Trans Princess2017年04月

戦争屋の得意技 ガラクタ兵器のネガティブ・オプションです…☆

2017–04–30 (Sun) 23:03
大型連休序盤終了。
わたしは本日当番だったので、単なる週休1日制ですが☆
それでも後半は休み取れます。
少なくとも交番表ではそういう事になっています…☆


露国と中国に対する攻撃システムTHAADを米国は韓国に配備、その経費10億ドルを出せと米大統領

アメリカは4月25日に抗議活動の中、THAAD(終末高高度地域防衛)ミサイル・システムのレーダー、ランチャー、通信機器を含む機器を6台のトレーラーでゴルフ場の「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」へ運び込んだ。このシステムの配備に韓国政府は難色を示していたが、そうした意向を無視、強引に配備したわけだ。
その上、アメリカ大統領は韓国に対し、貿易交渉に絡めて10億ドルを「用心棒代」としてよこせと言った。アメリカとの貿易協定で韓国経済は悲惨な状況に陥り、中国へ接近する一因になっている。自分たちが望んでいなかったTHAADの費用はアメリカが出すべきだと韓国政府が主張したのは当然だろう。そうした遣り取りの中、アメリカ軍は朝鮮半島の近くで韓国軍と合同軍事演習を実施する。


いわゆるネガティブ・オプション、押し売りですね…☆
だいたいTHAADなどというシロモノ、実戦では使い物になりません。

①悪天候に非常に弱い
THAADは内蔵の赤外線シーカーで落下してくるミサイル弾頭から発生する熱を感知し、
弾頭に衝突するように制御する仕組みなのですが…
このシーカーの前に付いている防護用のアクリル板に水滴や埃が付くと、
肝心の弾頭識別が難しくなると言われています。

更に致命的なのは
②複数攻撃に非常に弱い
・同一地点から数発のミサイルが発射された場合、其々のミサイルを区別することは難しいです。
・複数地点同時に発射されると、、THAADレーダーが互いに他の角度にある目標物の間を、
 高速で動かなければなりません。その処理対策はあるものの、仕様としては限定的です。

つまり、北朝鮮が一発だけ撃ってくれる時はそれなりに有効ですが、
被弾目標地点が悪天候時に、北朝鮮が複数発射すれば使い物にならない訳です。
相手が北のポテチンミサイルなのであまり心配はないとは思いますが、
戦争屋が虎の子潜水艦辺りからイスラエル製の新型ミサイルなどを連射されると、
THAADで防ぎきれない可能性が高くなります。


要するにTHAADは時代遅れの旧型兵器で、在庫押し売りセールをしているだけです。
元々戦争屋と北朝鮮、そして日本・韓国の軍事利権屋が裏で手を組んで、
一儲けしようと企んでいたのかもしれません。
そうしたら何とトランプの差し金で、空母打撃群が直接北朝鮮本土までやってきてしまった…
もしもそうなら、あちらさんは大焦りですね。
トランプは「商人」で「役者」ですから…☆


いずれにせよ、THAADは押し売りされても買わない事です。
ただでさえオートローテーションも出来ないオスプレイなど、
使えないガラクタがこれ以上増えても、置き場所に困るだけです…☆




スポンサーサイト

高度7キロじゃカッコつかないから、訂正しました?…☆

2017–04–29 (Sat) 20:32
北朝鮮、弾道ミサイル発射失敗…内陸部に落下か

韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮軍が同日午前5時30分頃、西部の平安南道ピョンアンナムド北倉プクチャンから北東方向に向かって弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したと発表した。
 日本政府は「約50キロ・メートル離れた北朝鮮内陸部に落下したと推定される」(菅官房長官)としている。米国や中国などが圧力を強め、核・ミサイル開発の自制を求める中で、北朝鮮の金正恩キムジョンウン政権は再び挑発行為に出た。国際社会の「対北包囲網」がさらに狭まるのは必至だ。
 【ソウル=宮崎健雄、ニューヨーク=大木聖馬】韓国軍によると、弾道ミサイルの飛行時間は数分で、高度は71キロ・メートルに達した。聯合ニュースは空中で爆発したと伝えた。移動式発射台から発射され、新型の「北極星2型」(射程2000キロ・メートル)または「スカッドER」(同1000キロ・メートル)だとみられるという。聯合ニュースは米政府関係者の話として、新型の対艦弾道ミサイル「KN17」の可能性があると報じた。


高度71キロ?
あれ? 最初は7キロって言っていましたよね…☆
下はNHKの記事ですが…

北朝鮮が弾道ミサイル発射 失敗か 米太平洋軍

これに関連して韓国の通信社、連合ニュースは、韓国軍の合同参謀本部の話としてミサイルは高度71キロまで上昇したあと空中で爆発したと伝えていて、発射は失敗したと見られます。これについて、連合ニュースは当初、高度を7キロとしていましたが、その後71キロに修正しました。韓国軍とアメリカ軍はミサイルの種類などについて分析を進めています。
北朝鮮は、今月5日と16日に、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から弾道ミサイル1発をそれぞれ発射しましたが、アメリカ太平洋軍と韓国軍はいずれのミサイルも発射直後に爆発し、失敗したという見方を示していました。

本当は7キロしか上がらなかったけれど、それでは怖くもなんともないので、
71キロに訂正したというのが実情ではないでしょうか…☆
北朝鮮自前のミサイルは、そんなものでしょう。
戦争屋から購入してノックダウン生産を行っているものはそこそこの性能でしょうが、
本当に「すごい兵器」は、戦争屋が自分で管理・運営をやっているのでしょう。

「打ち上げの為だけの実験だから、成功」という方もいらっしゃるようですが。
高さ7キロでボカンでは、実験は致命的な大失敗で、
根本的な所から技術検証しなければならないレベルです。
71キロまで到達していれば(スカッドERの最高高度は100キロ程度なので)、
「ホラホラ、北朝鮮は恐いぞ恐いぞ」というプロパガンダにはなります…☆

…自動車の1台作れない連中が、弾道ミサイルなど作れるわけがありません。
理系の人間なら少し考えれば分かる筈なのですが、なぜか皆さん騙されます。
嘘は大きい程見破られないものです。
そこをちゃんと頭に入れておけば、そうそう騙されなくなりますよ…☆


とはいえ戦争屋も必死ですから、虎の子の兵器を繰り出し、
あたかも北朝鮮がやったように見せかける作戦位は考えられますし、
民間機にわざと当てて、事態を極限まで悪化させるくらいの事は平気でやります。
ですから、まだ気は抜かない様、お願い申し上げます…☆



景気回復も北朝鮮の脅威も、良く見りゃハリボテ…☆

2017–04–28 (Fri) 22:56
この一週間も色々な出来事があり、
それをマスミディアがニュースと称して、
人々に自分たちが都合の良いように解説して、教育しようとしています。
この250年位やってきたロートシルト式ワンパターンで、
とっくにそれを見ぬいた賢い民衆からは、失笑すら買っております…☆


»日銀が景気判断引き上げ、物価上昇率は引き下げ

景気が良い訳ないだろうってば! ですが…☆
日銀がこういう言い方をするのには、もうひとつ裏の意味があります。
景気が良ければ、金融引き締めを行うのが金融政策ですから…
無能黒田は置いといて、日銀の内部では金融引き締めを考えているのでしょう。
安倍政権の崩壊が近い事も承知でしょうから、そろそろちゃんと保身をしておかないと…

既に時遅しの感があります。
でも日本の場合、超ウルトラCが出来ますから…債権国だけの特権でね☆




一方、北朝鮮の大演習もメッキが剥がれてきました…☆

北朝鮮のパレードで公開された兵器は偽物 専門家【写真】

北朝鮮で4月15日に行われた軍事パレードの目的は、軍事力や近代的なタイプの兵器や機器のデモンストレーションだった。またパレードには北朝鮮の「特殊部隊」が参加した。画像によると、このエリート部隊の装備には、対戦車兵器やアサルトライフルなどが含まれている。

スプートニク日本
一方、米国の軍事専門家で元情報将校のマイケル・プリジェント氏によると、「特殊部隊」の兵器の大部分は偽物だという。
プリジェント氏は「これらの兵器は恐らく威嚇するもので、戦闘では本物のような効果はないだろう」と述べた。
またプリジェント氏は、北朝鮮は弾薬の問題を抱えているため、北朝鮮兵士たちの自動小銃カラシニコフは装填されていないのではないかとの疑いを抱いている。
またプリジェント氏によると、対戦車兵器用の弾丸も実物大の模型以外の何物でもないという。さらにプリジェント氏は、グレネードランチャーを彷彿させる自動小銃用の「シリンダー」は、実際のところ弾倉にすぎず、特殊部隊のサングラスも、軍事作戦には全く適していないとの見方を示した。


North Korea’s soldiers: A closer look the military’s ‘fake’ capabilities

「良く見りゃハリボテ。 北朝鮮の軍事力」だそうで…☆
良く見なくてもハリボテでしょう。
本当に怖い最新兵器は、戦争屋が自分で管理・運営しているでしょうから…

先日のパレードを見ても、一見兵士たちの戦意の高さは、
それこそ大日本帝国時代の日本兵を思い浮かべますが…
良く見ると、そこには怯えの表情が見られます。
それは敵に対する怯えではなく、自国の権力に対する怯えです。
そんな所も、大日本帝国の兵士たちによく似ています。



東海岸の元山で行ったという盛大な演習も、インチキですね。
もし本気で北朝鮮が一戦を行うのならば、
それだけの火砲をこんな所には持っていきません。
ソウルを狙える位置からやや奥まった所に、散開させて配置しておくでしょう。
それが最大の威圧ですから。

間違っても、「ソウルを狙える位置」に「終結」はさせません。
戦争準備完了最終段階と取られてしまえば、
それこそ集団的自衛権で先制攻撃されて、全滅してしまいますから…☆


これらは皆、戦争屋を封じ込めようとする、役者トランプの劇場ですよ…☆

そして本当に気をつかなければいけないのは、
北朝鮮などではなく、そこに巣食う金融・戦争屋という事です。

彼らは悪辣ですから、それこそ北朝鮮のミサイルという事にして、
自分のミサイルを民間航空機に当てたりする事すら考えられるので、非常に危険です。
ここだけは気をつけてまいりましょう…☆



世の中色々ありますね…☆

2017–04–26 (Wed) 23:13
西室泰三の名前が、あちらこちらで話題になっている様です。
このブログでの初お目見えは、2016年3月16日の記事、
疫病神がゆく…☆
で、こんな事を書いておりました…☆

日本郵政社長に長門氏=ゆうちょ銀、異例のトップ不在

日本郵政は16日、検査入院中の西室泰三社長(80)が退任し、後任に同社取締役で傘下のゆうちょ銀行社長の長門正貢氏(67)が4月1日付で就任する人事を発表した。


正確には、
西室泰三元東芝社長兼前ゆうちょ銀社長
ですよね…この、疫病神爺さん。
東芝に続いて、ゆうちょも解体させるつもりですね☆
まずくなるとこうやって、尻に帆掛けて逃げだします☆
こういう人って…ダメダメです☆

後任が長門正貢…元シティバンク会長の売国奴ではないですか☆
長門=長州モンが
正=まさに
貢=(湯田金へ)貢ぐ
…名は体を表します。
ゆうちょ銀の将来が心配されます☆
(勿論、長州藩閥と今の普通の山口県民の皆さんは、違う存在です…念の為☆)

わたしなら、とっとと預金を下ろしますけれどね。
もっとも、わたしのゆうちょ口座には、
殆ど残高が無いですけれど…☆
(引用ここまで)



ものの1年で、ここまで来ましたか。
発足時に怪しい資産を全部現金に入れ替えて発足した超優良銀行。
それを外国人に差し出して、おこぼれをもらうとは…☆
逆に言えば、そこまで日本から富を奪っても、
もはや立て直しが出来ない欧米スーパーエリートで、
この世は大した事のない人ばかりが、その凶暴な性格で運営してきた訳です。
なんだかね…☆





絶景の展望車・ひのき風呂…豪華寝台「四季島」に試乗

これは「夢」ではなく、「欲望」なのです…☆
こんなものを作るより、ユーロナイトタイプの夜行列車を復活させないと。
高速バスでの夜行輸送が、もう限界に来ています。
大型自動車を安全運行できる、熟練した運転手さんがもう足りませんから…




そういえば今日は早速、北朝鮮報道がすくなくなりましたね。
日本の似非右翼ではない普通の右翼の方と随分前にお話した事があるのですが、
妙に北朝鮮を持ち上げるのが鼻についた事がありましたっけ。
北朝鮮は高句麗、韓国は新羅・百済だから、
戦争になれば必ず北朝鮮が勝つと仰っておられました。

確かに高句麗は強い国でしたし、
隋が攻め込んだ時には突厥と組んで、全滅させた歴史があります。
今度もそうなるかもしれないぞと…

けれど…わたしはそういう歴史の見方は違うと思いますよ。
散々に隋・唐を苦しめた…それは歴史のほんの1ページのお話です。
時が経ち、最終的に高句麗は、唐・新羅連合軍に滅ぼされました。
剣で支配する者は、最後は剣で滅ぶものです。
それは身近な日本の歴史を見ても、分かる事と思います。


で…それをその右翼の人に言ったのかと?
はい、言いましたよ…☆

怒鳴られなかったかと?
怒鳴られてもわたしは全然平気なので、
理路整然と先方の主張の矛盾点を指摘しました所、
わたしに愛想を尽かしたのか、先に帰ってしまわれました…☆

北朝鮮は大日本帝国の後継国家ですから、
肩入れするお気持ちもわかるのですが…
朝鮮戦争の続きをやろうなどと思わない事です。
それをやれば東アジアはまた、植民地時代に逆戻りします。
天も地も、そういう近未来は望んでいないという事です…☆



一方の中国も、どうもピントがずれていますね。

中国初の国産空母が進水、海軍力増強を誇示

こんなものを作っても、空母など既に時代遅れです。
ミサイル1発で、艦載機もろとも轟沈します。
日本は旧海軍の大鳳で大失敗をして学んでいるので、
ハリボテ作りより、別の方法で専守防衛を図るのが良いと思います…☆



すみません、簡易更新です…☆

2017–04–25 (Tue) 22:23
本日簡易更新です…☆
はい、今の所は手もあいていますが、本日当直ですので…


今村復興相、辞任へ 大震災「東北で良かった」と発言

いえいえ、恥の上塗りの為にも、このままお続けになられてはいかがでしょう?
どうせ間もなく、安倍政権も終りですし…☆


米空母と海上自衛隊の共同訓練 日本海でも実施へ

ここ数日の記事で申し上げていますように、
実際に起きている事とは、だいぶ違うように思えますが…☆




その原発再稼働を止めないと、運命の分かれ目かも…☆

2017–04–24 (Mon) 22:13
玄海原発3・4号機 佐賀県知事が再稼働同意を表明

まんまと罠に引っ掛かってしまったのかな?
どうなっても、知らないですよ…☆

2016年10月9日の記事
阿蘇山噴火に隠された意図の謎…☆

でもお話した、阿蘇山から半径140kmにある3つの原発…

aso 140km-2

阿蘇山を中心に半径140kmの円を描いてみますと、
そのほぼ円周上に、玄海・川内・伊方という3つの原発が存在します。
そのうちの二つ、川内と伊方はすでに再稼働しています。
玄海も再稼働に向けて、死に物狂いになっている人たちがいます。
わたしにはどうも、単なる利権だけではなく、
良からぬ事を企てている連中に突き動かされている様な気もします。
また福島の様なインチキ事故によるサボタージュ(破壊工作)を狙っているとしたら、
最大限の警戒をしなければなりません。
(2016年10月9日「阿蘇山噴火に隠された意図の謎…☆」から引用)


そう、福島の様なインチキ破壊工作ならばまだ良いのですが、
本物の大事故が起きてしまった場合、取り返しがつかない事になります。
用済みの日本を、子飼いの長州もろとも…位は考えますから、気をつけないと。
…といった所で、当事者たちは信じる訳も無いでしょうが☆




ルペンは2位で、本選はマコロン圧勝の予測。
…マコロンじゃなくてマキロンですって?
どっちも違う様な気もするけれど、まあ、いいかあ…☆

バカロレアでその後の長い人生全てが決まってしまうフランスで、
いつまでもその秩序が続くとは思えませんけれど…☆
でもねえ…どちらが勝っても結果は同じ。
積極的化消極的化の違いはあるけれど、
EUは一度、仕切り直しの事態になると思いますよ…




正解は全部×でした、だったりしてね?…☆

2017–04–23 (Sun) 22:49
空母は相変わらず、あちらこちらへ神出鬼没…☆

米空母と護衛艦が合流 共同訓練始まる 東シナ海北上へ

そうかそうか…NHKさまらしい官製報道。
一方のCIA系シンクタンクのストラトフォーは、
「ごめんなさい、間違ってました」と正直に謝ってはいませんが、
4月20日現在の空母位置を訂正して来ました。

naval-update-041917-final.png

…これまた全然違う位置ではありませんか。
セレベス海とも沖縄南方に属するフィリピン近海とも違いますね。
インド洋から全速力で航行してここまで来たという言い訳も無理がありますし…☆
いつもの「日本を騙してお金をむしり取る作戦」でなければいいのですが。


北朝鮮本体より、そこにいる戦争屋は何をやろうとしているのか…
気をつけるとすれば、そこでしょうね…☆





San Francisco comes to a standstill as power outage hits nearly 100,000 causing traffic chaos,

米国は西海岸・東海岸・シカゴ・テキサスなどで大停電でしたが…
みんな金融・戦争屋の強い所ばかりです。
まだ色々企んでいる様ですね…☆


そうこうしているうちに、フランスで大統領選挙投票スタート。
戦争屋も反戦争屋も、
とりあえずはこちらの、模様眺めといったところでしょう…☆





カールビンソンは現在、フィリピン南方のセレベス海?…☆

2017–04–22 (Sat) 22:29
世界の中で日本だけが、明日にも第二次朝鮮戦争が始まりそうに報道しています。

米空母、数日中に日本海へ 北朝鮮に圧力続ける

米太平洋軍は8日、シンガポールを出港したカール・ビンソンが朝鮮半島近海に向かって北上すると発表した。その後に同空母がシンガポールより南の海域にいることが判明した。現在は北上しており、月内に到着する見通しとなった。
25日は朝鮮人民軍創建85年の節目に当たり、北朝鮮が国威発揚に向けて新たな挑発行為に踏み切るとの観測がある。トランプ政権はそれよりも前に空母を派遣して軍事力を誇示したい考えだ。



ところが…
肝心の打撃群は、まだフィリピンの南の、セレベス海にいるようですね…☆

20170422.jpg


空母カールビンソンからF-18艦載機が海に墜落

米海軍第7艦隊広報が、空母カール・ビンソンのF/A-18艦載機が東南アジアのセレベス海で海に墜落したとして、次のように発表した。
「事故が起きたのは、第2艦載飛行中隊に入っているF/A-18がカール・ビンソンに近づいた時。事故の調査が現在進められている。」軍の情報によると、パイロットは無事、海に緊急脱出して、空母からの救助ヘリが救出した。パイロットに怪我はない。
同機は空母がセラビオ海を超えている時に「通常飛行」を行っていたということだ。
先に報じられたところ、北朝鮮の核・ミサイル実験が原因の深刻な緊張を背景に、カール・ビンソンが率いる空母群が朝鮮半島に向かっている。

この記事、当初は読売なども配信していたのですが、
いつの間にか削除しました…いつもの手です☆


米国内は割れてます。
ぐるっと回って、やっとフィリピン。
現場の第7艦隊は、戦争をする気などさらさらないでしょう。
それでも朝鮮近海へ行けと頭から湯気を出して命令しているのは…
皆さまもお気づきでしょうから、敢えて名を挙げるのはやめておきましょうね…☆

しぶしぶ北上する艦隊。
その間にも裏で極秘に、外交交渉は続いているのでしょう…☆





ワンパターン劣化ナチスは、今日も恥ずかしい事ばかり…☆

2017–04–21 (Fri) 23:06
すみません、本日も簡易更新、明日も早出なので…☆

テレ朝・玉川徹のツッコミに自民党が共謀罪の正体をポロリ「目的はテロ対策じゃない」「市民の座り込み抗議にも適用」

本当分かりやすい人たちですね。
わたしがもし軍国主義ナチスお姉さんだったら、
ヘマをした罪で処刑するでしょう…☆


地面に伏せ、窓から離れて…政府HPにミサイル避難方法

2017年3月5日の記事。
http://transprincess.blog.fc2.com/blog-entry-1225.html
でもこんな事を書きました、

追い込まれた悪人たちは、北朝鮮カードを切ってくる可能性もありますから、
こちらの方にも要警戒です。
歴史の変わり目を自分の目で見る、最大のチャンス…
と思えば、ちょっとくらいの苦労は厭わないようにしましょう…☆

そう、いつものワンパターン・ショックドクトリンですね。
目的もワンパターン。
①森友等のスキャンダルからの目かくし
②だから共謀罪が必要という無理矢理な理論をごり押し
③捏造した非常時下の国民統制と、自分たちだけの利権の拡大

一方の韓国政府は非常に冷静ですね。
政府を挙げて恐怖を煽っているのは、今や日本とイスラエル位です。
なんとも恥ずかしく、情けない事になって来ました。


でも…ここまで馬鹿だと、地獄の魔王も見捨てますよ。
「こんな下品で卑しい美学のない馬鹿、イラネ!」とね…☆


東芝と郵貯を滅ぼそうとした男…☆

2017–04–20 (Thu) 22:17
本日簡易更新です。
ブログ巡りはあす以降のお楽しみ…またお邪魔しますね☆
理由…明日は早出なのです。早く寝ないとね…☆


<日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で

やったのは東芝の時と同じ人。
西室泰三

日本人の財産を外国人に差し出し、その分け前を貰うのが目的。
さすが売国奴極右人脈、わかりやすい…☆

巡る因果は、運命の糸車…☆

2017–04–19 (Wed) 22:07
中学3年生でも分かる嘘で北朝鮮ミサイルの恐怖を使って、
数々のスキャンダルを封じ込めようとしている人たちがいますが…
ナチス時代のゲッベルスという茶番役者が言った、
「繰り返せば繰り返すほど嘘が本当に見えてくる」を本気で信じているのかもね…
「あまりやり過ぎると逆効果」とは、ゲッベルスも言ってくれなかったようですし…☆

それにしても、運命は皮肉なものですね。
現在の極右日本路線へのターニングポイントとなったのが、
1985年8月12日の日航123便撃墜事件。
その夜日航の幹部が、羽田に詰めかけた乗客の家族に問い詰められて出てきた言葉が、
「うちの飛行機は北朝鮮のミサイルで撃墜された。それ以上はわからない!」でした…。

実際には北朝鮮ではなく、日本のミサイルだったのでしょう。
これに関しては、多くの優秀な著作が発行されていますので、
一冊お読みになって頂けると良いと思います。

この日から、極右は絶対的な弱みを握られてしまった。
それを守る為には、その秘密を知る者に従うしかありません。
逆にそんな極右(実際は極左)を日本の権力のトップに据えてしまえば、
あとは飴と恫喝で、好きなように支配が出来る訳です…☆


それにしても皮肉ですね。
我が身を守るために、北朝鮮をネタに使う…
その因果は巡り巡って、今に至ると…


天は最後の最後に改心してくれることを望んでいる様ですが、
残念ながらそれは正直、難しいと思います…☆


因果は大空を巡りに巡り、
野望は大地を駆けに駆け、
運命の糸車は回りに回って…

その最後にはどうなるのでしょう…?


わたしたちは、その証人となるのかも知れませんね…☆





サリンミサイルの恐怖の幻想と、米国内の見えざる戦争…☆

2017–04–18 (Tue) 21:47
今回の記事は、やや複雑怪奇な現在の世界情勢についてです。
それでもなるべく分かりやすく、書いていきたいと思います。

シリアのインチキサリン攻撃と、その報復のお芝居ミサイル攻撃事件以来、
色々な人々が色々な事を言い、色々な事をしたり、しなかったり…

獅子身中の虫はいても、トランプは戦争屋の罠を上手く利用しながら、
敵を炙り出して、雁字搦めにしつつあるように思います。
それは、戦争を待ち望む者たちの正体が明らかにされつつあるという事でもあります。


誠に残念ながら予想通り、
戦争を待ち望んでいる筆頭格の一つに、日本の安倍政権が居る様です…☆

北、サリンミサイル保有の可能性 日本に落ちてきたら数万人犠牲に

いやあ、煽る煽る…☆
サリンなんかでミサイル攻撃するなどという全然効果が無い事を、
手間暇かけてわざわざする訳が無いではないですか…☆

…わたしの言だけで不十分なら、下記リンクの記事をどうぞ☆
北朝鮮「サリン弾」効果なし

要約すると…
・都市攻撃には威力不十分。化学兵器は屋外での威力は小さい。
・雨が降れば洗い流され、日中は上昇気流で上空に拡散、或いは土中に染み込んで不活性化する。
・高気密建築物には通用しない。窓を締めて空調を止めていれば一般住宅でも耐久されてしまう。
・化学兵器を効率的に使うには、目標地域に対して低めに、平均的に散布しなければならない。
・その為、地上風上からの直接散布や航空機からのガス雨化しての散布が望ましい。
・弾頭弾にはそれが出来ない。空中・地上で炸裂させても相当量が上方に飛散する
・それ以外も上昇気流で失われ、爆心部だけ高濃度で、それ以外の場所を低濃度となってしまう…




軍事的知識が無くても、高校3年までの科学知識があればそれ位は分かる事なのですが、
しかし、「ここぞ」とばかりに、どこかの首相は恐怖を煽る煽る…☆

首相 朝鮮半島の邦人保護や避難民対策検討

そういう対策が必要なのは当然なのですが、それは水面下で進める事です。
外交努力で解決しようとしている現在、こういう事を全世界に向けてベラベラ喋れば、
世界に不安と混乱を齎すだけでなく、関係国との余計な軋轢を生みます。
得をするのは、これを利用して政権の延命を図る安倍たちと、
それを「日本は朝鮮戦争の再開を待っている」と大騒ぎする、
韓国のネトウヨたち位です…☆




一方米国、特にトランプと米軍は、別の事を考えているのではないですか…?

米空母、まだインドネシア付近? =朝鮮半島から5600キロ

公開された写真について、海軍はカール・ビンソンがスマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡を通過中と説明。米防衛専門紙ディフェンス・ニューズ(電子版)は17日、同空母が15日時点で「韓国から約5600キロも離れている」と指摘した。海軍は同じ15日付で、同空母が「インド洋を航行中」とする写真も公開している。

ミリタリー・ミステリーですね☆
一方、CIA系のシンクタンクであるストラトフォーが発表している、
4月121日付の「Tracking U.S. Naval Power Timeline 」では、こういう事になっています。

naval-update-041217-display.png

これ以上大きい画像は「フリー」ではないので、引用するとCIAがうるさいですから…☆
画面左端のオレンジ色のポイントが、空母打撃団の位置です。
朝鮮半島近海に展開している事になっていますが…

こういう事は、軍事の世界ではよくある事なので、驚く事はありません。
どちらが正しいのか、或いは、どちらもディスインフォメーションなのか?
少なくとも、戦争屋のシナリオ通りにはなっていない事は確かでしょう…☆




まとめますと…
身内にも敵が居る中、トランプは戦争屋にタガをはめようとしている様です。
北朝鮮に対しては、戦争屋と手を切れば体制維持は保証すると言っているのかもしれません。
もしそうなら、それはそれで問題で、北朝鮮の一般市民が救われるのはまだ先になります。

トランプはお爺ちゃんの代からユダヤ系の人達と手を組んで商売をしてきましたし、
トランプの子供は皆、ユダヤ系の人と結婚しているのです。
ですから今回の旋風も、ある意味ユダヤ系の内輪揉めの産物でもあるのです。
しかし、ユダヤ系の人々も、全てが戦争屋や悪人ではない事は確かですし、
まずは戦争屋を葬っておかないと、非常に危険な状況ですから…



そんな中、日本がするべき事は、「出来る事から始める事」に尽きます。
戦争屋とグルになっている人たちの悪事を暴きさえすれば、それは出来る事です。
それには多くの国民が、少し時間を割いて勉強する事が必要。

という事で、一日30分でも…
それが無理ならば一日10分でも時間を割いて勉強して、
醜くもはかない嘘を、見破っていく事です…☆




謎を解くキーワードは、満州国…☆

2017–04–18 (Tue) 03:23
本日変則&簡易更新…☆

北朝鮮がミサイル発射しても安倍首相はフィットネスに絵画鑑賞…危機を煽りまくった張本人が豹変

まったく、この男こそ「平和ボケ」の極みではないのか。本日午前に開かれた衆院決算行政監視委員会で安倍首相は、米朝の緊張関係について、いまになって「外交努力を通じて平和を守ることが重要だ」などと言い出したのだ。
 安倍首相はトランプ大統領との電話会談で、北朝鮮に対する挑発行為を「高く評価する」などと支持を表明。さらに先週は国会で「北朝鮮はサリンを(ミサイルの)弾頭に付けて着弾させる能力を保有している可能性がある」とドヤ顔で宣言し、いつ日本にミサイルが飛んできてもおかしくない、と国民の危機感を煽り立てていた。
 だが、安倍首相は“非常事態”を演出する一方で、15日には恒例の「桜を見る会」を開催。しかも、森友学園問題で関与が明らかになりながらも公の場で一切の説明を行っていない渦中の昭恵夫人を同伴し、出席者であるももいろクローバーZのメンバーらとお決まりの「ゼーット!」ポーズを披露し、夫婦そろって満面の笑みで写真の中心におさまるという厚顔を見せつけた。
 しかし、安倍首相の宴はまだつづいた。「桜を見る会」が終わったあとは成蹊小学校時代の同級生らと食事を楽しみ、さらに夕方からは夫婦で恵比寿に場所を移し、予約が取れないと評判の一軒家ビストロ「ビストロ シロ」で増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務や服部秀生セイコーインスツル執行役員らと舌鼓をうった。
 ここまでの動向だけでも、「ミサイルが撃ち込まれるかもしれない緊張した状況じゃなかったのかよ!」とツッコミを入れたくなるが、問題は翌16日。午前6時台に北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射、爆発し失敗に終わったが、安倍首相は公邸に出向くでも会見を開くでもなく、午後まで私邸でのんびりと過ごし、13時に私邸を出たと思えば、出かけた先は六本木の高級ホテル「グランドハイアット東京」にあるフィットネスクラブ。夕方16時までたっぷり汗をかいて、その後は同ホテル直結の六本木ヒルズ内で開催中だった「大エルミタージュ美術館展」で絵画鑑賞を楽しんだのだ。

政権がピンチになると、必ず問題を起こして国民の関心をそらせてくれる、
北朝鮮とは、本当はオトモダチですから…☆

東アジアを分断して統治する。
しかし、その上層部は裏でしっかり繋がっている。
呪われし国、満州国の血の絆でしょうかね…


外交力が問われる正念場です…☆

2017–04–16 (Sun) 22:15
マスミディアがまた独り歩きして、様々な危機を伝えていますが、
ここはいつものように、冷静にご対処をお願い致します。

北朝鮮は言われている様な金王朝一枚岩の国ではなく、
様々な国の様々な人が出入りしていますから、
様々な思惑から、様々な工作が生まれている様です。
マスミディアの思惑には乗らず、正確な情報を吟味して下さいませ…☆



北朝鮮ミサイル発射、米軍事行動とらず 失敗に静観姿勢

スカッドERの発射失敗は、先日にもありましたね。
スカッド自体の技術は確立しているので、あまり失敗は無い筈なのですが…
やはり高度なミサイルは戦争屋が持ち込んだもので、
北朝鮮自体の技術では、昔ソ連軍が置き去りにした物の改良程度なのかもしれません。

米海軍は艦隊を黄海ではなく日本海に展開し、
北朝鮮は核実験ではなく在来のスカッドERを発射し、
中国はロシアに仲裁を依頼する…
各国が落とし所を狙っているのかもしれませんね…☆


この辺り、外交の真の手腕が問われる展開ですが、
各国とも、汗を流して動いているのではないでしょうか…

日本はちょっと違う様ですね…
安倍が上ずった声で答弁し、稲田は完全KYで海外旅行の準備ですから…

そろそろ引っ込めた方がいいでしょうね…☆



国民に恐怖を煽りながら、防衛大臣は海外旅行ですか…☆

2017–04–16 (Sun) 07:03
シリア・アフガニスタン・北朝鮮…
戦争屋の金城湯池での、きな臭いお話が続いております。
そんな時、日本政府の対応を見ていれば、事の素性は分かりますが…

朝鮮半島危機も他人事 稲田防衛相の“GW外遊”に批判噴出

さすがに自衛隊員もカンカンになっている。稲田朋美防衛相が、ゴールデンウイークを利用してノンビリと外遊することが分かったからだ。東南アジアとの防衛協力を強化するために、5月上旬にベトナムを訪れ、日程が整えばタイも訪問するという。
しかし、朝鮮半島が緊迫し、4月26日にも米軍が北朝鮮を「空爆」する可能性があるのに防衛省のトップが日本を離れるとは、どういうつもりなのかと批判が噴出しているのだ。

はっはっは…です☆
あの総理大臣にこんな防衛大臣が最高指揮者で戦争になたらどうなると思いますか?
開戦と同時に、国体崩壊だと思いますよ。
人様の事を「平和ボケ」と罵って、戦争できる国を目指している人たちがいますが、
当人たちの方が余程平和ボケしていると、わたしは思いますよ。
そういうのには安倍、稲田、石原、枡添等々、錚々たるメンバーが揃っていますね…☆

本当の意味で強い国になるのならば、まずはこういう幻想戦争主義者を排除する事です。
そしてちゃんと国民に富を分配し、未来への希望を持って貰う事。
お互いにいがみ合わせるのではなく、出来る部分は一緒にやってもらう事です。
そういう国は、ならず者国家も手出しできません。
下手に手を出せば報復のミサイルが、世界中から飛んできます。


逆に言うと、統一教会自民党にとって北朝鮮は最大友好国ですから、
安心しておられるのかも知れませんが…☆



北情勢緊迫も…戦争を煽る安倍首相と大政翼賛報道の恐怖

むしろこうやって、格好の戦争国家推進のダシにしようという事でしょう。
しかしこれも、現場でトラブルが起こった時が大変。
戦争ごっこも何かの間違いで、本当の戦闘が勃発する事があります。
そうなったら上記のとおり、国体崩壊です。
「おまえたちは死ぬまで戦え」と叫びながら、当人たちは逃げて逃げて逃げまくり…☆
そう、満州国崩壊時に似た現象がみられる事でしょう。
無様な姿を曝け出して極右日本は終了。
その次に政権を運営する人たちは、本当に苦労が多いでしょうが…


まあ、相手が北朝鮮の場合はまだ救いがあります。
北朝鮮はもともと大日本帝国の後継国ですから、
戦争屋の仲間ではない人たちのパイプもありますし、
いよいよになれば、天皇家も動くでしょう。
問題はイスラエルや戦争屋と結託している連中。
彼らの退治は、やはりロシアにお任せするしかないでしょうね。



20170412.jpg

あくまで公開情報ですが、上図を見る限り、米艦隊は日本海に入る様子。
平壌を陥落させるには、黄海側から攻めない限り無理です。
ですから、本気で戦争を始める様には見えませんね…

難攻不落の要害である、山に囲まれた平壌市街の弱点は北の方角です。
平壌空港の北西と北に山地の切れ目があり、この先は平野から黄海へと続きます。
勿論そんな事はあちらも、千も万も億も承知ですから、
本当で攻め込むのならば大変ですよ…☆

米国の本音は、北朝鮮と湯田金戦争屋から離反させ、核開発を放棄させる事。
そうはさせじと戦争屋は、北朝鮮を米国の侵攻の恐怖で雁字搦めにしています。

そうこうしている間も北朝鮮の一般国民は、
今日も飼料用のトウモロコシで飢えをしのぎながら暮らしています。


本当の問題は、むしろそちらの方なのですよ…☆



どこもかしこも、ごたごたです…☆

2017–04–13 (Thu) 22:19
さて、気を取り直して記事を書きますか…☆

yahoo20170413.jpg

「特権階級が庶民に見てほしい」、yahooの国際面見出し。
「朝鮮半島一触即発」と、煽ってますねえ…☆
こうすれば、そのうち森友も加計も国民は忘れてくれる…
そう願っている人が、どこかにいるのではないですか?…☆

米国、少なくともトランプとそれについている愛国派は、
北朝鮮を本気でねじ伏せるなんて考えていないでしょう。
ただ、今は戦争屋が大攻勢をかけているので、
うまくかわせるかどうかがカギとなるでしょうね。



一方の経済は、それ以上のごたごた…

安倍首相が葬った決算短信の「業績予想」

上場企業は年に4回、四半期ごとの決算を公表する。その決算内容を平易にしたものが四半期決算短信だ。短信は東証(証券取引所)の規則によって、その「様式」が定められているが、この3月期決算から、個人投資家が最も注目している「業績予想」という重要項目が抜け落ちる由々しき事態になりそうだ。掲載した決算短信の「サマリー情報」の新旧様式をご覧いただきたい。旧様式の一番下の業績予想欄がざっくりと削られているのがわかるだろう。この削除は、当局(金融庁、東証)にとっても全く予想外のできごとだった。今後、業績予想の公表は縛りがなく、全く任意となる。様式から業績予想欄が消えたからといって、東証の強い要請もあり自動的に公表されなくなるわけではないが、「記入欄があるか、ないかでは、記入へのインセンティブが違ってくる」(上場企業財務担当者)ため、業績予想を公表する企業 ………

こういう事をするというのは、もはや万策尽きている証拠です。
のちの教科書に、安倍の事はどういう形で掲載される事でしょう。
「出鱈目内閣」「詐欺師内閣」「「薩長最終内閣」…
「逆鰻香内閣」なんていうのもしゃれていますね。
みんな鰻の香りをかかされて涎が出ただけ。
鰻は食べさせてもらえませんでしたとさ…☆





2017–04–13 (Thu) 19:40
今日は早く帰れたから、昨日の記事に追記しようとして、
間違えて記事を消してしまった…

しょぼーん…


元気回復してから、今日の記事を書きますので、
もうしばらくお待ちください…☆



…まあ、それまで、
こちらでも見ていて下さいな。

よく出来過ぎていて、
笑えませんよ…☆




相場の不思議、この世の不思議…☆

2017–04–11 (Tue) 22:24
東芝が決算発表だそうで…

これ、決算発表などしなければ良いのですよね。
のらりくらりして永遠に先延ばしして、
その間に「新東芝」を作って、そこに業務移管させてしまえばよいのです。
ずるいとお思いでしょうが…こういう手段もとれるのですよ☆


東芝の問題は東芝だけのものではありません。
もとはと言えば、安倍たちの様な連中が米国を助ける為に東芝に負わせた不良資産。
そういう人たちには、責任はとって頂かないと…☆

加計学園の本当の事がばれれば、安倍政権は終りなのですが、
そんな事では済まなくなってきそうですね。
軍事利権やエネルギー利権、そこに絡む統一教会や北朝鮮、イスラエルなど、
絶対秘密にしておきたかった事が、露見して来る様な気もします。
そうなれば薩長150年の栄光もオシマイ…
それどころか、過去に遡って正体を暴かれてしまいそうです。
それもまた、次の歴史への「通らなければならない道」なのかもしれません…☆



20170411.jpg

上図は過去6ヶ月間のDJI(ニューヨークダウ)のチャートですが、
少しづつ、チャートが丸くなってきましたね。
無理に買い上げて、チャートが丸くならないようにしたのでしょうが、
運命には逆らえないのが、相場というものです。


20170411-2.jpg

こちらは5年チャート。
一見しただけではそうは見えないかもしれませんが、
こうすると、ほら…☆

20170411-3.jpg

ものすごく大きな周期で、
チャートが丸くなり始めているのが、お分かりになると思います。

無理に上げても、どんなにチャートを崩しても、
最終的には大きな弧を描き、丸くなってしまうのです。
もがいても、もがいても、逃れられない運命。
それは、胴元のロッケンフェルターやロートシルトさえ飲み込んでしまう…

相場は最後の最後では正直です…☆



2000年と2008年にしか見られなかった事象が、今起きています…☆

2017–04–10 (Mon) 22:46
今日も簡易更新ですみません。
現在、あき時間をぬっての更新です。
今の所そう忙しくは無いのですが…

今回は経済の記事です。

Bank Of America: "Previously This Has Only Happened In 2000 And 2008"

「バンカメ:2000年と2008年にしか見られなかった事象が、今起きている」
・エコノミック・サプライズ指数(びっくり指数)のソフィトデータとハードデータの乖離
・商工業ローン貸出の低迷
・個人ローン貸出の増加

なるほど、最悪ですね…☆

2016年2月17日の記事、
1929年大暴落の再来 「超長期ブロードニング・フォーメーション」…☆
などでもお話してた、「第5ピーク」が崩れかけてきているかもしれませんね。
注目しておいた方がよいかもしれませんよ。
この件は今週中に、また記事を更新できればと思います…☆


こんな時は冷静に、冷静に…☆

2017–04–09 (Sun) 21:50
今夜は簡易更新です。
…今日は出だったので、これで勘弁なのです…☆

恩師からお祝いのプレゼントを頂きました。
昭和時代のテレビドラマのDVDです。
これ、見てみたかったのですよね。
恩師絶賛のお話だったので。
何のお話かというと…
それはまた、いずれ見てからお話します☆


シリアの件、マスミディアとこのブログでは大幅に見解が違いますが、
マスミディアは、それを支配する者が大衆に見せたい内容ですので…☆
皆さまにおかれましては色々な見解を見て、考えて、
更に情報を仕入れて、状況判断をして頂ければと思います。

ホワイトハウスでは、好戦派がかなり強引に仕掛けてきていますね。
それだけもう後が無い証拠でもあります。
こちらは冷静に、状況を見極める事が大切ですよ…☆


昨日は皆様にご迷惑をおかけしました。本日は平常運行です…☆

2017–04–08 (Sat) 15:46
情報が集まってくるにつれ、
トランプ-プーチンのお芝居の線が濃くなってきました。

One day after being hit by 59 U.S. missiles, Syria air base is still functional and launching warplanes

攻撃から一夜明け、基地からは飛行機がバンバン飛んでますぜ…だそうです☆

トマホークのお値段は1基160万ドル(1億7600万円)。
59基でしめて103億8400万円+諸経費。
それで壊したのがあんなしょぼしょぼの、何もない基地ですか。
残存価格がミニマムのおんぼろミグ23が6機相手では、赤字も赤字、大赤字ですね…☆
もっともそれも、そこにミグ23が「本当に」おいてあって、
基地も元から壊れていなければのお話ですが…☆



「うーん、バレちゃったか、しょうがねーなー。 全部芝居だよ、へへ…☆」
「こちらも色々苦労しているのだ。 詮索も良いが、作戦の邪魔をしないようにな…」
位言ってくれるかな?
否、それはもっと優秀なネット民たちに言って下さい。
わたしよりずっと優秀な人が、ゴマンどころか、5億人位いらっしゃると思います…☆


しかしまあ、まんまとおびき出された愚か者がいますね。

ISIS, Al-Qaeda Praise Trump's Attack
ははは…「ISISとアルカイダが、トランプの攻撃を賞賛」ですって☆


CNNさんも見事に釣られましたか。
It Took A War For Trump To Win CNN's Approval: "Trump Became President Last Night"
ファリード・ザカリアがトランプを絶賛。
「トランプは昨夜(の『みしゃいる』攻撃)で、アメリカ合衆国大統領になった」そうで…☆


あ、ここにもいたか…
安倍首相「米国の決意を支持」 シリア攻撃受け

否、まともに状況分析している日本の部署もあるとは思いますよ。
ただ、「猫にウナとライオン5ポンド金貨」の例えよろしく、
もったいないから上にあげないだけでしょう。
下手に本当のことを言うと、逆切れされちゃいそうですから…☆



戦争屋の罠か? はたまた反戦争屋の罠か?…☆

2017–04–08 (Sat) 09:14
前回は、猛毒サリンに素手で立ち向かう白ヘル段の方々についてお話ししましたが、
次の謎としては…

②対露融和のトランプが、なぜここで性急な強硬策に打って出たか

これについてはいくつか考えられます。
「トランプが金融戦争屋に飲み込まれた」「否、元から金融戦争屋の仲間だった」
そういう意見もありますね。
0hedgeにも、そうした懸念を表明した記事が掲載されています。

Have Goldman Sachs & The Deep State Taken Over The Trump Administration?

Deep Stateとは、国家内国家=国の中あるもう一つの国。影の政府…でもいいでしょう。
ここにトランプは飲み込まれてしまったのか…という考え方、可能性はゼロとは言えません。
上記に近い例が、かの悪名高いジョージ・W・ブッシュです。
彼は就任当初、貧乏人にカネを配ろうという話をしていた事が記録に残っています。
「パーティー会場のドアを開けて、一般の人々も招きいれよう」とね。
しかし、結局はああいう事になり、米国は一気に大ピンチに陥りましたが…☆


③米国は通常営業中?…☆

ただ、事情通の方たちの一般的な意見は、米国式の「通常営業」といった所です。
支持率低迷の際は、こうして戦争に打って出るのが支持率上昇の近道。
ブッシュがアフガン攻撃を当初成功させて支持率を上げたのが好例。
同じ事はレーガンもクリントンもオバマもやって来た事です。
問題は、ちゃんとロシアとお話が付いているかどうかですが、
「事前通告はした」という事なので、オトナのお芝居をしている可能性もあります。
この場合、ロシアはアサドを捨てて、トランプに花を持たせたという事になります。
ロシアにとってトランプは都合のいい政権なので、これ位の事はするだろう…
知識階級の方たちの平均的な意見の様ですが、
うーん…わたしには少々疑問に感じますけれどね☆

米露の間で、なにかしらの打ち合わせが有った可能性はあると思います。
あまりにお話が出来過ぎていて、辻褄が合わない個所が幾つもあるからです。
そう簡単に、アサドを捨てるような真似はしないと思いますよ。
ですから後で述べるように、もう少し「プラスアルファ」がないとね…☆


④拙速すぎる米海軍の攻撃

そもそもアサドの化学兵器使用という偶発事象が発端なのに、
こんなに早い時期に、こんな集中攻撃が出来ますかね。
第六艦隊のミサイル駆逐艦を短時間のうちに理想の位置に配置するには、
予めアサドの「サリン攻撃」の決行を知っていなければ上手くいきません。

「否、米軍は優秀だから、こうして極めて短時間のうちに作戦展開出来る」?
いえいえ、今の米軍(NATOは全部そうですが)は、何しろお金が有りません。
艦船は係留されたままのものが多いですし、整備不足で飛行機は飛べないものも多く、
ミサイルも老朽化と整備不良で、戦力としては誠に頼りない状況の中、
そのミサイル駆逐艦の様な攻撃特化艦船をプカプカ浮かべている余裕は有りません。

米シリア攻撃 ロシア「59発中23発 基地に命中」

シャイラートへの着弾率は23/59で、着弾率は38.9%。
中距離でのトマホークの命中率は40%位と言われていますから、妥当です。

「その一方で、駐機場や滑走路には大きな被害はなかったとしたうえで、空軍基地に命中しなかった36発のミサイルはどこに着弾したかわからないとしています。」
わからない筈はなく、着弾地点は殆ど判明していると思いますよ。
オトナの事情で、そういう事は普通、分からない事になっているようです。
そして本当は、もっと基地への着弾率を下げる事が出来た筈。
シリアには「 C-400 Триумф」というロシアの防空システムが張り巡らされており、
これがクリントたち米国戦争屋の、苦渋のシリア撤退を余儀なくされた最大の要因でした。
これを使えば、トマホーク程度ならば何発も叩き落とせたでしょうから。
つまり、この時点で C-400は、機能を停止させていた可能性が有ります。
…これを本気で叩き落とせば、一気に戦局はエスカレートしますからね…☆



⑤オトナの事情は複雑
そもそもアサドには化学兵器など使う必要はありません。
戦局は優位に展開していますし、トランプは戦争屋を抑えようとしていますから、
あとは相場が崩れるのを待って、金融戦争屋が自滅するのを待つだけです…☆

この辺りはさすが、かのロン・ポールも見抜いています。
0hedgeから、こんな記事も出ていますよ。

Ron Paul: "Zero Chance" Assad Behind Chemical Weapons Attack In Syria; Likely A False Flag

ロン・ポールが「偽旗作戦」と見破っている訳ですから、
その息子ランド・ポールと仲良しのトランプの耳にも届いていたのではないでしょうかね。
そこを見た目には、「トランプが戦争屋に寝返った」と思わせるような事件が起きました。

逆にここでトランプを取り入れないと、金融戦争屋は時間切れゲームオーバーです。
そこでまんまとトランプが乗せられてしまった…というのが、②の見方です。
そして支持率上昇の為ならやむを得ず彼らと一時的に手を組んだというのが、
③の考え方で…複雑ですね。
しかし…どうせ複雑なら、もっと複雑な事は無いでしょうかね…☆



⑥米軍の作戦は成功? 失敗?
わたしから見れば、大失敗です…☆
トランプの演説に、こんな一節がありました。

トランプ大統領、化学兵器による空爆で「シリアに対する態度を変えた」

私は変わる。私は柔軟だし、柔軟であることを誇りに思う。伝えたいのは、昨日子どもたちを襲った空爆は私にとって大きな衝撃を与えたということだ。大きな衝撃だ。空爆はひどい、とてもひどいことだ。空爆を目にしたが、これ以上にない非常に最悪の状況だ。私には柔軟さがあり、非常に大きな可能性として、伝えたいのは、空爆はすでに起こってしまったことであり、シリアやアサド政権に対する私の態度は非常に大きく変わってしまったということだ」

そうして空爆をしたら、シリアにこんな事を言われちゃいました…☆

米の攻撃で市民9人死亡、うち4人が子ども=シリア国営通信

この記事は一時時事通信も配信していましたが、今は削除されています。
「これはまずい」とおもったのでしょうね…仕事が早いですね☆

何の事は無い、殺人者を懲らしめようとした米国が殺人者になりました。
本来戦争とはそういうものです…。
勿論、シリアのプロパガンダの可能性も高いのですが、
それならばシリアは、本当にしぶとく、賢い国ですね…☆

そして、大した検証もせずに踏み切ったミサイル攻撃。
図らずも、トマホークの性能の悪さまで露呈してしまったこの作戦。
その原因であるサリン使用が、偽旗であるとバレたら?…☆
当然、トランプ政権は大打撃を受け、下手をすれば事実上の大統領失格。
あとはレームダックとして細々と、長い長い4年弱を過ごす事になるのでしょうか…


⑦可能性は少ないが、壮大な罠の可能性も…☆

いえいえ、トランプにはちゃんと、言い訳が出来ます。
「あの時私は、CIAやNSA、軍の情報部から、確実な情報だと報告を受け、
 合衆国の為に戦っている彼らを全面的に信用し、一日でも早く平和を実現するため、
 あの攻撃に踏み切ったのだ。
 ところが、私の愛国心は踏みにじられた。彼らは陰謀を企み、虚偽の報告をし、
 ホワイトハウスと全国民と全世界を騙し、真心を踏みにじったのだ。
 それが分かった以上、我々は容赦しない。断固たる粛清を行う!」
とか何とか言って、政権内に入り込んでいる金融戦争屋の手先を十把一絡げに、
全員クビ…それも、再起不能なまでに叩き潰す事も出来ます。
それも全国民の同意を得て、大手を振って行う事が出来るのですから…☆
(この場合、当然シリアも、お仲間です。 勿論、子供の死者云々もお芝居です☆)
 

まだトランプ政権発足前の、2016年11月30日の記事、
まずは雇わないと、クビにできませんからね…☆

で、こんな事を書かせて頂きました。

トランプは既存の金融・戦争屋にも政権に加わるよう、声をかけていますね。
この事から、日本の上級国民サマにも「トランプは(意外に)組み易し」と考える人々もおられるようです。
しかし、これこそ孔明の罠…じゃなかった、トランプの罠。
おびき出して、立てておいて、バッサリと…☆
トランプの得意技の決めゼリフ、憶えていらっしゃいますか?
You are fired!
「おまえ、クビ!」です☆
クビにするには、まずは雇わないといけませんからね…☆


可能性は少ない(高くはないと言うべきか?)ですが、
もしここまで考えての行動ならば、
トランプ一派もなかなか大したものです。
しかし、それには大きな条件があって、
後々「自分の娘婿」の首を、断頭台で切り落とす事になりますが…☆




どちらにせよ、米国民、特にトランプ支持だった内陸部の人達は、
このミサイル攻撃、大不評の様です。
そもそも米国民は、今や政府もマスミディアも信用していませんから、
彼らの間から、「こんなトランプなら、いらねーよ☆」という声が大きくなり、
さっさとトランプの次を探すという事になるでしょう。

今更特権階級が何をやろうが、
トランプ旋風の真ん中にある動きは、もう止められません。

そうやって人が変るほど、ますますその力は強くなりますから、
下手をすれば、現在の連邦(合衆国)制度時代が終わる事になります。

米国のお金持ちや偉い人たちは、よく考えた方がいいと思いますよ…☆





シリアには、猛毒サリンに対して免疫のある人たちがいるようですね…☆

2017–04–07 (Fri) 21:41
シリアのアサド政権がサリンを使用し、
これに怒ったトランプがミサイルで攻撃を行った。
何が起こっているのか、よく分からない…
トランプは裏切ったのか…?

そうお思いの方も多いと思われますので、
この件についてなるべく分かりやすく、お話していこうと思います…☆


疑問① アサド政権は本当にサリンを使ったの?
いいえ、使っていません。
いつもの偽旗、インチキテロの様ですよ。
こちら、「ロシア・インサイダー」の記事をご覧下さい☆

Gloves Are for Sissies: Photographs Show White Helmets Are Immune to Sarin

20170407.jpg

Gloves Are for Sissies: Photographs Show White Helmets Are Immune to Sarin
「防護手袋なんざあ、弱虫の嵌めるもんだ☆」
ホワイトヘルメットの猛者たちは、サリンに免疫が有る様です…☆

はっはっは…タイトルからして余裕ですね、ロシア☆
ホワイトヘルメットとは、こういう人たちです。

「ホワイト・ヘルメット」をめぐる賛否。彼らは何者なのか?
ホワイト・ヘルメット(正式名称は民間防衛隊)は、2012年末から2013年初めにかけて、戦災者の救助や治療、犠牲者の埋葬を行うために各地で結成されたボランティア・チームに起源を持ち、これらが2014年10月に統合することで正式に発足した…(中略)彼らは「中立、不偏、人道」を掲げ、いかなる政党、政治組織にも属せず、サーリフ代表によると「瓦礫のなかから、ヒズブッラーの戦闘員、イラン人、シリア軍兵士さえも救出してきた」と主張する。しかし、草の根的、中立的、そして非政治的なイメージとは対象的に、その背後には、欧米諸国とその同盟国の影が見え隠れする。
ホワイト・ヘルメット結成を主導したのは、ジェームズ・ルムジュリアーという英国人だということは広く知られている。彼はサンドハースト王立陸軍士官学校を卒業後、北大西洋条約機構(NATO)の諜報部門や国連英国代表部に勤務、コソボ、イスラエル、イラク、レバノンなどで20年以上にわたり職務にあたった。

という事で、特にNATOの影響下にある集団なのはバレています。
その方たちがなんと素手で、サリンに倒れた子供たちを介抱しています。

20170407.jpg

こういう事をすると、介抱している人もサリンで死にます。普通はね…☆

He's right.
It's not a Sherlock Holmes mystery: You can't just run headfirst into a sarin gas attack all willy-nilly without proper protection.
彼の言うとおり。これはホームズのお話ではない。サリンガス攻撃に対してはちゃんと正しい防護器具を装着せずに、行き当たりばったりに、出たとこ勝負で立ち向かってはいけません…☆

C8rw90CU0AAIgkt.jpg

赤線の所に注目。
「耐薬品性手袋」を、アウターとインナー、つまり二重にして嵌めなさいという事です。
こうしないとサリンが自分にも付着してしまい、死にます。
でもお写真を拝見すると、なんだか元気そうですね。
このホワイトヘルメットの方たち…サリンに免疫が有るのかもしれませんね☆
この謎の答えは簡単、使われた兵器がサリンではなかったという事です。
(そんな攻撃自体、存在しなかったかもしれない可能性すら残りますが…)


Yes, this is the wardrobe chosen by Japanese first responders during the Tokyo sarin attack:
It's not because they were cowards — it's because they didn't want to die.
The White Helmets are so, so brave.

ほらほら、東京のサリン事件ではちゃんとそういう装備をしていました、
彼らが臆病なのではなく、そのおかげで(二次災害で)死なずに済んだのです。
(原文直訳では「死にたくなかったから」ですが、ニュアンスは上記っぽいのではないかな…?)
ホワイトヘルメットの人たちは勇敢だねえ…ホントに勇敢だっと…☆

ふふふ…こういうロシア式の言い方、わたし、好きですよ☆
イギリスでも賢い民衆は、こういう言い方をしますしね。



「いつものインチキなのは分かった。 でも…
 それではなぜ、トランプは攻撃を?」

はい、幾つかの可能性が考えられますが、
記事が長くなりますので、それは次の記事でお話しますね。

…これから晩ご飯を食べますので…☆





相場は痙攣をおこし始めているのかもしれませんね…☆

2017–04–06 (Thu) 22:44
すみません、今夜は超簡易更新です。

本日のch225
20170406.jpg


上げ下げの幅は大きくは無いのですが、
各指標のボラティリティ(価格変動度合)の変化が頻繁になっています。
上げては下げ、下げては上がるのが相場というものですが、
この所のそれは、人間の体で言えば痙攣を起こしているように感じます。

これは正直、良くないのですよ。
長年相場を見てきた方ほど、
「これはおかしいぞ…」と、お気づきになられている事と思います。

今、世界中のニュース(の中)では、サリン使用でアサド非難が盛り上がっていますが、
これと連動すべきドル高株高にはなっていません。
勿論、買いは入りますが…
買いが入っても、「これ幸い」と、売る人もかなり多い様な感じがします。

これを覆す様な暴露があるかもしれませんね…
但し時期は分からない…近いのかもしれないし、しばらく先なのかもしれません。
なにしろ暴露する側は、ちっとも焦っていませんから。
一番いい時期に、一番効果があるやり方で、それを行うのでしょうから…☆



オリガルヒの悪あがきとと、もう一つの懸念と…☆

2017–04–05 (Wed) 21:53
北朝鮮ミサイル、急ピッチの技術向上 昨夏以降に加速

大本営の日経らしい報道…☆
あんな貧乏国家がどうしてそんなに「すごい兵器」を持てるのか、
納得いく説明が欲しいのですが、無理というものでしょう。


北朝鮮の発射失敗ミサイル、移送中に爆発の可能性

他にも相当数の失敗があると思いますよ。
この程度の輸送や据え付けで失敗する様では、自力でSLBMなど開発できませんし、
SLBMの存在事態も勿論ですが、そもそも自国所有の人工衛星が多数いないと、
SLBM搭載の潜水艦の誘導すら出来ませんから、お話が矛盾だらけです。

本当にSLBMを発射しているのならば、そのシーンを公開するのが最大の威嚇なのです。
北朝鮮も最初はそれをやっていましたよね。

2015年5月10日の記事、
北朝鮮、フォトショップインチキミサイル発射事件?…☆
でもお話しましたが、公開されたSLBMの画像がこれ。

0150509at45-1_p.jpg



本物のSLBM発射シーンはこれ。
動画は米国製、トライデントⅢD5の発射シーン☆



全然違いますね…☆


SLBM発射は前回は成功したとの事ですが…

上手くいくのは、「どこかの誰かさん」が供与してくれたミサイルで、
自国製は失敗ばかりなのではないでしょうかね…☆


そういえばイスラエルは、ドイツからSLBM搭載可能な潜水艦を買っていましたね。
あれは今頃、どこにいるのでしょうかね…



今、世界の特権階級(それも金融戦争屋ではない)の一部は、韓国に親北政権を誕生させ、北主導で朝鮮半島を統一させようと画策しているようです。
やはり怪しい人たちですね。かりそめの、見せかけの平和は来るのかもしれませんが…これでは東アジアの民衆は、平和を満喫しながら幸せに暮らす事が、なかなか出来ません…

民衆がもっともっと賢くなれば、
彼らもそういう
「分断して統治する」
「愛憎を煽って、離合集散させる」
タイプの統治はし辛くなって来るでしょう。
…ですから今日も明日も少しずつ、勉強、勉強です…☆



こんなお粗末な復興大臣、前にもいたなあ…☆

2017–04–04 (Tue) 22:26
どんなにカネで買収しても、次から次へとボロをだしていけば、いずれ破綻します。
今日も呆れた男が呆れた事をしたようです…☆

「出ていきなさい!うるさい」今村復興相が記者に激昂 自主避難者への支援めぐり

今村雅弘復興相は4日の記者会見で、東京電力福島原発事故の被災地で自主避難を続けている住民への対応をめぐる報道陣からの質問に対し、「出ていきなさい。二度と来ないでください、うるさい」などと述べていたことが明らかになった。菅義偉官房長官は同日午後の会見で、今村氏から報告を受けたとしたうえで、適切に対応するよう求めたと述べた。
 原発事故があった福島県では、先月31日に避難指示区域外に暮らす自主避難者への住宅の無償提供が打ち切りになった。今村復興相は4日の閣議後の会見で、「自主避難で避難生活を続ける人は、基本は自己責任だ」と発言。
 この問題をめぐって「国は責任を取らないのか?」などと質問した記者に対して、今村氏は「出ていきなさい。二度と来ないでください、あなたは。うるさい」などと感情的になる場面があった

まあ自分さえよければ良い売国極右なので、こんな程度の男なのでしょう。
それにしてもなぜ、復興大臣には当の東北の人間が選ばれないのでしょう。
ちなみにこの方は、薩長土肥の肥前=佐賀県のご出身の様ですよ…☆
そういえば、「オフレコ」で有名な初代復興大臣様も、九州のご出身でしたね。
まともな九州の方からみれば…恥ずかしいでしょうね、多分…。


そして例によって、すぐに「謝罪」だそうで。

今村復興相「出て行きなさい」 記者に激高し謝罪
今村復興大臣が会見で記者の質問に対し感情的になって声を張り上げる一幕があり、その後、発言について釈明し、謝罪しました。

 「責任持ってやってるじゃないですか。なんて君は無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい」(今村雅弘復興大臣)
 「撤回しません」(記者)
 「しなさい。出て行きなさい。もう二度と来ないでください、あなたは」(今村雅弘復興大臣)
 東京電力・福島第一原発事故の自主避難者への国からの支援が打ち切りとなることについて、記者から「国に責任はなく、自主避難者の責任だというのは無責任なのではないか」と質問を受けた今村大臣。記者の質問に激高する一幕がありましたが、これについて謝罪しました。
 「感情的になってしまいました。改めましてお詫びを申し上げ、今後はこういうことがないように冷静・適切に対処していきたい」(今村雅弘復興大臣)
 今村氏は「説明してもわかってもらえなかった」と自身が感情的になってしまった理由を説明。一方、午前の会見で自主避難をめぐり「何かあったら訴訟したらどうか」と発言したことについては「客観的に言ったつもりだ」と釈明しました。



東北の人間の目は、とても冷ややかですよ。
わたしももう、東北の人間です。
ですから、とても冷ややかな目で見ています。
正直、呆れてものも言えません。
まあ、一言だけ言うとすれば…


おまえたち…復興の邪魔だから、もう、来なくていいよ…



三文劇場本公演の演目終了、と行きますかどうか?…☆

2017–04–03 (Mon) 22:32
賢明な皆様におかれましては、
週が明けたら一気にトーンダウンしたのがお分かりになられていると思います。

籠池劇場は、予定の公演を終了したようですね。
これは放っておくと、単なる特権階級内のリニューアル工事で終わってしまいます。

こういう時は、例によって強権と金を使って事態を一気に終息させるのが一番。
安倍の次は麻生でもいいし、麻生の後は小池でもいい。
小池の後はポチでもミケでも良い訳で…☆


ただ、籠池劇場では表に出さない筈の、想定外の案件まで漏れ出してしまった…
昨日お話した事も、その一つです。
そしてまた、彼らの想定外の秘密が漏れるのではないでしょうか。
それらを追う人も、ちゃんといる訳です。


さて、首相動静を振り返りましょう。

首相動静(4月1日)
午前6時51分、山梨県鳴沢村の別荘発。
午前8時4分、東京都八王子市のゴルフ場「八王子カントリークラブ」着。
         青木拡憲AOKIホールディングス会長、池森賢二ファンケル会長、
         鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長とゴルフ。
午後3時14分、同所発。
午後4時18分、山梨県富士吉田市の温泉施設「ふじやま温泉」着。入浴。
午後6時18分、同所発。
午後6時30分、別荘着。
午後7時3分、別荘発。同15分、同県富士河口湖町の中国料理店「異彩中国菜館 湖宮」着。昭恵夫人、秘書官と食事。
午後9時28分、同所発。同38分、別荘着。
2日午前0時現在、別荘。来客なし。(2017/04/02-00:05)

首相動静(4月2日)
午前10時現在、山梨県鳴沢村の別荘。朝の来客なし。
午後0時1分、別荘発。
午後0時14分、同県富士河口湖町のハンバーガー店「ムースヒルズバーガー」着。昭恵夫人、秘書官と食事。
午後1時24分、同所発。
午後2時47分、東京・富ケ谷の私邸着。
3日午前0時現在、私邸。来客なし。(2017/04/03-00:04)


千葉へ行った後、明恵夫人はずっとべったりですね。
…妙だと思いませんか?
千葉へ行ったのは、単にスピリチュアルだのオカルトだのならば良いのですが、
なにか重要な相談をし、指示を受けに行ったのかもしれませんね。
その指示を夫に伝え、細かく指図までしたのかもしれません。


籠池劇場と並行して演じられた明恵劇場。
本当は、パージされているのは愚かな実の息子の方で…
嫁と姑は、硬い絆で結ばれているのかもしれません。
その、とある「宗教」とやらを通じてね…☆




まあ…いずれにせよ、彼らは運命の蟻地獄に飲み込まれて、消えていくのです。
その時、彼らだけ大人しくアビスに飲み込まれていけばいいのですが、
みんなが座った絨毯の端を掴んで、多くの人達を道連れにしようとしている…
と考えると分かりやすいと思います。

そんな事をされたくなければ、みんなで彼らを追い込む事です。
それは暴力などに訴えかけなくても、情報公開をさせれば良いだけです。
情報公開の力は凄まじく、鉄のソビエト政府ですら短時間で葬り去りました。
ましてや彼らでは…イチコロです。



闇への突破口を開こう、という方たちがいらっしゃいます…☆

2017–04–02 (Sun) 20:57
明日から本格的に平成29年度が稼働しますが、
かなり目まぐるしく、そして混乱する年度となるでしょう。

まずは政局ですが…
安倍政権の命脈は尽きています。
ここから、様々な事が白日の下に曝されていくでしょう…☆


先週の日刊ゲンダイさまにこんな記事が出ていました。
安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報

そして、ここにきて、安倍の背中を押す大きな理由になりつつあるのが、西日本選出の自民党衆院議員のスキャンダルである。ズバリ、違法薬物に手を染めたかどで、逮捕されそうだというのだ。
「不逮捕特権の切れる通常国会の会期末(6月18日)を迎えたら、即逮捕に踏み切るという具体的な日程もささやかれています。しかも、『内偵に動いているのは警察ではなく、厚労省の麻薬取締官だ』『一緒に“ヤクをキメていた”愛人が先週末に六本木で逮捕され、取り調べで議員の名前を挙げた』『あの議員はヤクなしでは2日と持たない』などと、やたらディテールだけは細かい真偽不明の情報が、ジャンジャン飛び交うありさまです。国政選挙を差配する幹事長室も相当、ナーバスになっています」(ある自民党議員)


皆さまもお耳にされているかもしれませんが、
既に人物はあちらこちらで特定されています。
薬物中毒は、大阪4区の中山泰秀です。
事情の分かっている人たちの間では、もうずっと前からそう噂されていました。
ごく普通の、真面目で心やさしい関西の方たちには申し訳ない言い方のですが、
世界の闇のパワーと結んでいた、関西の闇は非常に深いのです…


しかし、彼に追及の手が伸びれば、その暗雲は徐々に晴れていくと思います。
中山は2009年から2012年までパソナの代表補佐をしていました。
そう、いよいよ酒池肉林の仁風林に象徴される、パソナに捜査のメスが入るのです。
ターゲットは、まずはその首領の神戸出身の南部、
そしてその裏にいる和歌山出身の希代の売国奴、竹中平蔵です。

警察も検察も悉く、極右に靡く悪人たちが牛耳って来たこの20年でしたが、
いえいえ、現場を中心に、ちゃんと真面目な人たちは生き残っていました。
そして密かに捜査を進め、証拠を握り、そして事態の好転を待っていたのでしょう。


こうなると、安倍たちは喉元にアーミーナイフをつき当てられた形になります。
これに対抗する術は、国会終了前に解散総選挙を行い、
今以上の議席数を確保して圧勝するしかありません。
ですから地ならしの為、「え、何それ?」と思う様な情報をリリースして来ます。

日経の内閣支持率は62%というのは、日経読者でも「?」と思うかもしれません。
…思わない人もいますよ、日経教の信者さんです。
そういう方たちは、ちょっと救い様がありません…☆
そして内閣府も、こんなニュースを平気で流します。


「社会に全体として満足」が過去最高 国の世論調査

だんだんお分かりになって来たと思います。
今のこの国は、韓国、そして北朝鮮とそっくりですね。
韓国の腐敗と、北朝鮮の独裁とインチキ…

その謎を解くカギは、一つはおなじみの国際金融戦争屋ですが…☆
もう一つは、「満州国」です。
それについては、また折に触れて書いていきたいと思います…☆




追記

中山の件に関しては、こちらでもう少し詳しくお話されています。

【覚せい剤?】違法薬物使用疑惑の自民党衆議院議員はN議員(元外務副大臣)か!?

他にも興味深いお話が幾つか掲載されていますから、
同じFC2ですし、ご覧になってみてはいかがでしょう…☆



アップルの「トラップ・ドア」騒動に思う、運命の1985年8月12日…☆

2017–04–01 (Sat) 23:46
まずはゼロヘッジさまから、気になる話題。

More Dangerous Than The NSA? The Massive Spy Agency You Haven't Heard Of

米国の諜報機関と言えばNSAが有名ですが、それを上回るかもしれない諜報機関、
NGA(National Geospatial-Intelligence Agency=国家地球空間情報局)が話題になっています。
(有名なCIAは、諜報と言うより工作機関と申し上げた方がよいでしょう)

スノーデンの言うとおり、わたしたちのPCやスマホには全てトラップ・ドアが仕掛けられていて、
その気になれば国家は全ての情報を収集できるのでしょう。
そういえば先日、アップルの脆弱性についてのニュースがありましたが、
櫻井ジャーナルさまの、よくまとめられた記事をご紹介します。


WikiLeaksが公表した資料によると、アップルのコンピュータやiPhoneも有害ソフトに汚染の可能性

WikiLeaksが発表した新たな資料「DarkMatter」によると、アップルのコンピュータやiPhoneには製造ラインから消費者の手に渡る間に有害ソフトが感染しているという。もっとも、こうした工作はアップルだけの問題ではなく、むしろアップルは遅い方だ…(中略)
1970年代の終盤に開発された不特定多数のターゲットを追跡、情報を収集、分析するシステムのPROMISの場合、アメリカやイスラエルの情報機関がトラップ・ドアを組み込んで各国政府、国際機関、あるいは金融機関に売っていた。このシステムを日本人で注目したのは原田明夫と敷田稔。法務総合研究所は1979年3月と1980年3月、2度にわたってPROMISに関する概説資料と研究報告の翻訳を『研究部資料』として公表している


上記引用の通りとんでもないお話なのですが、こうしたはお話は昔から存在します。
来るべきコンピューター社会に備えて、パーソナルコンピューター普及の前に、
最初から「トラップドア」を埋め込んでおいたのです。
それが皆さんがお使いになって来た、「ウィンドウズ」です。
櫻井さんの仰るように、アップルは遅い方です。


しかし、せっかくのドア付きOSも、世界的に大きなシェアを取らなければ意味はありません。
それには競合する、ウィンドウズより優秀なOSを、早い段階で潰してお金ければなりません
そんなOSの一つが、日本が開発中だった「トロン」だったのです。
1970年代から80年代初頭の日本はまだかなりまともな国で、
原田氏や敷田氏の様に、同盟国に対しても監視の目を怠らない、
国家安全保障もちゃんと考えた国だったのです。


経済的にも米国を追い抜き、世界を凌駕する様な日本。
その日本を叩き潰す計画が立てられ、その中にこのトロンも含まれていたとしたら…

合点のあう出来事が、皆さまの脳裏に浮かぶ事と思います。
そう。
1985年8月12日に起きた、「あの事件」です。

日本航空123便墜落事故



JAL123便ミサイル撃墜 プラザ合意押し付け トロンOS技術者暗殺 佐宗邦皇氏不審死事件

2010年02月10日17:31
17名のトロンOSの研究者を載せた日本航空123便墜落事故 撃墜されたのか?

http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=352
自衛隊の無線技師だった知人の祖父は、事故当時、北海道は根室にて亜米利加空軍の軍事演習のやり取りを処理しており、こんな無線を受けた。
「…あ、当たっちゃった」
いやいやビンゴ、狙い通りでしょ?
追記:尚、この便には、純国産コンピュータ・オペレーション・システム「トロン」開発プロジェクトの技術者17名が搭乗していた。



日航123便については多くの謎が残されており、
ミサイルを使ったのかどうかまでは、正直分かりません。
しかし、最初から123便に搭乗した人間及び搭載された貨物を、
この世から永遠に葬り去ろうとした事は確かだと思います。
OSトロンを葬り、米国ビルボードで日本人として唯一人1位を獲得した坂本九さんを葬り、
日本の安全神話を葬り、運命の「プラザ合意」を押しつけ…
そしてこの後バブル経済を起こし、破綻させ、
その後の凋落に漬け込み、愚民化政策と中韓への憎しみを植え付け、
日本を右傾化させた人々の正体は、この事件が解明されれば、
すべて分かるのかもしれません。

もしそれがもっと早く分かれば、あの911も起きなかったのかもしれませんし、
311と原発破壊工作もなかったのかもしれません。
あの事件は、大きな大きな、ターニングポイントだったのだと思います。



上記のとおり、犯人の中に米国とイスラエルの姿が浮かび上がりますが、
一言断っておきたいのは、両国ともすべてが悪い訳ではなく、
特に監視対象となっている普通の国民は、むしろ最大の犠牲者と言う事です。
このおぞましい世界を変えるには、どこの国の国民も連携し、賢い民衆になる事です。
米国もイスラエルも、勿論日本も…☆




もっとも…そこまでしてOSに細工をして、全ての情報を収集しても、
それを解析するには大量の優秀な人材が必要で、実際には不可能なのです。
元々はその為にAI(人工知能)は研究されたのですが、所詮機械は機械。
やはりうまくいかないのでしょう。
それならばと、今度は単純頭脳労働に導入し、人員削減に役立てようという事の様です。
…本当は愚かな人たちの考える事は、悲しい程幼稚です…☆



極右は中国料理がお好き…☆

2017–04–01 (Sat) 22:01
今日はこれから、幾つか記事を更新しようと思います。
当初予定していた記事が長くなりそうなので後回し。
小ネタ連発になるとは思いますが…☆

宗教施設に潜伏情報 SNSからも姿消した安倍昭恵夫人は今

人前から姿を消した昭恵夫人は、一体なにをしているのか。私邸周辺や公邸ではほとんど目撃されていない。なんと、千葉県の宗教団体の施設に身を寄せているという情報が飛び交っている。
「昭恵さんが宗教施設に出入りしている姿を撮ろうと各メディアが居場所を探しています。ただ、場所は宗教施設ではなく宗教関係の知人宅、それに宗教ではなくスピリチュアル系だろうとみられています。昭恵さんのスピリチュアル好きは有名ですからね」


日本は自由主義の国であり、個人としては宗教に走ろうがオカルトに走ろうが自由です。
(本当に宗教とやらに走っているだけならばですが)
しかし、大きな権力を持つ首相夫人となれば、話は異なります。
その夫人、今日は山梨で首相と一緒の様ですね。

首相動静(4月1日)
午前6時51分、山梨県鳴沢村の別荘発。
 午前8時4分、東京都八王子市のゴルフ場「八王子カントリークラブ」着。青木拡憲AOKIホールディングス会長、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長とゴルフ。
 午後3時14分、同所発。
 午後4時18分、山梨県富士吉田市の温泉施設「ふじやま温泉」着。入浴。
 午後6時18分、同所発。
 午後6時30分、別荘着。
 午後7時3分、別荘発。同15分、同県富士河口湖町の中国料理店「異彩中国菜館 湖宮」着。昭恵夫人、秘書官と食事。(2017/04/01-19:48)

アオキ・ファンケル・ドトールか…わたしはどの会社のお店ともご縁が無いので、まあいいです。
それにしても嫌中な割には、中国料理がお好きですね…多分焼肉もお好きなのでしょう。
マスミディアのキャップを読んで、報道自粛を要請したのも、
中国料理の名店、赤坂飯店でしたね…☆

21時40分時点で更新されていないので、かなりお話が長引いているのかもしれません。
重要なお話がなされているのは確かだと思いますよ。
どう重要かは、そのうち分かると思います…☆
わたしもよくは知りませんけれど。



 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR