Trans Princess三文劇場は、いよいよアドリブで場を繋ぐ局面へ…☆

三文劇場は、いよいよアドリブで場を繋ぐ局面へ…☆

2016–02–23 (Tue) 21:41
この所、相場ももちろんですが、世界の動きが早いですね。

民主と維新、合流へ大筋合意 3月中にも「新党」
この人たちだけでは絶対にこういう事はしないでしょう。
それに、「わざと自公に負ける」為の、Bチーム要員も沢山いますからね。
敢えて名前は挙げませんが…☆

ですから、こんな事はせずにピエロを演じていればよかったのに…☆
考えられるのは、後ろで尻を叩いている人たちがいるのでしょう。
それは新潮や文春に、政権批判記事を書かせているのと同じ人たちでしょう…

民主・維新の合流に「大して期待してない」自民・二階氏
こういう書き方☆ 元ネタは産経ですからね…
でもねえ…政治に詳しい方のお話しでは、二階は大した役者らしいですからね。
憲法解釈の時、慶大の小林教授を連れてきたのは、この二階の旦那ですよね☆
もし状況が急変すれば、こちらに乗り換えるんじゃないですかあ?…☆
で…状況は急変しつつあるわけで…


「トランプ大統領」が嫌なら移住を――カナダの島が売り込み
「トランプ氏の勝利を待たずに、今すぐスタートしましょう。
そうすれば選挙当日にはバスに飛び乗り、新たな生活を始められます」
「女性は人工妊娠中絶を受けられ、イスラム教徒は自由に歩き回ることができる」

トランプ騒動には批判的に記事の方が多いのは勿論なのでしょうが…
米国の大衆にすれば、今までと似たり寄ったりの連中はもう嫌なのでしょう。
だから、エキセントリックなトランプ…「しか選択肢がない」と言ったところでしょうか。



一方の民主党も、サンダースというエキセントリックな候補が躍進中。

ヒラリー氏とサンダース氏の指名争い、勝負あった? “よほどのことがなければ…”と現地報道
まあ、普通はこう報道するでしょうね…☆
と言いますか、社会主義者に当選される位なら…という思いも、米国民には強いです。
それにヒラリーこと「鼻から栗キントン」候補は、選挙…というか、「開票」に強い☆
どういう訳か後出しジャンケンが認められていたり、
これまたどういう訳か、僅差で勝っても「大勝」「圧勝」と報道されます…☆

しかし、これはまだ分かりません。
栗キントンへの支持は冷めていますし、サンダースへの支持は熱いですね。

冷めた言い方をしてしまうと、
誰が勝っても妙案がある訳もなく、米国は衰退するでしょう。
後はそれを、新しい未来へつなげる充電期間にできるか、
はたまた、底知れぬ深淵へ続く階段を下りて行って、それっきりになるか、
いよいよ1%対99%で、殺し合いの内戦になるか…です。

ただ、トランプに関して申し上げれば、
911の真相をぶちまけるとか言っていますよ。
出来レースのショーなのかもしれませんが、ここまで言い切ったら後には引けません。

そこで、これをやったら、少しは皆さん納得するのではないでしょうか?
The “28 Redacted Pages” is a limited hangout

例の911事故報告書には、28ページにわたって公開されていない部分があります。
ここにはサウジとイスラエルが、911の実行犯だという事が書いてあるそうです。
この部分を公開せよと、米国の一部国会議員たちもずっと主張しています。

911は米国の金融戦争屋とそのお仲間の内部犯行と言う事は、
既に世界中で公然の事実として語られています。
米国本体を生き残らせるためにも、ここで金融戦争屋やサウジ・イスラエルを切り捨て、
処分する事は大事だと思うのですがね…


そうはいくか…と、羊の皮を被ったヒラリーを大統領にさせたい面々☆
しかし、形勢利あらずでしょう。
どうやっても、時の流れに逆らう事はできません☆
一時的に勝っても、結局は必ず負ける勝負を挑んでいく事になるでしょう…


それは日本のお金と権力と戦争大好きの皆さんも同じです。
天の時を得ない人たちとは、そういうものなのかもしれません…☆



スポンサーサイト

« 嵐の前の、「日々是好日」…☆ | HOME |  ドル円・株価・原油…みんな連動の奇妙な相場…☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/918-42cea584

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR