Trans Princess先走るマレーシア政府と、30年前の「あの夏の日」の事と…☆

先走るマレーシア政府と、30年前の「あの夏の日」の事と…☆

2015–08–07 (Fri) 21:34
MH-370便の残骸発見からの騒ぎ。
やはり、どうもあやしいですね。
特に日本で報道されている報道とは全然違う事が、
現地では起きているようです。


英国デイリー・エクスプレスの記事から…
起こる370便乗員乗客の家族たち 『残骸は偽物だ』

Angry families of doomed MH370 flight say debris from missing plane is FAKE

dailyexpress.jpg

あまりにもいい加減なマレーシア政府の情報や態度に、
中国人乗客の家族の怒りが爆発したようです。

…これは、あたりまえです。

そもそも最初のフラッペロン発見の時、マレーシアのナジブ首相が
「これはMH‐370便の残骸だ」と、詳細な調査もしないのに言いきってしまいました。

It came just a few hours after Mr Razak finally confirmed that a two-metre wing flap found on Reunion Island belonged to MH370 in an emotional press conference in Paris last night - almost 17 months after the plane disappeared.
He said: "Today, 515 days since the plane disappeared, it is with a very heavy heart that I must tell you that an international team of experts have conclusively confirmed that the aircraft debris found on Reunion Island is indeed from MH370


でもそのあとすぐ、フランス側から鋭いつっこみが入りました。

But his claims were diluted when France's deputy prosecutor Serge Mackowiak said that while there "very strong conjectures" the debris was from the missing Boeing 777, "complementary analysis" would need to begin today.

「これがB777のものとするのは非常に乱暴な推測」として、
「詳細な調査が必要だ」と、フランスのマコウィアク次長検事が一蹴。


その後もマレーシア政府は、
「MH-370のものと思われる○○が発見された」という発表のオンパレードです。
それはそのまま日本のマスミディアが受け売りで流し、わたしたちの耳元に届いています。


しかし…
実際には、マレーシア政府だけが先走っているようですね。

「MH370便の残骸をめぐる調査が、欲求不満を駆り立てる」

Confusion around MH370 debris probe prompts frustration

ctv 20150806

He also said more debris has been found on Reunion Island and was sent to local authorities for French investigators to examine. However, the Paris prosecutor's office, which is spearheading a French legal inquiry into the crash, denied that investigators had any new debris, and multiple French officials involved in the investigation in Reunion and in Paris said they also were unaware of a new discovery.

彼(マレーシア・リオウ運輸相)は、更なる残骸がレユニオン島で発見され、検証の為に現地のフランス当局へ送られたと言っている。 しかし、第一線で事故調査をしているパリの検察当局は、捜査員があらたな残骸を発見した事を否定してる。





そして今日付けのフランスのフィガロ誌は、こんな記事を掲載。

「新しく発見された残骸は、MH‐370便のものではない」

Les nouveaux débris ne viennent pas du MH370

figaro 20150807

Les nouveaux débris trouvés à la Réunion ne proviennent vraisemblablement pas du vol MH370 dont on a perdu la trace en mars 2014, a fait savoir aujourd'hui le porte-parole du vice-premier ministre australien. Le gouvernement malaisien avait annoncé jeudi que de nouveaux fragments d'avion avaient été retrouvés sur l'île française où les recherches ont redoublé à la suite de la découverte, la semaine dernière, d'un morceau d'aile de Boeing 777 échoué sur une plage.

新しく発見された残骸は、昨年3月に不明となったMH-370便のものではないだろう。
今日、オーストラリア副首相ぼ報道官が述べた。
マレーシア政府は木曜日に、先週B777no主翼の一部と思われるものが見つかり、
捜索がレユニオン島で、新たに機体の一部が発見されたと述べていた。


不思議な事がいくつもありますが、注目すべき点を絞ると…
①マレーシア政府が、何が何でも「これはMH-370便のもの」にしようとしている。
②事件に疑惑があるオーストラリア政府が、否定的見方をしている。

オーストラリアは今回の事件の黒幕の一つと言われています。
全く関係のない海域で、捜索活動とやらを扇動していましたから。

それにしても、マレーシア政府の狼狽にも似た暴走振りは、何なのでしょう。
何が彼らを、こんな行動に駆り立てるのか…


答えは、このあたりになるのかもしれません。
実はマレーシアのナミブ政権には今、
巨額の汚職疑惑が浮かんでいます。
フィナンシャルタイムズの、こちらの記事…(有料記事なのですが、題名だけでもどうぞ)

Malaysia PM Najib to be queried over $675m donation

6億7500万ドル(837億円)以上の汚職疑惑…
日本の経済規模でいえば、その10倍以上…途方もない金額です。

だから、あのマハティールのようには振る舞えないし、
その点を、マハティールは危惧しているのかも知れません。

これをネタに、揺すられているのだとしたら…
そして言われるとおりに強弁したものの、
世界民衆の世論は非常に懐疑的。
そうしたら、オーストラリアが恐れをなして、一歩後退した…
そう考えると、少しですが納得がいくかもしれません。



航空機墜落事故。
弱みに付け込まれた脅し…。

どこかで見た事がありませんか…?

そう、今から丁度30年前、
1985年夏。
500人以上の乗員乗客を乗せた同じボーイングの747型機が、
不可解な墜落事故を起こし、世界最大の航空機事故惨事を招いた事を。
そう、日航123便墜落『事件』です。

その後まもなく、プラザ合意という、米国の借金踏み倒し事件が起き…
それからの日本の運勢は「バブル」を経て、呪われたかのようにガタ落ちし、
今の惨状も招いてしまった事も…


この事件の謎が解ければ、
もう一つの事件の謎も解ける。
両者の根は一つ…
そんな気がするのです…☆


でも、あの時とは、何かが違う。
日本をはじめ、多くの国の民衆は、
ネットなどの新しい手段を通じて、これまで得られなかった情報を得る事が出来、
以前よりずっと、賢くなっています。


ですからきっと、この謎を解けるものと思います…☆
こんなわたしでも、少しだけでもよいので、お手伝いできれば…うれしいです☆


スポンサーサイト

« 繰り返す「運命の時の鎖」を、断ち切られます様…☆ | HOME |  原油は34ドルを目指す?…☆ »

コメント

『マレーシアはイスラム憲法違反のTPPで揺れる』

『アセチレンは原爆の原料になる』5日午前9時ごろ、山口県山陽小野田市の「中国アセチレン」小野田工場で爆発!『戦艦三笠は佐世保港で。1905年9月11日 佐世保港で謎の爆沈。』9.11まがいの同時多発テロを玄海原発・川内原発・伊方原発を使って起こすのではと危惧!http://briliantblue.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=423772118☆briliant blueさん

Re: 『マレーシアはイスラム憲法違反のTPPで揺れる』

> 『アセチレンは原爆の原料になる』5日午前9時ごろ、山口県山陽小野田市の「中国アセチレン」小野田工場で爆発!『戦艦三笠は佐世保港で。1905年9月11日 佐世保港で謎の爆沈。』9.11まがいの同時多発テロを玄海原発・川内原発・伊方原発を使って起こすのではと危惧!http://briliantblue.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=423772118☆briliant blueさん


こんばんは☆

面白い見方ですね…といいますか、
正直、「よくさがしてくるなあ」…と感心しています。
決して失礼な意味ではありません。
真実への探求心と弛まぬ努力…すごいと思います。

マレーシアは今、1985年の日本と同じ場所に立っているのかもしれません。
アングロサクソン・ユダヤに食い物にされるのか、それとも…
政権はボロボロですが、国民一人一人は踏ん張りどころです。

日本ターゲットのテロには要注意ですね。
でも、もし彼らがやっても、うまくいかないと思いますよ。
三国志ではありませんが、「天の時」も「地の利」も「人の和」もなく、
おまけに、ご主人さまも奴隷も、揃いも揃ってバカばっかりだし…☆



コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/736-5def3efe

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR