Trans Princessコラビア機墜落の裏側は何が? 想い出すMH機すり替え事件…☆

コラビア機墜落の裏側は何が? 想い出すMH機すり替え事件…☆

2015–11–01 (Sun) 21:53
昨日は緊急呼び出しの為、更新できませんでした。
何があろうとも「本分優先」でございますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます☆

さて、また飛行機墜落事件発生です。
今度はロシアのコラビア航空9268便(7K9268)ですね。
シャルムエルシェイク発サンクトペテルブルク行きのチャーター機。
シャルムエルシェイクという地名は、日本人にはあまりなじみはありませんが、
紅海に面したエジプト随一の大リゾート地です。
ダイビングが有名ですが、他にも色々と楽しみがあります。

sharm-el-sheikh.jpg

sharm-el-sheikh1.jpg

海も砂漠も楽しめちゃう…そんなリゾート地です。


「FLY TEAM」のサイトより
ロシア・コラビアのA321、シナイ半島付近で墜落

flyteam20151031.jpg


それでは例によって、Flightraderで確認してみましょう。
7K8268のデータはこちらです。

Full flight information and flight history for aircraft EI-ETJ

7K9268 20151031

2015年9月13日の記事
例え世界にカオスが訪れても…☆
でもちらりと書きましたが…エールフランスの広告が執拗に出てきます…☆
わかったわかった…次回の帰省時には、利用させて頂きますよ…
でも、東京-パリ57,500円「~(から)」ですからねえ…曲者なのだよ、その「~」は…


お話を元に戻しますと…
なあんだ、地図上に犯人の一人の名前、載ってるじゃないですか…☆
日本のマスミディアは、イスラエルという国名は一切報道しません。
理由は、彼らのご主人さまの一人だからです。
今の日本は本当に、情けない国なのです。

嘆いてもお話ははじまりません…☆

飛行コースはどうだったのでしょうか。
航路図を見てみましょう。

fv.jpg

7K8268はシャルムエルシェイクからR650という航路に沿って、11°の角度で北上し、
Nuweibaというポイント付近で左へ舵を切り、340°で北北西へ向かっています。
ロシア機もイスラエルや黒海・ウクライナ上空を通過しても問題は無いので、
南北を結ぶこの路線の場合、なるべく真っすぐ飛ぶ方が効率的なのですが。


少し動かしてみますよ。

33500.jpg

あくまでADS-B上のデータですが、Nuweibaで左へ約30°転進した後、
離陸から22分後の現地時間6時12分、高度は33,500ftに到達します。
速度は404ノット(時速748km)。

ところがこの後、7K9268は急に高度を落としていきます。
1分後の6時13分(グリニッジ時間4時13分)…

29925.jpg

高度が3,500ft程落ちていますが、問題は速度です。
184ノット…時速340km、完全に失速です。
何があったのでしょうか…見当はつきますけれどね。
今回はMH17便事件に近いパターンの可能性も?


Veterans todayさまの記事より。

New York Post, New York Times, Washington Post, and Financial Times: ISIS Is Responsible for Russian Airliner Crash

vt20151101.jpg


ニューヨークポスト・ニューヨークタイムズ・ワシントンポスト・フィナンシャルタイムズが報道
「ロシア機墜落は、ISISによるもの」


全部ユダヤ系メディアですね☆
ISISの裏にはイスラエルがいる事は世界中のみんなが知っています。
「わたしがやりました」と言っているようなものです。
いよいよイスラエルも耄碌したのか…
それともISISを切り離し見捨てて、本体の延命を図るのか…?

“Hours after the crash, a branch of the Islamic State operating in Sinai claimed responsibility."
数時間後、シナイのISISが犯行声明!

言うだけならばいくらでもできる訳ですが、
最大の問題点は、ISISには高度33,500ftを飛ぶ飛行機を攻撃する術が全くないという事です。

携行型SAM・・・歩兵が担いで撃てる、射程4~6km
短距離SAM・・・車輌に搭載、射程10km前後
中距離SAM・・・車輌搭載もしくは地上設置、射程20~50km程度
長距離SAM・・・車輌搭載もしくは地上設置、射程50~100km以上

この射程は横方向へ撃った場合のもので上方向に撃った場合は半減します。
その為高度1万mの標的を狙うなら中距離SAM以上が必要となります。
ISISの様なゲリラは、システムが大掛かりで運用に手間が掛かる短距離SAM以上は使いません。
勿論正規軍ならば、携行型から長距離まで装備しています。
ですから撃墜した場合の犯人は、どこかのお国の正規軍と言う事になります。

もう一つ、戦闘機や攻撃機から発射する空対空ミサイルという可能性もありますが、
こちらの方が更にISIS如きが持てる筈もなく、どこかのお国の正規軍の仕業と言う事になります。

勿論、これは「撃墜」された事が原因であった場合のお話。
今のところ情報も乏しく、何とも言えない部分もあります。

そう言えば今回も、緊急事態宣言は無しの様ですね。
これもMH17便の時に似ていますが…

一つ、引っ掛かる事があります。
この墜落現場の動画です。



砂漠地帯の中で、大きな破片の周りに小さな破片が散らばってます。
33,000ftから垂直に墜落すれば、ソニックブームで機体はバラバラになり、
密度はまばらだけれど、見渡す限りの広範囲に、
残骸や変わり果てた遺体が散乱しているはずなのですが、
他にもあるのかな…

「雫石の夏」とは、やはりどこかが違いますね…
だいいち、 機体の残骸がハリボテっぽいし、炎上の跡もないし…
本当にこれ、現場なのかあ…というのが、正直な感想です。


これについては、
2014年7月21日の記事
雫石の夏と、ウクライナの夏と…しかし、あの時とは「どこか」が違う…☆

2015年1月12日の記事
A320を墜落させるのは、実は至難の業なのです…(その3)☆

などもご参考になさって下さいませ☆

それにしても、どうしてISISはあんなマヌケな声明を間髪いれずに出したのか…
「どうぞボクたちを、ボコ殴りにして下さい」と、
自分で言っているようなものなのですが☆

どうもまたこの事件、「やらせ」のようです。
もし、マレーシア航空370便の時と同じパターン、
つまり「機体のすり替え」ならば…

同じA321を使った第二の事件にも、要注意です。


スポンサーサイト

« 戦争屋に騙されてはいけません。 米中海軍は、本当は仲良しです…☆ | HOME |  暴走する? 英国マスミディアのロシア機被害者報道…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/812-6619a53e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR