Trans Princess4U9525便は、空中爆発を起こして撃墜されたのか?…(その2)☆

4U9525便は、空中爆発を起こして撃墜されたのか?…(その2)☆

2015–04–05 (Sun) 18:37
この記事は、2015年3月31日の記事、
4U9525便は、空中爆発を起こして撃墜されたのか?…(その1)☆
の続きです。

いよいよある意味「本命」かもしれない、「撃墜説」について少々書いていこうかと思います。
前回出した仮説、
①機体は空中爆発した。特に強力な空対空核ミサイルで撃墜された…。
②機体はここに墜落しなかった。現場は偽装であった…。
の、①です。

interception.jpg

ミラージュが出撃するのは、オランジュにあるBase aérienne 115 Orange-Caritat(オランジュ・カリタ基地)。

environ127km.jpg

墜落地点までの距離は126.56km…但し、あくまでも「直線距離で」です。
ミラージュ2000は翼形には無尾翼デルタを採用しているため加速力、上昇力に優れています。
とはいえ、エマージェンシーコールを受けてから、発進まで急いでも2分はかかるでしょうし。
もちろん9525便も26度方向へ、時速900kmで逃げていますが、
ミラージュ2000ならば4分で到達可能ですし、空域に到達出来なくても、
ミラージュより高速のミサイルを9525便に向けて撃ってしまえば、ミッション完了です。
勿論これは、最初から墜落地点近くで9525便を撃墜するのを目的として行動した場合ですが。

あとは何時、緊急事態を受けて、ミラージュが発進したか…
でね…これが公式には、現地時間10時47分だったのですよ。
「だった」というのは、そういう報道があっただけで、現在はその事実が消されています。

残っているのはこの記事位…2015年3月25日のブルームバーグから。

ジャーマンウイングスのエアバス機が南仏で墜落-150人死亡か

現地の仏航空管制当局は事故機が3万8000フィート(約1万1600メートル)から5000フィートへと急激に高度を下げたため現地時間午前10時47分に緊急事態を宣言したと、フランス航空局(DGAC)の広報担当エリック・エロー氏が述べた。
ジャーマンウイングスは午前10時53分に同機との通信が途絶えたと、ケルンでの記者会見で説明した。

あれ? 墜落時間はもっと早かったですよね…?
10時40から41分じゃなかったかな?

英語版のウィキペディア

According to the BEA, radar contact was lost at 10:40 CET; at the time, the aircraft was flying at an altitude of 6,175 feet (1,882 m).[22] The aircraft crashed within the territory of the remote commune of Prads-Haute-Bléone, 100 kilometres (62 mi) northwest of Nice.

このままでは墜落後になってしまいますよ…?
なんてったって、泣く子も黙る(?)BEA(Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile=フランス航空事故調査局の略)が、「そうだ」と言ってるらしいですからね…☆

そう、2015年3月29日の記事

墜落した後も、12分間レーダーに映り続けた機影の謎…☆
でお話した、あの12分間での出来事になるのですよ。
やはりあの12分が、この事件の謎を解く鍵の一つなのでしょう…

一方、日本のウィキペディアでは

バルセロナを離陸した後、地中海上空を高度38,000フィート(約11,600メートル)で飛行していたところ、午前10時30分頃にフランスのヴァール県上空において急に降下を開始し[5]、10時53分に高度6,000フィート(約1,800メートル)付近で管制レーダーから機影が消失し[6]、アルプ=ド=オート=プロヴァンス県プラド=オート=ブレオーヌのアルプス山中に墜落した

と、まだそのままですね。
早く改竄しないと…怒られますよ☆

12分間の誤差…この部分は正直、今のわたしには分からないです。

では一つ飛ばして、どうやって撃墜したかを見てみると…
これもまた、難しいのですよ…


さて…

「4U9525便はバルセロナを離陸、フランス領内に入った辺りから、無線を封鎖して降下を始めた。一切の無線にも応答せず、これを危険と判断したフランス空軍は、9525便を不審機と判断。更にこのまま降下すると、とある重要施設…原子力発電所に墜落し、大惨事となる為、やむなく撃墜した…」

これが、先日コメントでもお話し頂いた、「原発特攻・撃墜説」の骨組みです。
わたしも、そうかな…と思う反面、
色々な謎も新たに湧いてきてしまい、悩んでおります。
今一度、墜落現場を検証してみましょう…

A mobile phone video found in the Germanwings wreckage

image20.jpg

残骸が沢の様に凹んだ部分に集まっていますね。
やはり空中でこの大きさに分解されて一帯に降り注ぎ、
斜面を滑りながら、水の流れと同じように、沢へ集まったのでしょう。
それにしても、デブリが細かいですね。
人の大きさと比べて頂ければ、その破壊の酷さが分かります。


Crash de l'A320 : les éléments de la journée de mardi

fc2blog_2015040517003199d.jpg

ところが…
その残骸の分布は、驚くほど狭い範囲に限られています。
時速700km/hで飛行中に被弾し、空中分解したのなら、もっと広範囲に、
そしてもっと大量に、残骸がある筈です。

そして、リンク先の写真を始め、各報道機関が出す映像は、どれもサイズが小さい。
そして、救助隊員の写真や、お偉いさんの話し中の写真等ばかり…
一番欲しい、大サイズの現場写真を、わざと公開していないように感じます。
これも謎の一つですね。


次の謎も、私を惑わせます。
上記の写真を見て分かるように、胴体部分は粉々に近い状態です。

ミラージュ戦闘機から発射された空対空ミサイルのおかげでしょうか?
いいえ、この様にはなりません。

A320の様な旅客機を撃つ落とすには、
射程の短い、赤外線誘導の小型の空対空ミサイルを使います。
ミラージュ2000には、「R.550 マジック」という、このタイプのミサイルが搭載されています。

赤外線誘導の為、ミサイルが命中するのはA320のエンジンの中央にある、
一番赤外線を出すガスタービンの部分に着弾します。
A320は単発でも飛行可能ですから、2発のミサイルを発射し、
左右両翼のエンジンに、一発づつ命中させます。

この場合ボイスレコーダーには、ミサイルの爆発音が2回記録され、
フライトレコーダーには、両翼エンジンの出力低下が記録されます。
そしてA320は浮力を失って墜落する為、滑空しながらそのまま原形を保って飛行します。
この為残骸は、ミサイル着弾地点にエンジンの部品の一部が落下し、
残りは滑空後の墜落地点に、まとまって堕ちる事になります。
…空対空ミサイルを受けた時の撃墜は、このような感じです。

ではもう一度、現場を見てみましょう。

Germanwings Flight 4U9525 - Crash Scene

467495316.jpg

全然違う光景が広がっています。
滑空後激突…した位では、ここまでバラバラにはなりません。
それにしてもどうしてこう都合よく、機体のロゴの一部と車輪が、
写っているのでしょうかね?…☆

467495560.jpg

一番大きい残骸でこれ…窓が見えるので、胴体の一部のようです。
ミラージュによる撃墜説には、わたしは慎重にならざるを得ません。


わたしが考えていた「撃墜説」はもっと大きな「地対空ミサイル」、
それもレーダー誘導方式の地対空ミサイルが使われたのではないか、というものです。

レーダー誘導方式の場合、ミサイルが命中するのは電波反射面積の大きい胴体部分です。
胴体に大型のミサイルが命中すると、機体は瞬時に分解してしまいます。
ボイスレコーダーには爆発音が1回(その最初の部分だけ?)記録され、
フライトレコーダーにはエンジン出力低下は記録されません…その場でオシマイです。

機体はばらばらに分散しますので、一見、今回の現場は条件に合っていそうなのですが、
それならば、翼やエンジンなどはミサイルの直撃を免れるため、大きめの残骸として残る筈です。
ところが、今回は、それもありません。

では、赤外線ホーミングとレーダーホーミングを同時に使う?
…着弾時間を全く同時にするなんて、不可能。
わたしの「撃墜説」も、説明のできない事が多すぎます…。


せめてボイスレコーダーがあれば…
…あるんですけどね、機長と副操縦士の学芸会の模様が記録されているし☆
逆に本物のボイスレコーダーには、大きな証拠が残っているのかもしれませんね…


そしてもう一つ。
原発を狙うには、この飛行コースでは難しい面があります。
こちらに、フランスの原子力発電所の分布図があります。

600px-Nuclear_power_plants_map_France-fr_2-1_svg_.jpg

赤い線が、4U9525便の航跡です。
近くに原発はありません。
やるならここから体勢を立て直し、レーダーに捕まらない様低空飛行を続け(無理に近いが)、
一番近いCruas(クリュアス)原発か、Creys-Malville(クレイマルヴィル)のSuperphénix
(シュペフェニクス=スーパーフェニックス)に突っ込むかですが…
いくらなんでも、難しい…。
でも原発突入の仮定自体は、捨てがたいし…

ただ、何らかの目的が無ければ、
いかに手負いの狂信者でも、実行はしてこないと思います。


益々謎が深まるこの事件です。
やはり、「機体すり替え失敗」説も考えなければならないのかな…?
それはさらに、あり得ない様な想定ではあるけれど…☆



スポンサーサイト

« 仙石線復旧区間の通電再開に想う…☆ | HOME |  4月の宮城県で、マイナス5度の予報が出ています…☆ »

コメント

残骸が粉々過ぎのドイツ機

ドイツ機は残骸が粉々過ぎでウクライナで撃墜されたマレーシア機とは大違いですね。マレーシア機は『プーチン暗殺未遂』で撃墜され『機銃掃射の形跡』もあったようですが、まるで『山本元帥暗殺』みたいだったようです。briliant blueさんが次はパラオに向かった『天皇暗殺』を危惧してますhttp://briliantblue.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=416815839

Re: 残骸が粉々過ぎのドイツ機

> ドイツ機は残骸が粉々過ぎでウクライナで撃墜されたマレーシア機とは大違いですね。マレーシア機は『プーチン暗殺未遂』で撃墜され『機銃掃射の形跡』もあったようですが、まるで『山本元帥暗殺』みたいだったようです。briliant blueさんが次はパラオに向かった『天皇暗殺』を危惧してますhttp://briliantblue.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=416815839

こんばんは☆
ウクライナのマレーシア機は、銃撃も受けていますが、赤外線ホーミングの空対空ミサイル(スホーイ25ならばR-60かR-73あたり)でとどめを刺されたのではないでしょうか。それならば滑空墜落するので、残骸はまとまっていますね…(但し、あんなに傷が浅い事は無いと思います)

天皇暗殺ですか。物騒ですね。京都の裏天皇辺りが糸を引いているのでしょうかね…ロクなことをしませんね☆
天皇は「機関」です。天皇の地位に就いた人は、血筋はどうあれ、天と人々を結びつける役割をするのです。
そこが分かっていない人たちが、また悪さをしようとしているのかもしれませんね…やれやれです☆

残骸の撒き方

こういった残骸はどのように撒かれるのでしょうね。
地形的に陸路は難しいだろうし、飛行機でも一ヶ所にまとめては難しいだろうし。
ヘリコプターでしょうか?

フェリーみたいにおしりが開いて車両の出し入れができるヘリコプターはみたことありますが、爆撃機みたいにおなか(底部)がカパッと開くのもあるんでしょうか。

最終的な調整(ロゴがよく映るようにとか)は陸路のチームがするんでしょうね。

Re: 残骸の撒き方

> こういった残骸はどのように撒かれるのでしょうね。
> 地形的に陸路は難しいだろうし、飛行機でも一ヶ所にまとめては難しいだろうし。
> ヘリコプターでしょうか?
>
> フェリーみたいにおしりが開いて車両の出し入れができるヘリコプターはみたことありますが、爆撃機みたいにおなか(底部)がカパッと開くのもあるんでしょうか。
>
> 最終的な調整(ロゴがよく映るようにとか)は陸路のチームがするんでしょうね。


こんばんは☆

状況を見るに瓦礫がかなり細かく粉砕されているので、
輸送機を同航路で飛ばして散布したのかと仮定しています。
ガバっとお腹が開く…アニメならあるのですがね…☆

確かここはハイキングコースにも一応なっているので、
あまり時間的猶予はありませんし、
特殊な飛行機が使われたのではないかと思っております…☆



特殊な飛行機

特殊な飛行機ですか。
ホバリングじゃなくて一ヶ所に撒くの難しそうですね。
重たいエンジンを含む旅客機一機分なんか撒いてらんないですね。

Re: 特殊な飛行機

> 特殊な飛行機ですか。
> ホバリングじゃなくて一ヶ所に撒くの難しそうですね。
> 重たいエンジンを含む旅客機一機分なんか撒いてらんないですね。

エンジンはハリボテでもいいのですよ…
現地に出動する部隊が仲間ならね☆

あとは現場へ入れるミディアも身内で固め、
ある程度撮影させた後、危険だからと取材制限をかける。
あとは次の事件を起こして、その事件を忘れさせればOK。
愚民どもは騙しきれる…

そう思っていらっしゃるような…☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/613-b990b2c4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR