Trans Princess「窮鼠猫を噛む」…噛んだ後、もっとヤバい事になったりして…☆

「窮鼠猫を噛む」…噛んだ後、もっとヤバい事になったりして…☆

2017–01–09 (Mon) 22:40
「原発再稼働は認めない」と断言した新潟県知事に、東電・原子力ムラのネガティブキャンペーンが激化!

やれやれ、かえって墓穴を掘るので止めておいた方がいいのに…
原発が全廃になれば、東電のみならず既存の電力会社(沖縄電力を除く)は、
非継続事業として多額の損失を計上しなければならず、全部債務超過で倒産ですから、
抵抗する気持ちは分かるものの、あまり同情できませんね…☆
ましてや東電は今の時点で債務超過でしょうし、
なにより資金繰りがつかない状態に陥っているように見えますから。

この原発関連の大損失を、勘定を切り離してやれば多少は原発廃止に心動くかもしれませんが、
その損失を補てんするお金はどこにもないので、全部国民負担です。
そんな要件を国民が受け入れる訳も無いので、なりふり構わぬ抵抗をする訳ですが…哀れです。

よしんば旧国鉄の様に負債勘定を切り離して再編させても、
原発の本当の目的が達成できなくなる為、
電力会社の裏にいる人たちが許す訳もありませんが☆

原発の本当の目的とは…
核兵器を生産し、核保有国になる事です。
その為に、数十年前高純度のプルトニウムを学術用として米国から輸入し、
近年「安倍は危ない」と感じた米国から返還を要求され、しぶしぶ返した経緯があるのです。

しかし、世界は次の時代に移行しつつあります。
今更核を作っても、ロシアのC-500防空システムは、
それを迎撃する能力を持っているといわれています。

…もう日本も、次の時代へ行く準備をしないといけません。
このままでは周回遅れより酷い事になるかもしれませんしね。


蛇足ですが…
中国のボロ空母も、同じようなものです。
空母自体がすでに時代遅れなので、あまり騒いだり、心配する事も無いでしょう。
ミサイル技術がこれだけ進化している現代、
下手に前線に出張れば、あっという間にボカチンです☆
その為にイージス艦がいるのですが、そのイージス艦が確実にミサイルを撃退できるかと言えば、
非常に難しい…というか、ムリ☆

そういえば旧海軍が起死回生を狙った、虎の子の空母「大鳳」は、
先輩の名艦「翔鶴」より大型の、装甲甲板を装備した優秀な新型空母だったのですが、
(おかげで重心が高くなり、飛行甲板を1層減らして艦載機数が減少してしまいましたが)
なんとたった1発の魚雷を喰らっっただけで、あっけなく沈没してしまいました。
…これに関して書くと、長くなるので止めておきます…☆

そして今、魚雷ミサイルの類の進化は、空母とその護衛艦、戦闘機のそれを遥かに凌いでいます。
ましてや、遼寧は大鳳のような新鋭艦ではなく、オンボロですから…☆



スポンサーサイト

« 軽井沢バス事故から、もうすぐ1年です…☆ | HOME |  迫る歴史のターニングポイント…☆ »

コメント

何が起こるか...いろんな意味で楽しみな年

 何か半分投げやりなタイトルですが...

 年が明けて十日...

 遅ればせながら...

 今年もよろしくお願いいたします...笑

 社交辞令と歯が浮いた言葉の大嫌いな私の元へ今年は年賀状は来ませんでした...♪...メデタシメデタシ

 さて、今年はどの様な年になるのでしょうか?

 と、他人任せにせず...世間の事より...先ずは自分が目標を持って...健康な生活を送れる事を第一の目標として邁進したいと思います...ジジイの訓示みたいですが...

 力を誇示するために造った戦艦が一発の魚雷で沈没した...

 この話を聞かせてあげたい人はたくさんいますが...先ず自分に言い聞かせたいと思います...

 今年もブログを楽しみにしています...

 



 

 

 

上から目線の脳天パァ

アメリカは魚雷の研究過程で、
命中しなくても撃沈可能と発見します。
何故なのか?
水=液体は圧力で体積が変わらないからです。

魚雷が水中で爆発すると、
その衝撃波は水中で、
圧力ですから球の面積である、
4πr二乗に反比例して減弱して伝わります。
水は収縮しませんから、
水の衝撃は金属の衝撃に等しく、
薄い金属板で出来た戦艦には簡単に穴が開きます。

たったこれだけの事なのですが、
それに気付いた日本の現場の兵士が、
「命中してないのに撃沈された!」と、
上官に告げたにもかかわらず、
上から目線の愚かな軍人は、
「そんなはずない」の一言で、
現場の声を無視し、
結果的に日本の戦艦は撃沈され続けました。

軍人は戦争の事しかしりませんから、
こうした事は全くダメ。
日本の軍隊は上官の命令は絶対ですから、
現場の情報が一切上がっていかない。
安倍と与党を見ればわかる。
現場の声、
地方の声、
聞く耳が全くありません。

戦略と言えば、
孫子の兵法が有名で、
アメリカの軍隊では教科書にしています。
ところが当の孫子は、
晩年、王に睨まれて、
軍略をリークされるのを恐れられ、
死刑に処せられています。
彼を雇っていた呉は、
かつて侵略した越に恨まれ滅ぼされて、
呉の王、夫差は自殺し、
呉は完全に滅亡しています。

戦略?
何の役にも立ちはしません。
殺して怨恨を残し、
復讐が延々と連鎖するだけの、
殺し合い。
それが戦争であり、
そんな不毛な事しか頭にない、
上から目線のパァ、
それが軍国主義者であり、
安倍晋三であり与党であり右翼の正体です。

Re: 何が起こるか...いろんな意味で楽しみな年

>  何か半分投げやりなタイトルですが...
>
>  年が明けて十日...
>
>  遅ればせながら...
>
>  今年もよろしくお願いいたします...笑
>
>  社交辞令と歯が浮いた言葉の大嫌いな私の元へ今年は年賀状は来ませんでした...♪...メデタシメデタシ
>
>  さて、今年はどの様な年になるのでしょうか?
>
>  と、他人任せにせず...世間の事より...先ずは自分が目標を持って...健康な生活を送れる事を第一の目標として邁進したいと思います...ジジイの訓示みたいですが...
>
>  力を誇示するために造った戦艦が一発の魚雷で沈没した...
>
>  この話を聞かせてあげたい人はたくさんいますが...先ず自分に言い聞かせたいと思います...
>
>  今年もブログを楽しみにしています...
>
>  


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます☆

年賀状は今年も激減したようですからね…☆
インターネットの時代、これから更に減り続けると思いますよ。
本当に手紙のコミュニケーションが好きな人たちも沢山いらっしゃるので、
消える事はないでしょうが…☆

大鳳のお話は、また会を改めて記事にしてみます。
悪い時の日本の癖である独善的な思い込みと教条主義が、
その惨事を招いてしまった訳です。
これは現在の私たちにも、継承になる事と思います…☆







Re: 上から目線の脳天パァ

> アメリカは魚雷の研究過程で、
> 命中しなくても撃沈可能と発見します。
> 何故なのか?
> 水=液体は圧力で体積が変わらないからです。
>
> 魚雷が水中で爆発すると、
> その衝撃波は水中で、
> 圧力ですから球の面積である、
> 4πr二乗に反比例して減弱して伝わります。
> 水は収縮しませんから、
> 水の衝撃は金属の衝撃に等しく、
> 薄い金属板で出来た戦艦には簡単に穴が開きます。
>
> たったこれだけの事なのですが、
> それに気付いた日本の現場の兵士が、
> 「命中してないのに撃沈された!」と、
> 上官に告げたにもかかわらず、
> 上から目線の愚かな軍人は、
> 「そんなはずない」の一言で、
> 現場の声を無視し、
> 結果的に日本の戦艦は撃沈され続けました。
>
> 軍人は戦争の事しかしりませんから、
> こうした事は全くダメ。
> 日本の軍隊は上官の命令は絶対ですから、
> 現場の情報が一切上がっていかない。
> 安倍と与党を見ればわかる。
> 現場の声、
> 地方の声、
> 聞く耳が全くありません。
>
> 戦略と言えば、
> 孫子の兵法が有名で、
> アメリカの軍隊では教科書にしています。
> ところが当の孫子は、
> 晩年、王に睨まれて、
> 軍略をリークされるのを恐れられ、
> 死刑に処せられています。
> 彼を雇っていた呉は、
> かつて侵略した越に恨まれ滅ぼされて、
> 呉の王、夫差は自殺し、
> 呉は完全に滅亡しています。
>
> 戦略?
> 何の役にも立ちはしません。
> 殺して怨恨を残し、
> 復讐が延々と連鎖するだけの、
> 殺し合い。
> それが戦争であり、
> そんな不毛な事しか頭にない、
> 上から目線のパァ、
> それが軍国主義者であり、
> 安倍晋三であり与党であり右翼の正体です。



こんばんは☆

その魚雷に対する認識の際のお話はわたしも聞いた事があります。
そうなる原因は、教条主義と驕りから来る広い視野での見識と思考の欠如なのですが、
今の極右たちは、見事に当てはまっていますね…☆

実際の戦争もともかく、
現在の日本も世界も、日常生活が戦争と同じ論理で動いています。
ビジネスも「ゲーム」であり、勝者と敗者を決める事に勤しんでいます。
いわゆるwin-winの思想が欠如した体制は、一時期席巻する代わりに、
寿命自体は短命なものです。

さあ、次の時代への準備は出来ていますか?
そう問われて、「はい、勿論☆」とにこやかに答えられる人が、
どれだけいるかと思うと、これからなかなか大変かと思います…

でも、そこは前へ進むしかない訳です…ハイ☆









コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1184-cb7db52c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR