Trans Princessゲマトリアを使って、「11日」と「46分」の謎を解く旅へ…☆

ゲマトリアを使って、「11日」と「46分」の謎を解く旅へ…☆

2015–03–07 (Sat) 17:46
「エコノミストの表紙」で検索されて来られるお客様、本当に増えました。
今日はこの話題に纏わる記事です。

2015年2月22日の記事
エコノミストの表紙に現れた「666」と、「虐殺(?)」の文字と…☆

economist-2015-point.jpg

二本(日本)の矢?

こちらでは、
①6つの数字を使って、「666」の黙示録の獣の数字=魔数が複数の方式で浮かび上がる事
②ゲマトリア(数秘術)を使って、311には「The Beast(獣)」、
  511には「Slaughter(屠殺、虐殺・殺戮)」という意味を持つ言葉が浮かび上がる事

等についてお話しましたが、今日は謎解きの旅を、もう少し先まで進めましょう。
前回の謎解きは英語のゲマトリアでしたが、今回はヘブライ語のゲマトリアの旅に出ましょう☆
しかし…このブログでヘブライ語のゲマトリアやカバラのお話をするとは…思っても見なかったなあ。


いちおう最低限の、ヘブライ語の解説を…

ヘブライ語のアレフベート(アルファベット)は22字で、全部子音です。
各アレフベートは数字としても使われ、これを積み上げたものがゲマトリアです。
1 א アレフ ʾalef
2 ב ベート bet
3 ג ギメル gimel
4 ד ダレット dalet
5 ה ヘー he
6 ו ヴァヴ vav
7 ז ザイン zayin
8 ח ヘット chet
9 ט テット tet
10 י ヨッド yod
20 כ カフ kaf
30 ל ラメッド lamed
40 מ メム mem
50 נ ヌン nun
60 ס サメフ samech
70 ע アイン ʿayin
80 פ ペー pe
90 צ ツァディー tsadi
100 ק クォフ kof
200 ר レーシュ resh
300 ש シン shin
400 ת タヴ tav
23 ך カフ・ソフィート kaf sofit
24 ם メム・ソフィート mem sofit
25 ן ヌン・ソフィート nun sofit
26 ף ペー・ソフィート pe sofit
27 ץ ツァディ・ソフィート tsadi sofit
※「なんとかソフィート」というのは、その字が文末に来た時に使う形態です。

子音だけだと読みにくいので、ずっと後になって、「ニクダー」という母音記号が出来ました。
子供や移民や外国人にヘブライ語を教える時にはこれを使います。
それを描くとまたズラズラズラ…と長くなるし、
解読だけなら音読する必要も無いので、今回は省略ね☆


エコノミストの表紙の謎ときとは若干ベクトルがずれるのですが(でも、ヒントにはなります)、
間もなく、あの日から年…という事で、今回の記事はこちらに的を絞ります。

震災直後から、こんな数字が話題になっていましたよね。
2001年9月11日 午前8時46分 米国で同時多発テロ発生
2011年3月11日 午後2時46分 宮城県沖で巨大地震発生

911事件の9年6カ月と6時間後の「11」日の「46」分。
不思議な符合として、都市伝説になっていますね。

歴史上、11日に起きた出来事と都市伝説【4.11スマトラ地震】

11の倍数

なるほどねえ…中にはちょっとコジツケっぽいのもありますが☆
では…その11のゲマトリアを見るとしましょう。
今は便利なサイトがあるので、それほど苦労はありません。
ゲマトリアのデータベースサイトの一つに、お邪魔しましょう☆

Bill Heidrick's Cross References

ここでまず、「11」のゲマトリアを検索すると…


gematria11.jpg

一番上に出ている単語は、「אבח」…これは「1+2+8=11」です。
あ、言い忘れていた…カッコ内のヘブライ語は右から読んで下さいね。
アラビア語や、昔の日本語と同じです…☆
意味は=to slaughter…
そう、前回ご紹介した英語ゲマトリアの「Slaughter(屠殺、虐殺・殺戮)」と同じです。
英語の511にも、ヘブライ語の11にも、この「屠殺、虐殺・殺戮」という意味があります。

他にも「אהה」なんてありますね。「1+5+5=11」です。
interjection of grief=深い悲しみや悲痛の間投詞…です。

これもですね。「אי」…英語のwoeで「悲痛、災い」…「1+10=11」

こんなのもありますよ。「חג」…
「祝祭・祭り」、そして「(その祝祭用の)生贄」…


なんだか、ろくな事が起きなさそうな数字ですね。
11日は、「殺戮の日」「悲嘆、災いの日」「生贄をささげる祝祭の日」。

…まあ、それっぽい単語ばかり拾ってるからなのですが☆
しかし相手が狂人で、悪魔崇拝でもしているのだったら、
こういう事しか考えないでしょう…本当は根が、単純お粗末ですから…☆



次に、「46」分の方を見てみましょう。
gematria46.jpg
こっちはもう、すぐ答えが出ます…ネタバレしてます☆

「אמה」…という単語の解説の、上から3番目、全体では上から7番目の所を見てみましょう。
「Terror」と書いてありますよね☆
ゲマトリアでは、「1+40+5+=46」です。

そう、46には、まさに「テロ」という意味があるのですよ…☆
もちろん、物凄い恐怖や「テロ行為」という意味の、あの「テロ」です…☆
11日の46分…「殺戮、祝祭の生贄」の日の、「テロ」の瞬間。
911も311も、この様な時に起きていたのですよ…。


一つお断りしておきたいのは…
これはあくまで記事用のお話ですので、ちょっと一方向に推理を進めてきましたが、
ゲマトリアは他にも色々な意味に取れます。
そこの部分は、どうか過大解釈やコジツケに走らぬ様、お願い申し上げます。


けれど…
もし、それこそ悪魔崇拝なんてする人たちがいて、
世界を支配するには何でもやると腹を括ってとんでもない計画を実行に移そうとした時…
上記の様な解釈で、とんでもないテロの発生時間に選ぶ…という可能性はありますね。

もしそうであっても…仕掛けさえ分かれば、陰謀を見抜く事になります。
次からはこの手は使えません…11日も46分も、お蔵入りです☆




ちなみに…

ヘブライ語は「聖書ヘブライ語」と「現代ヘブライ語」に分けられます。
話し言葉としてのヘブライ語は、一度滅びてしまったのですが、
シオニズムの盛り上がりとともに、ロシア系ユダヤ人が復活させたのです。
それが現代ヘブライ語です。

ヘブライ語はセム語ですので、シリアやエジプトのアラビア語とよく似ています。
ですから…
例えば他の国から移民してきた白人のユダヤ人より、
仕事や留学しに来ているアラブ人の方が、流暢にヘブライ語を喋ります…☆
それはそうですよね…あそこには、もともと白人は住んでいなかったのですから…

もしヘブライ語を学ぼうと思ったら、後者の方に頼むといいでしょう。
いっぺんにヘブライ語とアラビア語を勉強できます☆
(アラビア語も方言がものすごいので、どれを選ぶかが問題ですが☆)



スポンサーサイト

« 回る、回るよ、時代は回る…☆ | HOME |  ゲマトリアが結ぶ、不可解な出来事たちの「点と線」…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/583-433b365b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR