Trans Princessかつて「東西」を隔てた鉄路は険しく…2(迂回編)☆

かつて「東西」を隔てた鉄路は険しく…2(迂回編)☆

2014–01–06 (Mon) 23:32
「痛鉄」ことトレニタリアに、「ヴィッラ・オピチナからセジャーナへ抜ける鉄道は利用できないのでしょうか」というメールを打ちました…。
でも、恐らく返事は無いでしょうね…なんてったって、「痛鉄」ですから…☆
でもでも、数日は待ってみましょうか。何しろ急ぐ旅ではないし…?

その間に、迂回路を見ていく訳ですが…
国境の街「トリエステ」から最短ルートに見えたセジャーナへのルートが望み薄な今、
我々「オリエント急行のルート通りに旅したい」隊が目につけたのは、その北隣の「ゴリツィア」。

ゴリツィア近郊

確か往年の「SOE=シンプロン・オリエント急行」はトリエステを経由していたはずだし、どう見てもセジャーナルートが本筋なのですが、ここは迂回路と言う事で、特例ですね☆

…………
し・か・し…☆


さて、1月2日の記事
ヴェネツィアからイスタンブールは遠い?…☆ではraileuropeという予約サイトをご紹介しましたが…

予約など必要ない、でも時刻は正確なのが知りたいし、予約できない快速列車や普通列車の時刻も調べたい…
そんな時に便利なのが、DBことドイツ鉄道のサイトです。
比較的使いやすく、情報も正確で細かいです。
検索画面は日本のプロバイダのフォーマットとほぼ同じです。

db.jpg
とりあえず、スロベニアの首都、リュブリャナを目指しましょうか。
「Venedig Santa Lucia」は、ベネツィア・サンタルーチア駅のドイツ語表記ね☆

ちゃんとベネツィアがイタリア語表記に直ってる☆

そこそこ本数はありそうですね。
そのうちの一つを開いてみると…☆
乗り継ぎ結果☆

ほらほら、Goriziaって書いてあるでしょう?
なんだ、サンタルーチア駅から直通が出ているんだ…便利☆

ん…Gorizia駅と、スロベニア側のNova Gprica(新ゴルツィア駅)の間に何か書いてある…。

「Übergang 40 Min. weiter mit Bus oder Taxi」
(バスかタクシーで、乗り換え時間40分☆)

…え、バスかタクシーに乗らなきゃいけないの…?

オリエント急行の乗客たる紳士淑女たちが、
バスかタクシーに乗り換えて乗り継げですってえ…???☆☆☆


うーん、さすが「痛鉄」、なかなか楽しませてくれます…☆
さあ、ヴェネツィアからイスタンブールまで、旅の鉄路は続くのでしょうか…☆

スポンサーサイト

« 「2014年の数日」を見ていて想う事…☆ | HOME |  極寒のオーガスタと、ニューヨークポストの注目記事☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/136-94bcdacc

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR