Trans Princessエコノミストの表紙 「世界」と「運命の輪」…☆

エコノミストの表紙 「世界」と「運命の輪」…☆

2016–11–27 (Sun) 21:49
さて、エコノミストの表紙2017年版、後半を考察してみましょう。

Economist-2017-front-cover-Doom 3


⑤のカード
Economist-2017-front-cover-Doom-5.jpg

この「The World」、世界という名のカードは、大アルカナ22枚の一番最後のカードなのです。
最初のカード「The Fool(愚者)」のカード番号は0なので、「世界」のカード番号は21番です。
キーワードは「完成 理想 完全制覇」など。
なるほど、「ぼくの考えた世界支配の体制」を描いているようにも見えますが…☆
一番下の段には3つの建築物。前出のTOCANAの記事では下の3つの建物を右から、
「ピラミッド」「ホワイトハウス」「アメリカ合衆国銀行」ではないかとしていましたね。

ホワイトハウスねえ…北側(ラファイエット公園側)の玄関の事かな。
ほわいとはうす

車をつける玄関はこちらですが、これはいわば裏口ですぜ、旦那。(どこの旦那だ)
カードに書かれている屋根の上の丸いドームも無いしね…☆
それならまだ、こちらの方が近いような気もしますよ。
1280px-0_Basilique_Saint-Pierre_-_Rome_(1).jpg

ご存知バチカンは、サンピエトロ大聖堂。
…こちらも少々無理はあるように感じますが☆
西欧文明の象徴の一つ、キリスト教会の事かもね…
それならイギリスのセントポールでもいいですけれどね。


次、アメリカ合衆国銀行って…☆
FRBの本店が入っているワシントンのエクレスビル(Eccles Building)の事だと思いますが…
あれはこんな感じですよ…☆
えくれすびる

一番近いのはこれですかね…屋根は壊れて無くなっていますが。
800px-Temple_of_Athena_Nike.jpg

これはアテネのアテナ・ニケ神殿です。
これも西欧文明の基盤の一つである「ヘレニズム」の象徴かもしれません。
要するにピラミッド=ミスティシズム、キリスト教会=ヘブライイズム、ギリシャ=ヘブライイズム。
ここまで西洋社会を動かしてきた根幹の象徴とでもしておきますか…☆

おっと…あんまり詳しくやるのは次の機会にして、
取りあえずガンガン、先に進まないと…☆

その上は、本と絵画とギリシャのお面か…文学・絵画・演劇、文化の象徴ですが…
うーん。この絵、どこかで見た事があるなあ。今は思い出せないけれど…

で…その上に肖像画と開いた書物。
肖像は誰のかな…一瞬、ロートシルトのお家のマイヤー爺さんを思い出しましたが、
ちょっと違うかな…☆
書物の方は聖書でもトーラーでも議定書でも、何でもいいです。
とにかく、完璧な支配体制とはこういうものだという暗示です。
…このカード、逆位置なんじゃないかな、本当は?…☆


⑥のカード
Economist-2017-front-cover-Doom-6.jpg

「Wheel of Fortune」 運命の輪という名のカードです。
カード番号は10番。
意味は「チャンスの到来 大変化
「独首相アンジェラ・メルケル、仏政治家マリーヌ・ル・ペン、オランダ政治家ヘルト・ウィルダース」
彼らは「三つ巴」の形で輪に縛り付けられています。
極右と言われるルペンとウィルダースは極右のペアですが、
ヒトラーの娘のメルケルはあちらのお仲間なはずです…☆

wheel.jpg
これはマルセイユ版タロットの「運命の輪」のカードです。
ご覧の通りこのカード、本来は三つ巴ではないのです。

タイトル通り「運命対自由意志」を提示している。輪は周期性・永続性の象徴とされる。マルセイユ版タロットでは輪に絡まるようにして2匹の動物が、輪から独立した台座の上に1体の生物が確認できる。通説として、輪の右側(上を向いている方)の動物はアヌビスとされ、転じて善玉と解釈される。対して輪の左側(下を向いている方)の動物はテュポンとされ、転じて悪玉とされる。2体の動物の向きから輪は左回転を行っているものと思われ、吉と凶は変則的でありながらも規則的に訪れることを暗示している。輪の回転を操るかのように鎮座する黒色の禍々しい生物は、一見すると悪魔との関連を想像させるが、ライオンの胴体、人面の頭、大きな羽といった外見に加え、黄金の冠が神聖な力を示すことからスフィンクスと解釈されるのが一般的である。
ウィキペディアから引用

まあ、ここではカード下部に描かれた投票箱にご注目…☆
二つの投票箱に投入されようとしている投票用紙には「×」が描かれています。
この3人の中で、2人は落選ということですね。
位置的に考えて、それはメルケルとウィルダースのようです。
一方、ルペンの左上には白抜きの円が描かれているので、
彼女は当選し、仏大統領になる…のかもしれませんね☆
但し、エコノミストの予言はただでさえ殆ど当たりませんが、
選挙に関しては更にボロボロですからねえ…
2016年版にも、トランプが大統領になるなど一つも書いていなかったですから…☆


少し詳しく書いてしまったので、記事が長くなりました。
今回はここで一旦切ります…☆

これだと前半部分が手抜きになっちゃいますので、
大幅追記をした方がいいかな?…☆



スポンサーサイト

« エスタブリッシュメントの終わりと、トンズラ前の売り逃げ相場…☆ | HOME |  覚せい剤報道を使って、隠したい事色々なのかな?…☆ »

コメント

こんばんは☆

運命の輪は、各人、それぞれに転機が到来することを意味しますので、
必ずしも、チャンス到来とはならないと思います。文字通り、見たまま解釈すると、上がって行く人(ルペン党首)、これから、上がって行く人(ウィルダース氏)そして、下がり行く人(メルケル首相)と大別出来るのではないでしょうか。サルコジ氏が、落選した今、ルペン氏が当選する可能性も出て参りました。ドイツでは、少なくとも、再選を目指すメルケル首相が、国際情勢上、今の立場を維持出来るとは思いません。オランダでは、ウィルダースが、発言力を高めて行くのではないでしょうか。投票箱があるということは、何かしらの政治的イベントの結果を暗示していると思います。
白抜きの円は、月ではないのでしょうか。月も一応カード19番目ですが、しかし、前途多難な様です。一方反対側のメルケルの方には、雷が落ちており、不穏な空気になっています。

次、世界です。
彼らが、正位置で出して来たのは、明らかに願望からかもしれませね。
逆位置で無理やり解釈すると、キーワード的には、私たちにとっては、大団円かもしれません。則ち、社会全体が、混乱(混沌と)すれども、それゆえに社会や世界を構成するあらゆる要素が噴出し、その組み合わせで、完全無欠の世界が構成される…。その要素というのは、神学的な書物だったり。芸術だったり。ヘレニズムと解釈するのであれば、西洋(ギリシャ)と東洋(オリエント)の融合した文化体系のことですから、世界を動かす根幹、これが、完璧な旋律をもって、根幹から要素が流れ出し、再び再融合(?)されるのではないでしょうか。もし、これを、仮にホワイトハウスとか、FRBとかの原型とするのであればですが、政治とか通貨の象徴ですから、それらの要素が、混乱を伴いつつ崩壊し、要素が吹き出し、何らかの形で、再融合される…。まぁ、確かに、権力、政治、経済、神学、芸術、建築、学問とすれば、それらの論理をもって何を解決出来たかと言えば、支配する方法や道具に利用されていた訳で、それらによる支配も限界に近づいて来たのかもしれません。

知識と智慧の融合とも解釈出来ますが、まぁ、この辺にしておきます笑

ところで、イスラエルで、大規模火災があったそうです。http://www.afpbb.com/articles/-/3109262?pid=18506662

Re: タイトルなし

> こんばんは☆
>
> 運命の輪は、各人、それぞれに転機が到来することを意味しますので、
> 必ずしも、チャンス到来とはならないと思います。文字通り、見たまま解釈すると、上がって行く人(ルペン党首)、これから、上がって行く人(ウィルダース氏)そして、下がり行く人(メルケル首相)と大別出来るのではないでしょうか。サルコジ氏が、落選した今、ルペン氏が当選する可能性も出て参りました。ドイツでは、少なくとも、再選を目指すメルケル首相が、国際情勢上、今の立場を維持出来るとは思いません。オランダでは、ウィルダースが、発言力を高めて行くのではないでしょうか。投票箱があるということは、何かしらの政治的イベントの結果を暗示していると思います。
> 白抜きの円は、月ではないのでしょうか。月も一応カード19番目ですが、しかし、前途多難な様です。一方反対側のメルケルの方には、雷が落ちており、不穏な空気になっています。
>
> 次、世界です。
> 彼らが、正位置で出して来たのは、明らかに願望からかもしれませね。
> 逆位置で無理やり解釈すると、キーワード的には、私たちにとっては、大団円かもしれません。則ち、社会全体が、混乱(混沌と)すれども、それゆえに社会や世界を構成するあらゆる要素が噴出し、その組み合わせで、完全無欠の世界が構成される…。その要素というのは、神学的な書物だったり。芸術だったり。ヘレニズムと解釈するのであれば、西洋(ギリシャ)と東洋(オリエント)の融合した文化体系のことですから、世界を動かす根幹、これが、完璧な旋律をもって、根幹から要素が流れ出し、再び再融合(?)されるのではないでしょうか。もし、これを、仮にホワイトハウスとか、FRBとかの原型とするのであればですが、政治とか通貨の象徴ですから、それらの要素が、混乱を伴いつつ崩壊し、要素が吹き出し、何らかの形で、再融合される…。まぁ、確かに、権力、政治、経済、神学、芸術、建築、学問とすれば、それらの論理をもって何を解決出来たかと言えば、支配する方法や道具に利用されていた訳で、それらによる支配も限界に近づいて来たのかもしれません。
>
> 知識と智慧の融合とも解釈出来ますが、まぁ、この辺にしておきます笑
>
> ところで、イスラエルで、大規模火災があったそうです。http://www.afpbb.com/articles/-/3109262?pid=18506662



こんばんは☆

なるほど、白い円は月…面白いですね。
中世の詩など見ると、「月」」は衰え行くものの象徴に使われています。
しかしルペンなどはこれから日の出の勢いになる可能性もあります。
あ、「月の出の勢い」か?…イマイチな表現ですね☆

このカード(The World)の強気の秘密は、
「Judgement」のカードは本来トランプではなく、
ヒラリーを入れるはずだったと思えばご納得頂けますでしょうか?…☆
もちろん予言ではなく、「願望」ですけれどね☆


イスラエルの火災は。満州某重大事件みたいなものです。
しかし、パレスチナ政府はすかさず消防隊を応援に出させ、
両社共存の平和外交をアピールしました…上手ですね。
様々な所で活躍する「影」のブレーン、やはり優秀ですね…☆





月も、色々な顔がありますが、これは満月と解釈できないでしょうか。
色々な顔の中の満月。栄光のただ中です。新月などとは違い、これから終わり行く儚さも醸していますが、それは人間の性。でも、白抜きの円で、当選としても、間違いないでしょう。おそらく、同じ意味になりますから。

そうですね、ヒラリーを入れれば、彼らにとっては、計画のマスターピースですが、
ここでは、トランプをここで、敢えて入れたことのメッセージを読み取ることが大切だと思います。
私は、主観を入れないタイプなので、そう解釈します。でも、選挙に負けても尚、トランプを操ろうとする連中の意図や黒さが見え隠れしていますからね。

Re: タイトルなし

> 月も、色々な顔がありますが、これは満月と解釈できないでしょうか。
> 色々な顔の中の満月。栄光のただ中です。新月などとは違い、これから終わり行く儚さも醸していますが、それは人間の性。でも、白抜きの円で、当選としても、間違いないでしょう。おそらく、同じ意味になりますから。
>
> そうですね、ヒラリーを入れれば、彼らにとっては、計画のマスターピースですが、
> ここでは、トランプをここで、敢えて入れたことのメッセージを読み取ることが大切だと思います。
> 私は、主観を入れないタイプなので、そう解釈します。でも、選挙に負けても尚、トランプを操ろうとする連中の意図や黒さが見え隠れしていますからね。


先に種明かしをする事になるので、さらりと書くにとどめますが、
あのタロットカードのうち少なくとも1枚は別の絵柄が入り、
もう一枚は、位置を逆にしなければならなかったと思います。
考察を進めれば、他にもあるかもしれませんね。


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1150-050c36b6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR