Trans PrincessウィクリークスVSトルコ政府?…☆

ウィクリークスVSトルコ政府?…☆

2016–07–19 (Tue) 22:51
本日は簡易更新です。


今日予定されていたウィキリークスの暴露を、トルコが妨害だそうです…☆

WikiLeaksがトルコのクーデターに関して大統領のメールを含む10万点以上の資料公開を予告、サーバーに謎の攻撃を受ける

トルコはどこへ行くのでしょうかね…
エルドアンは安倍よりは役者ですし、これまた窮地のネタニヤフのお仲間ですから、
一芝居打っている最中の様です。
今のところ、「オスマントルコの再興」というプロパガンダで、
国民の支持は一応あるようですが???…☆

下手をすると、欧州にもなれず、イスラム圏にもなれず、
孤立化への道を歩みかねませんので、注意です。
ネタニヤフやサウド王家と、最終戦争にでも打って出るつもりでしょうか。

もしそうなら…
一般国民を犠牲にしないでほしいものですね…☆
(それはどこかの国の首相たちも同じ事…☆)


スポンサーサイト

« 蓮の花咲くはずの夏の日…☆ | HOME |  もののふの心…☆ »

コメント

記事に直接関係のない話なんですが、
ネタニヤフやイスラエルのことを動画で、見ていたんですが、
隣接するパレスチナ自治区の住民に対して、人のうちのドアを勝手に溶接したり、
執拗な嫌がらせをしているのを見て、人の心って悪に染まってしまうと、なかなか元に戻るのが、
難しいものがあるなと思います。でも、私は、信じていますよ。願望に近いかもしれませんが、民族主義的に起因する要因を出来るだけ取り除いた上で、個人個人を尊重していけば、個人間の軋轢も、最小限に収まると。。。

Re: タイトルなし

> 記事に直接関係のない話なんですが、
> ネタニヤフやイスラエルのことを動画で、見ていたんですが、
> 隣接するパレスチナ自治区の住民に対して、人のうちのドアを勝手に溶接したり、
> 執拗な嫌がらせをしているのを見て、人の心って悪に染まってしまうと、なかなか元に戻るのが、
> 難しいものがあるなと思います。でも、私は、信じていますよ。願望に近いかもしれませんが、民族主義的に起因する要因を出来るだけ取り除いた上で、個人個人を尊重していけば、個人間の軋轢も、最小限に収まると。。。


こんばんは☆

イスラエル国民は、日本国民以上に乗せられていたとも言えます。
イスラムや異民族に対する恐怖心や、
滅亡の恐怖(マサダ・コンプレックス)にまんまと付け込まれ、
非人間的な行為を平気で行うまでになりました。

しかし、さすがに最近、反ネタニヤフを公言する人物も出始め、
嘗てお話した「ラビンが作った道」へ歩み寄る人々も出てきたいるようです。

こうなると金融戦争屋は、次のイスラエルを作らねばならず、
そのターゲットを、南北朝鮮、そして日本に絞ってくるかもしれません。

しかし…彼らにはもう、唯一のパワーの源、おかねがありません。
ですから日本にヘリマネをさせようと、あの気持ち悪い目つきの、
元FRB議長を差し向けてきたのではないでしょうか…☆

とにかく、次に世界大戦をやれば、人類はまたしても原始へ帰ります。
そうさせたくない人々は、平和の旗のもとに結集です…☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1049-9ae18669

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR