医? それとも洗脳者?」
ちなみに「shrink」とは米俗語で精神科医という意味ですが、間違っても本人の前で言わないように…☆

hillary-handler-seizure-drug-575x408.jpg
hillary-handler-diazepam-575x816.jpg

本文にもありますが、婆さんに付きそう謎の男が手にする物。
これは確かに、ジアゼパム(Diazepam)!
ベンゾジアゼピンの化合物で、化学式はC16H13ClN2O。
てんかんの特効薬ですが、パニック症や不眠症、疼痛を伴う筋疾患にも使われます。
副作用としては、「強烈な眠気」「ふらちき」などがあります。
日本では「セルシン」という商品名で、広く知られています。

更には、「麻薬離脱症状の緩和」などにも使います。
この場合、医師が常にそばで監視をしていないといけない事になっています…。
売り物に手を出して無きゃいいですが…☆



どうも雲行きが怪しいですね。
何かしらの理由で、自動注入式のジアゼパムを常時携帯・服用しているようであれば、
とてもこれからの選挙戦は戦えませんし、
ましてや当選後の大統領としての激務をこなすのは無理だと思います。

今や米国大統領選は、共和党対民主党の戦いではありません。
富める1%は、共和党も民主党もヒラリーを支持しています。
対する99%の大衆は、共和党も民主党もトランプを支持しています。
また一部の穏健派・良心派の富裕層も、トランプ支持に回っているようです。
まさに1%対99%の戦いです。

ここでヒラリーにもしもの事があると、民主党は代わりの候補者を立てなければなりません。
その候補者とは…そう、あのサンダースです…☆
もしそんな事になれば、サンダース登場時点で米国1%は望みを断たれます。
どちらが勝っても、悪徳金融解体、米軍は世界中から撤退、福祉・民生重視の政策…
まさに、悪夢のシナリオが現実のものになります。
ヒラリー一派による暗殺回避と、政権内の一定の歯止めを残せるよう、
そしてヒラリーが何らかの理由で下りざるを得ない状況になる可能性も計算しながら、
戦略的撤退をしたサンダースの賭けが、見事に当たった事になります…☆


ますます目が離せなくなってきた、米国大統領選です…☆



お気持ち、しっかりと受け止めます…☆

2016–08–09 (Tue) 22:22
天皇が「お気持ち」で生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! 象徴天皇を強調して戦前回帰けん制も

色々なお話をされていますが、あの手この手を使いながら、
天皇は安倍…というより、長州をはじめとした、
マイノリティカルトの暴走を止めようとしていますね。
はい、わたしもそのご意思、支持させていただきます!

そして安倍や日本会議が、保守主義者でも愛国者でも無く、
天皇制右翼でも無い、単なる国際金融戦争屋の走狗にすぎない事も、
日本と世界に知らしめた訳です…
「けっ、天皇の野郎、余計な事をしやがって」
「これでは憲法改正が頓挫してしまう。どうしてくれるんだ」
位は、平気で言う連中ですよ…☆


皇室典範改定となれば、与野党とも高い見識とリーダーシップを持った、
有能な人材を党首に据えなければなりません。
当然、今の安倍ではお話になりません…皇室典範と硬質鉄板の区別もつかないでしょう…☆
野党もダメダメ…レンホーを含め今の党首では、見識の点でもうダメ。
比較的まともなのは、一番天皇制から遠い筈の、志位くらいではないですか。
(彼はいち早く、「生前退位は合憲です。問題ありません」というコメントを出しています)
これもまた、情けないお話です…☆



河北新報から、こちらの記事…

<陛下お気持ち>被災地「気遣いに深く感謝」

kahoku20160809.jpg

陛下の周囲への細やかな気遣いは、被災者が最もよく知っている。
 宮城県南三陸町の復興商店街「南三陸さんさん商店街」で14年7月、両陛下を案内した及善蒲鉾(かまぼこ)店社長の及川善祐さん(63)は、陛下に「震災前と後で使う魚は変わりましたか」と尋ねられたのが忘れられない。
 及川さんは「被災地の状況をよくご存じだった。心を寄せていただき、頑張らないといけないと奮起した」と振り返る。生前退位も「寂しいけれど、陛下のご意向に賛成したい」と受け止めた。


そう、心優しく、そして強い方ですね。
わたしも心から感謝致します…☆
どうかこれからも、退位した後も…
わたしたちと一緒にいて下さいませ…☆


続きを読む ⇒

カモがネギしょって、キッチンへGO!…☆

2016–08–07 (Sun) 22:12
七夕も最高潮の盛り上がりを見せている…ようです。
ようです…と言うのは、会場付近に足をあまり踏み入れていないからです…
まあちょっぴりだけ、買い物のついでに眺めては来ましたが、
仙台とは思えぬ人の多さに恐れをなし、取り敢えず地下鉄に乗り、
北仙台まで逃げてから、お昼ごはんを食べましたとさ…☆

かつては渋谷や新宿の人ごみを見ても、何とも思わなかったのですが、
仙台暮らしも長くなり、その辺りの感覚が以前とだいぶ違ってきたようです。
最近では東京に出る度、人の多さにビックリしたりします…☆



住宅で爆発音、7人けが=2階燃え、1人重体―東京

また、なんだか怪しい事件。
そういえば、相模原の事件の続報はどうなったのでしょうね。
事件史に残るような大量殺人でしたから、
本来ならば今頃もずっと、様々な報道がされているはずなのですが…?
例によって、例の如く…かもしれませんね。
油断がならないのは、むしろマスミディアの流す重大事件の方の様です…☆



総理「政府方針と矛盾せず」 稲田大臣“修正”に

どんなに上手に隠しても、やはり正体は隠せませんね。
さあ、戦争大好きな戦争屋政府、どう出て来るかな。


中国船240隻 仲裁裁支持の日本に反発

ほら早速、からかいにきましたよ…☆
さんざん勇ましい事を言うだけ言っておいて、
いざ何かあると全部役人に丸投げして、知らぬ存ぜぬを決めこんでいますね。
これでは役人も大変です…特に防衛省が☆
これをやっているのは中国にいる戦争屋のお仲間によるお芝居でしょうが、
日本の戦争屋は米国の親分しか知らないので、大変なようです…☆




北方領土返還に「反対」78%…露世論調査

北からもこうして、ゆさぶりをかけてきます。
勿論、極右内閣を牽制…と言うより、引導を渡しているのではないでしょうかね。
ロシアも今の内閣とは本気でお話しする気はないでしょう。
その後に出てくる、日本国民の声を代表する政権が出来た時、
初めて両者共存の打開策を出してくるでしょうから。


いずれにせよ、いよいよ極右政権に大きなヒビが入り始めています。
これまでの悪事の方も、外国の情報機関はとっくに掴んでいるでしょうし、
逃げるのなら今のうちなのですが、どうもそういう気配は無い様です。
それどころか、ネギを背負ったまま、キッチンへ直行しているようです…☆




夏空の下、透明なそよ風に揺れる七夕飾り…仙台のテーマ☆

2016–08–05 (Fri) 23:15
今日は七夕前夜祭の、広瀬川花火大会☆
しかし…急遽施術のお手伝いをさせて頂く事になり、
今年も会場には行けないわたしでした…☆

でもそれも無事終わり、花火が終わった事に退出。
「今日はいっぱい行きませんか、待機じゃないですし」とお誘いを頂き、
軽く暑気払いをしてまいりました…☆

<仙台七夕>好天週末熱烈歓迎 6日開幕

という事で、明日から七夕です。
実は今からでも、宿泊できるお宿もあります。
仙台中心部を外せば、ホテルの空き部屋はまだあるようです。
この週末、暇がありますよ~という方、是非ご来仙を…☆


そうそう、せっかくの七夕なので仙台らしい曲を・・・と思っていたら、
こんな曲を見つけました。



その名も、「仙台のテーマ」☆
とっても可愛い曲ですね。
ちょっとカントリーっぽいアレンジが、仙台っぽくていいです☆
イラストの女の子は、わたしよりもずっと可愛いですし…(泣)☆
この子の名前は、「えみるちゃん」というらしいですよ。
今度、ゲームに詳しい知人に聞いてみよう…☆

調べてみると、20年位昔のゲームの音楽のようです。
主人公が全国各地をまわり、赤い糸で結ばれた女の子を探すゲームの様です。
仙台の他にも高松や福岡や札幌など、いろいろあるようです。
物語では、全国に足を運ぶようです。
…その為には、主人公をかなり酷使しなければならないようです…☆

青空と白い雲の下、緑の濃い森と、白い街並み。
アーケードの七夕飾りと、吹き抜ける透明なそよ風…
そんな仙台の風景を胸に描きながら、聞いてみてください…☆

おまけに、わたしが「こんな遠くまで良く来たです。ゆっくりしていきやがれなのす、わふー☆」と、
微笑む姿も、イメージして下さいね…なのです☆


なんだかお気に入りになっちゃいました…の曲。
と言う事で、このブログのテーマソングに決定…えへへ☆



米国は1%VS99%の前哨戦真っ最中…☆

2016–08–04 (Thu) 22:29
すみません、本日も簡易更新です。
明日は早出、でも帰りは定時で終わる筈?
あれ、去年もこんな感じだったなあ、花火大会の日は…☆


In slap at Trump, some wealthy Republicans campaign for Clinton

はっはっは…☆
富裕層の共和党員はクリントン指示ですって☆
一方の民主党も、サンダース支持者の多くはトランプへ投票するでしょう。

もはや共和党VS民主党ではありません。
米国既得権益1%VS99%の庶民の対決です。
そして、金融戦争屋VS国家理性の戦いでもあります。
現在の米国の大衆を味方につけるには、
生真面目な候補より、トランプのような候補の方が支持を集めやすいのです。

ちなみに、サンダースはなぜ、クリントンに協力しているのでしょう。
それは、万一ヒラリーが当選しても、部内で歯止めをかける事が出来るだけでなく、
クリントンが突然大統領候補不適格になった時、
無血の繰り上がりでサンダースが候補になる為の準備ではないかと思いますよ。

もしヒラリーが大統領になれば、これも以前申し上げた通り、
米国は1%VS99%で殺し合いになります…
その為の準備を1%は勧めていますが、
実際に血を流す兵士や警官は元々99%の人間。
そのうち裏切ると思いますよ…☆

一方のトランプが大統領になれば、これはもう原点回帰、
米国は一旦世界の覇権国の座から一旦降りる事になるでしょう。
さあ、どちらの未来が待っているのか?…☆


迫り来る嵐を前に、ネギを背負う鴨さん登場…☆

2016–08–02 (Tue) 22:14
ええと、今週名物簡易更新、本日もこれで行きます…☆

22時過ぎのch225
ch22520160802.jpg


あの手この手で日本にヘリマネをやらせるよう細工をしていますね。
しかしそれは、ちょっと難しいけど…☆

勿論他の部分でも相場維持の為に、それなりに抵抗をしているようですが、
やはりズルズルと円高株安原油安は進んでいます。
ほらほら、もっとちゃんとやらないと、更に相場は進みますよ…☆



稲田防衛、世耕経産=働き方改革、加藤氏兼務-安倍首相、3日に内閣改造

カモがネギしょってやってきた…☆
大臣の椅子に座り、威張り散らすのも束の間。
さあ、これから来る大混乱、責任は全部あなた方に取ってもらいましょう…
もっとも、責任など一つも取らず、あっという間に逃げ出す可能性が高いですけど☆


一方の民進党も、長島が出てくるのですね。
この男は、下手な自民党よりずっと、金融戦争屋の奴隷です。
…こちらも責任を取る前に、逃げ出すでしょうね…☆



光眩しい夏に…☆

2016–08–01 (Mon) 22:12
昨日の記事が少々長めだったので…という訳ではありませんが、
本日は簡易更新です。

今週は超大忙しなので、簡易更新が多くなります。
週末からは少し余裕が出ますので、通常通り+α位で…☆

こちらは平年より1日遅い、先月29日に梅雨明けしましたが、
ここからお盆までが、仙台の短い、夏らしい夏です。
週末土曜日から3日間、恒例の七夕祭りが開かれます。
その前の金曜日には、前夜祭の花火大会が開かれます。
学部時代は花火大会、よく行きましたね。
研修生になってからは、行っていません。
今年も難しいでしょうね。
まあ、部屋の中に居ても、音だけは聞こえてくるのですが…☆


皆さまの暮らす街の夏はいかがですか…?




 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR