Trans Princess蠢く者たちの春…☆

蠢く者たちの春…☆

2014–04–27 (Sun) 17:49
韓国の客船沈没に関する、ややオカルトチックな話題をしようと思ったら…
もうリンク先のお二人が、もう記事を作って下さいました…☆


まずはIn Deepさまの記事から

韓国フェリーの若者たちを「犠牲」に導いた正体…はわからないけれど何となく見えてきそうな「輪郭」

教義

いやあ…典型的選民思想でございます。
あの…確かイエスは、「そういうバカな考えは止めやがれです、わふー☆」って言ってたんじゃないかな…?

(4)救われた者が犯す罪は成り立たないので悔い改める必要がない、悔い改める人は地獄の子だ
この時点で、「大量殺人してもこっちは天国へいける、だからしてもいい」という道が開ける。

例えばここの信者にペサハの生贄を用意させるのも、洗脳によって十分可能になっています。
大事の為(当人たちはそう信じ込んでいる)に、我が手を汚し、その上とぼけた事を言い、この世の法によって罪になっても、その後は天国に行ける…か☆

それでは単に、狂信的なカルト教団が引き起こした事故偽装…?
いえ…どうもそんな単純な事ではないと思いますよ…。



そしてもう一つ、今度はWalk in the spiritさまの記事。

セウォル号の船会社、清海鎮(チョンヘジン)海運の社員9割が救援派の信徒

今回の事件、やはりどうも様々な「闇の中で蠢く者たち」が、うようよしている様ですね…。
前回のマレーシア航空の件もそうですが、私の「肌」と「霊本体」で分かるのですよ…。

それもかなり醜悪ですね…これ。
しかもそれはまだ、今回の謀(はかりごと)全体からみれば、まだ産まれてさえいない…
そう、その母体の中で胎動している段階のようです。

この世のみならず、あの世にもその他諸々にも、ロクでもないのはいやがるのですよ☆
まあ、どうせ失敗して、取り返しのつかない事になると思いますが…☆


あ、それからですが…
2014y04m23d_223148078.jpg
酷い改造ですねえ…って、あれあれ? なんだこりゃあ…です。
上の図は実は間違いがありますので、それを含めて解説します…

まず、
  旅客・貨物総重量 …6,825t
-貨物最大積載重量…3,794t
---------------------------
=旅客総重量     …3,031t という事になる…訳ないでしょう。
乗客定員が921名なのですから、3,031/921=3.29t=3,290kg。

おいおいです…お相撲さんが手荷物100kgに、トレーニング用のバーベル100kg担いでも、それでもまだ500kgいかないですよ、わふー☆
多分これは、「総トン数」の間違いですね。
そして他にもどうも計算が合わない…と思って、ネットの海に船出してみると…
あ、もう謎解きしていた方がいらっしゃいました☆



セウォル号の重量

今回は人が書いてくれた記事をリンクするだけ…楽ちん楽ちん☆
さっさと書かないからですと…はい、昨日は更新サボりましたです…エヘ☆
さて、「261tの謎」という事も出て来ました…備忘録に書き留めておきましょう。


そして、怪しいのはこのカルト教団経営(?)の海運会社や乗組員ばかりではありません。
韓国公式筋の情報も正直怪しい。



旅客船沈没:貨物多く積むためバラスト水減らし転覆か

そういう説明くらいしかつけられないのは山々ですが…
それこそ、こんなトップヘビーの船に3,608tも積んだら、出港するのも難しいですよ。
あからさまにバランスを崩しているでしょうから…本当にそこまで積んだのかはわかりません。



それにしても、一向に「一番肝心な事」が話題になりませんね…
なぜその時、「面舵一杯」をとり、同時にエンジンが壊れてもいいという位「アスタン(エンジンを逆回転させる事。船にはブレーキがないので、こうするしかありません)」をにかけたのでしょう。


それが分からないと、この事件の真相解明は難しいのです…。


スポンサーサイト

« 日本の東京で食べるお寿司…☆ | HOME |  "Heartbreaker" Dionne Warwick »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/254-2ed43880

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR