Trans Princessエコノミストの表紙 2017年版が登場…☆

エコノミストの表紙 2017年版が登場…☆

2016–11–23 (Wed) 21:15
性懲りもなく今年も出版、エコノミストの「来年の世界はこうなる」。
じゃじゃ~ん、こんなデザインです…☆
2017年度版はいよいよ、エコノミストの本領発揮。
今度は気味の悪い、タロットカードですか。
ほらね…欧米のエリートって、本当はとんでもないオカルティストの集まりなのですよ。
It's their true face…といった所かな。
勿論全員ではないけれど、今権力を持っている人たちは、そういうのが多いようです。


現在エコノミストショップで、予約受付中です…☆(英語版ですけれど)
The World in 2017


Economist-2017-front-cover-Doom.jpg

話題になった2015年版がこれ。

economist-2015-point.jpg


2017年版を一言でいえば、急ごしらえという感は否めませんね。
彼らとしてはヒラリーが大統領になる前提で事を運んでいたと思いますので。
トランプ大統領誕生は予言されていたという方もいらっしゃいますが、
それはおそらくもっと前、2000年の大統領選に使うオプションだったように感じます。
結局は息子ブッシュが大統領になりましたが…☆


さて、この表紙にはタロットが8枚並んでいますね。
タロットのカードは大きく二つに分けて、
22枚の「大アルカナ」と56枚の「小アルカナ」に分かれていますが、
この8枚は全部、「大アルカナ」のカードです。
うんと分かりやすく言うと、「大アルカナ」は主要カードで、
「小アルカナ」は、その大アルカナを補助する役割のカードです。

また、タロットには色々な種類の並べ方があり、これをスプレッドといいます。
「ケルト十字型」「ギリシャ十字型」「ヘキサグラム型」「ホロスコープ型」などは、
日本でも占い好きさんを中心に、馴染み深いものです。

エコノミスト表紙の配置は…これは単純に8枚を並べたかのようにも見えますね。
比較的近いのは9枚のカードを使った「ナインブロック型」ですが、
ナインブロックは3列3段、エコノミスト表紙は4列2段です。
2段で占うスプレッドでは「パートナースプレッド」というものがあるのですが、
こちらは6列2段、計12枚のカードを使うので、これとも違います。
まあ、占い師の数だけスプレッドがあるのも、タロットカードですから…☆

まあ、それでもお約束ごとはいくつかありまして、
時間を追いながら全般的な事を占う場合、左から右へ、
「過去」「現在」「未来」「大未来」…と並べることが多いです。
順番は左上段→左下段→左二上段→左二下段→…という感じですね。
(タローに詳しい方からみると「おいおい」な解釈ですが…すみません☆)

我ながら強引ですが、それが「単なる日記帳」ブログの良いところです、わふー☆



さて、解釈を始めましょうかね。
時間も限られているので、サクサクと飛ばして参りましょう…☆

Economist-2017-front-cover-Doom 3


①のカード。
Economist-2017-front-cover-Doom-1.jpg

おっと、いきなりおまえかよ! です…☆
このカードは「The Tower」、塔のカードと言いまして、
大アルカナ22枚の中で、一番良くないカードなのです。
致命的な失敗や崩壊の暗示です。
後ろにいるのはコミュニスト(ソ連の旗)と、キリスト教徒(欧米)の暗示、
対立する二者の象徴で、「二元論」で推し進めてきた近代世界の姿にも思えますが、
今まで築き上げてきた物が、ガラガラと音を立てて崩れたといった所かな。
…そうかそうか、ヒラリーが負けて、気分は最悪ですか☆


②のカード
Economist-2017-front-cover-Doom-2.jpg

で…「死」のカード☆
意味は「衰退」「終了」「変化」」といった所。
所謂「オシマイ」です…欧米エリートによる世界統治体制が終わったとか。
エコノミストと言えばこの所書いてある記事が非常に低レベルで、
米国大統領選の事など、八つあたりにも思えるほどの罵詈雑言が載っていますよ…☆
しかしこの絵柄、いやな性格の奴が書いたのでしょうね。
太陽(日本)ときのこ雲(原爆・原発)と津波かよ…です。
…本当はこうしたかったんじゃないのですか?
モチーフは黙示録第6章の8に出てくる「青白い馬」にも思えます。
「8.そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉(よみ)が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。 」
カード下部には死んだ魚や枯れた植物なども書いてある様ですね。
上空を飛んでいるのが「いなご」だとすれば、
黙示録第8章から9章あたりを思い浮かべますが…
絵がへたっぴすぎて分からねーじゃないか…です、わふー☆



③のカード
Economist-2017-front-cover-Doom-3.jpg

これは「審判」のカードと言います。
どう見ても、「トランプの爺さん」にしか見えないではないですか…☆
意味は「結果」「復活」「改善」「覚醒」など。
まあ、リーマンショックとタイテロインチキ戦争でボロボロになった結果、
トランプが当選し、復活への糸口をつかもうとしているのが米国という絵柄ですね。
これは…黙示録の第13章がモチーフじゃないですか?
黙示録の獣

ほらほら、この絵ですよ。
2015年2月22日の記事、
エコノミストの表紙に現れた「666」と、「虐殺(?)」の文字と…☆
でもご紹介した、このデッサン狂いの気持ち悪い絵…☆

arigatou2.jpg
これは赤井龍さんという人が、ペットの獣ちゃんに権威(王笏)を与えるシーンです。(ほんとか?)
王笏を持ったトランプを、獣ちゃんに例えたいのかな?
…ワンパターンですからね、カルト・エリートって…☆




④のカード
Economist-2017-front-cover-Doom-4.jpg

これは「魔術師」のカードと言います。
意味は「起源」「創造」「可能性」など。
…3Dプリンタで、家でも作っているのでしょうかね。
絵がへたっぴで、よくわかりませんが…☆
頭で考えた事を、その脳波を読み取って、3Dプリンタで実現すると。
ただね…3Dプリンタって、当初の「何でも出来ちゃう」みたいなお話と裏腹に、
実際には今一、使えない技術ですよね…☆
日本の中小企業辺りの方が、夢を実現してくれそうですけれど…☆


とまあ、取りあえず左4枚の解釈を、
本当に通り一辺倒ですが、行ってまいりました。
…何となくなんですが、これ、元々のデザインの一部を、
入れ替えたのではないでしょうかね…☆
やはり、あれですかね…☆


後半4枚は、また日を改めまして☆
勿体ぶっている訳ではありません。
エコノミストの予言は、当たった事が無いとは言いませんが非常に少ないので、
この忙しい最中に急いでやらなくてもいいでしょう…☆

あちらはこの予言を成就させようと、
一生懸命なのかもしれませんが☆


スポンサーサイト

« 朝の大地震劇場、何かしくじったのかな?…☆ | HOME |  日本、エコノミストの表紙から消滅?…☆ »

コメント

ゼロサムゲームにチェックメイト。。。

こんばんは。
こちらの表紙ひと言「うわ、絵面キッショ ( 」につきると思います。

The Economist といえば、このおばちゃん。。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj-hbyr8sDQAhVGEpQKHZWhAQ8QFggbMAA&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Flderothschild&usg=AFQjCNE90gnacM0gH-K2Hz54mA5qJJnZLA&bvm=bv.139782543,d.dGo

11月の選挙では、ずいぶんバンジーきゅうすのおばあちゃんにご執心だったようですけれど、
ご執心がすぎてご当人もそろそろバンジーきゅうすされちゃうのかも。。やれやれ、です。

でもでも、今回ばかりは表舞台だけじゃなくって、本来は黒子逃げ切り役だった面々までバンジーきゅうすされちゃいそうな予感はいたします。

こちらのおじちゃんとか...
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjdv5CF88DQAhWCUZQKHZq6BYwQFggjMAE&url=https%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FRobert_Cooper_(strategist)&usg=AFQjCNFmLFbLiW1oceRfOZ--uy53e-uXHg

タロット(私は門外漢ですので分かりませんが)も種を明かせば、
数千年の長きにわたり、信用創造のギミックと情報操作(=Media)を独占した上で、
宗教(と、いわれるもの、本来のそれとは似て非ざるもの)と警察力とを駆使した
巧妙な民衆統治の仕組みのひとつとして云々...といったところかもしれませんね。。

大多数の善良な民衆には、艱難辛苦を与え続け..あげく、富と栄華はごくごく一部の貴族達で根こそぎ独占とか..さすがにそういうの、ちょっとちょっと古くさいです、古すぎです、
そろそろバイバイしなきゃです。

Re: ゼロサムゲームにチェックメイト。。。

> こんばんは。
> こちらの表紙ひと言「うわ、絵面キッショ ( 」につきると思います。
>
> The Economist といえば、このおばちゃん。。
> https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj-hbyr8sDQAhVGEpQKHZWhAQ8QFggbMAA&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Flderothschild&usg=AFQjCNE90gnacM0gH-K2Hz54mA5qJJnZLA&bvm=bv.139782543,d.dGo
>
> 11月の選挙では、ずいぶんバンジーきゅうすのおばあちゃんにご執心だったようですけれど、
> ご執心がすぎてご当人もそろそろバンジーきゅうすされちゃうのかも。。やれやれ、です。
>
> でもでも、今回ばかりは表舞台だけじゃなくって、本来は黒子逃げ切り役だった面々までバンジーきゅうすされちゃいそうな予感はいたします。
>
> こちらのおじちゃんとか...
> https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjdv5CF88DQAhWCUZQKHZq6BYwQFggjMAE&url=https%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FRobert_Cooper_(strategist)&usg=AFQjCNFmLFbLiW1oceRfOZ--uy53e-uXHg
>
> タロット(私は門外漢ですので分かりませんが)も種を明かせば、
> 数千年の長きにわたり、信用創造のギミックと情報操作(=Media)を独占した上で、
> 宗教(と、いわれるもの、本来のそれとは似て非ざるもの)と警察力とを駆使した
> 巧妙な民衆統治の仕組みのひとつとして云々...といったところかもしれませんね。。
>
> 大多数の善良な民衆には、艱難辛苦を与え続け..あげく、富と栄華はごくごく一部の貴族達で根こそぎ独占とか..さすがにそういうの、ちょっとちょっと古くさいです、古すぎです、
> そろそろバイバイしなきゃです。



こんばんは☆

ロートシルトのお家も、そろそろ使命を終えるのかもしれませんね。
確かに彼らは単純な二元論でいえば悪ですが、
それなりの役目を持ってこの世に生まれ、使命を全うしたのかもしれませんね。
全うしたのでそろそろお役御免なのかも…☆

タロットにしろ四柱推命にしろ、目に見えない世界と通信し、
情報のやり取りをするという、現代科学では解明できない世界も、わたしは存在するとは思います。
でもねえ…☆
今やっているのは、「当たる予言を自分で作っちゃう」という、作業にしか過ぎないと思いますよ☆
こういうことをしていると、「おまえもういいよ」という事になりますよねえ…

貴族が貴族でいられる条件はただ一つ、
様々な意味で、民のボトムアップを実現する事です。
それが出来ていれば、貴族はその存在を認められるわけですが…
ご覧の通り、今のは「ダメダメ」な、残念な貴族さんばかりです…☆



スカッとしました!

この雑誌って毎年表紙の話って陰鬱で腹たってたんですよ当たってるの少ないのに、初めて気持ち良い解説でした!

Re: スカッとしました!

> この雑誌って毎年表紙の話って陰鬱で腹たってたんですよ当たってるの少ないのに、初めて気持ち良い解説でした!


こんばんは☆

エコノミストの表紙がおかしくなったのは、ここ最近の事ですが、
今や狙って、エリート層のオカルト好きを見せつけていますね…☆

2017年版の解読、まだ途中ですみません…
年末年始に更新できればと思っておりますので、お楽しみに…☆



コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1147-cddb6ac0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR