Trans Princess事実は誰かが作った小説なのかもしれません…☆

事実は誰かが作った小説なのかもしれません…☆

2017–03–13 (Mon) 22:42
本日、平日名物の簡易更新です。
昨日ちょっとお話した、機密文書「Vault7」。
こちらにもう少し詳しいお話が掲載されています。


「自動車をハッキングして暗殺する」「テレビで部屋の会話を録音する」などCIAの極秘諜報作戦の実態を暴露する機密資料「Vault 7」をWikiLeaksが放出

◆各種端末をターゲットにするサイバー攻撃ツール
・テレビ
WikiLeaksによると、CIAはSamsungのスマートテレビをハッキングするツールをイギリスの諜報機関MI5と共同で開発したとのこと。スマートテレビに侵入すると、テレビをフェイクの「電源OFF」モードにして、実際にはテレビがONになっているのにユーザーにはOFFの状態であるかのようにだまし、部屋の会話を録音してインターネット経由でCIAサーバーに送信していたとのこと。なお、Samsungのスマートテレビのサービス規約は2015年に「テレビは音声データをキャプチャーすることがあり、音声データはサードパーティに提供されることがあります」と改定されているとNew York Timesは指摘しています。

・Android
CIAはスマートフォンをハッキングするため、85%近い世界シェアを持つAndroidを攻撃するツールをCIA独自で開発するだけでなく、GCHQ、NSA、サーバー攻撃請負企業から購入し、2016年には24個のツールを備えていたとのこと。これにより、CIAはWhatsApp、Signal、Telegram、Wiebo、Confide、Cloackmanの暗号化機能をバイパスすることができ、暗号化される前に音声データやメッセージのトラフィックを収集することができるとのこと。

・iPhone
シェアが14.5%とAndroidに比べると少数派のiOSですが、もちろんCIAはターゲットにしています。iPhoneやiPadに感染して、端末のコントロール権を奪ったりデータを抜き出したりするマルウェアを開発するために、CIAはiOS専用のハッキングチームを編成していたとのこと。CIAは独自開発したiOSハッキングツール以外にも、GCHQ、NSA、FBI、サイバー攻撃組織から入手した多数のサイバー兵器を持っているとしています。ビジネス、政治、外交における「エリート層」に人気のあるiPhoneゆえに、シェアが小さくても特別な編成を採っている可能性をWikiLeaksは指摘しています。

・Windowsなど
CIAはWindows PCに感染して外部からコントロールするために大きなリソースを割いているとのこと。Automated Implant Branch(AIB)という部門によって複数の攻撃システムが開発されています。また、Windows、Mac OS X、Solaris、Linuxなどの複数のプラットフォームに対応するマルウェアも開発しているとWikiLeaksは述べています。

・自動車
WikiLeaksによると、CIAは2014年10月に高度にコンピューター制御された自動車やトラックをハッキングすることを計画していたとのこと。資料では自動車を乗っ取る目的については明確にされていませんが、WikiLeaksは自動車を制御して事故を起こさせてターゲットを暗殺することだと推察しています。

◆脆弱性の悪用
アメリカ政府はVulnerabilities Equities Process方針でソフトウェアに見つかった脆弱性の情報を公開していますが、CIAは公開されていない脆弱性情報を持ち、これを悪用しているとのこと。WikiLeaksによると、CIAの特定のマルウェアは大統領のTwitterアカウントを管理するAndroid・iOS両方のソフトウェアに感染してコントロールすることができるそうです。このマルウェアは未公開の脆弱性を悪用していますが、CIAが情報を隠す限り、修正されることはなくハッキング可能な状態が続きます。


…などなど。

事実は小説よりも奇なりという格言がありますが、
それは少し違います。
わたしたちが事実だと思ってきた出来事、歴史そのものが、
わたしたちにそう信じ込ませたいと願う人たちが作った、小説に他ならないのです。
まあ、すべてがそうとは申しませんが、
事重要な事に関しては、その可能性が少なくないのです…☆
そして事実は、それとは別にあるのですよ。、


ニュースで不可解な報道をしているのを見かけたら、
その辺りを思い出してみて下さい。

もしかしたら、これまで信じて疑わなかったこの世の姿が壊れ、
その代わり、これまで思いもしなかった真実の姿が現れる。
そういう事も、これからあるかもしれませんよ…☆




スポンサーサイト

« 日本の戦後を駆け巡った運命と因果…☆ | HOME |  三文劇場崩壊の楽しみ方…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/1232-bb032b2f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR