Trans Princess人工地震は、決して絵空事ではありません…☆

人工地震は、決して絵空事ではありません…☆

2015–05–07 (Thu) 22:08
ここ数日、「5月11日」が近づくにつれて、
「エコノミストの表紙」関連で、拙ブログを訪れて下さるお客様が急増しています。

こんな酔狂ブログまで沢山の方がお見えになっているというのは、
それだけ大きな山が動いているという証拠。
ここまで来れば、下手なことなど出来ず、5月11日には何も起こらない。
わたしはそう願っていおりますが…☆

しかし、どうにもならない時には仕掛けてくるかもしれません。
その為にもここはひとつ、「わーわー」と騒ぎましょうか…☆
そうすれば、何も起こせなくなります…☆


本日の話題ですが…

昨2015年5月6日の記事、
ご訪問のお礼と、エコノミスト表紙の「11.3」の、謎の解明…☆

に付けられた、Kaoruさんからのコメントをご紹介します。

「人工的地震...♪...」
3・11が人工地震だって!そんなアホな...って正直思っておりました...笑
処が某放送局の『NHKスペシャル』(笑)でメガ大地震のメカニズムの特集番組でプレートに大量の海水が入り巨大な地滑りの様な事が起こった...とマジな顔で学者さんが言っておりました。
   これって"人工地震"じゃん!!!
と、言うのは"新しい資源を見つけるんだ~"っと言って日本の廻りって穴を掘っていたら海水が入りますよね...
まぁ地震を起こそうとは思わなくても、自然に手を付けている訳ですから"神様"のお怒りかも知れませんし...
又は日本を苛めてやろうと某国アメリカが(笑)海底で"お仕事"をして穴を開けていた事も充分考えられます...
どちらにしても、神の手を使わなくても地震を作る事が出来るという事です...♪



コメントありがとうございます。
その「籾井あっちいけ~スペシャル」…じゃない、「NHKスペシャル」の件を、
丁度お話ししようと思っていた所なのでした…☆

一応こちらに動画も上がっているのですが…
NHKスペシャル <巨大災害 MEGA DISASTER> 第3集

中国のちょっと怪しいサイトらしく、すごく重いので、見るのはちょっと大変かも…☆


番組を要約すると、こんな感じです。
巨大地震 見えてきた脅威のメカニズム|NHKスペシャル 2014/09/20

プレート境界の山を動かし巨大地震を発生させたものは何なのでしょうか?その謎を解く鍵が東北沖の海から見つかりました。東京大学・大気海洋研究所の佐野有司教授は深海の水の循環を研究するため巨大地震の前から海水を採取していました。そして巨大地震の1ヵ月後、いつものように海水の成分を調べた時のことです。震源近くの海底の水から、それまでほとんど見られなかった物質が大量に見つかったのです。それはヘリウム3という物質でした。ヘリウム3はプレートの下のマントルに大量に存在すると考えられています。そのヘリウム3がなぜ海底の水に大量に含まれていたのでしょうか?佐野さんは地震との関係を疑いました。日本列島の下にあるマントルからヘリウム3を含んだ水が数万トン、地震に伴って海溝域に放出されたと考えています。これには東北大学の長谷川さんたちも驚きました。長谷川さんはこの水が巨大地震発生の引き金を引いたのではないかと考えています。膨大なひずみをためていた東北沖のプレート境界にマントルからの水が長い時間をかけて徐々に染み込んでいきました。震源付近にあった山にも水は達していたと考えられます。硬くかみ合っていたプレート境界の隙間に水が満たされ、プレート境界が滑りやすくなり巨大地震が発生したというのです。

東北大もなかなか頑張っているなあ…
でも、この要約文、ちょっとおかしいような気がします…
それは東大の佐野教授が仰った、この部分です…もう一度引用します。

ヘリウム3はプレートの下のマントルに大量に存在すると考えられています。そのヘリウム3がなぜ海底の水に大量に含まれていたのでしょうか?佐野さんは地震との関係を疑いました。日本列島の下にあるマントルからヘリウム3を含んだ水が数万トン、地震に伴って海溝域に放出されたと考えています。

ヘリウム3って、マントルに大量に存在するのかなあ?
ヘリウム4ならば、確かに地中に存在していますけれど…


そこで、こちらのエデンさんの記事をご覧下さい。

311人工地震に、水爆が使われたのだろうか? (ヘリウム3の謎)




こちらにこの鋭い記事の一部を引用しながら、お話しさせて頂きます。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1605J_Y4A110C1CR0000/

nikkei20140118.jpg

研究チームは、ヘリウム3の比率が高いマントル中の水が上昇したと言う結論(可能性)を出したが、私はそう思わない。

heriumu.jpg

「ヘリウム3。自然界にほとんど存在せず、水爆に使われるトリチウムが自然崩壊する際にできる」
と言う情報と、「311東日本大震災後、震源に近い海水のヘリウム3の比率が1~3%高くなっていた」 
と言う情報。
確実な証拠とはならないが、水爆が311人工地震計画に使用された疑いがあることがわかる。



そう、ヘリウム3は、自然界からは殆ど失われた元素の一つなのです。
ごく少量は存在するらしいのですが…



ヘリウム3(3He)について
どんなもの? どうやって手に入れるの?

ヘリウム4(4He)の同位体で原子核の中性子が1つ少ない原子がヘリウム3(3He)です(陽子2個、中性子1個)。
安定同位体ですから放射線は出しません。ヘリウム4と化学的な性質(そして原子間の引力)は同じですが、質量が3/4と軽いため、より大きな量子効果があらわれます。例えば、1気圧下の沸点はヘリウム4よりさらに低く3.2 K(ケルビン)で、固化するにはより高い34気圧の圧力を要します(ヘリウム4は4.2 Kと25気圧)。
  地中から産するヘリウム4と違って、ヘリウム3は人工的に作られます(ヘリウム3の自然存在比はわずか0.0001%程度しかない)。まずリチウム6(6Li)に中性子を照射して三重水素(3H)を作り、それが約12年の半減期でベータ崩壊(電子を放出)してヘリウム3を得ます。ですから、液体ヘリウム3の研究は、液化できるほどの量が作られるようになった1950年以降に始まりました(液化の成功は1949年)。



こちらは東大大学院理学系研究科の福山先生のサイトからの引用ですね。

http://kelvin.phys.s.u-tokyo.ac.jp/index.html
http://kelvin.phys.s.u-tokyo.ac.jp/japanese/research/helium4.html

そしてもう一つ…こちらの記事を引用されています。

米、新型の核検知器を配備できず ヘリウム3の供給不足で

 この物質は、ヘリウムの同位体のヘリウム3。自然界にほとんど存在せず、水爆に使われるトリチウムが自然崩壊する際にできる。米国では以前、数年に一度の水爆保守の際に取り除かれたヘリウム3が利用され、十分な供給量が確保できたが、1989年にトリチウム製造が中止され、水爆の保有数も減っているため、ヘリウム3の供給量も減少しているという。

「水爆に使われるトリチウムが自然崩壊する際にできる」


そう、あの日…
大津波を引き起こすためには核兵器が使われ、
その中には水爆も含まれていたのではないでしょうか…?

大量の核兵器を使用すれば、当然大量の放射能が出ます。
それをカモフラージュするのに一番いい方法は…

その津波によって原発事故が起きた事にして、
そこから大量の放射能汚染水が出た事にすれば良いのではないですか…?
そうする事によって人心に不安と恐怖を呼び起こさせ、
長年にわたり支配する事が出来、一石二鳥です☆

そう考えると、
放射能怖い怖いの連中は、図らずもその片棒を担いでいるわけです。
人の不安に乗じて、「放射能に効く食品」などのインチキ商品を売っている人間は、
もう人間として、駄目駄目ですね…☆
わたしみたいなコに言われるようじゃあ、オシマイですよ…☆


人工地震&津波を兵器にするという思想は、もう70年以上前から存在します。
第二次大戦中、米国は「プロジェクト・シール」という計画を立ち上げ、
地震・津波兵器を開発していたのですよ…

「日本人は知ってはいけない」さまの記事より

プロジェクト・シール

「ザウルスでござる」さまの記事より

プロジェクト・シール“津波爆弾”  ニュージーランドの汚れた手

ぜひご覧頂きたい記事です。



本業もありますので今日は残念ながら時間がなく、この辺で失礼させて頂きますが…
またいずれ、このお話はして行きたいと思っています…☆

「5・11はみんなで騒いで、何もやらせないぞ」計画☆
盛り上がっているようです…
この「普段は大過疎ブログ」も、参加させて頂きます…☆


スポンサーサイト

« ご訪問のお礼と、エコノミスト表紙の「11.3」の、謎の解明…☆ | HOME |  「11.5」の日が迫る中、火山噴火の噂が飛び交う…☆ »

コメント

『須美寿島の地震』

『八丈島の遥か南海の洋上に聳え立つスミス島の地震』鳥島近海地震で津波発生の震源の須美寿島とサム・スミスさん。http://briliantblue.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=418568121☆briliantblueさん

非常に面白い内容ですね。
ただ一部フォントの黄色のところが白背景だと読めない(読みづらい?)のが残念でした(>_<)。また新しい記事お願いします。

『水爆装着のバンカーバスターで噴火を誘発できるのか』

『エコノミストの富士山爆発絵』の謎は、水爆装着のバンカーバスターで噴火を誘発できるのかて話?http://blog.ap.teacup.com/jiritu/4768.html?ap_protect=yftgwm8gooo大愚さん

準備完了?かな...

 『エコノミスト』の表紙にある"5・11"が明後日に迫って、又、人工地震が起こるのではないかと世間が騒がしくなって来ました(極々...極々、極々、一部ですが...笑)
 箱根山が予告編で実は富士山が大爆発する...と、言うのは考え過ぎですね...

 当日は仕事で職場は神戸の人工島"ポートアイランド"なので、用心の為に浮き輪を持って出勤しようかなと真剣に(笑)考えております...

 どうか、ご用心を...

Re: タイトルなし

> 非常に面白い内容ですね。
> ただ一部フォントの黄色のところが白背景だと読めない(読みづらい?)のが残念でした(>_<)。また新しい記事お願いします。


こんばんは☆
おほめの言葉を頂き、ありがとうございます☆


確かに見難いかも知れませんね…
試験的に、黄色い文字を黄緑色に変えてみました。
これで若干、見やすくなったかもしれませんので、ご確認くださませ…☆

お気づきの点などございましたら、アドバイス頂ければ幸いです☆



Re: 『水爆装着のバンカーバスターで噴火を誘発できるのか』

> 『エコノミストの富士山爆発絵』の謎は、水爆装着のバンカーバスターで噴火を誘発できるのかて話?http://blog.ap.teacup.com/jiritu/4768.html?ap_protect=yftgwm8gooo大愚さん


こんばんは☆

おお…エコノミストの表紙、色々「しでかして」来ましたねえ…
その疑問を、記事にしてみましたのでご覧頂ければと思います☆
大きなダメージを引き起こす水蒸気爆発が兵器になったら、嫌ですね…!

Re: 準備完了?かな...

>  『エコノミスト』の表紙にある"5・11"が明後日に迫って、又、人工地震が起こるのではないかと世間が騒がしくなって来ました(極々...極々、極々、一部ですが...笑)
>  箱根山が予告編で実は富士山が大爆発する...と、言うのは考え過ぎですね...
>
>  当日は仕事で職場は神戸の人工島"ポートアイランド"なので、用心の為に浮き輪を持って出勤しようかなと真剣に(笑)考えております...
>
>  どうか、ご用心を...


こんばんは☆

今日の記事にも出てきましたが、エコノミストのバックナンバーの表紙に、
富士山が「どっかーん」とやっているのが話題になっているようですし、
どうも嫌な気というか、歪んだ想いを感じるのですよね…
お互いに注意しましょう!…☆

ポートアイランドですか…良い所ですね。
津波に関しては浮き輪がなくても、高い頑丈な建物に登れば大丈夫ですよ☆
ただ、大阪湾は関大チームの予想の様に、かなり高い津波(8mクラス)に襲われる可能性もあります。
ですので万が一の時は、その辺りも計算に入れて避難位置を決めましょう。
危機管理は「大きく構えて小さく抑える」が鉄則です…☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/649-73f91208

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR