Trans Princessカリマンタンから、その「爆発音」は聞こえない(その1)…☆

カリマンタンから、その「爆発音」は聞こえない(その1)…☆

2015–01–07 (Wed) 22:50
このところ、飛行機墜落の記事ばかりににあってしまっていますが、
週末には「ホワホワした記事」その他も、更新予定です。
ちょっとの間、お待ちくださいませ…☆


さて…こんなニュースが飛び込んできました。

墜落したエアアジア機の尾部残骸を発見、ブラックボックスを格納

reuters20150107.jpg

そして、ブラックボックスが解読され、単なる事故で処理。
機体残骸も一部分が回収されて、一件落着。
そういう筋書きなのでしょう。
「これにて、お手打ち」、シャン、シャン!…☆


その割には、遺体収容は年明け発表の30体から一向に増えないですね。
墜落したのなら大量に浮くはずの油膜も、確認されたという確たる証拠はないですし、
何よりELTが発動していません。
ですので、本当は墜落していないという考えを捨てきれません。


この「ロシアの声」の記事をご覧ください。

エア・アジア機乗客は大洋を泳ぎ、力尽きて沈んだ?

rt20150102.jpg


この記事…ロシアらしい、皮肉が散りばめられています☆

32,000ftから「信じられない急上昇」をしたQZ8501便は、
それから失速し、今度は失速・急降下して墜落。
しかし、海面すれすれで落下スピードが急減し、
ELTも作動しないように、ふんわりと着水した…。
しかし現場は4mを超える波で荒れていて、
せっかく脱出した乗客たちは、みんな死んでしまいました…


こういう事本当にがあると、お思いでしょうか…?
これは、子供に聞かせる「おとぎ話」ではないのですよ。
こういう展開ならば、クルーは必ず、ATC(航空管制)に急を伝えるはず。
前回の記事の様に、それこそ「何もしない」か、その前に全員死亡していれば、
話は別ですが…☆

わたしも不時着の経験などありませんが…
ELTは、ある程度の衝撃があれば、作動します。
小型機にも搭載されていますが、やや荒っぽい着陸をした時に、
ELTを誤作動させてしまって大汗をかいた…という方もいらっしゃいます。
A320のELTがドンナタイプだったかは正確に把握していないのですが、
ELTもタイプによっては、水に濡れると作動する物もあります。
その場合、作動していなければおかしいのですが、マスミディアは全く触れません。



もう一つ、ロシアの声から。

インドネシア、エア・アジア機消失海域で爆発音説を捜査

RT20141229.jpg



そういえば、この爆発音に関する記事は、なぜか多くのものが削除されてしまいました。
そんな中、(何かと言われている)大紀元が、こんな記事をアップしています。

「爆発音と白い雲」エアアジア機墜落 現地漁師の重要証言 

 28日日曜日の早朝、空は厚い雲に覆われ雨が降っていた。同国カリマンタン島カンプン・クブ村の漁師ラフマトさん(44歳)は、いつも通り海へ出かけた。

 まもなくして「大きな爆発音と、それに続く白い雲を見た。その雲は、通常の雨季に起こる雲の形ではなかった」と海での異変に気づいた。高波と降雨という悪天候のため、ラフマトさんは早く漁を切り上げた。


元の記事はこれですね。

Fisherman Heard AirAsia Flight 8501 Go Down, Held Key to Finding Wreckage

epoch times

PANGKALAN BUN, Indonesia—It was rainy that Sunday morning. The sky was thick with cloud cover and visibility was quite low. Rahmat (his only name), a 44-year-old fisherman from the village of Kampung Kubu in Central Kalimantan, Indonesia went out to sea as usual.


このおじさん、何を聞き、何を見たのでしょうかね…

残念ながら、このおじさんの村から、そんな爆発音は聞こえないはずです。
英文記事にあるのは、「Central Kalimantan」、日本語では「中カリマンタン」。

地図をご覧ください。

中カリマンタン

赤い所が中カリマンタン。
この沿岸部に、おじさんの村はあるようですが…

次にこちらの地図を。

distance.jpg

ピンが立っている所が、QZ8501便の最終交信地点です。
ここから急上昇し、そして墜落というストーリー。
QZ8501便はシンガポールへ向かって飛んでいるので、
これ以降遠ざかる事になるのっですが…


おじさんの村が、仮に中カリマンタンの最も西の浜に位置していたとして…
QZ8501便の最終交信地点との距離は、約130km…

130km先の爆発音…聞こえると思いますか?
それがどんなに巨大な爆発だったとしても、
航空機の起こす爆発音など、限りがあります。


うーんと「おまけ」して、
「最終レーダー確認地点」と、「西カリマンタンの、それと直近の村」で、
距離を測ってみましょう。

shortest.jpg

それでもまだ、60km近くありますね。
そんな音が聞こえるとは、思えないのですが…。



(また後で、書き足します)

スポンサーサイト

« QZ8501便の「犠牲者」は、検死もされていない…☆ | HOME |  早くもインチキの疑いも出てきました…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/517-05c2acd1

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR