Trans Princess英国EU離脱と、グローバリゼーションの崩壊…☆

英国EU離脱と、グローバリゼーションの崩壊…☆

2016–06–24 (Fri) 22:43
英国がEU離脱へ BBC「過半数上回る」、初の脱退例

2016年6月21日の記事、
東西島国事情…☆で、こんな事を書いたのですが…

23日に英国のEU離脱国民投票がありますが、
何の工作もしなければ、離脱派が優勢でしょう。
ですから、あんな見え透いた殺人事件を起こして、
やってもいない世論調査で、残留派優位と報道しているわけです。
米英お得意のインチキ戦術ですが、
逆に英国国民はそんなものをいつも見せられている訳ですから、
この後の不正開票まで、全部お見通しなのではないでしょうか…☆

あとは今回も不正で乗り切れるかどうかです。
不正が成功しても見抜かれて、白けた結果になりそうですし、
それが不調に終わると、大騒ぎですね。





結果は、それ(不正)が不調に終わり、大騒ぎになりました…☆

思えば1975年にあのマーガレット・サッチャーが首相に就任して以来、
英国は世界に先駆けて、グローバリゼーションと新自由主義、
新保守主義を取り入れたのですが、
結果、それらよって占領せれ、蹂躙されてきました。

それから40年余り…
今ようやく、その支配から抜け出し、自らの手で独立を勝ち取りました。
グローバリゼーションが音を立てて、崩れ始めた日が、今日なのですよ…☆

ただ、その未来は相当に厳しいと思いますし、
ここで退いては半永久的に「オシマイ」な連中の、
自暴自棄の抵抗も予想されます。
けれど、その英国が、世界に先駆けてその圧政から脱出したという事は、
世界中の圧政に苦しむ人々に、「自分たちにも出来るんだ」という希望を、
与えてくれる事と思います…☆


日本の圧政に苦しむ人々も、負けていないで…
日本だって、やれば出来る。
相手は英国の支配層より、遥かにボンクラ揃いですしね…☆


英国のEU離脱が決まったこの日。
一方の米国で、大統領選を戦うトランプ候補が、
英国民に対してメッセージを送りました。


正直、このトランプ爺さん自体は、言う事がもう無茶苦茶です…☆
しかし、今や彼には、まともなブレーンもついています。
ヒラリーのもとに民主党のみならず共和党の金融戦争屋が終結し、
もう一度戦争を起こしたいとしているのに危惧を抱く人々がいます。
米国にも勿論、そういうまともな人はいる訳で・・・
そんな人が草稿を作ったのではないか…と思われるメッセージです。

英国デイリーメールの記事から抜き出し、
日本語訳を付けて、ここに書き記します。


Trump praises Britain for 'taking back their country' by voting to leave EU


dm20160623.jpg

20160623dm.jpg


The people of the United Kingdom have exercised the sacred right of all free peoples.
They have declared their independence from the European Union, and have voted to reassert control over their own politics, borders and economy.
A Trump Administration pledges to strengthen our ties with a free and independent Britain, deepening our bonds in commerce, culture and mutual defense.
The whole world is more peaceful and stable when our two countries – and our two peoples – are united together, as they will be under a Trump Administration.
Come November, the American people will have the chance to re-declare their independence.
Americans will have a chance to vote for trade, immigration and foreign policies that put our citizens first.
They will have the chance to reject today’s rule by the global elite, and to embrace real change that delivers a government of, by and for the people.
I hope America is watching, it will soon be time to believe in America again.


英国民は、すべての自由な人々の、神聖な権利を行使したのです。
彼らはEUからの「独立」を宣言し、彼ら自身の政策、国境、経済を、自分たちの手に取り戻す為に投票しました。
トランプ政権は自由と独立の国、「英国」との絆をより一層強めていく事を固く誓うとともに、交易・文化・相互防衛などの面で、同盟関係を深めて参ります。
私たち二カ国とその国民たちが、やがて来るトオランプ政権のもとで互いに団結する日が来る時、全世界はより平和で、盤石なものとなるのです。
11月になれば、米国の人々もまた、その独立を「再宣言」する事が出来るのです。
米国民に、一般市民の為の通商、移民、外交政策を実現する選挙に投票するチャンスが、やって来るのです。
米国民が、今の「グローバルエリート」による世界支配を拒否し、「人民による、人民の為の」政府を実現させる、「真の変革」を抱き締めるチャンスが、やって来るのです。
そして米国(の人々)に、間もなく同じ出来事が再びやって来るのだという事を見て欲しいのです…☆


はっきりと書いてありますよね。

①英国の皆さん、グローバルエリート支配からの脱出、おめでとうございます。
②米国も11月には、同じ様にグローバルエリートの支配から抜け出します。

米国ではいわゆる「愚民化政策」が激しく、
こういうお話はあまり聞き入れられないのが現状です。
そこで、トランプという、そんな大衆にも受ける候補者に、
それを喋らせているのではないでしょうか?…☆
特に現役軍人や退役軍人が、後押しをしているのだと聞いています。
確かにね…本当の意味で強い軍人は、全力で戦争を回避するものです。
(なお且つ万一の場合には、ちゃんと戦争に勝てる実力を磨いています)


そして、私の拙い意約した日本語の文章。
「米国」を「日本」」に、
「11月」を「「7月」に、
「グローバルエリート」を「グローバルエリートのポチ」に、
それぞれ置き換えてみてください。



日本国民の方々は、日本の主権者なのです。
ですからちゃんと投票すれば、
今日の英国民たちと、同じ事が出来るのですよ…☆


そうした想いを挫こうと、マスミディアはあの手この手で、
国民を騙しにかかってきています。

<参院選>改憲勢力3分の2うかがう 毎日新聞序盤情勢

普段は国民目線よりの記事を書く毎日ですが、騙されてはいけません。
ここは創価学会(一般会員の方たちとは違い、戦争大好き人間たち)に牛耳られた新聞社。
ここぞという所で、こうして本性を現すのです。

参院選の勝敗を左右するとされる改選数1の「1人区」は32あり、民進、共産、社民、生活の4野党は全1人区で候補者を一本化した。しかし、1人区では自民が堅調で、26選挙区で優位に立っている。3選挙区で自民と野党系候補が競り合い、野党系候補が優勢なのは宮城、山形、沖縄の3選挙区にとどまっている。

もしこの記事の内容が本当なら、
宮城・山形・沖縄で、戦争大好きな日本から独立しちゃいませんか?
位は言いたいところですが…☆

そんな事もないでしょう。
こうして反戦的な国民を無気力にさせ、投票させないようにする…
教科書に書いてある歴史ではなく、
実際のナチスドイツがやったのと全く同じパターンで、
知っている人間には陳腐過ぎて歯牙にもかけない戦術なのですが、
残念ながら、今の日本ではまんまと、その暗示にかかってしまう可能性があります。


しかし…
今日の英国での出来事を目の当たりにしたのですから、
トランプの言葉に隠された、理性と良心の人々からのメッセージをしっかり受け取って、
その思いを胸に投票行動に出れば、大丈夫です。


一方、英国という巨大な地盤を失った金融戦争屋は、
ますます「日本だけは渡さない」と、その欲望と醜い牙を剥けてくる可能性も高いのです。
実際の投票と全く違う結果を公表する可能性もあります。
つらいですが、ここは頑張りどころです…☆


もっとも…こういう見方もあります。
放っておいても、間もなく金融戦争屋は自滅しますが、
最後には世界を巻き込んで、大恐慌と社会的混乱が訪れる…

それならば安倍には当面政権を握らせ、騙し騙し泳がせておいて、
その時がきたら全責任を負わせて、二度と立ち上がれないよう、
この世から完全に葬り去ってしまう…☆


まあ、どちらでもいいです。
後者のほうがサディスティックで、むしろわたしの好みですが…(おいおい)☆

とにかく希望をしっかり持って、
明日も、その先も、歩んでまいりましょう…☆



スポンサーサイト

« 沖縄慰霊の日…☆ | HOME |  不正選挙の予定、バレました…☆ »

コメント

EU即離脱とはならない様ですが、
ひとまず、おめでたいニュースですね。
でも、本当に大変なのはこれからでしょう。
最低でも、二年間理事会での協議と交渉、
そして、27カ国中、20カ国の承認を得ない
といけませんからね。

私は、これしきの事では、モノの行き交いの数も変わらないとは思いますが、
ゆくゆくは将来は、多極化すると思いますので、
語学等も整えて、なりたい自分になって行こうと思っています。

ただ、金融資本家からの統制から抜け出せた事はいい事だと思いますが、
商業ルールの多極化は、少し残念ですね。今まで、EU圏内であれば、同一法人で運営出来たものが、またルールに基づき法人を作らないといけないし、それだけでは、個人が勉強しないといけない量が増えていってしまうからです。

相場については、今日がシュミータに匹敵する日だったのではないでしょうか。
終わりの始まり、始まりの終わり。キリル総主教とバチカンの対談が1000年ぶりに実現したということで、エコノミストの表紙の通りになってると思いますよ。

キャメロンは辞めましたが、次のリーダーがどういう人物でどういう戦略を打ち出すかで、今後も、余談は許しません。

世論調査

 笑...私の処にも電話による世論調査がありました...プッシュボタンで答えました...笑

 今日の公示後初の世論調査はヤル気のないウソ世論調査でしたね...
 安倍政権の終わりを現している...そんな気がします...

 今週の週間ダイヤモンドの特集は「創価学会と共産党」...
 創価学会は"粛清と排除"の組織だと言う事がよく判りました...
 そして経済界に張り巡らされたネットワークは己の組織を守る蜘蛛の糸...

 何処かの国と同じでした...マンセー

 

Re: タイトルなし

> EU即離脱とはならない様ですが、
> ひとまず、おめでたいニュースですね。
> でも、本当に大変なのはこれからでしょう。
> 最低でも、二年間理事会での協議と交渉、
> そして、27カ国中、20カ国の承認を得ない
> といけませんからね。
>
> 私は、これしきの事では、モノの行き交いの数も変わらないとは思いますが、
> ゆくゆくは将来は、多極化すると思いますので、
> 語学等も整えて、なりたい自分になって行こうと思っています。
>
> ただ、金融資本家からの統制から抜け出せた事はいい事だと思いますが、
> 商業ルールの多極化は、少し残念ですね。今まで、EU圏内であれば、同一法人で運営出来たものが、またルールに基づき法人を作らないといけないし、それだけでは、個人が勉強しないといけない量が増えていってしまうからです。
>
> 相場については、今日がシュミータに匹敵する日だったのではないでしょうか。
> 終わりの始まり、始まりの終わり。キリル総主教とバチカンの対談が1000年ぶりに実現したということで、エコノミストの表紙の通りになってると思いますよ。
>
> キャメロンは辞めましたが、次のリーダーがどういう人物でどういう戦略を打ち出すかで、今後も、余談は許しません。



こんばんは☆

むしろルールの多極化が、これからの世界かもしれませんね。
時代は雁字搦めのグローバルから、個々を尊重したインターナショナルに移りつつあります。
それをサポートするソフトやインフラが整備されつつあるので、思ったほど不便にはならないと思いますよ☆

逆にルールによる支配(ISOなど)に携わっている人は要注意です。
お仕事がなくなる可能性が大です…早めに見切りをつけ、新しい事を始めましょう☆

将来的には欧州は小さな地方自治体が沢山出来、
それらが、もっとゆるいEU(欧州という広域)を構成する形になるのかもしれません。
民族も文化もモザイクの様な欧州は、その方が欧州らしく発展していくと思いますよ。


Re: 世論調査

>  笑...私の処にも電話による世論調査がありました...プッシュボタンで答えました...笑
>
>  今日の公示後初の世論調査はヤル気のないウソ世論調査でしたね...
>  安倍政権の終わりを現している...そんな気がします...
>
>  今週の週間ダイヤモンドの特集は「創価学会と共産党」...
>  創価学会は"粛清と排除"の組織だと言う事がよく判りました...
>  そして経済界に張り巡らされたネットワークは己の組織を守る蜘蛛の糸...
>
>  何処かの国と同じでした...マンセー
>
>  


こんばんは☆

嘘世論調査のお話は、また本文でお話しします☆
嘘だらけの要の中で、嘘をつく事で、いい給料をもらえる人たちなのです☆

宗教を信じるのは自由ですが、
その宗教が、魂の成長が目的ではなく、現世の利権が目的となると、
最後はこのように腐敗して、自滅していくのでしょうね…☆

どこかのお国…大日本帝国の本体のお国ですね。
悲惨に滅亡した高句麗の呪いもそろそろといてあげないと、
あの国の人民も、周りの国の国民も、かわいそうです…☆



日中核戦争

バイデン副大統領が、
習近平国家主席に、
「日本は核武装できるんだ!」と、
恫喝したそうですね。
安倍とアメリカの密約があるのでしょう。
日本人を傭兵として地上戦を戦わせ、
核武装させることで米中の代理戦争をさせる。
イラクの次は日本の番ですね。
民進党の白氏が、
「安倍が原発を再稼働するのは、
 核弾頭の原料確保のためでは?」と、
もっともな質問をしています。
イランも同じ事を画策して、
結局あきらめましたが、
安倍はイラクの指導者以下です。

あの朝のスタート都市部が離脱だったでしょう。 びっくりしました。
シティーが呆然って、なにそれ、、で。
判断、調査のやわさを露呈しましたね。
そのほうに唖然。

でも世界大戦を生き起こしたいなら、この混乱も爆弾と同時に使うのでは?
私なんか、被弾中!!被弾中!!と聞いてるような相場を傍観してました。
世界は一つ人類は皆兄弟のフレーズ。母が嫌いだった。
何故か今、そこは、すごいと思うところで、、

ナショナリズムは意識されたけど、、戦争は困るわ。
もう、相場はずいぶん前から経済戦争してるけど。
Cancer摘出か、、
バッキンガムの意向ってどうだったんでしょうね。

絵空事と思ってたことが,本当なんだ、、と慌てる庶民が増えるかしら。
キャメロンの過信のし過ぎって、誰の数字を信じたんだろう?とおもうわ、
専制することに慢心し、崩壊する。歴史の道理ですね。

「自らの政策、国境、経済を、取り戻す」
今頃植民地の気持ちが分かったのかもね。
ある意味革命で、暴走しないといいけど、、。
世界集団ヒステリーは困るわ。

政府対策と言う方向で、、まずは相場戻してくれるといいけど。


Re: 日中核戦争

> バイデン副大統領が、
> 習近平国家主席に、
> 「日本は核武装できるんだ!」と、
> 恫喝したそうですね。
> 安倍とアメリカの密約があるのでしょう。
> 日本人を傭兵として地上戦を戦わせ、
> 核武装させることで米中の代理戦争をさせる。
> イラクの次は日本の番ですね。
> 民進党の白氏が、
> 「安倍が原発を再稼働するのは、
>  核弾頭の原料確保のためでは?」と、
> もっともな質問をしています。
> イランも同じ事を画策して、
> 結局あきらめましたが、
> 安倍はイラクの指導者以下です。


こんばんは☆

米国と中国は、本当は米国と日本以上に仲良しです。
本当に中国と仲が悪ければ、中国人の資産凍結や貿易制裁をとっくにやっていますし、
いま米国では、多くの公共事業を中国の会社が受注しています。

そして、同じ米国でも戦争屋たちは、同じく中国の江沢民率いる上海閥と仲がいいし、
北朝鮮はサウジアラビアやイスラエルと仲がいい…
そう考えて頂くと、このニュースの意味するものが、お分かりになって頂けると思います☆

確かに日本の原子力発電は、核兵器を作る為に行っているのです。
アーミテージやマイケルグリーンが、福島原発事故(実際は破壊工作)後、
絶対に原発をやめるなと、物凄い形相で迫っていましたよね…☆
そんな彼らも、いまや世界中から追われる身。
それに追従している安倍たちも、残された時間はあと僅かです…☆
彼らの残す負の遺産をどう処分するか…が、これからの課題です☆

Re: タイトルなし

> あの朝のスタート都市部が離脱だったでしょう。 びっくりしました。
> シティーが呆然って、なにそれ、、で。
> 判断、調査のやわさを露呈しましたね。
> そのほうに唖然。
>
> でも世界大戦を生き起こしたいなら、この混乱も爆弾と同時に使うのでは?
> 私なんか、被弾中!!被弾中!!と聞いてるような相場を傍観してました。
> 世界は一つ人類は皆兄弟のフレーズ。母が嫌いだった。
> 何故か今、そこは、すごいと思うところで、、
>
> ナショナリズムは意識されたけど、、戦争は困るわ。
> もう、相場はずいぶん前から経済戦争してるけど。
> Cancer摘出か、、
> バッキンガムの意向ってどうだったんでしょうね。
>
> 絵空事と思ってたことが,本当なんだ、、と慌てる庶民が増えるかしら。
> キャメロンの過信のし過ぎって、誰の数字を信じたんだろう?とおもうわ、
> 専制することに慢心し、崩壊する。歴史の道理ですね。
>
> 「自らの政策、国境、経済を、取り戻す」
> 今頃植民地の気持ちが分かったのかもね。
> ある意味革命で、暴走しないといいけど、、。
> 世界集団ヒステリーは困るわ。
>
> 政府対策と言う方向で、、まずは相場戻してくれるといいけど。


こんばんは☆

相場はどこかで、戻す局面が出て来るかも。
偽りでも事態は収拾した事にして、一気に買い上げに来るとかね…
もしそんな事になり、まだ手持ちの株などがあれば、
何が何でも損切りして、キャッシュに戻す事です☆
そんなチャンスは、もう数えるほどしか残っていないはずですから…☆

第三次世界大戦を起こすなら、やはり偽旗テロが一番怪しいです。
イスラエルが自国領に核爆弾を落とし、イランのせいにするとかね…
でも、電子線に勝るロシアに、封じ込まれる可能性の方が高いと思いますよ…☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1025-96e76cb7

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR