Trans Princess2017年07月

籠池夫妻より、あっちが先では?…☆

2017–07–31 (Mon) 22:02
明日早出のため、簡易更新です。

「森友学園」籠池夫妻を逮捕 補助金不正受給事件

うーん、逮捕する「ご夫妻」を間違えていますよ…☆
奥様が函館本線の森林公園と野幌の間の駅に、大変興味をお持ちのご夫妻ですよ…☆
北海道の方ならピンと来ちゃうかな?

しかしこれは、かえって政権にとって大打撃を与えるかもしれません。
「逮捕後」公開の情報があるというお話だったですからね。
取りあえずわたしたちは、お芝居の続きを見るとしましょうか…☆






PKO日報「公開すべきでなかった」自民部会、意見続出

全然懲りていないので、
これからも彼らの手から、幸運は滑り落ちていくでしょう。
本当に自民党がこの世から消滅する可能性すら出て来ましたね…☆



スポンサーサイト

因果が祟って、のた打ち回る者たち…☆

2017–07–30 (Sun) 22:21
田原総一朗が安倍首相に提案した「政治生命を賭けた冒険」は北朝鮮訪問、金正恩との首脳会談か?

と言いますか、今時安倍の言う事を聞いてくれるのは、
北朝鮮くらいしかないのではないですか。

北朝鮮外交というのは分かりやすく、
小泉は元々鹿児島県南さつま市(旧加世田市)田布施の朝鮮部落出身。
安倍は山口県熊毛郡田布施町の朝鮮部落出身です。
アジアやアフリカで広く行われていた「分断して統治する」、
マイノリティを使った植民地のマジョリティ支配の典型ですが、
ここにきて、その構図が完全にバレてきていますからね…
それは騙された日本人をはじめ各国のマジョリティだけでなく、
いい出汁にされたユダヤ人や韓国・朝鮮人も怒り出しています、
その怒りの矛先は当然、こういう事を発案・実行してきた「黒幕」です。
こんな状況下でその作戦を実行するのは、かなりの冒険だと思いますよ…☆
毒を振りまいてきた者たちが、自分の毒にのた打ち回っている様なものです。



吉本興業が社をあげて法務省PR! 松本人志の共謀罪賛成との関係は? ワイドショー芸人の会社が行政から金を貰っていいのか

こちらも自分の毒でのた打ち回っている口です。
日本の右傾化は、1990年代の吉本の東京進出の頃から始まりました。
テレビ番組が幼稚化したのも、この頃からの様ですね。
「彼ら」はこうした大衆文化を利用して、支配の強化を狙います。
他にも歌やダンス、映像、文学、ゲームなどあらゆるものの裏側に、
こうした意図はあるものだと、心のどこかに意識しておく事です。
「楽しむものは楽しむけれど、その手にはのならいよ」
そんな心構えを、いつもお持ち頂くと良いと思います。



そういえばニュースで甲子園の代表が宮城県を除いて決まったと言っていました。
こちらは雨も多かったので、日程が遅れている事に加え、
今日の準決勝の試合が引き分けで明日再試合になったからとの事。

もうそんな時期か…
季節が進むのって、速いですね…☆




IRBMをICBMだと言い張る人たち…☆

2017–07–29 (Sat) 10:35
安倍極右 困った時の 北朝鮮…☆

201703071620_61130011312759_2.jpg

「あーもしもし、一発弾道ミサイル撃っておいたけど、最近撃ちすぎ?
 森友学園の報道も加計学園の報道も、おさまんないね
 追加どうする? 別料金になるけど」

今回の分は、別料金払ったのかな?
弾道弾を作る程の国の中枢が、コード付き一般オフィス用電話という所が泣けますね。
「誰が為に弾道弾は撃たれる」
安部の為に決まっているではないですか…☆


米国防総省 北朝鮮発射の弾道ミサイルはICBM

ICBM怖い怖い…放射能怖い怖いに似ていますね…
でもロシアは、IRBM(中距離弾道弾)だと報道していますよ…☆


Минобороны РФ не увидело опасности в ракете КНДР для России

Минобороны РФ не увидело опасности в ракете КНДР для России
ロシア国防省「北朝鮮ミサイル、ロシアに脅威なし」


В министерстве обороны РФ отметили, что баллистическая ракета средней дальности поднялась на высоту 681 километр и пролетела 732 километров, упав в центральной части Японского моря.

ロシア国防省によると、このミサイルは中距離弾道ミサイルで、高さ681キロまで上昇し、732キロ飛行した後、日本海中部に落下しました。


ちょっとロシア語のお勉強でもしましょうか☆
注目の箇所は、ここです。
「баллистическая ракета средней дальности」

баллистическаяは「弾道」 語尾のаяは女性名詞に付く形。
ракетаは「ミサイル」「ロケット」。 女性名詞なのです。
среднейは「中間の」「平均の」と言う意味の形容詞。
дальностиは「射程」と言う意味の女性名詞ですから、つなげると、
「中距離弾道ミサイル」になります。
英語で言えばIRBM(Intermediate-range ballistic missile)です。
ICBM( Intercontinental ballistic missile)とは全然別物です。

IRBMを一生懸命ICBMだと言い張る人たち、
その正体は北朝鮮危機を煽って、お金儲けをしてきた人たち、自分の権力を強めてきた人たち、
そして、これからも、そうしていこううとしている人たちです。

これも何度も申し上げますが、
車一台、パソコン一台、自分で全部作れない国が、
ICBMなんて作れる訳が無いではないですか…☆

昨日の記事でもご紹介しましたが、
金融戦争屋-イスラエル-サウジ・UAE-北朝鮮。
悪い人たちに、こういうお国がつながっているのです。
勿論日本にも、そのお仲間が沢山います。

本当の脅威はどちらか。
賢い民衆なら、一発で見破れるはずです…☆





極右政治の負の遺産…☆

2017–07–28 (Fri) 23:08
本日は簡易更新です。
物足りないかもしれませんが、本文優先のため、ご理解ください☆

稲田は辞めたものの、混乱はこれからが本番です。
改憲や共謀罪などの大日本帝国化は歯止めがかかりましたが、
その餌としてばら撒いたお金が、これから問題となります。
本当に怖い混乱は、なにより経済です。

禁輸緩和の出口など、黒田は考えてもいませんでしょうから、
これからそれを止めるとなると、当然金利上昇のリスクが高まります。
金利が上がれば、すべてが終わりです。

いっそもう少し安倍を延命させて、このリスクに直面させ、
安倍などと言う名前を二度と国民が聞きたくなくなるようにするのも一考ですね。
これだけは誰が舵をとっても、避けられない事態でしょうから…

また詳しいお話は、そのうち更新してまいります…☆



蓮舫辞めたら、稲田も辞めた…☆

2017–07–27 (Thu) 21:52
今日も色々ありますね。

民進・蓮舫代表が辞任 「私の統率力不足」

これを聞いて一番慌てたのは、自民党・公明党ではないですか?
蓮舫と野田だから少なくとも総選挙には勝てると思っていたでしょうし。
なにより、「連舫は辞めたのに、安倍も稲田も辞めないのか」と言われますから。


稲田防衛相が辞任の意向固める PKO日報隠蔽、混乱で引責

ここで魔界のプリンセス…と言ったら魔界に大変失礼なので、
ここでカルトのプリンセスを傷物にするのは、かなり苦渋の選択でしょう。

戦争が出来る国になった日本を率いるのは、
この統一教会カルト・プリンセスだった筈なのに…はい、サヨナラ☆
それはもう、馬鹿で無能なカルト・プリンセスの命令で死ぬ奴は、誰も居ないですよ。

「公表されない世論調査」がいくつも行われている事は何度も書かせて頂いておりますが、
今週末の横浜市長選、来月の茨城県知事選の非公表世論調査結果が、
どうも自民党にとって、戦慄を覚える様な内容なのかもしれません。

とは言え、安倍をここで諦めれば、一気に総選挙へ雪崩れ込む世論が沸きます。
先程も申し上げましたが、相手が連舫&野田ならば勝てると踏んで、
早期解散も視野に入れていたのに、その前の地方選で更に連敗すれば、
あとはもう、来年12月まで立て篭もるしか取れる作戦はありません…☆

民進党が岡田か前原辺りを出してくれれば望みはあるものの、
その2人ではまたいつひっくり返るか分からず、そうこうしているうちに、
地方政党などが伸びてくれば、いよいよバンザイです…☆

こうなると小池百合子が政権を奪う…
とはわたしには思えませんし、奪っても短命に終わると思いますよ。

もともと小池を推しているのが、小泉や細川や小沢だと言う事は、
既に多くの方が耳にしている所です。
そこまでわかれば、正体が何者であるかは、
どなたも察しがつく所でしょう…☆
そんな烏合の衆が、新しい日本と世界を、創れると思いますか?
今の状況に輪をかけたような、混乱を招くだけです。
最後は悪事を全部ばらされ、バラバラに砕け散るのではないでしょうか。


とはいえ、今の安倍たちをこのままにしておくのも愚かな事この上ありません。
そこで取りあえずは、彼らの力も利用しよう…
本当は支配者などより遥かに賢い民衆は、
心の奥で、そう考えているのかもしれません…☆


夏至の後、更に加速する運命の流れ。
次のターニングポイントは秋分ですが、
その前の立秋は8月7日ですね。
変化はあっという間にやってきますよ…☆





追記

米国・ワシントンポストの記事からご案内…☆

The strange role North Korea is playing in the Persian Gulf crisis

北朝鮮とUAE(アラブ首長国連邦)の、秘密の繋がりが明るみに出ました…☆

There's at least some truth to both allegations. Details of the sale of North Korean weapons to an Emirati company were revealed in a 2015 leak of UAE government emails first reported by the New York Times; the emails showed that Yousef al-Otaiba, the UAE ambassador to the United States, was summoned to a meeting with the State Department because of the deal.

北朝鮮がUAEに兵器を供給してた。
そのUAEはサウジなどとともに、イスラエルと秘密外交を展開していたわけです。
そこで、2017年6月6日の記事、
UAEを巡るリークが、クシュナー失脚劇の幕を上げる?…☆
を、思い出してみてください。

①駐米UAE大使のオタイバが、イスラエルと組んで工作活動を行っていた
②ターゲットはカタールだった
③オタイバは大統領上級顧問、クシュナーと非常に密接な関係があった
④彼らのバックには、カジノや不動産業界の大富豪がいた
という事です。
ここまで分かれば、お話は分かりやすい☆
突然に思えるカタールとの国交断絶は、前々から仕組まれていた事の様です。
動いたのは、オタイバとクシュナー。
その裏にいるのが、イスラエルとユダヤマフィアたちの様ですね。
(引用ここまで)

金融戦争屋-イスラエル-サウジ・UAE-北朝鮮。
このラインで暗躍していたのが、クシュナー…
だんだんこの怪しい連中の正体が、明らかになって来ましたね。


こうして秘密が暴かれていくのは、日本も世界も同じです。
多くの謎が、どんどん解けてくるかもしれません。
わたしたちは数々の秘密が暴かれていくという、
ものすごい歴史の真っ只中に居る事になります。

毎日苦労は多いけれど、その様に考えれば、
わたしたちはこれでなかなか、素敵な時代に生きているのかもしれませんね…☆


仙台市長自民党陣営候補、不正取引の疑い…☆

2017–07–26 (Wed) 22:10
もともと反安倍・反似非極右の河北新報。
仙台市長選の結果を受けて、追撃開始です…☆

<清月記>被災ビル不正購入か 契約後に公費で解体

20170726.jpg

東日本大震災の地震で被災した仙台市青葉区の雑居ビルを巡り、同市の冠婚葬祭業清月記が2012年3月に東京の男性から購入した際、自前での解体を前提に売買契約したにもかかわらず、実際は全額公費で解体していたことが25日、分かった。契約2日前にビルの被害認定が「半壊」から公費で解体できる「大規模半壊」に引き上げられており、清月記側だけが情報を知りつつ契約を結んだ疑いもある。男性は損害賠償請求訴訟を提起する方針。

 雑居ビルは鉄筋コンクリート7階建てで、土地面積は約690平方メートル。震災で天井や壁が損壊し、男性は11年6月、市に罹災(りさい)証明の発行を申請して「半壊」の被害認定を受けた。
 男性側によると、ビルと土地の評価額は計約2億円。清月記は「解体費がかかる」として1億3100万円で購入を打診した。菅原裕典社長が12年1月26日に購入を申し込み、同年3月29日、1億3500万円で売買契約を結んだ。
 市の記録によると、市は契約直前の3月6日と22日に2、3回目の被害調査を実施し、契約2日前の同月27日に認定を「大規模半壊」に引き上げた。清月記は4月16日、変更後の罹災証明書を添付して市に公費解体を申請した。実際の解体費は約7600万円で、市が後日、解体した。
 市によると、被害調査や証明書発行の申請は震災発生時の所有者か代理人にしか認められていない。だが、男性は「申請していないし、被害認定が変わったことを最近まで知らなかった」と話す。
 売買契約書には(1)被害認定は「半壊」(2)清月記が建物を解体-と明記されていた。清月記は売買契約締結日までに認定の変更を把握していたのに、男性側に伝えなかった可能性がある。
 男性側は「不自然な形で調査が始まり、勝手に被害認定が変更された。不正があったとしか考えられない」と述べ、同社を相手に仙台地裁に提訴する方針。
 菅原氏は「大規模半壊になれば解体費を出さずに済むため、3回目まで調査してもらった。申請は男性側でしており、金額を決めて売買契約が成立した。不正はしていない」と述べた。
 菅原氏は任期満了に伴う23日投開票の仙台市長選に立候補し、落選した。
 清月記は1985年創業の「すがわら葬儀社」が前身で、10年に社名変更した。仙台市内を中心に20カ所の斎場を展開し、15年度の売上高は約50億円。

<被害認定> 被災した家屋などの「被害の程度」を認定すること。市町村が外観の目視や内部への立ち入りによって調査し、部位ごとの損害割合を計算した上で「全壊(損害割合50%以上)」「大規模半壊(同40%以上50%未満)」「半壊(同20%以上40%未満)」「半壊に至らない」の4区分で認定する。認定結果に基づいて発行された罹災証明書は、被災者が生活再建支援金などの支援を受ける際に必要となる。東日本大震災時、仙台市は原則、大規模半壊以上の建物を公費解体の対象とした。


市長選で敗れた自民党候補の菅原の会社が、不動産不正取引の疑い…☆
こんなものですよ、今の自民党の政治家なんて。
しかもこの菅原、県知事の村井の、大の「おともだち」です…☆

宮城県は二十数年前、県知事と仙台市長が結託して不正を行い、
ゼネコン汚職事件で逮捕されたという苦い経験があります。
ですからそれが、今回の選挙結果にも少なからず影響を与えていますし、
「権力の癒着」に対する県民の目は、なかなか厳しいものがあります。
それは長く住み続けている地域ほど顕著で、
菅原が勝てたのは、泉区など「転勤族」が多い地域です。

さて、もともと怪しいと言われていた菅原のこのスキャンダル。
当然、この手の事は、おともだちの県知事にも疑惑が及ぶわけです。
村井は大阪出身で、松下政経塾の落下傘候補。
中央を牛耳る政和会の力で、これまで宮城県に君臨して来ましたが、
さあ、これからどうなりますかね…
わたしが思うに、どんどん闇の貌を暴露されてくると思いますよ…☆


こんなお話は県内に、他にいくらもあるでしょうし、
日本中の都道府県至る所ににあるでしょう。

綺麗事だけで済まないのが政治であり、この世の姿です。
それでも嘗ては「清濁併せ呑む」のが政治の常道であっても、
最後の最後では、「みんなの為」という意識と、「情」がありました。
今の清和会政治には、それは全くありませんね。

その醜い部分を隠したヴェールが、
これからどんどん、剥ぎ取られようとしています。

それはこの世界の歴史が、また一歩先へ進もうとしている事の、
証なのだと思います…☆

村井はあちらさんのホープなので、
これから色々な攻撃があちらからやってきそうですが、
まあ、天から見放されたものたちのやる事ですから、
やればやるほど上手くいかず、大恥をかくことになるでしょう…☆



反動主義者たちの「宴の後」…☆

2017–07–25 (Tue) 22:31
昨日の衆議院での閉会中審査の内容が余りにも酷かった為、
極右もいよいよ安倍を切る準備を始めたようですね…☆

稲田氏への「報告」示す直筆メモを入手

昨日の審査でつつかれたばかりの所を、陸自がリークしてきました。
FNN=極右産経ですから、朝日に突かれる前に自らの手で葬ろうという事かもしれません。
ただ、これをやるにも、時既に遅しです。
どんなに遅くても、夏至前にやるべきでした…☆


国境を越えた戦争屋同士がつるんで儲けようとした尖閣や南沙諸島とは違い、
南スーダンは、戦争屋もコントロール出来ない泥沼の地です。
そんなところに自衛隊を突っ込んだらどんな事になるかは火を見るよりも明らかですが、
愚かな極右勢力と安倍は、そんな取り返しの付かない事をしてしまった。
本当は戦死者が出ていたとしても、わたしは驚きません…




おわび」「訂正を」=安倍首相、防戦一方に―「加計」答弁食い違い・参院予算委

昨日も申し上げましたとおり、まんまと罠に嵌められたのは安倍たち。
昨日今日の証言が偽証である事を裏付ける証拠が、これからも色々出てくるでしょう。

やはり日曜日の仙台市長選での与党敗北は、
ある意味東京都議選以上のインパクトがあったと思います。
小池&都民ファーストという受け皿的存在も無い中で、
しかも野党側が、候補者が二人出るという分裂選挙にもかかわらず、
民進・共産が自民・公明に正面から挑み、勝ってしまいました。

安倍たちは極右は、保守ではなく、反動が正体。
保守と反動は違います。
あの麻生がやっているニコニコでさえ、
ちゃんとこのように定義しているではないですか…☆

保守との違い                       
保守反動という言葉のように、よく保守と同じようなものと考えられがちだが、両者は似て非なるものである。
保守は変わることを嫌がっているわけではなく、急進的な変化に対して批判的であり漸進には批判的ではないのに対し、反動は変化を嫌い、過去にさかのぼろう、昔のままがいい!というわけである。
要は保守は「革新派みたいにいますぐあれやろうこれやろうは嫌だけど、少しづつ変わるのはおk。全く変わろうとしないのもおかしいだろ。」に対し反動は「変わるのは絶対嫌だ。寧ろ昔は良かったんだから昔に戻そう。変化は断固認めないぜ」というふうにちがうんである。反動から見れば保守も左翼と変わらないのだ。



実際には、今回の仙台の人々の行動は、本来の保守だと思いますよ。
決して日本を社会主義にしようなんていう、急進的な変化を望むわけではないのです。
ただ、大日本帝国に昔に戻してもろくな事がないから止めましょうという事です。
また世界から孤立して、最後に酷い目に会いたいのですか?…とね。

なぜか今の日本ではこれを「リベラル」と呼ぶようです。
その意味では、仙台はやはり「リベラル」な都市です。
そして反動を、「コンサバティブ」と呼ぶようです。
左翼も色々居ますが、全部「ラジカル」になるのかな?…☆

安倍政権にしろ維新の会にしろ、消えた立ち枯れナントカにしろ…
やっていた事はこの反動です。
「昔は良かったから、全部昔に戻そう」とね。
実際には今が八方塞なので、過去の栄光を懐かしみ、それにすがり付いているのです。

それをうまく使ってお金儲けをしていたのが、金融戦争屋です。
それだけの目的ですから、頭は何も考えておらず空っぽ。
ここに来ていよいよ皆さん、我慢ならなくなってきた…
それが「今ココ」という感じでしょうか…☆

宴は終わりました。
その代償は、高くつくと思いますよ…☆



追伸

本日多忙の為、ブログめぐりは明日、お邪魔いたします…☆

「禊ぎは済んだ」事にしたい人たちの願望と運命…☆

2017–07–24 (Mon) 22:48
短いですが、時事の記事も追加…☆

記憶も記録も、ないない尽くし 首相側近、閉会中審査で

予想通りの展開。
腰を低くして陳謝のポーズを見せれば、国民はバカなので、また騙せる…☆

息を吐くように嘘をつくのが身上ですから、
こんな手は百も線も承知の上でやった事でしょう。
重要なのは国会の場で、本人の口から「ない」と言わせた事です。
ここで反証を出せば、いよいよ政府のし尿は地に墜ちます。
それでも
「批判にはあたらない」
「法的には問題ない」
と言うのでしょうが…☆



安倍首相“脱傲慢”作戦失敗 加計キーパーソンが逆ギレ答弁

そこまで不遜な心構えはある意味立派ですが、
残念ながら悪を演じる能力に乏しい…☆
能力不足はそれだけではありませんが☆




安倍首相「加計理事長からいままで学部つくる話を聞いたことない」は真っ赤な嘘! 加計の大学新学部を自ら発案

全然ダメですね。
この世を進化発展させるため、悪には悪のお仕事があります。
ある意味善と悪は、本当は仲良しなのですが…
そんな悪を演じきり、最後に見事に斬られる様な、
滅びの美学に通じるような「素晴らしい」悪には、なれそうもありません…☆

魔王様に「おまえらみたいなケチで下品なクズでは話にならぬ!」と一喝され、
最下層の魔界からすら、追い出されなければいいですが…☆


一部マスミディアは「これで禊ぎは済んだ」という方向にもって生きたいのがミエミエですが、
いやあ…甘いと思いますよ。
勿論、今安倍を攻撃している人たちが善とは申しませんが、
少なくとも能力に関しては、桁違いに上ですからね…☆



まんまと罠に引っかかりました。
あとは何時、終わりが来るかです。

でも、もうしばらく頑張って頂きたいですね。
ここで斬られては、まだまだよどみが沢山残っていますから、
どうせなら全部まとめてから、押し流したほうが良いでしょう…☆






源氏物語の世から続く、「生霊の怨念」…☆

2017–07–24 (Mon) 21:47
ネトウヨさん、ネトサポさんたちが、仙台ヘイトを繰り広げておられるようです…☆

「仙台市民は情弱だからマスゴミに騙された」
「秋田付近に停滞中の梅雨前線さん、いざ南下へGo! 仙台に大洪水をもたらしてやってくれ! 容赦ない河川の増水と氾濫お見舞いしてくれて構わん!!(憤怒!)」
「サヨクガー!」
「まだ津波がくればいいのに」


もう、どんどんやって下さい。
でも、やればやるほど、惨めになりますよ。
それで良いのですか…?
ネトウヨさんにも色々居て、まともな方はこんな事はしませんが、
まともではない方が目立つのは、どこも変わらないようです…☆


さて、ここでちょっと目先を変えて…
これはわりと有名なお話…と言いますか、訓話なので、
皆さんもどこかでお耳にされているかもしれません。
どんな事かと申しますと…



皆さんも平安時代の古典、「源氏物語」はご存知でしょう?
原文を読まなくても、「あさきゆめみし」をはじめ漫画化されたものも沢山ありますし、
読んだ事は無くても、大体のお話は分かるのではないかと思います。

その「源氏物語」に「六条御息所」という登場人物がいます。
「ろくじょうみやすどころ」と読みます。
彼女は大変嫉妬深く、その怨念が生霊となって、
光源氏の愛する女性に取り憑き、苦しめていきます。
それは本人が意識して、意図的に行っているのではなく、
その時図らずも出た、ほんの一時の感情が、自然に生霊となってしまったのです。
それを知った六条御息所は、なんと恐ろしく、恥ずかしい事なのか、と思うのですが…

これと同じ事が、実は21世紀の現代にも、毎日沢山起きています。
このように 一人の人間には複数の想いがあって、
その一つが身体を離れて、人を憑き殺すような事までしてしまうのですよ。
そう、それがこうした「ネットへの書き込み」です。

インターネットの世界には実体はありません。
そこに登場するのは、敢えて言えば、現代に蘇った「生霊」なのです…☆

もちろん、参加しているのはごく普通の人なのですが、キーボードを叩く事により、
変にねじ曲がった想いが生きている身体を離れ、生霊として世界を跋扈するのですね。
他者に対する嫉妬、怨念、そんなものに満ち満ちているのが、
こうしたコメントには凝縮されていませんか…?


今回の様な余りにも低レベルで不様なものは、仙台の人間は歯牙にもかけませんが…☆
インターネット上での誹謗中傷で、病気になってしまう人、
そしてついには自殺に追い込まれてしまう人の数は多いのです。

もしそこで死んでしまえば…
今度は生霊などではなく、正真正銘、本物の「死霊」となります。
死霊は生霊など及びもつかない存在ですから、
今度はその死霊の怨念に、生霊を飛び立たせた人間たちだけでなく、
無関係だった人々までも巻き込んで、社会を暗く、恐怖に満ちたものへと変えていくのです…

大日本帝国の生霊と死霊も、こうしてこの世に漂っているのかもしれませんね…
ちょっと恐ろしいお話でしょうか?…☆


そこで、冷静に考えてみて頂きたいのですが…
源氏物語が刊行されたのは西暦で言えば1008年だったと記憶しておりますが、
その当時の社会と、現代のわたしたちの社会は、なんと似ている事でしょう。
思わず冷めた笑いが出てしまうほど、そっくりですよね。
あなたもわたしも、そんな昔の迷信のような世界に生きているのかもしれませんね。


時は進み、11世紀には無かった文明の利器は無数に存在しているけれど、
肝心の人間は、この千年、まったく変わらなかったのではないでしょうか?
何の事はない、21世紀の今に至っても、11世紀と同じ事をしているのかもしれません…☆



それではこれから、どうしたら良いのでしょう?

まず、そんな怨念と出くわしたらば…ですが、
戦わず、相手にしないのがまずは重要。
怨念ですから、まともに相手にしては大変ですよ…☆


ただ、知識と経験を積んだリーダーであれば…
怨念に耳を傾け、想いを聞き、慰めるという事も出来ます。
各地にある供養の場所は、そうした意味もあるのでしょう。
そんな場所はそれこそ何千何万とありますから、
日本の歴史は怨念の歴史だったのかもしれません。



更に進めば…
人々が怨念など持たず、幸せに暮らせる社会が出来れば、
これに勝るものはありません。
これは人類の抱えた難題のひとつですが、
これまで書いてきた様な出来事は、うんと少なくなるはずです。


しかし、それが出来れば苦労は無いわけで…
これはまだまだ、人間が勉強しなければならない事ですね…☆


そして政治の最大の仕事は、
こうした怨念を持った生霊・死霊を、なるばく産み出さない事です。
この四半世紀の日本の政治は、それとは正反対に進んで来ました。
その集大成が、今の安倍極右による「今だけ金だけ自分だけ」政治な訳です☆

色々な想いや見方・憶測は皆さんお持ちでいらっしゃるとは思いますが、
まずは東北は仙台から、そこから抜け出る為のロープを投げました。
ロープの先に付いたフックは、幸いにもしっかりと岩場に引っ掛かり、
脱出への突破口が開けました。


この国がこの先どこへ向かうか…
それはわたしたち一人ひとりの、想いと行動にかかっていると思いますよ…☆



歴史の回り舞台は東京から仙台へ 仙台市長選で野党勝利…☆

2017–07–23 (Sun) 23:04
本日はこのブログのお膝元、仙台で市長選です☆
「今回は不正選挙の化けの皮を剥がすぞ~☆」と思っていた所…


仙台市長選、野党共闘候補が自公系破る 郡氏が初当選

おや?
不正選挙はしなかったのですか?…☆
もしかして、不正をやる事はやったのだけれど、
差が開きすぎていて、ひっくり返せなかったのかもしれませんね?…☆


都議選に続き、安倍政権には痛すぎるほど痛い連敗です。
仙台はこれで「仙台市議選」「参議院議員選」「仙台市長選挙」と、自公与党は三連敗。
安倍たち極右一派にとって、仙台は鬼門中の鬼門です…☆

東京と違って、小池のような存在は居なかったのですが、
それでも野党が結束すれば、こうして勝てるのです。
今の日本の中では、仙台はかなりリベラルな都市なのかもしれませんが、
それでも、このままでは日本中でこんな現象が起こるかも知れない」と、
自公の人たちは背筋が寒くなっていると思いますよ。

自民党が復活するにはまず安倍のような破廉恥な売国奴を引っ込め、
国民の生活と経済重視、外交的にはハト派戦略に戻さなければなりませんが、
なにしろ肝心の安倍一味が、その座に噛り付いて、頑張っていますからね…☆



さて、明日は閉会中審査ですね。
安倍が何を言うかは推して知るべしですが…☆

肝心なのは、マスミディアの報道っぷりですね。
こちらにもご注目下さい。
先日、紀尾井町プリンスで豪華な和食を共にした皆さんが、
どのような記事をお書きになるか…☆

もっとも、おごられた人と記事を書く人は違うので、
安倍から見れば、餌だけ取られる格好になるかもしれませんが…☆





秋田で大雨 ご警戒を…☆

2017–07–23 (Sun) 07:23
近頃頻発している「同じ所で降り続ける」不可解な雨が、
現在秋田県地方を襲っています。

国土交通省 河川の水位と雨量の情報 秋田県

20170723.png

現在、雄物川上流及び玉川で、氾濫危険水位を超えています。
大仙市神宮寺の合流地点を中心に、危険な状況です。
雨の降り方などから見て今後雄物川下流でも、危険水位を超える可能性が高くなってきています。

神宮時ライブカメラ
jinguji.png

「工事中」ですって…まったくもって使えねーでやがるです、わふー…☆
でも断面図をご覧頂ければ、危険が迫ってきている事がお分かり頂けると思います。


官邸をはじめ、政府の対応は鈍いようです。
どうせ居ても居なくても、対して変わらないのですけどね…
彼らには、国民の運命を背負うなどと言う責務を遂行する能力はありません。


12:00追加
大仙市刈和野橋ライブカメラ

20470723-2.png

通常時に比べて、だいぶ水位が上がっていますね。
ここは広い河川敷がありますが、全域水没しています。
どうぞご警戒くださいませ。

交通情報

秋田自動車道 秋田南-横手 通行止
          十文字-湯沢 通行止
日本海東北道 秋田南-象潟 通行止 路盤崩壊・災害発生の情報あり
                    
秋田の道情報

20170723-3.png

上記はリンクになっていますので、お役立てください。
一般道は各所で通行障害発生中。

JR
秋田新幹線 夕方まで運転見合わせ
田沢湖線   盛岡-田沢湖で折り返し運転
奥羽本線   秋田-院内 終日運休
         秋田-東能代 院内-真室川 15時まで運転見合わせ

高速バス
仙台-秋田 終日運休
湯沢-秋田 終日運休
秋田-空港 迂回運転
新宿-秋田 条件付出発予定


16:30追記

Twitter ハッシュタグ 大仙市

不安が的中してしまいました…氾濫発生です。


大仙市刈和野付近の様子です。


国道13号線の陸橋から南南東方向を撮られたものと推測します。
奥羽本線(秋田新幹線)の両側が水没しています。
水はここより上流で氾濫した雄物川のものかもしれませんが、
ここから西方1.6キロの所に雄物川と土買川の合流点がありますので、
雄物川が満水で流入出来ない、若しくは雄物川から逆流した形で、
土買川の水が溢れているのかもしれません。

20170723-6-2.jpg

周囲に比べて低い所に水が流れ込んでいますね。
刈和野駅周辺などの中心部は標高が高い場所になるので、大丈夫かと思います。

山を挟んだ岩手県側でも、盛岡の知人から、
「雫石川がかなり増水しています」というメールも頂きました。

まだ今しばらくご警戒くださいませ。




NASAが貴重なアポロ時代の資料を速攻で破棄…☆

2017–07–22 (Sat) 21:35
今日は青森・秋田では大雨。
明日は仙台も雨の予想。
最近のお天気…だけでなく、最近の「自然現象」には、
何かの意思が働いている事を感じます。
それもとても、邪悪な意思をね…☆


そして今、人間の社会も大揺れになってきています。
久々に、In Deepさまからの記事を…☆

50年ぶりに発見されたアポロ計画時代の記録テープとコンピュータ群を「歴史的価値がない」として NASA は即時に破壊・破棄していたことが判明。そこから思う「人類は月には……」

なんと、貴重なアポロ計画時代の資料が、即座に破棄されてしまった…☆
その更に元ネタの、デイリーメールの記事がこちら。

Nasa destroyed mysterious Apollo-era tapes found in a Pittsburgh basement after claiming they were of 'no historical value', documents reveal

そして、OKAさまはこの様にまとめられています。

私は・・・ここにきて、「やっぱり、アポロの月面着陸はなかったのではないだろうか」と、翻然と悟ったような気がします。
これは科学的証拠からのことではなく、普通、自分たちの組織の歴史的な偉業に対して、こんなにまで冷たくできるものでしょうか。 かつて1度だけ甲子園に出たことのある高校の野球部が、その際の記念品を「ゴミと間違って捨てる」ということは、そんなにはないことだと思います。 現役時代に1度だけ幕の内で最高優勝をした力士が、後にその記念品の数々を「オークションで売る」ということもあまりないように思います。
ところが NASA はアポロ計画に対してそんなことばかりしています。



なぜ破棄されたかは大体察しが着きますよね。

OKAさまは「アポロは月に行っていない」と悟られました。
わたしも以前からその可能性を考えておりました。
勿論、ご覧の皆様からは様々なご意見はあると思いますが、
少なくとも、これだけは言えるのではないでしょうか。

アポロ計画の資料を破棄する理由として考えられるのは…
①保存するような価値が無い
②下手に保存しておいて、人に見られては非常にまずい

②については、様々な解釈が取れますが、
少なくともアポロ計画は、私たちが教えられ、信じている事とは、
真相はだいぶ違うという事だけは。いえると思いますよ☆

ここで言いたいのは、
ここに来て絶対的な秘密をリークしようとする勢力と、
それを全力で阻止しようとする勢力が、
裏で激しい鍔迫り合いを展開しているのではないかという事です。
要するに、かなり大詰めが近づいていますよ…という事ですね☆





不正選挙迎撃体制の仙台、安倍退陣要求の茨城…☆

2017–07–21 (Fri) 22:37
今週末は仙台市長選挙ですが、
まともにやれば、与党は敗北確実な情勢です。

先日の東京都議会選挙が、なかなか当確がつかない「従来どおりの報道」だった為、
安倍政権誕生以来、午後8時丁度に当確が出る選挙報道に、
多くの人が「インチキやってるんじゃね?…☆」と、不信の念を抱いています。
そこで今、仙台でひそひそ(?)語られているのが、
「また不正開票やって、自民党が勝つんじゃね?」という噂です。
確かに、不正でもしない限り、自公+維新が勝つ目はありませんから。

面白い☆
ぜひ不正をやって、自民党候補を市長にしてみてください☆
もしそうなれば、
「これはおかしいぞー☆」
「ムサシって、本当にあるのかも☆」
「やっぱり不正選挙って、あったんだね☆」
「いい度胸だ☆ 再開表を請求しよう☆」
「いいね☆ 贋総理大臣を徹底的にとっちめよう☆」
と、非常に面白い展開となりますから…
不正をやろうという方たち、是非、ご覚悟を…☆



一方、自民党が強かったはずの茨城県では…

安倍首相退陣建白書、提出騒動も…茨城知事選、自民支援のドワンゴ役員vs在任24年の現職

いよいよ党内にも安倍下ろしの風が吹き始めました…
というより、この先すさまじい嵐になってきそうですね。
しかし、大日本帝国復活(本当は満州国体制復活)を目論む人たちにとって、
ここで安倍が下ろされれば、半永久的にそのチャンスは失われるでしょう…☆

これは必死ですよ。
でも、勝負はすでについていますから…☆

もう3年前になってしまった、2014年6月19日のこの記事。
さあ、新しい時代への旅立ちの準備を…☆
の中の一説。

今しばらくは、まだ「そういう人たち」が頑張るでしょうが…
実際には、もう勝負はついていますから…☆

そう、ちゃんと新しい時代へ、日本も世界も進んでいくのですよ。
授業料は高くついてしまったけれどね…
しょーがないなー☆
それはみんなで協力して、取り戻してまいりましょう。
正直、ムッとする事も、辛い事も多いのだけれど、
心の中は、笑顔でね…☆






911でのソロモンビル破壊の真相を、元CIAエージェントが暴露…☆

2017–07–21 (Fri) 21:41
プチ記事です。
忙しくて&政権が日替わりでドジを踏むのでなかなか書けませんが、
お知らせしたい話題が、いくつかあります。
ここではそのひとつをご紹介…☆

911の真相を、元CIAエージェントが告白だそうですよ。
元記事はこちら。

deathbed-confession-we-blew-up-wtc7-on-911

この記事を訳された方がいらっしゃいます。
こちらのほうが読み易いですよ☆

瀕死のCIAエージェントが死の告白:「我々は9/11でWTC7を爆破した」

WTC7は、金貸し連中はソロモンビルと読んでいました(昔、ソロモンブラザースが入っていた)。
記事の内容がもし真実ならば、ようやく真相が暴露された事になりますが、
それについては現時点では検証不足の為、なんとも言えません。
まあ、少なくともかなりの部分は事実でしょう。
万一ミスリードを狙う記事だった場合でも、8割は本当の事を言うでしょうから。

…意外に慎重だなあと思われるかもしれませんが、
この手の記事は結構沢山出てきますので…☆
これについてはまた後日、少し記事にして書いてみたいと思っております。





もりそば⇒かけそば⇒おろしそば…☆

2017–07–19 (Wed) 22:00
今日もまた一つ、爆弾投下。
今回のはちょっと大きいですよ…☆

<PKO日報問題>稲田氏、組織的隠蔽を了承

20170719-1.png

「稲田氏はその後の国会で、一連の経緯の報告を受けていないとし「改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と答弁。国会でも虚偽の説明をしたことになり、防衛相辞任を求める声が強まり、安倍晋三首相も任命責任を問われるのは確実だ。」
ここまで来ると単なる虚偽答弁では済まされませんね。
そんな事を、稲田一人でする訳が無いではないですか。
当然、安倍や菅をはじめ、極右中枢も知っていた筈で、
何らかの証拠がちゃんと残っているのでしょう…☆


<PKO日報>稲田氏報告、緊急会議2日前にも

20170719-2.png



相変わらず、当人たちの対応はお粗末。

稲田防衛相 日報 隠蔽を了承した事実ないと否定

官房長官、稲田防衛相「今後とも誠実に職務にあたって頂きたい」

だから申し上げたではないですか。
夏至が最後のチャンス、それまでに退かなければ、破滅がやってきますよと…☆

ここまで来ると、もう手遅れ。
もはや彼らにはこうやって嘘をつき続けるしか方法がありません。
誰も信じない嘘をね…。
そしてここまで攻め込んでくるという事は当然、
絶対的な証拠を持ち、公開できるという事。
当然、複数のマスミディアが入手していることでしょう。

それでも認められない安倍一派。認めたら最後。
それでも辞められない安倍一派、辞めたら逮捕。

「民は愚かだから、森友も加計も直ぐ忘れる」
それは本当に甘い判断でしたね。
民は賢いですから、辛い時もこうしてじっと耐えて、
チャンスを待っていたのですよ…☆



この後も、内部からの反乱は次々と置きそうですね。
例えば文科省絡みだけに絞っても、
森友も加計も、霞むどころか吹き飛んでしまうような、
巨大な疑惑もあるのではないでしょうか?

そう、
東京五輪疑惑ですよ…☆





☆おまけ☆

もり(とも)そば⇒かけ(い)そば⇒(あべ)おろしそば
                          ↑今ここ☆




暗号通貨なんて、まだ先のお話だと思いますよ…☆

2017–07–18 (Tue) 22:30
本日簡易更新です…☆

東京では大粒の雹が降ったそうです。
自然現象というより、不自然現象に見えるのですが…☆

デジタル台風 レーダー画像 過去7日

このところ首都圏域に降雨がある時の特徴なのですが、
不思議と千葉県の北部陸上域に入ると、雨雲が一気に減衰していくのです。
この不自然現象の謎を解く鍵のひとつになるかもしれません…☆



ビットコイン分裂懸念 取引所が一時停止へ

ただ変更のしかたによってはビットコインの取り引きを処理するシステムが1つに収れんされず、複数のシステムが併存することになりかねません。
そうなれば、今のシステムで取り引きされるビットコインと、新たなシステムで取り引きされる別のビットコインとに分裂するなど、混乱が生じるおそれが指摘されています。
これを受けて「日本仮想通貨事業者協会」に所属する国内の13の取引所は、このまま事態が収束しない場合、顧客の資産を保護するため来月1日からビットコインの受け入れや引き出しを一時的に停止する異例の対応を取ると発表しました。ただ、ほかの仮想通貨の取り引きはこれまでどおり行うとしています。

ほらきた…☆
以前の記事でも申し上げた事ですが、ビットコインは、
「高い授業料を払いたければ、お好きにどうぞ」です…☆
胴元はこの日が来るのが最初から分かっていますから、
その直前に何も知らない素人を煽って、無理矢理値を吊り上げていたので、
気の利く人は「ああ、これはダメだ☆」と思っていましたからね…

いわゆる「暗号通貨」は社会的需要もあり、全部否定をするわけではありませんが、
今はそれをやっている人たちが、胡散臭いのばかりですから。
もう少し信用できそうなツールが出るのは、
これもやはり「もう少し」先のお話でしょうね。




消え行く「愚者」の安倍と、消えない「愚者」を演じるトランプ…☆

2017–07–17 (Mon) 22:35
続いて、そっちのゴミクズ関連の話題…☆

安倍内閣支持率がついに20%台に ANN世論調査

否、本当はもっと少ないでしょう。 5%位じゃないかな?
致命的なのは、代々自民党支持だった人からの支持が全く得られていない事でしょう。
地元の自民党の地方議員が挨拶をしても、
「悪いが今回だけは自民党に入れる気になれない」
と、追い返される事態が、あちらこちらで起きているようです。

これ、本気で安倍を下ろして、一味にお縄を頂戴して国民に差し出さないと、
自民党の存亡も危うい所まで来てしまった証拠ですね。
ですから安倍一派は、どんな手を使ったでも、引っ張るだけ引っ張ります。
不正選挙にも要注意です。
もっとも、協力する要員の確保が難しいので、
やるとすれば不正戦艦ムサシでの一発勝負かな?…☆
そうなった場合、得票集計数と実際の投票用紙数が全く合わない事態となりますから、
再開票要求をしつこくやると、あちらを精神的に追い詰めますから、
面白いので是非そうしてやって下さいませ…☆



就任半年トランプ大統領 支持率は36%と戦後最低

このニュースだけ見ると、トランプ政権は完全に不人気レームダックですが…
実際には、着々とトランプスキームは進んでいます。
予算案は通過する気配も無く、このままの状態で行けば、
秋には政府機関停止という事態に陥ります。
そうなれば無理矢理吊り上げた相場も崩壊。
金融戦争屋の命運もここに尽きる事になります…☆

それを真っ向からやろうとすれば、ケネディの様に暗殺されてしまいますから、
金融戦争屋の言う事を聞いている振りをして、わざと失敗ばかりします。
「トランプは無能だ!」…金融戦争屋は、当然そう罵ります。
「今ここ」という感じです。
過去記事で何度もお話させて頂いておりますが、
トランプはこのお芝居、「愚者」を演じる役者です…☆



そういえば、エコノミスト2017の表紙に出てくる「隠者」のカード。

hermit.jpg

隠者に導かれるように進む、反グローバリズムを掲げた人々の集団。
歩いているのは道と言うよりも、川のように見えますね。
そして集団の突き進む先は、急な下り坂になっているように見えます。
「THE HERMIT」の字で隠れている部分は、滝になっているのかもしれません。
まるでこの「隠者」に唆(そそのか)され、おびき出されたような人々が、
滝つぼに突き落とされてしまう…そんな意図若しくは予定があったのかも知れませんね。
それはまるで、「ハーメルンの笛吹き男」におびき出された鼠の様に…

実際、トランプはハーメルンノ笛吹き男だと言われていましたっけ…☆
2016年11月20日の記事、
ハーメルンのバイオリン弾き 「マジカル・ラビリンス」…☆

の中で、こんな話題を取り上げていました。

「ハーメルンの笛吹き男」候補者
上記の戦略については二つのアプローチがある。
一つは2012年の大統領選のロムニーの様に、総体的に相手方を自滅させるやり方だ。
候補者の顔触れはこの目的にうってつけであり、多くの余り知られていない連中は、
有名候補たちをそのようにさせるだろう。
このシナリオでは、我々は彼らを目茶苦茶で頭がおかしい候補者として過小評価するのではなく、
その候補者が共和党の主流である事を体現する、「ハーメルンの笛吹き男」にする事なのだ。
「ハーメルンの笛吹き男」候補者としては…
・ テッド・クルーズ
・ ドナルド・トランプ
・ ベン・カーソン
が上げられるが、この3人に限定するものではない。
我々は「ハーメルンの笛吹き男」候補が共和党のリーダーである事を大いに持ち上げて、
それをマスミディアに対して、真剣に訴えかけていく事なのだ。


ところが…
反グローバリズムで人々を操り、滝壺に突き落とす役目を果たす筈のトランプは、
「隠者」などではなく、レームダックの「愚者」になってしまいましたとさ…☆

これでは作戦は上手くいきません…エコノミストの表紙2017は予想が外れまくっていますが、
ここでもまた、当てが外れてしまいました。

ロシアゲートって…それはロシアとお話しているに決まっているではないですか。
米国内の金融戦争屋を倒すには、ロシアと組むしかありません。
本当は日本あたりが「よき友人」として、助力が出来ればよかったのですけれど、
すっかり金融戦争屋に占領されてしまい、ゴミクズが傀儡首相をしているのが現状で、
残念且つ情けない事になっておりますから…☆

北朝鮮の件についても、
本当はピーチンもトランプも、本当は何が起きているのかを、掴んでいると思いますよ。
(実際ロシアは、今回はICBMではなく中距離弾道弾だと公式に発表していますし。)
そして、「北は意外に手強い」と言って、米国が戦争に走らない様に仕向け、
最終的にはロシアが朝鮮半島の面倒を見る様にしているのでしょう。
なかなか際どい駆け引きが続くと思いますよ…☆


さて、今日はこの位にして、明日に備えましょう。
朝から忙しいですからね、わたしも、そしてきっと、皆さんも…☆
では最後に、もう一度この曲を聴いてから…




おやすみなさいませ…☆


「悪役だからこそかわいい」というのも、また好し…☆

2017–07–17 (Mon) 21:14
久々の、時事関係以外のプチ記事です。

三連休最終日、いかがお過ごしでしょうか。
わたしは…昨日だけ一連休だったのですが…
一連休では連休ではありませんね☆

それでも私の研修先は当番制なので、緊急出動以外はちゃんと休みの日は休みます。
緊急出動が多いのも確かですが☆

安倍たちを「悪」と仰る方たちが本当に増えましたが、
わたしは一言、申し上げたいのです。
「あんなのは悪ではありません。単なるゴミクズです。
 悪には本来、それなりの事情と、知性と、想いと、美学があります。
 それなのに、あれを悪と言ったら、本当の悪が本気で悲しみます」…☆

Dark_Precure_600_413795.jpg

わたしはこの子、とあるアニメの悪役なのですが、とても好きなのです。
ご存知の方も多いと思いますが…「ダークプリキュア」。
でも、本当はとても良い子ですよ…☆
ダークだからこそ可愛い、このコスチューム。
コスプレしたいけど、ちょっと年齢的に無理があるか?
やはり十代じゃないとだめかな?…☆
まだ若い、弟子にやらせるか…☆


今の世の中、何かと極端な二元論に走りがちですが…
本当は善も悪も、その時々の事情によるもので、
大元はみな一緒なのです。

まあ、ゴミクズは知りませんが…☆


それにしても分かりやすい人たちです…☆

2017–07–16 (Sun) 21:50
暑い日が続きますが、ご覧の皆様、体調はいかがですか?
どうしても食欲が落ちてくる季節ですが、そこは工夫して…☆

京産大が会見 獣医学部新設断念の経緯明らかに

黒坂副学長は去年11月の国家戦略特区諮問会議で、獣医学部新設の条件に、「広域的に獣医師系養成大学などが存在しない地域に限り」という新たな文言が加わったことについて、「関西には大阪府立大学に獣医系の学科があり不利だと思った」と話しました。
また、獣医学部の開学時期が平成30年4月と知ったのは、事業者が公募されたことし1月だったとしたうえで、「教員の確保などを考えるとタイトなスケジュールだった。準備できなかった」と述べて、新設を断念した経緯を明らかにしました。


わたしは違うと思いますよ。
本当の理由はこちらではないですか?

首相動静―7月3日

6時45分、東京・三田の会員制クラブ「綱町三井倶楽部」。山田啓二京都府知事、清家篤前慶応義塾長らと食事。9時20分、東京・富ケ谷の自宅。

この場で山田京都府知事に話をつけたのではないですか…勿論、脅しも含めてね。
来年開校出来なければ加計学園は資金繰りが詰まって倒産しますから、
家計スキームを実行するには、手段を選ばないでしょう。
山田も言う事を聞けば、後でご褒美が貰えるのかもしれません。
もっとも、ご褒美を貰う前に政権が崩壊する可能性が高いですが…☆



韓国発カルト「統一教会」の幹部たちを官邸と自民党がオモテナシとの報道、いったい安倍政権とどんな関係があるの?

そもそもこの統一教会を日本に引き入れたのは岸信介ですが、
その信介を信奉する安倍壷三が、その利権を引き継いでいない訳が無い…☆
そしてその教祖様は、北朝鮮の金正日とは義兄弟の関係だった。
だから、安倍がピンチになると、タイミング良くミサイルを撃ってくれる。
そういう事です☆

数年前まで「そんな訳が無い、中二病の妄想だ」と言われていた事が、
今や多くの人が知っている事実となりましたから、これは良い事だと思います。
これは、本当は真面目で人を信じたいネトウヨさんだった方にこそ知って頂きたい事なのです。
そして、日本の、アジアの、そして世界の「普通の人たち」にとって、
本当の敵が誰かを、知って頂きたく思います。
そして自分は、本当はどうなりたいのか、どんな人になりたいのかをね。

昔から申しますでしょう?
「知彼知己 百战不殆」
ピンインではzhī bǐ zhī jǐ bǎi zhàn bù dài。

敵を知り己を知れば、百戦あやうからず…です☆









栄耀栄華最後の日々を楽しんでくださいませ…☆

2017–07–14 (Fri) 21:38
昨夜、安倍首相はマスミディアの名士たちご会食だったそうで…☆






首相動静―7月13日

【午前】9時58分、官邸。
【午後】0時2分、二階俊博自民党幹事長、政治評論家の森田実氏と昼食。2時1分、林幹雄同党幹事長代理。22分、金杉憲治外務省アジア大洋州局長加わる。40分、林、金杉両氏出る。41分、森健良外務省北米局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。3時24分、岸田文雄外相。4時50分、北村滋内閣情報官。5時2分、外務省の杉山晋輔事務次官、岩井文男駐イラク大使、上村司中東アフリカ局長。20分、岩井、上村両氏出る。30分、杉山氏出る。33分、神津里季生連合会長と会談。塩崎恭久厚生労働相、加藤勝信働き方改革担当相同席。6時49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員と食事。10時10分、東京・富ケ谷の自宅。



大ピンチを救ってもらうため、お店も少しグレードアップしました。
夜のお寿司コースだと、真ん中クラスで18,000円+サービス料。
もっともこれにいいワインをつけると、その数倍以上しますが…☆
とはいえ、この程度の食事だけで篭絡されるとは思えませんから、
相当な値打ちの「おみやげ」が付いているのでしょう。

よくここまで下品で破廉恥な事を出来ると感心しますね。
考えても見てください。
もし米国で、新聞社のお偉いさんが大統領と会食していたのがばれたら…
その瞬間に、その新聞社は崩壊しますよ。
「なんだ、この新聞社は御用ミディアではないか!」とね…☆
勿論、あちらも両者はズブズブなのですが、
ここまであからさまにこの様な事はしません。



言うまでも無く、この見返りは安倍への攻撃中止と、ヨイショの再開ですが、
さあ、上手くいきますかね。
もっとも、この件がこうしてばれた時点で、
かえって国民の碇に油を注いだ事になりますが…☆

その前日、安倍は朝倉へ出かけ、
被災者に寄り添う真似をして来ましたが、
その翌日、被災者が公民館の固い床で、寝苦しい夜を過ごしている時、
豪勢にお仲間の皆さんとお寿司やステーキに舌鼓を打っていましたとさ。
もっともこんな事は、311があった東北では日常茶飯事だったのですよ。
いつまで東北の人間を馬鹿にするのだろうとね…


美味しいものを食べるなとは言いません。
食べてもいいです。
でもそれは、ちゃんとやる事をやってからです。
やるべき事もやらずに、己の保身のためにマスミディアを懐柔する。
これではもはや、民主主義国家ではありませんね。



そんな彼らに、滅亡の日が迫っています。
底から逃れる術はありません。
だから彼らに申し上げたいのです。
「心してその最期を迎えよ」とね…☆



「僕の考えた理想の国家」 崩壊へ…☆

2017–07–13 (Thu) 22:19
すみません、本日簡易更新です。
本格的更新は週末に…☆


新潮からこんな記事。

「山口敬之」を救った刑事部長の出世 菅官房長官からの絶大な信頼

新潮は公安からの情報で書かれている雑誌ですから、
完全に体制の中は真っ二つ(若しくはそれ以上)の様です。
「公安など何でも言う事を聞く」と思っていたのかもしれませんが、公安も人の子です。
聞けないものは聞けないでしょう。

追い詰められた安倍に取れる手段は限られていますが、
それこそ口から出任せで、
①憲法改正を諦めるて、経済最終戦政策へ転じる
②消費税を引き下げる
位の大嘘でも言って、支持率のV字回復を偽装するしかないでしょう。
国民は安倍を全く信用していませんから、本当の支持率は上がりません。
ですから、「V字回復を偽装する」です。
もっとも、誰も信じる人はいないでしょうが☆




渡辺謙も批判! 核禁止条約に唯一の被爆国・日本がなぜ不参加?核軍縮をことごとく潰す安倍首相、将来は核保有も…

本当は核兵器が欲しかった。
核兵器があれば戦争でも勝てた。
核兵器を自分で持てないのならば、
秘密で技術を供与して、北朝鮮に作ってもらおう…
そのあたりが本音の人たちですから…
日本国の首相としては、全くもってその器に似つかわしくない男です。

「ほかの金持ち国は信用できないけれど、日本は信用できる」
かつてはそういう国や人たちが、世界中におられました。
世界から信頼される国に戻るには、
まずは権力を私している腐敗したものたちを、引き摺り下ろす事です…☆



安倍の泥船は所詮、修理の材料も泥しかありません…☆

2017–07–11 (Tue) 22:24
安倍首相の途中帰国は政治意図バレバレ! 訪問中止のエストニア大使館が“他国は閉会中審査さけるため訪問した”の指摘をRT

はっはっは☆
エストニアに「グッドラック」されちゃいましたか…☆
機を見るに敏な人たちですから、泥舟とは絶縁ですね。


安倍首相が帰国

0024463001.jpg

この写真の、二人の表情をご覧ください。
あの安倍に尻尾を振り続けていた時事通信が、こんな写真を用意してきましたよ…☆
まだポーランド国境辺りにいると思っていたジューコフ将軍率いるソ連軍が、
いつの間にかベルリン近郊まで突入してきたような顔をしていますね。
肉体的にも精神的にも、相当に追い込まれているのではないでしょうか…☆


帰国後すぐ入院か…政界に飛び交う安倍首相“持病”再発説

UC(潰瘍性大腸炎)の治療法は色々ありますが、
5-ASAやステロイドなどの投薬に限界が来ると、ステロイドを直接超に注入したりしますし、
それでも再発する場合は、免疫調節剤、血球成分吸着・除去療法(GCAP,LCAP)などが行われます。
まあ、ここは医学ブログではないので、詳しくはお話しませんけど☆

勿論、今の治療がどのあたりまで行っているのかは、部外者には分かりません。
ただ、これはあくまで「勘」だけのお話ですが、安倍は別の臓器もかなり悪いような気がします。
わたしならそこも徹底的に調べますが…このお話は、これ位にしておきましょう☆

確かに一番良い方法は、内閣改造発表まで入院でしょうね。
お友達の甘利さんや豊田さんも、同じ方法をお取りになられていたようですし…☆
それが一番の政権延命方法です。

でも、いまさら内閣改造して、どうにかなるものは一つのありません。
所詮は泥舟で作った内閣ですから、修理するにもその材料は泥しかありません。
激流の中でどんなに修理しても、泥はどんどん崩れていきますから、
後はどれだけ恥をさらして沈むかの問題です…☆




久々に、本日のCh225のコーナー…☆

20170711.png

また原油がジリ貧になってきましたね。
ブルームバーグの記事から☆

ゴールドマン:原油40ドル割れも、OPECの「衝撃と畏怖」なければ

悪名高いゴールドマンも、ボルカールールのボディブローが効いていますから、
もうかつてのような凶悪な陰謀めいた事は出来なくなってきましたから、
だいぶ素直な記事になっています。

カタールがロシア・イラン・トルコサイドについた事と、
インチキISISが壊滅した事で、原油は一時的にかなり下がるかもしれません。
…採掘コスト自体は上がっていますから、不自然な動きなのは確かですが、
それだけ世界のバブル経済の破裂が近いという示唆の一つとも取れます。

この夏の動き方一つで、生死を分ける結果になるかもしれませんから、
マーケット関係者の皆さま、お気をつけくださいませ…☆
そして相場に直接関係の無い方も、取引先倒産などの余波は考えられます。
地道な商売ほど、与信管理は堅実に行いましょう…☆




追記

本分優先の為、明日は更新お休みの可能性がやや大です。
緊急事態の時はその限りではありませんが…☆



マイナンバーのエストニアへは、訪問中止だそうで…☆

2017–07–10 (Mon) 22:35
わたしは安倍を全く信用しないのは勿論、小池たちも全く信用していないので、
今のところはまだまだ様子見ですね。
両方で暴露合戦でもやって、両者相討ち、
共倒れにでもなってくれればラッキーですが…☆


安倍総理大臣 外遊日程切り上げて被災地視察へ

九州の大雨による被害を受け、ヨーロッパを歴訪中の安倍総理大臣は、エストニアへの訪問を取りやめて帰国することになりました。
安倍総理はスウェーデンで同行の記者団に対し、スウェーデンの後に訪問するフィンランドとデンマークでの日程を終えた後、最後のエストニアへの訪問を取りやめて帰国する考えを示しました。そのうえで、「現地の状況が許せば私も帰国次第、速やかに被災地に足を運びたい」と述べ、被災状況を把握し、復旧・復興に全力を尽くす考えを強調しました。

安倍は明日の午後帰ってくるのですよね。
閉会中審査から逃げて、外国でちやほやされてから、ほとぼりの冷めた頃帰国。
いいご身分でございます。

しかし…☆
最後の訪問予定国だったエストニアは、ちょっと特別な国です。
悪名高いマイナンバーは、このエストニアから導入したのですよ。
エストニアはユダ金戦争やが、がっちり利権を握っていますから、
世界の親玉が日本の手下の安倍に導入させたのが真相です。

そしてこの時暗躍したのが、
都議選大惨敗の日、安倍・麻生と会食をしてた、あの甘利なのです。
エストニアでは甘利は有名ですよ、マイナンバーを日本に移入してくれた立役者だと。
そんな甘利を復活させ、今度の内閣改造時に閣僚に抜擢します…
という土産話でも持っていこうとしていたのかもしれません。

けれど、運命はなかなか皮肉ですね…
それが天の計らいなのか、
それとも…

それはわたしにもわかりませんね…
ただ、このような些細な事に、その後の運命を象徴するような出来事が起こる。
そういう事は、この世ではよくあることなのは確かです…☆



読売もそろそろ見切りをつけないと…☆

2017–07–09 (Sun) 21:16
G20も終わりましたが、相変わらず不可解な事だらけです。

w009-Germany-G20-groupPic.jpg

お約束の夫人同伴の全体撮影のスナップですが、安倍夫妻の姿が見えません。
こんな大事なときに、安倍は何をしていたのでしょうかね?
体調が悪化したのか、コケにされて臍を曲げたのか、知りませんが…☆



G20閉幕 首脳宣言で米の孤立浮き彫りに

 一方、日米韓の首脳会談の場で「国際社会の最優先問題」とまで表現されていた北朝鮮問題は結局、首脳宣言には盛り込まれなかった。

これは安倍様万歳な読売の動画なのですが、
何の見せ場も無く、安倍もちらりと顔を見せただけ。
北朝鮮怖い怖いは、歯牙にもかけられませんでした。
確かにここにいるメンバーはみな、「北朝鮮ICBMは戦争屋の仕業」と分かっているので、
相手にするだけ時間の無駄という事は分かっているのですが…☆
彼は被災地を放っておいて、何をしに行ったのでしょう…☆

そして一番の問題は、未だに九州豪雨についてのコメントが無い事。
彼にとって一般国民は敵であり、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」のが、
こういう所にも窺われます…分かりやすい人です☆


こちらは同じく読売グループの日テレ。

内閣支持率急落…政府・与党に危機感広がる

NNNが週末に行った世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比7.9ポイント下落して31.9%となり、2012年12月の第2次安倍政権発足以来、最低を更新した

20170709-191743-1-0003.jpg

これでも相当に下駄を履かせていますから、
良くて10%台、実際には一桁の支持率でしょう。
産経も逃げる準備をしていますから、それが合図かも。

閉会中審査は明日。
どうせ結果は同じですから、出ないほうが、かえって立場を悪くするのですが、
弱い者には滅法強い人間ほど、こういう時は逃げるものです…☆




似非エリートの敵は似非エリート…☆

2017–07–08 (Sat) 21:20
九州の雨は小康状態ですが、
GPVでは明日の未明からまとまった雨雲がかかる予想です。

msm_cp_ks_12_17Z08JUL2017.png

今回、GPVをはじめ、各種の予想がほとんど当たってはいませんが、
念の為、お気をつけくださいませ。
そう、ウェザーニュースの予報官の方も仰っていたのですが、
出す予想が悉く外れています。

豪雨の解析にしても、まともに解説できた方はいらっしゃいません、
無理やり理論を当てはめても、必ずどこかに矛盾が出てしまいます。
非常に…「怪しい」豪雨です。



安倍「負債」はG20が終わった後も、予定通り外遊を続けています、
こういう災害が起きると、普通予定を切り上げて帰国するのですけれどね。
そして未だに、被災地域の方々へのお見舞いと労わりの言葉を口にしていません。
国民の事などどうでもいいと思っているのがミエミエです…☆

勿論それには理由があって、彼らは商談をしているのでしょう。
お金儲けのお話をする事が、外遊の真の目的。
政府専用機には後部に民間機のような座席がずらりと並んでいて、
そこにそうした商人たちが乗り込んで、ビジネスのお話をしにいっているのですよ。
いい気になりたい、負債…じゃない、夫妻のスノッブ根性もあるでしょうが。

その搭乗者のリストは公開されていませんし、
勿論わたしも見た事などありませんが、存在自体はしているので、
それがリークされれば、安倍外交の正体が分かると思います。
役人の中にも「安倍極右(本当は極左だけど)許すまじ!」…という方がいらっしゃいますから、
いずれバレちゃうかもしれませんね…☆


「次はユリコね」が米国…というより、世界エリートの作戦でしょう。
これまでより少し民衆に譲歩して、少しやさしくして、
そうやって自分たちの支配を続けていくつもりなのかもしれません。
フランスのマクロン誕生に近いシナリオを用意しているかもね…☆

でも、それが上手くいくかは分かりませんよ☆
賢い民衆は知ってしまいました。
「エリートって、本当はこんな程度の人間たちなんだっちゃねー」
「まあ、私たちより頭はいいのだろうけれど、たいしたことはねえっちゃ」
とね…☆

保身を図るエリートと、失脚していくエリート。
エリートの敵はエリート。
それも本当の意味でのエリートではなく、似非エリート。
言い方は、神でも神々でも宇宙でも大自然でもいいけれど、
ともかく本当の「大自然」に選ばれたエリートなら、
民の幸せを一番に考えますからね。

両者の共食いっぷりが、これからの見ものかもしれませんよ。
これは見ごたえがありますよ、きっと…☆



追記

来月3日軸に内閣改造=稲田氏交代論強まる―党要職に甘利氏起用も

やっぱりね☆

2017年7月3日の記事
「巨大な地方」 東京で起きた事…☆

の中で、都議選大惨敗の夜に甘利と会食していたお話をしましたが、
実に分かりやすい人たちですね…☆

ぜひやって頂きたいですね。
どこまでもどこまでも醜い部分を見せてください。
民衆はそれを、よーく見ていますよ…☆




例え現実逃避をしても、現実自体は変わりません…☆

2017–07–06 (Thu) 23:02
簡易更新で申し訳ございませんが、時事関係の記事です。


森友問題で強弁の佐川氏を「徴税トップ」に据える官邸の鈍感

救いようが無いとは、こういう人たちのことを言います☆
こういうことをしでかして、張本人はG20へいそいそと出発。
現実逃避。
体のいい海外逃亡ですか…☆

G20の予定があるのだから当然だと、ネトサポさんたちは威張っておられますが、
豪雨が続く中、孤立した地域も多く、どれだけ被害が広がっているか分からない状況です。
災害により国内非常事態と認識して代理特使を派遣した例は、過去にも世界中で例があります。
そして、G20で大きな成果が出るような話題も無いのが現状ですから、
もう少し考えてもよかったのではないかと思いますよ。
え…国内にとどまっても、どうせ何の役にも立たないから、いいですって?
はっきり仰いますね…事実ですけど☆


それにしても、今日一日安倍の話題はほとんど出ていませんね。
せめて被災地に向けてのお見舞いと、
被災者の不安を和らげるようなメッセージ位は、
発信すべきでだったのではないでしょうか。




そんな事をやっているから…

あなたは、安倍内閣を支持しますか?

naikaku.png

安倍内閣支持率6.4%。
6.4%のうち、大部分は工作員ではないでしょうか…☆



こういう体たらくなので、いよいよ起爆スイッチが入ったかも?…☆

債券15時 長期金利が0.100%に上昇 超長期金利も軒並み上昇

以前から申し上げているとおり、金利が上がればおしまいです。
それこそG20でヘラヘラおべっかを使っている場合ではないのですが…
すでに住宅ローンの長期固定金利は、一時より0.1%以上、上昇しています。
今すぐ一気に上がっていく可能性はまだ小さいですが、
皆さまも気をつけてワッチして頂きます様、お願い申し上げます…☆




災害対応時、稲田氏が一時不在=石破氏「あり得ない」-九州北部豪雨

こういう時、必ず何かをやってくれますね、この方。
選挙応援活動に行っていたというお話しもあるようですが…
次は外務大臣なんて噂もちらほらありますが…
それをやったら、もう自民党は大分裂ですね…☆




豪雨対応 お役立ちリンクのご紹介…☆

2017–07–06 (Thu) 22:23
九州地方豪雨対応 お役立ちリンクです。

GPV気象予報

最新のスーパーコンピューター予測で、
雨量など39時間先までの予想をご覧になれます。
お出かけ前に、寝る前に、最新の情報をチェックして下さいね…☆



気象予報士Kasayanのお天気放談
おなじみ、Kasayanさまのお天気ブログです。
様々なデータを駆使して得た情報を解析し、わたしたちにも分かりやすく解説して下さいます。
ほぼ毎朝更新されていますので、最新見解にご注目ください…☆



SOLIVE21

ウェザーニュース社が運営するお天気情報番組サイト。
千葉・幕張のスタジオから、24時間生放送で最新の情報を知らせてくれます。
昨日からM(Mitigation=減災)スケールを3に引き上げて、特別警戒態勢で放送しています。
アプリをダウンロードすれば、チャットなど、こちらからの情報発信も出来ますよ…☆



国土交通省 雨量観測所一覧表

気象庁よりはるかにきめ細かいネットワークで、
今時分がいる場所の近所の、観測所での観測雨量が10分単位で分かります。
リンク先は地域を福岡県に設定してありますので、
他見の方はリンク先でメニューを操作して、設定地域を変更してください…☆




政府のお偉いさんはあの調子ですので、全く頼りになりません。
自分で情報を得たら、今度はそれを回りの皆さんと共有するようにするとよいと思います。
今のところ、雨は明日の午後にはかなり弱まる予想です。


九州は今後も断続的な豪雨に警戒を…☆

2017–07–05 (Wed) 23:05
九州地方で豪雨発生。
まずは災害お見舞い申し上げます。

福岡県朝倉で12時雨量が500ミリを超えています。
あの1982年の長崎豪雨が24時間で520ミリ位だったので、
その半分の時間でのほぼ同雨量到達となります。

地図を拝見すると、小石原川・佐田川に挟まれた市街地も心配ですが、
東側の山間部も相当に危険な状態と思われます。
十二分にご警戒ください。

遠く離れた仙台からではお手伝いできる事は限られているのですが、
お役に立ちそうなリンク先をご紹介いたします。

GPV気象予報

スーパーコンピューター予測で、
雨量など39時間先までの予想をご覧になれます。
現時点での雨量予想は…

7月6日3時
msm_cp_ks_10_18Z05JUL2017.png

7月6日17時
msm_cp_ks_24_08Z06JUL2017.png

7月7日7時
msm_cp_ks_38_22Z06JUL2017.png

この様に、断続的に強雨が九州地方を襲う予想です。
どうぞご安全に…!



気象予報士Kasayanのお天気放談

おなじみ、Kasayanさんのお天気ブログです。
明日の朝の更新内容にもご注目ください。


それにしても、雲の形成が非常に不自然に感じられます。
冗談でもなんでもなく、
気象平気の可能性も考慮に入れたほうがよいでしょう。
その場合、わたしたちが取るべき対策も変わってまいります。
攻撃の対象と意図を分析して、そこから離れるという、
より広域的な避難の作戦行動が必要になってきますから。


「冗談ですよ」と申し上げたいのは山々なのですが、
これは欧米でもロシアでも中国でも、今や普通に語られている事なのですよ。

事実、非常に狭いエリアに、動きの遅い雨雲が集中的にかかり続けています。
九州西海上からは速い雨雲が移動してきている一方、
これとは別に、内陸の定点でどんどん雲が湧いて線状降水帯を作り出しています。
その降水帯の動きがゆっくりすぎて、不自然な事になっています。

非常に腑に落ちない展開となっております…






ご注文のとおり、一発撃っておいたよ…☆

2017–07–04 (Tue) 21:57
安倍がピンチになると…

o0561032513886079158.jpg


必ず北朝鮮がミサイルを撃ちます…☆

201703071620_61130011312759_2.jpg


前回の発射のときの、田中龍作さんのツィート。



これだけ何度もやっていると、いい加減に皆さん気づかれていると思いますが、
あちらさんにはそんな頭は無いようです…☆




「巨大な地方」 東京で起きた事…☆

2017–07–03 (Mon) 22:25
都議選「厳粛に受け止める」=辞任は否定-稲田防衛相

問題あるとは思わない=秋葉原での首相発言で菅官房長官

東京都民が自民党にダメ出しをした日から一夜明けましたが、
皆さん、反省する気はさらさらないようです。



だいたい、A級戦犯の本人がこの調子ですから…

首相動静(7月2日)

午前10時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、私邸で過ごす。
 午後1時18分から同47分まで、國村禎夫神田地所代表取締役。
 午後5時40分、私邸発。
 午後6時、東京・若葉のフランス料理店「オテル・ドゥ・ミクニ」着。麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明前経済再生担当相と会食。
 午後8時8分、同所発。
 午後8時24分、私邸着。
 3日午前0時現在、私邸。来客なし。(2017/07/03-00:08)

…夕食に菅や麻生はともかく、甘利も一緒とは☆
全然反省する気もなく、内閣改造後のお話でもしていたのでしょう。
「どうせ国民は虫けらなので、直ぐに忘れる」と思っているのでしょうが、
それですめば、世界史の年表はあんなに覚える事が多くない筈です…☆
おまけに党本部へ顔を出すような事もせず、さっさと帰宅。
まじめな自民党の人間からすると、呆れてものも言えないでしょう。
そんな安倍なので、誰一人来客もいない…
自民党は事実上、崩壊を始めているのかもしれません。



落選した自民党新人候補が「脇が甘い」発言を釈明「変な切り取られ方をしました」

せっかくいい注目のされ方をしたのに、
釈明してごめんなさいですか…惜しいですね。
わたしが極右の幹部なら、逆に「いい駒」として使うでしょうね。
安倍辞任後の新政権の広告塔としてうってつけだと思うのですが。



繰り返しますが、今回の選挙は自民党のNOを突きつけた選挙。
小池は全然関係なし☆
小池が少しでも裏切れば、民衆はすぐに報復に出るでしょうから、
彼女の下で皮算用をしている悪い方たち…
もっともっと、皮算用をしてくださいませ☆

そして、意外に多くの方々が勘違いしている事。
それは、東京=中央だと思っている事です。
いえいえ、それは東京の持つ一面であるだけで、
東京は巨大な「地方」都市でもあるのです。
その地方の住人が、中央にNOを突きつけたのです。
このトレンドはこれからますます大きくなるでしょうから、
喉もと過ぎれば…を期待する人々には、未来は暗いと思いますよ。


今回の投票率は50%代前半でしたが、
もっともっと皆さんが選挙に行くようになれば、更に変わります。
もし60%を超えれば、あの公明党も大きく議席を減らし始め、
75%を超えれば、恐らく議席は半分以下でしょう。
つまり、「政治は利権」という、今の日本人が当たり前だと思っていた仕組みが、
根本から崩壊していくという事です。
(勿論、「不正選挙」がなければの話ですが…☆)


これから先、そういう世の中へ変わろうとしているのだとすれば、
日本は本来の、民衆による自治社会へ戻っていくと思いますよ…☆



 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
(サービスで更に少し大きめ画像に☆)

こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR