Trans Princess白河・親不知以北、護憲で固まりました…☆

白河・親不知以北、護憲で固まりました…☆

2016–07–11 (Mon) 22:15
参議院選挙が終わりました。
改憲勢力が3分の2に到達ですか。
日本は変わってしまったのか…と嘆く方もいらっしゃるかと思います。
けれど、仙台は今日も、穏やかな朝を迎えました。


安倍極右勢力は全般的に西高東低と申し上げてきましたが、
やはり東北では5対1で護憲勢力大勝利、改憲勢力大惨敗です☆
与党勝利=秋田
野党勝利=青森・岩手・山形・宮城・福島


<参院選>東北 自民圧勝に異議

kahoku20160711.jpg

 【解説】第3次安倍政権発足後、初の大型国政選挙となった第24回参院選は、東北6選挙区(改選数各1)で野党統一候補が自民党候補を圧倒した。全国で与党圧勝の流れが形成される中、東北の有権者は「1強」に異議を申し立てた。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興が道半ばの岩手、宮城、福島で与党が敗れたことは政権にとって打撃だ。政府が「復興加速」を説きながら、地域再生が進まない現実との乖離(かいり)に、被災者は冷ややかな視線を向けた。
 6選挙区で共闘した野党は、福島で現職閣僚を破ったほか、山形や岩手で終始リード。宮城で現職同士の争いを制し、青森では新人が現職を追い落とした。
 野党は経済政策「アベノミクス」を徹底批判した。東北は少子高齢化の急加速で個人消費が停滞、景気回復の循環に力強さを欠く。先行き不安を巧みに突く戦術は東北の有権者に有効だった。
 環太平洋連携協定(TPP)への攻撃も一定の効果を生んだ。日本の食料基地である東北には、TPPへの反発が根強く残る。野党は保守の岩盤とされた農村部に漂う不満の受け皿にもなった。
 全国に先駆けて宮城で共闘を構築するなど、野党のスクラムは強固だった。安全保障関連法の廃止を求める学生、市民団体との連動も相乗効果を生んだ。
 自民は秋田で独走したが、5県は厳しい戦いを強いられた。党本部は安倍晋三首相ら幹部級を東北に続々投入する総力戦を展開。各業界の締め付けを徹底したが、加速した野党共闘の前に屈した。
 公示後、与党はネガティブキャンペーンを全開させた。旧民主党政権時代の失政をあげつらい、共産党への反感をあおる発言に終始。憲法論争も避けた。政策競争を軽視した「1強政治」のおごりを見透かされた面は否めない。
 与党圧勝で非改選を合わせた改憲勢力は議席の3分の2を超えた。改憲発議を数の力で押し進めるのか。国民の声を酌みながら丁寧な合意形成を図るのか。政権に対する厳しい監視が何より不可欠だ。(報道部・片桐大介)

「白河以北一山百文」と愚弄された、明治維新後の東北。
「そんな事は無いですよ!」という気概から、仙台の新聞社はその「白河以北」から、
「河北新報」という名前を付けました。
ですからこの様に、けっこうはっきり言います。

「公示後、与党はネガティブキャンペーンを全開させた。旧民主党政権時代の失政をあげつらい、共産党への反感をあおる発言に終始。憲法論争も避けた。政策競争を軽視した「1強政治」のおごりを見透かされた面は否めない。」

その通りだと思いますよ。
それが、明治維新以来の伝統ではないですか。
東京出身で、血筋の半分は維新で威張っていた地域の血をひくわたしがそう言うのだ☆
間違いないです…(今は私もすっかり、東北の子になっちゃいましたね)☆



東北だけではありません。
危機に直面し、それを乗り越えてきた人々は、ちゃんと分かっています☆

北海道でも、2対1で護憲勢力勝利

北海道選挙区、民進2自民1 長谷川氏、徳永氏、鉢呂氏が当選


新潟でも、大接戦の末護憲勢力勝利

新潟1議席 森氏、大接戦制す


これで「北日本」は護憲で固まりました。
21世紀の日本は、沖縄と北日本がリードしていくと思いますよ…☆



それにしても、安倍や電力利権は困った困ったでしょうね。
絶対に落としたくなかった青森・宮城・福島・新潟を落としてしまった…
これらはみんな、原発所在県…再稼働はいよいよ難しくなりました☆
そういえば鹿児島でも一大事が起きたようですね☆
北と南から、挟み撃ちです…☆


それに、ムサシの力にも限界がある事がだんだん分かってきました。
ある程度以上ポイントが開いてしまうと、例えムサシを使っても、
逆転にまでは結び付かないような気もします。

逆にいえば、あれだけの完勝ぶりを見せつけられると、
それだけ関西以西の自民党・公明党・維新は強いのでしょう…
そうではない人々も、けっこう多いのですけれどね…

ただ、今進もうとしている道が、実は行き止まりだという事がわかってくれば、
状況はまた、変化していくと思いますよ…☆



スポンサーサイト

« 勝った方が負けの選挙。 そして、負けた方が強くなる…☆ | HOME |  無理に上げると、その倍下がる…☆ »

コメント

最後の打ち上げ花火...

こんばんは。世界の彼方此方でずいぶん派手にやってくださっていますよねえ。私にとっては安倍さんはどうでも良いお方、問題は背後の“あの方たち”ということでしょうけれど、今回の選挙と株高、つい先日の英国EU離脱とポンド売りと絡めてのパッケージングなんでしょうけれど、それは“あの方たち”のさらに背後の...というのが私ごときにも露骨に見えてしまう、大きな時代の節目であることは間違いないと思います。(以前の“彼ら”ならもう少し奥ゆかしい美学があったでしょうに、今はお尻に火がついてそんな余裕はないのでしょう)今日の午後、南シナ海を巡る中国の管轄権の主張に対する仲裁裁判の結果がアナウンスされましたよね。どこかの国のお馬鹿さんが調子に乗ってヘンなことに巻き込まれたりしないように、庶民はいっそうの監視強化が必要かと思います。

Re: 最後の打ち上げ花火...

> こんばんは。世界の彼方此方でずいぶん派手にやってくださっていますよねえ。私にとっては安倍さんはどうでも良いお方、問題は背後の“あの方たち”ということでしょうけれど、今回の選挙と株高、つい先日の英国EU離脱とポンド売りと絡めてのパッケージングなんでしょうけれど、それは“あの方たち”のさらに背後の...というのが私ごときにも露骨に見えてしまう、大きな時代の節目であることは間違いないと思います。(以前の“彼ら”ならもう少し奥ゆかしい美学があったでしょうに、今はお尻に火がついてそんな余裕はないのでしょう)今日の午後、南シナ海を巡る中国の管轄権の主張に対する仲裁裁判の結果がアナウンスされましたよね。どこかの国のお馬鹿さんが調子に乗ってヘンなことに巻き込まれたりしないように、庶民はいっそうの監視強化が必要かと思います。


こんばんは☆

日本も変な連中に取りつかれてしまいましたね。他に行くところもないですから、なにがなんでも居ついて、生き血を吸い取ろうとしていますね…哀れな寄生虫の宿命です。中国の戦争屋も焦っていますから、監視しておく方がいいですね。
自民党はかなりしびれてきているようですよ。特に、東日本で野党共闘が成功したのは、相当にこたえているようです。沖縄・東日本独立…という、薩長土肥には悪夢のシナリオさえありますから…☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1041-26bad0f0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR