Trans Princess「安いヒトラー」安倍政権を待ち受ける、巨大な嵐…☆

「安いヒトラー」安倍政権を待ち受ける、巨大な嵐…☆

2016–05–30 (Mon) 20:58
公明代表に増税再延期で理解要請 首相、野党は不信任31日提出

それにしても、これから大変なシナリオが待ち構えているのに、
自分の権力は維持したい…という神経が分かりません。
今日は日本語記事を引用させて頂きながら、
本当は大変な時期に差し掛かっているのだという事を、再認識して頂ければと思います。

①増税再延期
これは多くの人々に願いなのですが、副作用は当然あります。

安倍首相「リーマン危機前夜」に世界が失笑。伊勢志摩で日本が失ったもの

選挙後は株価下落のリスク大
株式市場には「5月に売って10月まで買うな」との格言があります。
それでも今年は夏に参議院選挙があり、選挙での勝利を最優先する安倍政権では、それまでにあらゆる手を使って株価を押し上げる、との思惑があります。サミットはその材料と考えられたのですが、ここまで見たように、これといった成果はなく、自ら率先して積極財政に出ることだけが頼りとなります。
しかし、格付け会社に言わせると、消費税増税の延期は格下げ要因と言います。S&P社の長期格付けによると日本は現在A+となっていますが、ここから格下げされた場合、日本の国債は良いとしても、企業の社債格付けにとって国の格付けが上限となるため、企業が格下げされ主要企業の資金調達コストが高まります。
これは企業収益を悪化させ、株価には下げ要因となります。

この「標準貧乏☆」に限らず、格付け会社など凡そ当てにならないのですが…☆
それでも赤でハイライトしたように、企業にとっては資金調達問題に直面する事になります。
標準貧乏ではA+→A→A-と格付けが下がります。
最悪の場合、2等級格下げを喰う可能性すらあります。
そうなると格付けは「A-」。
その下は「BBB+」…いよいよAクラスから陥落する可能性が現実味を帯びてきます。


②東京五輪中止

いよいよ東京五輪中止の可能性が、現実味を増してきました。
政権にとっては真ん中に核爆弾を投下されたような事態となります。

裏金疑惑で「東京五輪中止」が現実味…フランス検察当局が執念を燃やす理由とは

「フランス検察は『契約書の開示は原則しない』という竹田会長の答弁を重視しています。これは契約書という物証が存在していることをJOC自ら認めたことを意味している。贈収賄の立件に自信を深めたフランス検察は今後、招致委員全員を喚問して聴取、その上でJOCから裏金を受け取ったIOC関係者を訴追する動きに出るはずです」
そうなった場合、IOCの選択は以下の3案のどれかになる公算が大きい。(1)「JOC委員を全員罷免し、新執行委員会をつくるよう勧告」、(2)「IOC臨時総会を開いて東京五輪中止を決定。代替地にロンドンを推薦」、(3)「IOC浄化のため、今後の五輪開催予定を白紙化する」だ。

そうなった場合、IOCの選択は以下の3案のどれかになる公算が大きい。(1)「JOC委員を全員罷免し、新執行委員会をつくるよう勧告」、(2)「IOC臨時総会を開いて東京五輪中止を決定。代替地にロンドンを推薦」、(3)「IOC浄化のため、今後の五輪開催予定を白紙化する」だ。
前出のガーディアン紙記者が続ける。
「ただ、(1)案はあまりもに甘く、フランス検察の追及がさらに厳しくなりかねない。おそらくIOCは(2)案か(3)案のどちらかを選択するでしょう」


わたしも、東京五輪などサッサと辞退してしまえば良いと思います。
ただ…どうも裏を覗くと、最初から東京で五輪を開催させる気などなかったと思いますよ。
これについては2016年5月16日の記事。
五輪返上 80年前の記憶…☆
でも、このように書いております。

「そもそも、最初から「味噌がついた」この大会。
 一番初めの時点から、嵌められていたようにも思えますね。
 エルドアンの極右トルコと、安倍の極右日本。
 どちらが開催地になっても、こういう事は起きたのかもしれません」

スペインは2020年より遥か前に財政破綻しそうなので除外し、
トルコはISISがらみの件が色々あったので除外し、残ったのが日本。
いい思いをさせておいて、お金だけ出させて、陥れて潰し、恥さらしにする。
その辺りは、日本でも彼ら(今回摘発に回っている貴族連中とその親玉)と仲の良い連中は、
その可能性をコソコソとお話していたようですから…わたしはその連中も大嫌いですが☆

ただ…皮肉な事に、肝心のロンドンがいよいよ火の車になりそうですが☆
そして東京五輪中止をひそかにほくそ笑む国内の連中にも、皮肉な事態が起こるでしょう…
まあ、人を呪わば穴二つです。
森や竹や安ばかりでなく、お前たちも思いっきり穴に嵌まりやがれです…☆

国立競技場の跡地は…もっと素敵なものを作りましょう。
都民のみならず、日本中、世界中の人たちが、
「あの時から世界は変わったんだ、だから今こうして、世界は平和で幸せなんだ」
と思えるような、素敵なものをね…☆



③パナマ文書

日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治

パナマ文書公開は、米国が世界に向かって仕掛けた「戦争」だ
パナマは独立国ですが、実体は、旧宗主国の米国が支配しています。このため、米国政府(ペンタゴン)にとって、パナマの民間法律事務所がもつ情報を、ハッキングという形をとりながら偽装して得ることは、簡単だったでしょう。
米国が、英国の支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿を、ばらまいて世界に公開したことの目的が、「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」であるのは、傍証からではありますが確かなことのように思えます。
「英国系のタックス・ヘイブンは危ない。米国系は安全である」と示すためでしょう。2016年1月27日付けのブルームバーグは、「今や利に聡い富裕層はせっせと米国内に富を移動させている」とも言う。
パナマ文書を、「ある人が正義にかられ、命の危険を冒して暴露した」とは、到底思えません。本人にとっての利益がどこにあるのか、考えることができないからです。
パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」でしょう。インターネット時代には、「兵器」も情報化しているのです

誠にもって、吉田さまの仰るとおりだと思いますよ☆
ああいう「商いの道」に反した金融屋というのは、最後にはこうして共食いを始めます。
この手の財産保全は本来スイスやリヒテンシュタインが超一流どころですが、
最近は当局の追及も厳しいので、所謂「汚れたお金」は預かってくれません。
特に裏金など預かってしまったのがバレれば、お取り潰しになってしまいますからね☆

そこで、スイスやリヒテンが相手にしないような「汚れたお金」の引受先となったのが、
英国領のタックスヘイブン。
そこを潰して、米国内に誘導しようというのが、米国戦争金融屋。
案外とシンプルな構造なのです。
余談ですが、このパナマはかつて米国が「第2のリヒテンシュタイン」にしようとしたのですが、
なにぶん大雑把な米国ですから…失敗したのですよ。
そこで今度は1990年代末~2000年代に、本家のスイスとリヒテンを乗っ取りに来たのです。
その時、このスイス・リヒテンを守ったのが…そう、ロシアだったのです。
それ以来、スイスと米国は正直仲が悪いです…☆

お話が横にそれてしまいましたが、
このパナマ文書、当初の米国の目論見が外れてしまい、
見せたくない部分までどんどん分析され、リークされています。
これに対して安倍政権の反応が、これまた目を覆うばかり…

「パナマ文書」徹底調査 安倍官邸も国税庁も“ヤル気ゼロ”

要するに…調査すると、ご自身やお仲間の立場が危ういのでしょう?…☆
そんな思いを余所に、解析・リークはこれからどんどん続けられます。
現職閣僚の名前が上がれば、任命責任も含めていよいよアウト。
国内の大手ミディアは報道しなくても、海外のミディアはどんどんリークしますし、
今では日本語版もあり、現地語版を訳して紹介するサイトやブログも数多あるので、
隠し通すことはできません…☆


④アベノミクス大失敗

アベノミクスは完全に破綻☆
これについては今まで色々と書いてまいりました。
今日は植草一秀さまの記事を読んで、再確認させて頂きましょう。

増税再延期=アベノミクス大失敗安倍内閣不信任

安倍首相は伊勢志摩サミットを不正利用して消費税再増税再延期を打ち出した。
消費税再増税再延期について安倍首相は、2014年11月18日の記者会見で、
「来年10月の引き上げを18カ月延期し、そして18カ月後、さらに延期するのではないかといった声があります。
再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします。」
「平成29年4月の引き上げについては、景気判断条項を付すことなく確実に実施いたします。
3年間、3本の矢をさらに前に進めることにより、必ずやその経済状況をつくり出すことができる。
私はそう決意しています。」

と述べたが、これを再延期するとしている。
つまり、アベノミクスの運営に失敗して、消費税再増税を再延期せざるを得ない状況に追い込まれたのであるから、安倍政権は総辞職するべきである。しかし、権力を握って離さない安倍政権は、厚顔無恥に消費税再増税再延期を打ち出し、政権運営を続ける構えを示している。

さすが植草先生、シンプルな文章で、ピシャリと的確に指摘されていますね☆

もうどんな手を使ってもよいので、権力と利権は手放さない。
これが「安ヒトラー」こと、安倍の本心でしょう。
安倍ヒトラーの略ではありません。
…安いヒトラーだから、「安ヒトラー」で十分です☆

そして、今回の植草先生の記事、
冒頭の部分をもう一度お読みください…

政治は権力をめぐる闘争でもある。
安倍政権は目的のためには手段をいとわない。
息を吐くようにウソをつき、
メディアを不正利用し、
公的資金を買収に用いる。
不正選挙にも手を染めているかも知れぬ。

ついに不正選挙についても言及されはじめました。
もしかしたら、慎重な植草先生も言及するほど、
国内のみならず海外からも、様々な情報が寄せられているのかもしれません…☆


⑤以降もまだまだありますが、
つづきはまた後日…☆




スポンサーサイト

« 本当は、核兵器はずっと使われ続けてきたのではないでしょうか…☆ | HOME |  今起きている本当の事を知るには、知性と感性を研ぎ澄ませて…☆ »

コメント

切羽詰っているのでしょうね。

東京五輪。
いつ何時、不祥事が発覚して開催中止になるのか、
安倍は居ても立ってもいられないでしょうね。
良い気味です。
国民の不満も、
今では頂点に達しています。
もし増税すれば、
さすがに負けは必至でしょう。
でも、増税延期と安倍が言って、
麻生と谷垣が増税しろと言って見せれば、
バカな国民は、
「やっぱり安倍さんは頼りになる。
 麻生と谷垣が悪いんだ」と、
安倍を支持することになる。
従って不祥事発覚前に同時選挙に持ち込み、
増税は延期してやると口約束しておけば、
これまでも散々国民をだましたのがちゃらになり、
民進党は十分バッシングして国民に支持されてないから、
喜んで国民が安倍に投票する。
あるいは選挙に行かないだろう。
そう計算しているのが見え見えです。
植草先生など名前も知りませんでした。
残念ながら、
右翼と暴力団がせっせと買うので、
書店売上一意は「天才」
アマゾンでは「カエルの楽園」
最低です。

東京五輪御臨終の巻き

 国立競技場...エンブレム...都知事の散財...そしてワイロ...笑

 はじめからケチの付けられた東京五輪を観たいですか?

 "スポーツは美しい"という建て前と、ホントは"金儲けのドロドロの世界"...

 観たいですか?笑

 東京オリンピックに限らず最近の開催国を見ていると財政的、治安的に大丈夫?という国ばかり...

 国民にしてみれば...「もっと大事な事があるだろ!」が本音です...

 日本も然り...大事な事があるだろ!です...

 財政的にもですが放射能に汚染された国も建て直さなければならないのに...

 ドイツのメルケル何て「放射能に汚染された国に選手団は行かせない」てな事を言っていますから、東京オリンピックを餌にして日本を沈没を企んでいる国何て、最後の殺し文句に「放射能はコントロール出来て無いじゃないか」の一言で撃沈です。

 まだ夢(東京と決まるまでの)を追い掛けていた時の方が皆様活き活きとしていらっしゃいました...今はヘロヘロで困っています...これじゃ体力が持ちませんね...

 五輪開催は日本を落とし入れる罠とは知らず...

 てな訳で...東京五輪は御臨終です...

 チーン...

Re: 切羽詰っているのでしょうね。

> 東京五輪。
> いつ何時、不祥事が発覚して開催中止になるのか、
> 安倍は居ても立ってもいられないでしょうね。
> 良い気味です。
> 国民の不満も、
> 今では頂点に達しています。
> もし増税すれば、
> さすがに負けは必至でしょう。
> でも、増税延期と安倍が言って、
> 麻生と谷垣が増税しろと言って見せれば、
> バカな国民は、
> 「やっぱり安倍さんは頼りになる。
>  麻生と谷垣が悪いんだ」と、
> 安倍を支持することになる。
> 従って不祥事発覚前に同時選挙に持ち込み、
> 増税は延期してやると口約束しておけば、
> これまでも散々国民をだましたのがちゃらになり、
> 民進党は十分バッシングして国民に支持されてないから、
> 喜んで国民が安倍に投票する。
> あるいは選挙に行かないだろう。
> そう計算しているのが見え見えです。
> 植草先生など名前も知りませんでした。
> 残念ながら、
> 右翼と暴力団がせっせと買うので、
> 書店売上一意は「天才」
> アマゾンでは「カエルの楽園」
> 最低です。


こんばんは☆

そういう「愚民どもはこれを信じるだろう」的な世界が、
見事に崩壊しているので大丈夫ですよ☆
と言いますか、民衆を愚民と呼んでいる優秀なエリートさんたちが、
実は一般大衆より遥かに愚かだという事が、ばれちゃったではないですか…☆

確かに、いまだに石原や百田や橋下にのめり込む人たちもいらっしゃいますが、
自分のご飯が食べられなくなれば、それは一気に変わります。

植草先生はりそな銀行の闇を追って冤罪になりましたが、
現在も精力的に活動をつづけられております。
ご興味のある本を1冊、お読みになる事をお薦めしますよ…☆

Re: 東京五輪御臨終の巻き

>  国立競技場...エンブレム...都知事の散財...そしてワイロ...笑
>
>  はじめからケチの付けられた東京五輪を観たいですか?
>
>  "スポーツは美しい"という建て前と、ホントは"金儲けのドロドロの世界"...
>
>  観たいですか?笑
>
>  東京オリンピックに限らず最近の開催国を見ていると財政的、治安的に大丈夫?という国ばかり...
>
>  国民にしてみれば...「もっと大事な事があるだろ!」が本音です...
>
>  日本も然り...大事な事があるだろ!です...
>
>  財政的にもですが放射能に汚染された国も建て直さなければならないのに...
>
>  ドイツのメルケル何て「放射能に汚染された国に選手団は行かせない」てな事を言っていますから、東京オリンピックを餌にして日本を沈没を企んでいる国何て、最後の殺し文句に「放射能はコントロール出来て無いじゃないか」の一言で撃沈です。
>
>  まだ夢(東京と決まるまでの)を追い掛けていた時の方が皆様活き活きとしていらっしゃいました...今はヘロヘロで困っています...これじゃ体力が持ちませんね...
>
>  五輪開催は日本を落とし入れる罠とは知らず...
>
>  てな訳で...東京五輪は御臨終です...
>
>  チーン...



こんばんは☆

オリンピックは欧州貴族の領分でしたが、
それをアジア勢が乗っ取りに来たので、こういう嫌がらせをやる…
というのが、表向きの構図です。
裏は…ははは、もっとぐちょぐちょずずずーです…☆
なので、オリンピックには近づかない方が無難。

それより、本気でロンドンで代替できると思っている方がまずい☆
それどころではないでしょうに…あちらさまも…☆

そういえば放射能騒ぎを捏造し、煽ったのも欧州、ドイツだったですね。
善人ぶって、通常ではありえないスピーディデータを、
さも眼前とした事実のようにつきつけてきましたが…

あの数日、福島の飯館ででは、ほんの数時間を除き、西からの風が吹いていました。
つまり、南東から放射能が飛んでくる可能性は、非常に低いのです。
どうして、飛来してきたのでしょうね…?
ドイツもあてになりませんね☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1004-7166c05c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR