Trans Princess「ヒンデンブルグ・オーメン」的中と、大暴落の足音…☆

「ヒンデンブルグ・オーメン」的中と、大暴落の足音…☆

2014–10–27 (Mon) 20:07
相も変らぬ、トレモロフ安倍政権です…☆

西川農水相 「親族企業から物品購入」の政治資金私物化疑惑

 小渕優子、松島みどりの各大臣がダブル辞任したことに続いて、小渕氏の後任・宮沢洋一経産相にも政治活動費問題が表面化。塩崎恭久厚労相には口利きメール問題、と安倍内閣の閣僚に醜聞が噴出している中、西川公也農水相にも政治資金疑惑が浮上した。10月27日発売の週刊ポスト(11月7日号)が報じている。

小渕 松島、宮沢、塩崎、西川…後退交代させた大臣全滅ですか…☆
他にも在特会や統一教会とベッタリなのばかりとか、スキャンダルは満載。

巷での話題は「誰が情報を流しているのか」でして…
「小泉だ」という人もいますし、大物官僚だという人もいます。
極右論調が名物の産経や小学館(ポストセブン)が大々的にやっているのですから、
右派陣営なのは確かでしょう…増税だけ安倍にやらせて、次を狙っているのかもね…☆


こんな時に経済危機が来れば、機動的な動きは一切できず、お手上げですが、
どうも雲行きが怪しくなってきました。


10月に的中したヒンデンブルグ・オーメン

「ヒンデンブルグ・オーメン」とは、あまり馴染みの無い言葉ですよね…

「せんせーい、分かりやすいように画像を用意してみました☆」
「うん、さすが。用意がいいですね☆」

ひんでんぶるぐ・うーめん

うわあ…美味しそうですね。
特にこれからの寒い季節は、温かいけんちん汁風のお汁に入っているのが最高…☆
…キミキミ、これは宮城名物「白石うーめん」ではないですか…☆


さて、元の記事に戻りますと…

ヒンデンブルグ・オーメンの具体的な条件は以下のようになっている。

1. ニューヨーク証券取引所(NYSE)の52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数が、両方ともその日の値上がり・値下がり銘柄数の2.8%以上ある。
2. NYSEインデックスの値が50営業日前よりも高い。
3. マクラレン・オシレーター(McClellan Oscillator)の値がマイナス。
4. 52週高値更新銘柄の数が、52週安値更新銘柄の数の2倍以下

で、これが揃っちゃうと…

1. 5%以上株価が下落する確率77%
2. パニック売りが起こる確率41%
3. 暴落が起こる確率24%
と言われる。

で、実際にどうなったかと言うと…

dow 6m

1,000ドルほど降下しました。
1.の部分が的中ですね。


この「ヒンデンブルグ・オ-メン」は、比較的短期的なテクニカル分析ですが、
中長期的なテクニカル分析に、「ブロードニング・フォーメーション」というのがあります。

名前はけっこう御大層で難しそうですが、中身は単純です☆

broadening.png

この様に「最高値」と「最安値」の差がどんどん開いていく事を意味します。
「broadening」=「広くなる」の言葉どおりです。
最高値のピークは「1」「3」「5」番目にあり、
最安値のピークは「2」「4」番目にあります。

「せんせーい、最安値の6番目のピークは無いのですかあ?」

はい。5番目のピークの後は下落に転じて、一旦少し戻した後に大暴落があります。
その後はもう株価は長い間低迷し、長い長い冬に入ります。


一番如実なのが、歴史の教科書にも出てくる、1929年の株価大暴落です☆
こちらのチャートをご覧ください☆


djia1900s.jpg

このチャートは小学生の頃から見ていますが…
なんとも典型的な、「ブロードニング・フォーメーション」です。
株価はなんと最高値の1割近くまで値下がりました。
今の日経平均でいえば、1万7千円から2千円位になっちゃった…と思えば良いです。

1929年の大暴落のあと一旦景気は持ち直すのですが…
そのあとガクンガクンと急降下。
1933年頃になると、アメリカ国民はドル紙幣を信用しなくなってしまい、
金現物への兌換を要求し、連邦政府もそれに応じた…という事態にまでになりました。

この時に「1933年法」「1934年法」という法律が作られ、
ユダヤ系を中心とする株屋たちが「二度と復活できない様に」雁字搦めにされ、
マンハッタンの一番南にある「ウォール・ストリート」という場末の街に閉じ込められました。
もう二度と、こんな事が起きないようにと…。


ところが…
1979年にイギリスのマーガレット・サッチャー政権誕生
1980年にアメリカのロナルド・レーガン政権誕生
こうした超保守派の指導者たちは「市場原理」を導入。
ウォール外に閉じ込められていた悪徳金融をもう一度、この世に解き放ちました…

そして時は経ち…
大暴落から85年。
サッチャー登場から35年。
今年は2014年☆


さて、この25年間のダウ平均のチャートを見てみましょうか…☆

DJIA 25year

ははは…☆
「歴史は繰り返す」…☆


今私たちは、この5番目の「最後の高値ピーク」にいます。
この第五番目のピークが終わる時、大暴落は始まります。
リーマンショックも、所詮「第4ピーク」にすぎなかった訳ですね。

さて、どれ位暴落するのか…という疑問もおありでしょうが…
答えはちゃんと、上の方に書いてありますよ☆

この部分です。

この様に「最高値」と「最安値」の差がどんどん開いていく事を意味します。
「broadening」=「広くなる」の言葉どおりです。

つまりこのテクニカル通りにいけば、少なくとも第4ピークよりも安値になります。
リーマン後の最安値は2009年3月の6,547ドル5セントは下回る訳です。
暴落が始まれば、各段階でテクニカル指標をトライして抜いていき、
第一ゴールはこの6,547ドル5セントとなります。

下落幅にして約1万ドル強。
下落率は61.5%。
そしてもう一度、このチャート解説図。

broadening.png

右端が↓になっていますよね。
「4」のポイント近くでのつばぜり合いの後、更に一段と下落する…という意味です。


そうですね…
私の予想では「半値八掛け二割引き」で5,000ドルが次のトライかなと。

こうなると日経平均も大暴落している訳ですが…
もし中国の破綻が重なれば、4,000円を切ってくる可能性もあります…

こんな時外交関係が良好で、国内産業がしっかりしていれば脱出も早いのですが、
なにしろデフレ経営で産業は国外流出させてしまいましたし、
次の時代の種は、その場さえければいい人たちが、全部食べてしまいました。
おまけに外交は世界から孤立しかかっていて、国力も国民も疲弊しています。

こんな時に政府ときたら、その国民からもっと「ふんだくろう」としていますから…☆



すみません。
またちょっと怖いお話をしてしまいました。


でも「怖いお話」を聞いておけば、
いざという時に慌てふためく事無く、次の手を打つ事が出来ます…☆


あくまで「テクニカル」のお話ですが…
ちょっと毎日の経済のニュース、ご興味を持って頂けるかな、と思います…☆


今日はけっこう色々書いたから、
ああ、おなかがすいてきた…

温かい、白石うーめんでも食べようかな…☆



スポンサーサイト

« 景気は悪化の一途。今から「その時」への心構えを…☆ | HOME |  蒲鉾を添えた、温かい湯麺(うーめん)…☆ »

コメント

こんばんは(^-^)

美味しそうなものが・・・(*'ω'*)
こっちに反応してしまいました(^^ゞ

けんちん汁は大好きですが白石うーめん???
そうめんっぽい味でしょうか?
美味しそうですねぇ~(*'▽')

Re: こんばんは(^-^)

> 美味しそうなものが・・・(*'ω'*)
> こっちに反応してしまいました(^^ゞ
>
> けんちん汁は大好きですが白石うーめん???
> そうめんっぽい味でしょうか?
> 美味しそうですねぇ~(*'▽')


こんばんは☆
どうぞどうぞ、「硬め」「やわらかめ」なんでもありなこのブログです。
こちらへの反応、大歓迎☆

「うーめん」は、そうめんの短いもの…かな?
あともう一つは乾燥させる時に油を使わないのです。
元々は素麺の本場の関西でもそういう手法はあったのですが、
今はかなり廃れてしまっているようですね…。

冷やして醤油だれや胡麻だれ、胡桃だれで戴くと、素麺に近い歯ごたえですし。
温かい汁に入れて頂くと、「にゅうめん」のような感じかな…☆

けんちん汁、美味しいですよね…
少し濃いめのけんちん汁に蕎麦や饂飩をつけて食べるというのもありますよ。
これは茨城や福島が本場ですが、宮城南部も名物です。
宮城北部になると、実が「はっと」という、すいとんを平たく伸ばしたものに変わります。

寒い時期はやはり温かい汁物&鍋物…ですよね☆
山陰も、美味しそうな汁物&鍋物、色々ありそうですね…☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/439-399ee535

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR