Trans Princess安倍極右崩壊後の準備がはじまっています…☆

安倍極右崩壊後の準備がはじまっています…☆

2015–10–17 (Sat) 19:38
ニュースでは、なるべく安倍の失態を放送しないようにするとともに、
シールズ辺りのゴシップを載せたり、日教組が反戦運動をしているなど、
正直申し上げて、公安や内調の人間が考えそうな、「足引っ張りネタ」を流しています。
本当に大日本帝国以来、進化する事無く、同じ事を繰り返していますね。
公安関係でも優秀な人たちは、閑職に追いやられて冷や飯を食わされているのも同じ。
そしてまた、同じように滅びるのでしょう…
でも、今度は「組織ごと戦後の復活」があるかどうかは、分かりませんよ…☆

一方こちら、安倍たち極右連中の心臓が凍りつきそうな記事。

共産・志位氏「連合政府実現なら日米安保廃棄を凍結」

共産党の歴史的方向転換です。
これで共産党中心の野党連合が、次の政権に就く準備が出来た事になります。
おそらく米国の反戦争屋の方たちと、話がついたのではないでしょうかね。
彼らにとっても冒険でしょうが、目下、それしかないでしょう。

シリアで米国戦争屋がこれも歴史的な大敗を喫し、戦争屋の軍隊は組織的抵抗が出来ません。
このあと、プーチンはイランやシリア政府軍と共に、殲滅戦に入るでしょう。
戦争屋がオシマイになれば、安倍政権もオシマイ。
自民党はこれまでの矛盾も手伝って、崩壊・消滅へと向かう可能性もあります。
その時に次を担える勢力として、反戦争屋が志位と手を組んだのではないですかね…
もちろん、後ろには寝技師の小沢も付けて。
民主党は極右を追い出してから、合流すれば良いでしょうし。
民主党極右は自民党に入りたいでしょうが、定員オーバーで難しいでしょう☆

自民党穏健派から野党へ鞍替えする…のは、これまた難しいでしょうね。
彼らにはプライドがあります…政策は無いくせに、うるさい人たちです☆
ただ、野党共闘は次の体制へのブリッジという機能に限定したい…
そう思う人は、内外ともに多いでしょう。

自民党は、あとはまた不正選挙で勝つしか方法は無いでしょうが、
創価学会は離反し、ムサシくん頼み。
でも…そのムサシくんを使えるかどうか…
使えても、本来意図したとおりの機能を果たしてくれるか…
反戦争屋勢力(米国内の一部、ロシア・中国)の協力が得られるのなら、
不正選挙マシーンのプログラム改竄など、朝ごはんの前に出来てしまうでしょうから。
米ロは勿論、中国も優秀ですよ。
イスラエルの防空システム「アイアンドーム」の暗号を破ったのは、中国ですし…☆


英国はやはり、中国と組むことにしたようです。
大英帝国たるもの、ドイツの軍門には下りたくないようです☆
まあ…好きにして下さいなのですが、
安倍極右にとっては、悪夢のようなシナリオが次々と現実になっていますね。

戦争屋を追い出した後の米英は、中国と連携です。
米国はすでに、国内での事業を中国の企業と組んで大々的にやっていますしね。
英国は香港上海銀行の主力を香港に持っていくようですし、
更には中国の原子力発電所を買うようで…(これはどうかと思いますが…☆)
チャールズ皇太子が一人反対した所で、どうにもなりません。
晩さん会を欠席する位がせいぜいでしょう…☆

こうなると米英日+印+台+ASEANで中国包囲網…なんて考えていた連中は、
逆に国際社会で孤立どころか、ABCに包囲網をひかれてしまいました…☆

日本はどうするか…
まずはお粗末なのを引きずりおろして、
憲法第9条を逆に武器にして、平和と技術(特にナノテクやソリューション)を看板にして、
付き合える所とどんどん付き合っていくといいと思いますよ☆



スポンサーサイト

« 新興国通貨下落が、円高に導いています…☆ | HOME |  簡易更新ですが、楽しく読んで頂ければ幸いです…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/800-44abf4db

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR