Trans Princessエコノミストの表紙に現れた「666」と、「虐殺(?)」の文字と…☆

エコノミストの表紙に現れた「666」と、「虐殺(?)」の文字と…☆

2015–02–22 (Sun) 13:22
今日はお休みの日です…この後何も無ければですが☆
そして2月22日、猫の日らしいです☆
ああ…たまには猫さんを抱きたいなあ…☆
「2・22」…2(ニャン)・22(ニャンニャン)で、猫の日。
数字のごろ合わせですね☆


数字のごろ合わせと言えば、エコノミストの表紙…☆
「11.5」「11.3」の謎に迫る…ほどの時間は無いのですよね。
これから溜まっているレポートや書類の作成に勤しまなければなりません。
その間に家事もこなさなければならないし…これでも、結構大変なのですよ。


あ、その前にちょっとだけ時間があるので…
エコノミストの表紙の「11・5」と「11・3」の、謎解きを本当にちょっとだけ、していきますね☆

勘のいい方はお気づきでしょうが…これはカバラ数秘術ですね。
エコノミストはもともと世界支配階級のエリートさん向けの雑誌なので、
こういう気持ち悪くて(本当は役立たずの)オカルト知識で謎かけしてきます。

今回の記事は「暗い」です。
ですから興味のある方だけ…どうぞ☆
ご興味の無い方は…この後に「いつも風」の記事を更新しますので、
それまでお待ちくださいませ☆



ここではいちばん簡単な所をお話しましょう。一つ前の記事でお話しましたが…
「なぜ矢が斜めに突き刺さっているのに、数字は並列に並んでいるのか」
これは「第一の矢と第二の矢の数字全体でも読み解け」というサインです。

「11・5 11・3」、つまり「1」「1」「5」「1」「1」「3」。4つの「1」に、「5」と、「3」。
これら6つの数字を使って、意味のある言葉にしろという事です。

これ位は「基本問題」です。 わたしにも解ける位ですから…☆
うーんと、こんなのどうかな?…☆

まずは各々の数字を1回ずつ使います。
「1+5」=6
「1+1+1+3」=6
これで「6」つの数字を使って、「6」が二つ出来ました。
つまり、「666」、『ヨハネの黙示録』に出てくる、『獣』の数字です。
英語ではbeastですね。

ちょっと反則かな?
それなら、二つの6の他、今度は6つの数字全部を使って、6にしてもいいですよ。
「1+1+5+1+1-3」=6
これで、「666」で揃いました☆
「チーン、ジャラジャラ…」です☆
…わたしはパチンコをやった事がないのですが…当たりですよね???

あ、もう一つ出来ますね。
全体の数字のうち、最初の二つと最後の二つは2桁の数字として考えれば…
「11-5-1+13」=18。
18=「6+6+6」。
ここでも魔数の完成です☆


ものすごく気持ち悪い雰囲気の表紙の中でも、
この部分が一際見る人を不安にさせる、嫌な雰囲気が漂っているのは、
こんなにも「666」の数字が、隠されていたからです。
「666」自体に意味があるかはともかく、
この「666」という数字に、悪い願望を持つ人たちの怨念が込められています。
それも、わたしたちにとって特別な、「311」という数字を一部に使ってね。
わたしはその「311」で危うく殺されかけましたから、
まあ、いい度胸ですねえ…とでも言っておきましょう☆

ともかくも、あの連中はこうやって、
幾重にも「分かる人にだけ分かる」謎を、散りばめるのですよ…

それにしても…
また「さも聖書の預言が当たった様に見せかけて」、
下らない謀略を働こうというのでしょう…お粗末極まりないですね☆



オカルトな連中がそこまで崇拝する、
黙示録そのものの様な、象徴的存在の「獣(けだもの)」。

「また、別のしるしが天に現れた。見よ、火のような赤い大きな竜である。七つの頭と十本の角があり、その頭には七つの冠をかぶっていた。」(黙示録12-3)

「わたしはまた見た、海から一匹の獣が海の中から上ってきた。これには十本の角と七つの頭があった。その角には十本の王冠があり、頭には神を冒涜するさまざまな名があった。わたしが見たこの獣は、豹に似ており、足は熊の足のようで、口は獅子の口のようであった。竜はこの獣に自分の力と大きな権威とを与えた」(黙示録13:1-2)

「ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である」。(13章18節)



この部分を描いた、中世に作られた気持ち悪い宗教画があります。
あまりにキモいので、わたしが少し可愛くしてみました☆

arigatou2.jpg


あんまり可愛くないかな…元が悪いからなあ…
やっぱり気持ち悪い…下手な絵柄とデッサン狂いがそれに拍車をかけていますね☆
こいつら餌を食べる時に、どの口で食べるかで喧嘩して自滅しそうなんですけど…☆

勿論、これが謎の全てでは無いでしょう。
二つの数字各々に意味があり、
二つの数字を合体させたものにも、意味があると思います。

記事が長くなりますので、
ご興味のある方だけ、続きをどうぞ☆




こちらは多分、ゲマトリア(数秘術)を使って解くんじゃないかな?
ゲマトリアとは、アルファベット各々に数字を振って、その合計数で意味をもたせるものです。
ヘブライ語式や、ラテン語式、英語式、単純式などがあります。

例えば「311をヘブライ式で」なら…

「The Beast(獣)」=311
t=100
h=8
e=5
space=0
b=2
e=5
a=1
s=90
t=100

100+8+5+0+2+5+1+90+100=311

こんな感じです。


「511」では、こんな物騒な単語もありますね…

「Slaughter(屠殺、虐殺・殺戮)」=511
s=90
l=20
a=1
u=200
g=7
h=8
t=100
e=5
r=80

90+20+1+200+7+8+100+5+80=511

ちなみにこのSlaughter、英語式ゲマトリアでは…

s=114
l=72
a=6
u=126
g=42
h=48
t=120
e=30
r=108

これらを全部足すと、
114+72+6+126+42+48+120+30+108=666

そう、あの魔数である「666」になるのです。
ですから今回、(可能性は低いけれど)使用される可能性も、ありますね…
もすそうならば、警戒しなければなりませんね。



こういう事は、普通の日本人ではまず分からないです。
オカルトマニアか、欧米式の教育を受けていないと、縁遠いものです。
ゲマトリアは、西洋版「姓名判断」などにもよく使われます。
姓名判断は日本にもありますよね…同じです☆


でもご安心、今はいいものがあります☆
下記リンクからどうぞ☆

ゲマトリア計算機☆

gematria calculator

使い方は、とっても簡単☆

ゲマトリアの数字や、ゲマトリアを知りたい単語のスペルを入力して、
「Calculate Gematria」の所をクリックすればOK☆


例えば「511」と入力して検索すると、
ゲマトリアが511になる単語が、ずらずらっと出て来ます☆
上で紹介した「Slaughter」も、その中に入っていますよ。

また、例えば「apple」と入力して検索すると、
ユダヤ式146 英語式300 単純式30と、そのゲマトリアが出てきます☆
残念ながらラテン式はありませんが、上記3タイプもあれば、まずは十分でしょう☆

「311」「511」の他、「113」「115」なども調べられますし、
「11」「51」「13」等に区切ったり、これを加減乗除したり…色々出来ます☆



これがあれば、エコノミスト表紙レベルの謎解きは十分にできると思います☆
例えばコシミズさんの様なメジャーなブログ辺りでリンクを貼らせてもらい、
みんなで考えてくれれば、もっといい知恵が出るだろうなあ…☆



こんな数秘術や予言自体は、所詮人間が扱うもの…
本当の「人知を超えたもの」とは違い、当たらないものです。

注意すべきは、まるでそれが当たったかのように、現実に、故意に起こされてしまう事です。
そこさえ分かれば、そう怖いものではありません…☆


これから暫く多忙な日々に入りますし、
他の記事(もっとほわほわしたのとか、もっと美味しそうなのとか☆)も書きたいので、
わたしの探求は途切れ途切れになってしまうと思いますが…


でも上記リンク先で、心強い強力な武器も手に入ります事ですし、
我こそはと思う方、謎解きにチャレンジされてみてはいかがでしょう…
相手の手の内が分かれば、対応策も先手を取れますしね…☆

あ、何か分かったらついでの時でいいので、
わたしにも、教えて下さいね…☆


スポンサーサイト

« エコノミストの表紙に浮かぶ、特別の事情?…☆ | HOME |  図星だったみたいです…☆ »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> >注意すべきは、まるでそれが当たったかのように、現実に、故意に起こされてしまう事です。
>
> ナチスはノストラダムスの予言を宣伝工作に使っていたようですからね。
> 表向きは予言など非科学的だと否定しながらも、自分らの存在や行動は予め決定されていたということを、噂や都市伝説の形で流布していたようです。


こんばんは☆

そうですね。ナチスはイスラエルを建国する為にわざと、
何も知らない普通のユダヤ人を迫害していったのは、最近では常識となっています。
今の日本人も、これに近いやり方で、操られようとしていますね。
本当に悪い奴の頭の中は、昔も今も、変わりません。
お粗末内閣のやり口は、「ナチスの手口」そのもの☆
そして迷惑を被るのは、ごく普通の民衆です…☆

でも民衆は、ますます賢くなってきています。
騙されたふりをして、「嘘つき野郎どもめ☆」と、冷たい目で見ていますよ…☆

屈服するな…イカレたふりをしろ…そして、時を待て…!
そんな本物の「ロック魂」、ここに健在です☆



コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/570-914cb3d1

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR