Trans Princess寝台列車で年越ししてきました☆

寝台列車で年越ししてきました☆

2014–01–01 (Wed) 21:36
さて…私は「年越し」を、寝台列車の個室で過ごしました。
取れないだろうなあ…と思っていたのですが、多分、その少し前にキャンセルが出たのでしょう☆
一人ですからね…思った通りに行動できるのは、いいですね☆

その時のお写真をflickrにアップしようと思うのですが、
その前に、このブログで公開しましょうね。

wagon.jpg


「男の子バージョン」なので、お化粧は殆どなし…ファンデーションだけで、リップも使っていません。
ですので、あんまり華の無いお写真ですが…☆

はい。これはれっきとした「男の子の格好」なのです。
19世紀から20世紀初めの、欧州の貴族の男の子をモチーフにコーディネートしてみました。
短いズボンに、タイツに、太ももまであるロングブーツに、肘までのロンググローブ。
甘いブラウスとおリボンの白と、手袋とブーツのピカピカの光沢も誇らしげに…私の美学の真髄なのです☆
ベルトに吊り下げてある金具は、サーベルを吊り下げる為のサスペンダーです。
男の子は、可愛い格好をしていても、いつ何があってもいいように、サーベル位は持つものです☆
そんな訳はないか…です。そんな物騒な物を持っていたら、捕まっちゃいますからね☆

この写真は、車掌さんに撮ってもらいました、はい☆
寝台内は狭いですから、けっこう苦労されていました。
ただ…車掌さんは私の事を、「女の子」だと思っていたらしく、扱いも女の子に対してのそれでした…☆
…少なくとも現代日本では、この恰好は「女の子」がするもののようです…。
ただ「女の子」でも、こういう恰好をしている娘は珍しい…かな☆
今はコスプレとかありの時代ですから…ご容赦を☆

ちなみに、撮影はあのオリエント急行の車内です…。
なんて、もちろん、冗談ですよ☆ 日本の寝台車です。
日本は新幹線と夜行バスが猛威をふるい、夜汽車の文化が廃れてしまって、寂しいですね。
さすがに欧州などでは、まだまだ健在なのですが…。
私は夜を通して、ガタゴト揺られながら遠い街へ移動するの、好きですよ☆

実は私の両親が、昨夏のパリ発イスタンブール行きオリエント急行を旅してきたそうです☆
今はオリエント急行は、そうした企画物の団体ツアー列車として存続しています。

本当はシンプロン峠を越えてヴェネツィア回りでパリからイスタンブールへ行きたかったそうですが、
今はウィーン-ブダペスト-ブカレスト周りしかないようです。
帰りの列車はヴェネツィア(多分、サンタルーチア駅行き?)ですが、その先、パリには直行しません。
おそらく、ヴェネツィア-パリは、別の企画で乗客を募集するのでしょう。
それに乗り継げばパリへ戻れますが…それではパリへの西行きで、イスタンブールへの東行きではないです…。

と言う訳で、「パリからイスタンブールまで、ヴェネツィア回りで行ける方法』を研究するです☆

年越し蕎麦…は、お昼に(れんげを使って)食べましたので、お夕飯は駅弁です☆
そのあたり、やっぱり「日本の旅」ですね☆
その後は、面白い本を読んでいて、ちょっと横になったら、もう朝でした。
ですので、ちょっと寝不足かも…です☆

スポンサーサイト

« 謹賀新年☆ | HOME |  二つのトルコ行進曲☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/131-223eff8f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR