Trans Princess病気は体を治癒するためにあるのかもしれない…☆

病気は体を治癒するためにあるのかもしれない…☆

2015–04–22 (Wed) 22:25
今週はなかなか忙しい週でして、
平日は簡易な更新になってしまいますね。

In Deepさまで、なかなか面白い記事を書かれておられます。

人間にとって最も日常的で慈悲深い治療者は「風邪ウイルス」かもしれないこと。そして、薬漬け幼児だった私がその後の十数年経験した「免疫回復戦争」の地獄体験記

風邪ウィルスは、人間が自分の体を治癒するためにわざと招き入れる為に発病する。
わたしは、それは決して誤っていないと思います。
癌も実は長い目で見れば、体を治癒するために生まれてきているのかもしれません。

それどころか、かなりの病気が「体を治癒するために」生まれてきているのかも…
そういう思いが、実は私には以前からあります。

こういう事を書くと、干されそうですが…☆
そうなったら、また考えればOK☆


医療は今のような「医者が患者を治す」というものではなく、
せっかくこの世に生れたのだから、そのチャンスを最大限に生かせるように、
医者と患者がお話をし合いながら、その人本来の状態に戻していく…
そういうものだと思います…わたしはね☆

病気は体を治癒するためにあるのかもしれない…
そう考えると、当然医療の在り方も変わります。
…いかに病と仲良く付き合うか…
そのよい方法を考えることになるのですから、
それは「今の病気を治せばいい」という思考より、
むしろ数段、難しくなるかもしれません…



医療以上に問題なのは、教育かもしれません。
「教育とは無償のもの」
わたしはそう思います。
勿論、それでは先生が生活できませんから、その分はきちんと収入保障してOKですが☆


だって…考えてみてください。
教育=有償ならば、それは授業料の問題ではなく、教育の結果の問題になります。
教育を施しているのだから、結果が出る=有償と考えれば、

教育をして成績が良い=いい子
教育をして成績が悪い=悪い子

そういう図式を招いてしまうのではないでしょうか?

これは非常に危険なことであり、
下手をすれば、人類を衰退に追い込んでしまう危険な種だと思います。

この話はあらためて、もっと時間のある時に書きたいと思います。
その時また、おつき合いいただければ幸せです…☆


スポンサーサイト

« 崖っぷちで踊るサンバ…☆ | HOME |  あれ? 「チェックメイトキング」…されちゃいました?…☆ »

コメント

『教育は出会い』

教育は論語や『ソクラテスの弁明』など『人の出会い』に表現された『文学作品』もありますね。

こんにちは!

面白い考えですね。
免疫を高めるために、
病原菌を招き入れる、とかですか?
違う・・・かな?(^▽^;)

私達の親世代辺りは、
今は清潔になり過ぎて、
病気にも弱くなったといつも言っています。
そんな簡単な問題ではない気がするし、
かと言って、全部が否定できるわけでもない。
ですが、今予防出来る方法があるなら、
それは試したいものです。
人間と病原菌の上手い付き合い方が、
習得出来れば薬に頼らなくてもいいのだとしたら、
どれだけ煩わしくないでしょうね。
薬はなるべく飲みたくないものなので。

長々、意味不明かもです(;´∀`)

Re: 『教育は出会い』

> 教育は論語や『ソクラテスの弁明』など『人の出会い』に表現された『文学作品』もありますね。

こんばんは☆

その教育が死んでしまっているのが、今の日本の様な気がしますね。
何の役にも立たない知識を詰め込んで受験にパスすれば勝者になるわけで☆
しかもしれにはテクニックが必要で、それを学ぶにはお金がかかる。
ですからお金持ちの子女だけがそれにありつき…
結局ゴロツキに煽てられたりたかられたりで、国を滅ぼす…と☆

イエスにしろ釈迦にしろ、師弟の間には出会いと絆があるわけですが、
それが単なる利権で結び合わされるだけならば…そりゃあ、潰れますよ☆

もう一つ、ちょっと教えて駄目だと「あいつはバカだ、使えない」と、
貶すのに余念のない方々(正直、年輩の方に多い)も多いようですね☆
彼らにとっては、教育は有償なのでしょう。
…そしてますます、じり貧になっていくのです…☆


Re: タイトルなし

> こんにちは!
>
> 面白い考えですね。
> 免疫を高めるために、
> 病原菌を招き入れる、とかですか?
> 違う・・・かな?(^▽^;)
>
> 私達の親世代辺りは、
> 今は清潔になり過ぎて、
> 病気にも弱くなったといつも言っています。
> そんな簡単な問題ではない気がするし、
> かと言って、全部が否定できるわけでもない。
> ですが、今予防出来る方法があるなら、
> それは試したいものです。
> 人間と病原菌の上手い付き合い方が、
> 習得出来れば薬に頼らなくてもいいのだとしたら、
> どれだけ煩わしくないでしょうね。
> 薬はなるべく飲みたくないものなので。
>
> 長々、意味不明かもです(;´∀`)


こんばんは☆

大丈夫です、仰られた事、よくわかりますよ☆
「自然はパーフェクト」ですから、それに沿って文明を進めればいいわけです。
医学も然り、自然治癒力を高めて、なるべく薬を使わずに治すのが良いでしょうね。

とはいえ、緊急外科手術などは西洋医学の功績が大きいと思いますし、
すでに敗血症を起こしている患者さん等は、自然治癒が間に合わない場合があります。
そんな時には必要最低限、強力な抗菌薬投与とともに、多様なな支持療法を施します…☆

決して原理主義に陥らず、西洋医学や東洋医学を組み合わせて治療する。
この形が、近未来的かつ現実的ではないかと思います…☆

でもねえ…こういうことが一番遅れているのが、日本なのですよね…
改善していかないといけませんね…☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/630-84efd3d5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR