Trans Princessドル円為替レートと株価がリンクしている、危険な状況です…☆

ドル円為替レートと株価がリンクしている、危険な状況です…☆

2016–02–21 (Sun) 22:24
「私が責任者ですから」安倍首相と東条英機は口癖まで同じだった!

それは安倍と東條がそっくりなのではなく、
彼らの発言の台本を書いている連中が、数十年前から変わってないからではないですか…☆

勿論、人は代替わりしているでしょうが、
日本に戦争を巻き起こす場合、こういう言い回しで、恐怖政治を行う…
それにはこういうタイプの独裁者を据える…
なんともワンパターンな黒幕です☆

それでも安倍よ、よくぞ言った…です。
現時点までのGPIF年金の25兆円の損も、自分が責任者なのでしょう?
しかと、その責任を取ってもらおうではありませんか…☆



その年金も気にかかる相場なのですが…

円ドル為替レート
usdjpy1d.jpg

日経平均株価
nikkei2251d.jpg

ドル円相場と日経平均が、完全に連動したような動きになっています。
これはかなり危険な兆候で、どちらかがガタンとくれば、もう一方も行きますね。
ドル高株高に行く要因は皆無なので、ドル安株安がトレンドです。
株安になれば、安倍株価連動債内閣も轟沈する筈なのですが…
自公与党には、「次の首相」がいません。

…ドワンゴ麻生では失言続出で、相手が共産党でも選挙に勝てません。
福井の稲田…それでは、パククネやケネディ大使でさえ相手にしないでしょう…

ですから安倍を続投せざるを得ないのですが、
…させると、ある日いきなり、それっきり…かもしれません。
自民党にも護憲・世界共生型の政治家さんはいる筈なのですが、
極右官邸にパージされ、地方でくすぶっていたり、野に下っていたりで、
そう簡単に陣容を立て直すことは難しそうです。


その相場も、2割落とした所で今のところ留まっています。
とりあえず、相場介入が功を奏しているとも言えます。

しかし…
日経平均の2割落としは、あのバブル経済崩壊時にもありましたね…。

日経平均チャート 1990年

nikkei 1990

1月に39,000円近くの最高値を付けてから2割~3割落として、
29,000円からいったん回復するのですが…それも半年まで。
7月から段々と値を下げ…あとは皆様ご存知の通りです☆
ただ、今回はもっと速い展開がある可能性も高いですね。

これも多くの人が知っている事なのですが、
日経平均構成の高い株を午後一番で買って引け前に売れば、必ず儲かります。
最後の一時間で政権筋がウィンドウ・ドレッシング(化粧買い)するので、
介入した日はその分だけ儲かるのです。
けれど…それもそろそろ、危険領域に入ってきたかもしれません。
一旦手仕舞いをされる事をお勧めいたします。
それでもやめない人は…もう知りませんよ☆
所詮お金は数字ですからね…☆

株で損する人は放っておいても仕方ないのですが…
何事も市場というまな板に乗せてしまった今の経済体制ですので、
株価下落は、株で欲望むきだしな人のみならず、そんな事とは関係ない人までも、
巻き込んでしまう可能性が非常に高いのです。

例えば株価が暴落すれば、投資家の投資意欲は極端に殺がれます。
リスク回避心理が強くなり、新たな投資を行わなくなります。
そうなると、社債などの債権も買われなくなります。
ここが大きな問題に発展する恐れがあります。

社債の借り換えをしようとしていた会社が、社債入札が不調に終わった場合…
資金繰りがつかずに、いきなり倒産してしまう可能性もあるのです。
事業自体は順調で、社債さえ買い手がつけば問題がない…にも関わらずです。
「嘘でしょう? どうしてあんな会社が?」という倒産…
そうなると投資家はますます、リスク回避に動き、
一旦キャッシュに戻そうという機運が高まります。
それもドルやユーロではなく、安全な日本円やスイスフランにです。

新興国通貨は更に厳しく、米国の利上げもあって通貨安は止まらなくなり、
米ドルさえ、利上げをしても円高に振れる中、大統領選の混乱も相まって、
リーマンショックを上回る連鎖危機の可能性が高まってきます。




取り敢えずの対策ですが…
「会社は黒字でも倒産する事があることを、頭に叩き込みましょう」
「ですから、与信はしっかり管理しましょう」
「そして、資金繰りに気をつけましょう」
「メーカーや農林水産業者なら、こんな時でも売れる未来型商品を創りましょう」
「金融・商社なら、そういう物を創れる会社を見つけ、投資活動・販促営業をしましょう」
「上記に合致するビジネスパートナーとの出会いの場を、率先して創りましょう」
「作る」ではなく「創る」です。
そこが分からないと、勘違いから絶望的危機に陥ります。


「株価=為替レート」という、特異な状況下です。
今週も、市場の動向にご注目くださいませ…☆



<安保法反対>「声上げたい」高校生らデモ

高校生たちは、「自分の給料や年金が守られるのなら戦争も仕方ない」と考えるような、
情けないオトナなどよりずっと冷静な目で、戦争を捉えています。
特に安保法制の戦争は、「自国領土を守る」という個別自衛権のお話ではありません。
米国の金儲けの為に人を差し出しますという、湯田金の言い分を聞くという事…
それは、専守防衛ではありません。


ですから、反対して当たり前。
反対する方が愛国者です。
客観的に見ても…そういう事です☆

「今の若い連中は、実は賢く、逞しい…こりゃあ、オトナも負けていられないぞ!」
そして、そういうオトナもこれから声を上げていくことを望みます…☆


もうひとつ。
専守防衛は当然の権利なのですが、
それには現在米軍に依存している「情報」「通信」「兵站」の部分を、
米国から取り返さないといけません。
そうしないと、また米国は様々なものを日本から奪いに来ます…
この20年、日本の富を奪い、貪ってきた国は、
他ならぬ米国です。


近未来の政権には、ぜひやってほしい事と思います。



スポンサーサイト

« 「陳腐なシナリオ」の再利用にご注意を…☆ | HOME |  嵐の前の、「日々是好日」…☆ »

コメント

 多分、給料のためというより、家族を守るためと言った方が正確かもしれませんね。
 でも、家族を守るために戦争をしかたないことだと諦めることは、戦争になったとしたところで、どのみち家族が犠牲になるリスクがあるので、トレードオフになると思います。

 ところで、最近フランス語を勉強しに、外国語カフェみたいな素敵なお店があるんですが、そこの英語テーブルで、アメリカ人は自分に責任を持って勉強されてるのは良く解り、個人的には関心したのですが(ティーンなのに、常温核融合を知っていたりしていましたね)、問題は、漠然としたイメージで大して調べもせず、米国って素晴らしい国、ニューヨーク、ウォールストリート♡素敵♡行ってみたい…、って人がいらして、日本人はここまで、漠然としたイメージの物語に住んでいるのかと思うと、情けなくなってきました…。

 でも、自分も全然、人のこと言えないし、自分の中での桃源郷みたいなところもあるので、一概には否定出来ませんが、もう少し、だけ、せめてネットがあるんだから、調べようよという気持ちにもなりました。

Re: タイトルなし

>  多分、給料のためというより、家族を守るためと言った方が正確かもしれませんね。
>  でも、家族を守るために戦争をしかたないことだと諦めることは、戦争になったとしたところで、どのみち家族が犠牲になるリスクがあるので、トレードオフになると思います。
>
>  ところで、最近フランス語を勉強しに、外国語カフェみたいな素敵なお店があるんですが、そこの英語テーブルで、アメリカ人は自分に責任を持って勉強されてるのは良く解り、個人的には関心したのですが(ティーンなのに、常温核融合を知っていたりしていましたね)、問題は、漠然としたイメージで大して調べもせず、米国って素晴らしい国、ニューヨーク、ウォールストリート♡素敵♡行ってみたい…、って人がいらして、日本人はここまで、漠然としたイメージの物語に住んでいるのかと思うと、情けなくなってきました…。
>
>  でも、自分も全然、人のこと言えないし、自分の中での桃源郷みたいなところもあるので、一概には否定出来ませんが、もう少し、だけ、せめてネットがあるんだから、調べようよという気持ちにもなりました。



こんばんは☆

歴史を振り返ればこういう時期、「これだけは譲れない」というものを持っていないと、
どこまでもなし崩しになり、押し寄せる現実に迎合して生き残ろうとした結果、
かえって、すべてを失ってしまうという事がままあります。
お互いに気をつけていきたいですね…☆

逆にアメリカのそういう意識の高い方々に感じるのは、
「どうしてそんな悲壮感を持っているのだろう」という事です。
その辺りは島国日本と、母なる大地に愛される母の国の血を分けたわたしには、
ちょっと違和感を感じてしまうのですが…☆
もっとも、ヘンな極右には同じ「悲壮感」を持っている人も多いですが…☆

とはいえ…日本人がイメージに弱いというのも、耳が痛いながら、感じますね…
逆に憧れられている相手からすると、それが悪人の場合、
「こりゃあ、いいカモだ」と思われてしまう危険もあります…☆

やはり、場数を踏む事が一番だと思います。
そうすると、イメージとのギャップを感じられますから。
ただ、そこで逆に「こんなはずでは」という拒否反応が強く出てしまうと、
せっかくの出会いもそこで終ってしまうパターンが多いようです。


そこが一つの壁で、そこを抜けていくモチベーションは持っていたいですよね☆
苦労も楽しんじゃう、そんな感覚で行きましょう…☆



コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/916-969fb0fd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR