Trans Princessそのお話、前にも聞いた事がありますよ…☆

そのお話、前にも聞いた事がありますよ…☆

2016–10–03 (Mon) 22:51
沖縄本島地方に特別警報

現在の中心付近の気圧905hPa。
やっぱりね…と言う感じの急速発達。
ここまでの発達はどの機関も予想していなかったようですが、
なんだかねえ…我々にはわかっちゃったりして…
だって、これまでもそんなお話は何度も聞かされたから…☆

ともかくも、沖縄は厳戒で臨んで頂きたく思います。
本当に風速80mが吹いた場合、一般家屋では危険です。
コンクリート製の建物への避難をお願い致します。



一方、海の向こうの列車衝突事故。
こちらも、以前聞かされたのと同じ言い訳…☆

列車衝突「覚えていない」=運転士、運輸当局の聴取に―米東部

米東部ニュージャージー州で9月29日、通勤列車がターミナル駅のホームに突っ込み、1人が死亡、日本人を含む100人以上が負傷した事故で、事故原因を調べている運輸安全委員会(NTSB)当局者は2日、記者会見し、列車の運転士が聴取に対し、駅には時速約16キロと十分に速度を落として進入したと説明していることを明らかにした。
衝突のことは覚えていないと話しているという。
米メディアによると、運転士は48歳の男性で、事故で負傷した。運転士がNTSBに語ったところでは、列車は事故当日、定刻より6分遅れた以外、運行状況に変わったところはなく、駅進入時には速度計を確認。警笛も鳴らしたという。
また仕事前には十分休息し、運転中、携帯電話を切った状態だったと説明した。男性は2000年に運転士の資格を得た。
NTSBは列車の速度やブレーキの使用などを記録する装置を後部車両から回収したが、正常に作動していなかった。記録装置は衝突した前方車両にも設置されているが、回収できていない。


「衝突のことは覚えていないと話しているという。」
あれ? 同じ米国で、去年もそんな言い訳をしていませんでしたっけ?
この事件を思い出して下さい…☆

2015年アムトラック脱線事故

2015年アムトラック脱線事故(2015ねんアムトラックだっせんじこ)は、現地時間で2015年5月12日夜にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの付近で、全米鉄道旅客公社(アムトラック)が運行するワシントンD.C.からニューヨークに向かう列車が脱線した鉄道事故である [3]。

5月13日までに列車のイベントレコーダーが回収されNTSBの指令センターで解析された[28][29]。NTSBは列車に搭載された前面カメラの映像から、脱線したカーブへ進入する際に列車が加速していたと特定した。NTSBの代表は事故の65秒前の速度は60 mph (97 km/h)であったが、16秒前には90 mph (140 km/h)に達しており、運転士がブレーキをかけた時には106 mph (171 km/h)を超えていたと述べた[30]。
5月15日に開かれた記者会見でNTSBは、車掌の一人が後述する通勤列車の運転士とアムトラックの列車の運転士が両列車に何らかの物体が衝突したと無線で通話するのを聞いたと述べていたことから[31]、事故の前に列車に何かが衝突した可能性があると発表した[32]。その後調査官は列車のフロントガラスに拳ほどの大きさの円形の傷を発見し、分析のためFBIに協力を要請した[32]。現場付近を走行していたSEPTAの通勤列車とアムトラックのアセラの2本は事故の数分前に何らかの物体に衝突していた。SEPTAの列車はフロントガラスに傷が見つかった[33]。SEPTAの列車の乗客アルフレッド・プライスは列車はすぐに停車し運転士が呆然としながら運転室から出てきたと語った。プライスは「彼は本当に何が起こったのかわかっていなかった。彼はショックを受けていた」と述べた[34]。
ブランドン・ボスティアンの弁護士は彼は事故で負った脳震盪により事故について思い出せないと述べた。彼は5月15日にNTSBの事情聴取を受け、ノース・フィラデルフィア駅を通過した後のことを「全く覚えていない」と述べた。主任調査官のロバート・サムウォルトはボスティアンは「非常に協力的」であると述べた[35]。サムウォルトは5月15日より前に「外傷性の出来事を経験した者が、少なくとも短期間はそのようなことを覚えていないのは、人間の行動として全く珍しいものではない」と述べていた


この事故でも、運転士は事故の事は憶えておらず、
本人は「自分は通常通りの運転を行っていた」と話しています。
…今回の事件も、そのまま同じではないですか…☆


どうもこの事件、リモートコントロールが絡んでいる様な気がします。
今の列車には運行管理にコンピューターが組み込まれていますから、
それをハッキングすれば、異常な運転で事故を起こさせる事が出来ます。

これが公になってしまうと…そんなコンピューター管理の乗り物は、
全て運行できなくなってしまいます。
列車ならば一昔前まで行っていた制御方法に一旦戻しても、
日本や欧州ならばある程度の運用が出来ると思いますが、
飛行機はかなり難しい…

そして飛行機と言えばもう一つ、
ハッキングして自由にコントロールできるのが可能であれば、
あの911の事件の事も、世間の見方が一変する事間違いなしです。
「都市伝説だと思っていたが、そうか、やっぱりおかしいのか…」
そういう事になると、スーパーエリートの顔面蒼白です…☆


三文劇場の裏側は、ワンパターンストーリーです…☆
ハッキングの防止策が急務ですが、
その前に、ハッキングをやる様な連中を出さない世の中にするのが、
本当は一番の効果的対策なのですがねえ…☆

あと、米国の鉄道も、せめて一定レベル以上の保安施設をつけないと…
勿論、絶対停止機能も付けて。
ここまでやっておくと、事故自体は起こせるものの、
あとで操作や世間の目が面倒なので、
そうおいそれと、ハッキングで事を起こさなくなる筈です…☆



スポンサーサイト

« ハリボテ世界支配層の悪あがき…☆ | HOME |  超強力コンパクト台風、そろそろお約束の転進ですね…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1110-05ea09ec

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR