Trans Princess「ショック・ドクトリン」の魔法が消える日…☆

「ショック・ドクトリン」の魔法が消える日…☆

2015–01–24 (Sat) 20:18
フランスでのテロ事件に、ISISの日本人誘拐事件…
週替わりメニューの様に、不可解な事件が起きています。
そしていずれも、大騒ぎをしたわりには、結末が尻切れトンボとなり、
やがて気ぜわしい時間の流れの彼方へ消えていってしまう…☆

相次いで事件が起きるのはそもそも、それが目的なのかもしれません。
あっと驚く様な出来事を見せて、人々の感覚をリセットしてしまう。
そうして世の中を極めて原始的な状態にしておいて、
その中で予め計画しておいた通りにマスミディア等を使って人々を扇動し、
自分たちの意のままに人々を扱う…これ「ショック・ドクトリン」です。

例えば911事件など、典型的なショック・ドクトリンです。
「機体に窓の無い」民間機がWTCに激突。そのWTCはなぜか、
水爆の様な雲の大爆発を起こして、鉄筋コンクリートのビルが粉々に砕けてしまう。
そんな中、わざわざ自分の車にパスポートを置き忘れるマヌケがいたり、
なぜか現場の瓦礫から、イスラム過激派のパスポートが見つかったりする…☆
それだけで、犯人はイスラム過激派だと断定し、戦争を引き起こす。
そして、無関係の民間人が沢山、死んでいく…。

福島の原発事故も、ショックドクトリンです。
事故に見せかけて意図的に小さな核爆発を起こし、状況もよく調べずに、
事故レベルをいきなり「レベル5」から、「レベル7」へと引き上げる。
「もう東日本は駄目だ」と。マスミディアはもちろん、左翼系ブロガーなども通して訴える。
そして有名大学の、なぜか「准教授」が調べると、恐ろしい値の放射能が検出される…☆

…あの時、福島県のとある町で、とある有名大学の「准教授」が調べたら、
とんでもないベクレルのキノコが発見されてね…
でもその町にわたしの知人がいてね、「どうにもおかしいんだよ」と仰りました。

現地へ飛んで見ると知人が待っていて、
「ここでそのとんでもないキノコが出たのだけれど、2mも離れると、
放射能量は格段に低いでしょう?
こっちの方向だけじゃない。ほぼ360度そうなんだよ。
どうしてあそこだけ、とんでもない放射能が出たのか分からない。
ホットスポット? 冗談じゃない、ここは水もたまらない場所だよ。
ほら、南に向かって傾斜しているでしょう?たまるのなら、あそこの沢の筈なのに…」

その准教授をとっ捕まえてキツーく詰問してやろうと、その大学へ連絡をしてみると、
なんとそんな准教授は最初から存在していなかったのですよ…。


その事を、いわばわたしのお「目付け役」のような、世知に長けた方に聞いてみると、

「そういう事は、この世ではよくあるのですよ。居ない筈の人間がいたり、
本当は無かった出来事が起こっていたり…勿論、その逆もあります。」
「今回は本気で東日本を壊滅させる気ではないです。それなら原発ごとふっ飛ばしますから。
ただ、そういう幻想を抱かせて、東日本を乗っ取るつもりだったのでしょう。
東日本は一部の人たちにとっては特別な土地ですから、どうしても欲しかったのでしょうね…
でも、日本人は動かなかった、あのパシュトン人(アフガニスタンの民族)の様に。
ですから、悪い企みは、失敗したのですよ。」

仙人の様な方で、あの世の事まで知っていそうな方なので、
仰る事すべてを理解する事はできませんでしたが…☆


お話がかなり、脱線してしまいました…☆

そんなショックドクトリンも、あまり多発すると、段々効かなくなってきます。
それは…そう、麻酔を打ち続けていると、段々麻酔が効かなくなってくるのと同じです。
逆に、初めての麻酔でショックを起こし、想定とは全く違う出来事も起きてしまう事もあります。



そう、麻酔は非常に難しいのです。
極端に言えば、手術の最中に誤って頸動脈を切ってしまい、噴水の様に血が吹き出ても…
冷静に後処理を対処すれば、命にかかわる事はありません。

ところが麻酔は一回効かせてしまうと、後の突発事態に対処するのは非常に難しいのです。
効かせてしまった麻酔は取り消せません…ですから慎重に、出口を見つけるのです…。
その為に、大きな病院には「麻酔科」があり、専門医が待機しています。
医者は基本的には、「内科」「外科」「耳鼻咽喉科」など、好きな看板を掲げていいのですが、
「麻酔科」だけは「標榜医」と言って、勝手に名乗る事ができません。

「麻酔科」を名乗るには、長い研修を受けて、厳しい検査にパスし、
認定を受けなければなりません。
医学の花形はやはり「外科」で、それこそドラマやアニメの主人公にもなりますが…

その影で、手術前から手術終了後まで、麻酔科医はデータを眺めながら手術全体を管理し、
何かあればすぐに飛んでいき、適切な処置を施し、その手術を成功へと導きます。
「花形外科医」さんも、実は麻酔科医には、頭が上がらないのですよ…☆
勿論、麻酔科医も、それで威張ったりなどしませんけど…ふふふ。
「当然のお仕事」ですからね…
文字通り、「縁の下の力持ち」さんなのです…☆


あれ? またお話が脱線しています…
仙石線が、仙山線の線路を走っているようなものですね…(電気が違うという突っ込みはナシで)☆
軌道修正、よいしょっと…☆


そう、「ショック・ドクトリンも、数うちゃあバレる」…☆
情勢が思ったように行かない…
想定と違う方向に進んでいる…
若しくは、痛い所をネットで突っ込まれて、大失敗しそう…

そういう時には、次の「ショック・ドクトリン」を発動します。
そして、前回の事を、うやむやにしてしまう…☆

そうなると、ますます「ショック・ドクトリン」を増やしてしまい、
ますます「想定外の展開」や、「鋭い突っ込みで、嘘がばれてしまう」事になり…
やがてはすべてが、崩壊してしまうのです…☆


今、わたしたちは、そういう段階にいるようです…☆
あれだけ暴れまわった、「ショック・ドクトリン」の魔法が、消えていく…☆


来週も新たな事件が起きる可能性もあります…

でもそんな時は、とりあえずこのブログに遊びに来て、一息つきましょう。
その後、もっと本格的に「本当の事」を探し求めるサイトを訪問するのもいいですね☆
それこそ、リチャード・コシミズさんや、ベンジャミン・フルフォードさんあたりがいいかも。
コシミズさんブログにはコメント欄があり、色々と情報も集まっていますしね。



まあ、こちらは過疎ローカルブログですので、地味に行きます…☆

近日、QZ8501便の記事を追加する予定です。
…みんなもう、過去の出来事として、忘れちゃってるかもね?
でも、あれからまだ、1ヶ月もたっていないのですよ…


今や日本で雄一のQZ8501便事件取り扱いサイトになりかねないけれど…
まあ、過疎ローカルならではの、「真実を求める旅」も、いいものですよ…☆



スポンサーサイト

« 出てくる奴出てくる奴、妙な人ばかり…☆ | HOME |  低空を飛ぶ、QZ8501便に似た飛行機が目撃されていた?…☆ »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 存在しない准教授を作り上げるってまたすごいですね。
> 連絡を取ったという大学も首を傾げたんじゃないですか?
>
> 報道(?)時には大学側にも「そんな人間うちにいない」って言い出さないよう手回しするんでしょうかね。
> まぁ、問い詰める人が現れても知らぬ存ぜぬを貫き通せばいいんでしょうけど。
>
> 「そんなことあり得ない」ってスタンスから入る人って「そんなことしたらバレるじゃん!」っていうんだけど、目の前に充分なエビデンスを並べて「うん。だからもうばれてるよ」って教えても「いや、でもあり得ない」っていうんですよね。
>
> 「バレたら困る」っていう制限なしで嘘をつく側ってどんな気持ちでしょうね。
> 「Je suis pas dupe」の合言葉を大勢に伝えるには根気がいりますね。
> ここで短気になってイライラしては効果の薄い過激な行動に出たり、精神から体調を崩したりと、足元を掬われるから気を付けないといけないなと思っているけど。
>
> なんかもう最近「わからない人はもういいから邪魔だけしないで」って気持ちになりがちです。これも違うんでしょうねえ。


こんばんは☆

ショックドクトリン、花盛りですね。
さすがにこれまで関心の無かった人たちも、
「何だか変だなあ」と思い始めては来ているようですが、
日々の仕事や勉強、娯楽(特にスマホでのラインとゲーム)に忙しい様です…☆

「あり得ない」は、新しい世界への拒絶なのですよね。
けれど、それが出来ないと、いつのまにか周りの世界が思っていた事と全く違ってしまい、
「こんなはずでは」という絶望の言葉が出てくる事になります。
なかなかいっぺんには沢山の人々が目覚める事は少ないのですが、
今回は、一気に目覚めるような出来事が起きる様な気がしますよ☆

一気に目覚めるような出来事

Michiruさん。
たくさんのお返事ありがとうございます。

「一気に目覚めるような出来事」
犠牲者が出ない形で大きなトリガーになることが起きたらいいですねー。

Re: 一気に目覚めるような出来事

> Michiruさん。
> たくさんのお返事ありがとうございます。
>
> 「一気に目覚めるような出来事」
> 犠牲者が出ない形で大きなトリガーになることが起きたらいいですねー。


はい、どのように世界を最終戦争の危機から脱出させ軟着陸させるか…
このあたりが腕の見せ所だと思います☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/540-be968be7

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR