Trans Princess「盗人に追い銭」 戦争屋に受勲する安倍日本政府…☆

「盗人に追い銭」 戦争屋に受勲する安倍日本政府…☆

2015–11–07 (Sat) 21:08
この所「時事砲弾」の記事を書いて無かったので、ここで更新。
こちらが情けなくなる記事が多くて困ります。

米国の“戦争屋”2人に旭日大綬章…安倍ポチ政権の恥知らず

今年秋の叙勲受章者が3日に発表されたが、かつての勲一等、「旭日大綬章」の名簿に驚いた。受章した19人のうち日本人は7人。半数以上の12人が外国人だった。外国人の受章者数は過去最多。一番多いのは米国で5人が受章する。その面々にはさらに驚く。大義なきイラク戦争を主導したラムズフェルド元国防長官とアーミテージ元国務副長官にまで、日本は勲章を贈るのだ。
ラムズフェルドはイラク開戦直後から自衛隊に再三「イラクの治安維持」への参加を打診。日本政府に集団的自衛権の行使をたき付けた人物だし、日本を飼い慣らす「ジャパンハンドラー」として知られるアーミテージは、もっと露骨だ。

「旭日大綬章」なんてそんなものと言えばそれまでです。
日本全土を無差別爆撃して沢山の一般市民を殺した、
カーチス・ルメイも受勲した勲章ですからね…
その推薦をしたのが、あの小泉純純也氏と椎名悦三郎氏。
小泉純也の長男が小泉純一郎元首相、椎名悦三郎の次男が椎名素夫氏…
みんな二代目三代目…☆

それでも椎名素夫さんはそのアーミテージと互角に渡り合い、
決してやりたい放題にはさせていなかったと伺っています。
アーミテージたちの大暴走は、素夫さんの死後に始まったのかも知れません。

それにしてもこの長州田布施朝鮮系マイノリティ政権、
どこまでもどこまでも売国行為を貫き通すのが、見ていて滑稽にすら思えます。
植民地時代のインドや中国でも、ここまでやるのはなかなか無かったですから…☆

ラムズフェルドといえば、チェイニーの腰巾着みたいな戦争を知らない戦争大好き人。
バカブッシュ政権時、ラムズフェルド・ドクトリンを引っ提げて、軍人たちをイラクへ投入。
結果はご覧の通り散々たる有様です。
今一生懸命ロシアが、戦争を終わらせようとしていますが。
そんな男に受勲する国は、世界でも日本ぐらいでしょう…情けない。
そしてなによりこの者たちは、
日本国民の大切な命や財産を、むしり取って自分の富にしています。
そんな盗人に、更に勲章まであげちゃうとは、クズ過ぎますね…☆

おや?
そのバカブッシュの父親が何か言っていますね。

父ブッシュ氏、息子の側近を酷評 「頑固者」「傲慢」…

ブッシュ元大統領は、チェイニー氏を国防長官に起用したが、息子のブッシュ前大統領(69)の政権での同氏の振る舞いを「なぜ強硬路線になったのかは分からない。私の知るチェイニー氏とは全く違った」と述懐。ホワイトハウスに「独自の帝国を築いた」とその増長ぶりを指摘し、それを許した息子にも「大きな誤り」があったと苦言を呈した。

 ブッシュ前政権でチェイニー氏と共にイラク戦争を主導した当時のラムズフェルド国防長官についても「傲慢(ごうまん)で謙虚さに欠ける」と痛烈に批判。「大統領を傷つけた」とも述べた。

隠れユダヤ系の名門ブッシュ家の大旦那、切り捨てにかかりましたか…
ネオコン一派が風前のともしびですので、息子を救うためにひと芝居でしょうかね☆
「悪いのはあいつら。息子はバカなので騙されただけだ。バカ息子は悪くない☆」

ただブッシュ家は、中東で沢山の罪もない有色人種のイスラム教徒を不幸にしましたし、
同じユダヤ系でもごく普通の、平和や共存共栄を望む人々には相当嫌われているようですから、
どうなるかは分かりませんね…☆


スポンサーサイト

« 今度は南スーダンでロシア機墜落。 これは「戦争」です…☆ | HOME |  「炭鉱のカナリア」たちは警告する…☆ »

コメント

永遠敗戦国...

 戦後70年の節目のの年が終わろうとしている...

 "戦後70年"という言葉の中に未来的な思考は全く感じられず、逆に呪縛の度合いが強くなってきています...

 特に安倍政権が呪縛だけではなく、戦後70年を遡ろうとしている強権なやり方は、国民がもっと関心を持たなければならず、声をもっと大きくしなければなりません...

 今...沖縄の辺野古で何が起きているのか...将来の日本の姿が見えてきてしょうがありません。あそこは今、最前線なのです...

 その最中、日本の勲章(ハッキリ言って何の価値もありません)をアメリカの戦争屋に贈る意味...なんなのでしょうか?

 ハッキリと判ったのは安倍は盲目だという事です...足元にある"この国と人々"が見えていません...

 盲目の指導者には国の舵取りを任せる訳にはいきません...♪

 

Re: 永遠敗戦国...

>  戦後70年の節目のの年が終わろうとしている...
>
>  "戦後70年"という言葉の中に未来的な思考は全く感じられず、逆に呪縛の度合いが強くなってきています...
>
>  特に安倍政権が呪縛だけではなく、戦後70年を遡ろうとしている強権なやり方は、国民がもっと関心を持たなければならず、声をもっと大きくしなければなりません...
>
>  今...沖縄の辺野古で何が起きているのか...将来の日本の姿が見えてきてしょうがありません。あそこは今、最前線なのです...
>
>  その最中、日本の勲章(ハッキリ言って何の価値もありません)をアメリカの戦争屋に贈る意味...なんなのでしょうか?
>
>  ハッキリと判ったのは安倍は盲目だという事です...足元にある"この国と人々"が見えていません...
>
>  盲目の指導者には国の舵取りを任せる訳にはいきません...♪
>
>  

こんばんは☆

安倍は盲目…ならばまだ正直よかったのですが、
彼の目には、現実とはまったく違う世界が見えているようです☆

美しい国、大日本薩長土肥帝国の復活に伴う強力な軍事力で、
世界覇権を握る米国とともに「世界の警察官」たる姿が見えているようですよ☆

不幸にも目が見えない方は、その代わりに他の感覚・感性がとてつもなく鋭くなり、
様々な事が分かりますから、下らない戦争屋の嘘など見抜けるのですが、
別の世界が見えちゃっている安倍では、そんな事は出来ません☆

沖縄はこの戦いに勝ちますね…
あとはこのまま日本に留まってくれて、日本のパイオニアとなってくれるかどうかです。
沖縄を琉球として、日本から分離させたい勢力もいますから…

そうなると、次に東北(場合によっては北海道も)、同じ道をたどるかもしれません。
そうなれば白河以北は、これまで踏みにじられてきた「大和王権国家」と決別し、
それとは違う、明るい光が差す「違う未来」を歩むのでしょう…
絵空事と笑ってはいけません、本当にそんな道もあるのですよ…

「でも、稚内から与那国まで、同じ日本、仲良くやりたい…」
みんながそう思えば、そのシナリオは消え、
今まで以上にお互いを認め合う…そんな日本になるでしょう☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/816-765eeb4c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
(サービスで更に少し大きめ画像に☆)

こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR