Trans Princess4U9525便もオートパイロットで墜落したのか?…☆

4U9525便もオートパイロットで墜落したのか?…☆

2015–04–04 (Sat) 08:26
前回2015年4月2日の記事
「9525便」には、今から2年前に「お手本」になる事故があった…☆
の追記的な記事です。

上記記事では、TM470便がオートパイロットの設定高度を地表より低く設定した結果、
大惨事となったという事を書きました。
公式にはそれは機長の自殺行為として処理されていますし、
この「変わり者が主人の酔狂なサイト」では、遠隔操作による墜落を疑ってみました。


さて、今回は4U9525便の航跡をもう一度見てみましょう。

20150324-U49525.jpg
日本時間06:30頃、つまり高度を下げ始めた所から、方位26度でほぼ一定していますね。
26度で目標の高度を実際の地表より低く設定して、オートパイロットに切り替えたのか…
若しくは、リモートで「切り替えられた」のか…
二番目の仮定は、今のところまだ妄想にすぎませんけれどね。


もう一つ、細かい事なのですけれど、
こちらで引用しているFlightawareのデータは、ADSBから取られています。

空中衝突防止装置

適合するトランスポンダを搭載した航空機からは、識別子、現在位置、高度、対気速度のような情報を含んだ放送型自動従属監視 (Automatic Dependent Surveillance-Broadcast : ADS-B) 信号が送信される。この信号は、TCAS の応答と同じ1090MHzの周波数で送信される。
ADS-B メッセージを処理できる TCAS 装置は、通常の TCAS メッセージと共に ADS-B メッセージを使って、予測能力と状況表示の強化が可能となる。この方法は「ハイブリッド監視」と呼ばれている。
能動的な TCAS で監視できる40海里の範囲に比べると ADS-B では約100海里以上の遠距離から受動的に受信できるという事実からだけでなく、ADS-B メッセージには追加情報(対気速度など)が含まれていることで予測能力が向上する。ADS-B メッセージの中にある識別情報は、コックピット・ディスプレイ上で他の航空機にラベルを付けるために使ったり、状況認識を改善することができる。
ハイブリッド監視を使った場合でも、TCAS の基本である衝突防止機能に変わりは無い。


要はトランスポンダから出ている信号なのですが、
これが06:38で切れてしまっているのですよね。
MH370便みたいに、トランスポンダを切断したのかな…?
そうなると、何のために…という疑問もわいてきます。

地表に激突させるだけなら、
そんな事はしなくてもいいはずなのですが…?



スポンサーサイト

« 「9525便」には、今から2年前に「お手本」になる事故があった…☆ | HOME |  仙石線復旧区間の通電再開に想う…☆ »

コメント

『原発特攻』撃墜説も

マレーシア機には特攻撃墜説もありましたがドイツ機も撃墜説もありますね。

Re: 『原発特攻』撃墜説も

> マレーシア機には特攻撃墜説もありましたがドイツ機も撃墜説もありますね。

こんばんは☆
はい、せっかくハイジャックしても、旅客機1機では特攻しても被害はある程度にとどまります。
原爆などを積んでおけば、多大な被害を与えられる訳ですしね。
この後、撃墜説のお話も致しますが…これも様々な疑問点が残ります。
謎が付きない事件ですね…。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/611-4037c441

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR