Trans Princessフラッペロンの調査が終了しても、発表できない事情があるようです…☆

フラッペロンの調査が終了しても、発表できない事情があるようです…☆

2015–08–26 (Wed) 22:20
あくまで今のところですが、経済危機は小康状態。
悪徳商人に騙されて株なんて買ってしまった方、今が絶好の売り逃げチャンスですよ…☆
悪徳商人に騙されてFXだったら…即刻損切りして、兵法三十六計「逃げるが勝ち」です…☆

今日はちょっとその話題から逸れまして…
先週(20日)のフランス・フィガロ誌にこんな記事。

MH370: l'examen du flaperon terminé

figaro20150820.jpg

Les autorités australiennes ont annoncé hier que l'inspection initiale du morceau d'aile d'avion découvert fin juillet sur une plage de l'île de La Réunion et appartenant très probablement au Boeing de la Malaysia Airlines disparu en mars 2014 était terminée.

オーストラリア当局が発表した所によると昨日、7月に発見されたMH‐370便のものと思われる翼の破片の初期調査が終了した…らしいです。
面白いのは、この記事はフランス・フィガロ誌の記事なのに、その元ネタはオーストラリア当局という事。つまり、フランス側は事実上、沈黙を保ったままの様です。

Aucune confirmation n'a pu être obtenue pour l'heure auprès des autorités françaises qui dirigent l'examen de cette pièce dont la découverte a relancé l'enquête sur le vol MH370.
L'avion, un Boeing 777, devait assurer la liaison entre Kuala Lumpur et Pékin le 8 mars 2014 avec 239 personnes à son bord. Il a disparu des écrans radar après avoir inexplicablement dévié de plusieurs milliers de milles nautiques de sa trajectoire de vol.

その破片を調べているフランス当局は、さしあたり何の確証も得ていない…(以下略)

おいおい…
やはり騒いでいるのは、オーストラリア(ファイブ・アイズの一員)だけなのではないですか…?



そうしていたら、昨日の「International Business Journal」でこんな記事が。

Flight MH370 Update: Is Flaperon Debris From Missing Air Malaysia Airliner? Experts Still Unable To '100%' Confirm

ibj20150825.jpg

「専門家は100%の確認をする事が出来ないでいる…」

The flaperon was sent to France for examination, since Réunion Island falls under French jurisdiction. But after nearly a month of tests, experts there have been unable to definitively link the barnacle-covered flaperon to the Malaysia airliner. They have not, however, ruled out the possibility that it may, in fact, have originated from the plane.

要約すると
「フラッペロンはレユニオンからフランスに検査の為に送られた。しかし、1カ月近い検査をしても、フジツボまみれのフラッペロンがマレーシア航空機のものと決定的に関連付ける事が出来なかった…(その後はフォローの文なので略☆)」
(時間が無く、要約ですみません…ご希望があれば、週末に全文和訳します)

思っていたとおりですね。
やはりこれは、「堅気」なMH-370の破片ではないようです。
もしそうであれば、仏豪共同で早々に発表がある訳です。

事故自体が怪しければ、破片も怪しい。
結局、本当のことが言えないのでしょう…。
例によって、また有耶無耶にしよう…なんて、考えていらしゃるのかもしれませんね。

むしろそんな印象を、世界の賢い人々に与えてしまったのではないでしょうか?
またしても、「オウン・ゴール」…☆


明日手のひらを返して「これはMH-370のフラッペロンです」と言っても、
「嘘をつけ☆ わかってるんだよ、こっちは☆」
なんて、賢い民衆から言われてしまうでしょうね…☆



追記
この所、この事件に関する記事が、ネット上からも減っています。
経済危機や安倍とそのバカマたち(馬鹿な仲間たちの略)の失政、「2020東京パクリンピック」など、色々と話題に事欠かない昨今ですが、どうかこの事件の事もお忘れの無いよう、お願い申しあげます!


スポンサーサイト

« ローラーコースター相場、束の間の小休止へ?…☆ | HOME |  更新失敗?…☆ »

コメント

墓穴...或いは誰も落ちなかった落とし穴

 フラッペロンペロン...笑...を、とりあえず海岸に置いて幕引きの手掛かりにしようと企んだのでしょうね...

 でもトラップには騙されなかった。
そういう事でしょう...

 で...次はアマゾンかヒマラヤの奥地からフラッペロンペロンを置いて、「宇宙人の仕業だ!」って言うのでしょうか?
 
 『月刊ムー』のお方が喜びそうです...♪

Re: 墓穴...或いは誰も落ちなかった落とし穴

>  フラッペロンペロン...笑...を、とりあえず海岸に置いて幕引きの手掛かりにしようと企んだのでしょうね...
>
>  でもトラップには騙されなかった。
> そういう事でしょう...
>
>  で...次はアマゾンかヒマラヤの奥地からフラッペロンペロンを置いて、「宇宙人の仕業だ!」って言うのでしょうか?
>  
>  『月刊ムー』のお方が喜びそうです...♪


トラップなのはみんな分かっていて、
あとはそれに、乗るか、乗らないか…だったのでしょうね。

フランスはおいそれとそんなものには乗らない国ですし、
乗るなら乗るで、相当な代償を求めてきますから、
オーストラリアあたりでは、なかなか敵わない相手です。
(こういう所は同じアングロサクソン国でも、もっと小さいニュージーランドの方が、もっと手強いです)

『月刊むう☆』で、フラッペロンと思われたものは、
実は古代インドの叙事詩「ラーマヤーナ」に出てくる、ヴィマーナの破片だった…
とかやって頂けますと、かなり楽しめるのですが…☆

本当はB777のフラッペロンなんて、なんとでも都合できるのですよね。
もう廃機になったものから、処分したふりをして「ひっぺがし」たり…☆



コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/754-484a88ec

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR