Trans Princess今起きている本当の事を知るには、知性と感性を研ぎ澄ませて…☆

今起きている本当の事を知るには、知性と感性を研ぎ澄ませて…☆

2016–06–01 (Wed) 23:33
すみません、昨日は更新お休み。
今日も簡易更新でございます…☆

函館の行方不明事件、あれだけの陣容で捜索して見つからないとの事。
奇妙に思い、わたしは今日になって少し調べたのですが、
報道の内容とは全く違う経緯と結論に達しました。
二転三転する証言と、家族ごとの内容の食い違い。
本当の現場は東大沼ではなく、鹿部なのではないかと思います。
坊やのお写真の、お顔の打撲傷も気になります…
それが、わたしの杞憂に終わる事を祈ります。
(今日の時点では、これ以上のお話はやめておきます)


安倍首相、消費増税の2年半延期を正式表明

内調の調べでも、自民の大幅議席減が予想された為、
衆参ダブル選挙には踏み切れないと判断した…というお話も聞きました。
そんなものは不正戦艦ムサシでどうにかなるんじゃないですか☆
…しかし、それが通用しない状況になればわかりませんが☆

その場しのぎので権力延命しか考えていない人々が、トップにいる。
これほど危険で、情けないお話もない訳です。
しかしそれはトップだけではなく、
一般の人々にも、そのような人々が多くいらっしゃるようです。
そう、その場しのぎで言い訳をする人たちも…


明日からかなり冷え込みそうです。
仙台西部の金曜日の予想最低気温は7度。
仕舞いかけたスプリングコートを出し直す事にしましょう…☆

スポンサーサイト

« 「安いヒトラー」安倍政権を待ち受ける、巨大な嵐…☆ | HOME |  鹿部で大和くん、無事保護…☆ »

コメント

虐待死の隠蔽狙い

虐待する親の特徴は、
証言が二転三転して矛盾に満ちている事です。
今回の件は、
「置き去り」そのものが明白な虐待です。
常軌を逸しています。
母親の対応も異常です。
父親が置き去りにしたこと、
我が子が消息不明になったこと、
この時点で、
正常な母親なら、
半狂乱になり、
父親をなじって大ゲンカになります。
父親だけがやったことなら、
そうなるはず。
母親は半狂乱になって泣きながら、
「早く子供を見つけて!」と叫ぶだけ。
母親が関与していないなら、
証言のしようがないはず。
母親の悲哀と不安のコメントが一切ない―
この時点で、
父母が共謀して、
我が子を虐待したことが証明されます。
おそらく、
虐待して殺害した我が子を、
全く違う場所に遺棄し、
父母で共謀して、
全く違う場所に「置き去り」にしたことにした。
完全犯罪狙いです。
死体が発見されるはずがないから。
捜査の攪乱を最初から狙っており、
極めて悪質な虐待殺人死体遺棄事件です。

『大和君の探険』

『北海道の大和君』は『自衛隊の基地の探険』から帰還できてよかった!http://my.shadowcity.jp/2016/06/post-9495.html
ネットゲリラさん☆

坊やが見つかってなにより...でも

こんばんは
不明の間、捜索にかかわった関係者の皆様には、ほんとうにごくろうさまでしたということですけれど... 
http://www.j-cast.com/2016/06/01268502.html
駒ケ岳演習場は結果として”クローズアップ”されたということですね  
北海道の鹿部に九州の鹿屋...むろん偶然の一致なのでしょうが、なぜか胸騒ぎがいたします。

Re: 虐待死の隠蔽狙い

> 虐待する親の特徴は、
> 証言が二転三転して矛盾に満ちている事です。
> 今回の件は、
> 「置き去り」そのものが明白な虐待です。
> 常軌を逸しています。
> 母親の対応も異常です。
> 父親が置き去りにしたこと、
> 我が子が消息不明になったこと、
> この時点で、
> 正常な母親なら、
> 半狂乱になり、
> 父親をなじって大ゲンカになります。
> 父親だけがやったことなら、
> そうなるはず。
> 母親は半狂乱になって泣きながら、
> 「早く子供を見つけて!」と叫ぶだけ。
> 母親が関与していないなら、
> 証言のしようがないはず。
> 母親の悲哀と不安のコメントが一切ない―
> この時点で、
> 父母が共謀して、
> 我が子を虐待したことが証明されます。
> おそらく、
> 虐待して殺害した我が子を、
> 全く違う場所に遺棄し、
> 父母で共謀して、
> 全く違う場所に「置き去り」にしたことにした。
> 完全犯罪狙いです。
> 死体が発見されるはずがないから。
> 捜査の攪乱を最初から狙っており、
> 極めて悪質な虐待殺人死体遺棄事件です。



こんばんは☆

でも、それこそ杞憂に終わってよかったですね☆
帰ってきてくれました…☆

ただ、今日の記事のも書いたとおり、
大本営発表とは全く違う事情が存在していると思いますよ。

発見された自衛隊員さんは、恐らく全くの善人。
さぞや、驚かれたのではないでしょうか…☆


Re: 『大和君の探険』

> 『北海道の大和君』は『自衛隊の基地の探険』から帰還できてよかった!http://my.shadowcity.jp/2016/06/post-9495.html
> ネットゲリラさん☆


こんばんは☆

こちらのブログさんは知りませんが…
ある程度政治家などをはじめ情報筋などから情報を貰っているブログは、今回の事件、手を出しませんでしたね…☆

けれど、大本営発表にちゃっかり乗るのも、どうかなあ…☆
みんな、大本営発表を無条件で受け入れる今の日本の体質の方が、怖いですね…☆

Re: 坊やが見つかってなにより...でも

> こんばんは
> 不明の間、捜索にかかわった関係者の皆様には、ほんとうにごくろうさまでしたということですけれど... 
> http://www.j-cast.com/2016/06/01268502.html
> 駒ケ岳演習場は結果として”クローズアップ”されたということですね  
> 北海道の鹿部に九州の鹿屋...むろん偶然の一致なのでしょうが、なぜか胸騒ぎがいたします。


こんばんは☆

鹿屋も鹿部も、自衛隊の街ですよね。
他になかなか産業がないのも、正直なところだと思います。

今日の記事で、わたしのお恥ずかしい妄想も載せてありますので、
お読みになってみて下さいませ…☆



本当の問題はこれからです。

確かに男の子は助かりましたが、
彼が帰る家には、
彼を置き去りにした継父、
その系譜をあらん限り庇った異常な母方祖母、
軽度発達障害の我が子を、
継父が虐待するのを平然と黙認していた母親、
人非人が待っています。
ライオンのメスは、
我が子ををオスに殺害されると、
発情してそのオスの女になりますが、
我が子が居る間はオスを受け入れない。
男の子の母親が、
連れ子の娘も息子も幼いのに、
メスになった。
あの家の虐待の構図を何とかしないと、
男の子は生き地獄に居続ける事になります。
長いことかかっていじめるのと、
北海道の寒さで短時間で死ぬのと、
どちらが幸せでしょうか?
従軍慰安婦の悲哀と、
爆死した日本兵。
どちらが本当に不幸だったのでしょう?

Re: 本当の問題はこれからです。

> 確かに男の子は助かりましたが、
> 彼が帰る家には、
> 彼を置き去りにした継父、
> その系譜をあらん限り庇った異常な母方祖母、
> 軽度発達障害の我が子を、
> 継父が虐待するのを平然と黙認していた母親、
> 人非人が待っています。
> ライオンのメスは、
> 我が子ををオスに殺害されると、
> 発情してそのオスの女になりますが、
> 我が子が居る間はオスを受け入れない。
> 男の子の母親が、
> 連れ子の娘も息子も幼いのに、
> メスになった。
> あの家の虐待の構図を何とかしないと、
> 男の子は生き地獄に居続ける事になります。
> 長いことかかっていじめるのと、
> 北海道の寒さで短時間で死ぬのと、
> どちらが幸せでしょうか?
> 従軍慰安婦の悲哀と、
> 爆死した日本兵。
> どちらが本当に不幸だったのでしょう?



こんばんは☆

もし、虐待が本当に起こっていたとしたら…
今回の事件を、その転機にする事が出来ます。
日本中は勿論、中国や欧米など、世界に発信されたこのニュース。
みんなが注目していますから…

そう、世界中から見られている中、
虐待などすれば、それこそ世界中から糾弾されます…☆

この世は勉強の場と考えれば…
早々に本来の世界に帰るという選択もあるのですが、
この世でしか体験できないことを十分学んでから、
本来の世界に帰っても、遅くは無いのではないかと思います。

彼のこれからのこの世での人生で、
沢山の事が学べます様に…と、思っております☆

問題は、「課題」と置き換えれば、前向きな考えになりますよね…
わたしたちにとって、課題が一つ、増えました。
一緒に課題を解決してきましょう…!

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1005-480173d3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR