Trans Princess全ては、1985年8月12日に始まったのかもしれません…☆

全ては、1985年8月12日に始まったのかもしれません…☆

2016–04–25 (Mon) 23:08
こんばんは。
現在、本業のほうでレポート執筆中。
よって、今夜も簡易更新ですみません…☆

南九州の放射能値は現在もやや高め推移。
絶対量としては微々たるものであり、心配はいりません。
ただ、こうした微量放射能の急増は、何らかの理由があります。

福島の時と違い、時間を見つけて現地へ飛ぶ…という事は、
直線距離でも1,000以上キロ離れた仙台からでは正直難しく、
現状ではこのような中途半端な記事を書き綴るだけで、
皆さまには申し訳ない気持ちです。

しかしながら、今月初旬、パナマ文書の公開と鹿屋の墜落がありましたが、
その頃から以上に騒がしくなった事だけは、言えると思います。

歴史を紐解き、考察してみると…
こうした騒然とした雰囲気は、
ある意味1985年の世界と似ている気もします。

この年の夏、日航123便が墜落、
その後、プラザ合意でドルショック、猛烈な円高が日本を襲った訳です。
また似たような事を、企んでいるのかもしれませんね…☆

そう、あの1985年8月12日から、何かが始まったのではないか…
そう思っている方は、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。
わたしは、いわゆる霊感(ヤマ勘?)でそう感じたのですが、
父や恩師を含め当時を知る年代の方々が、
けっこうそんな事をお話してくれます。
その事は製菓会社への脅迫事件など、奇妙な事件も相次いでいたようです。
そう、その頃から、今の日本と世界の窮状がはじまった…

勿論、もっと遡れば…
それは何百年前、何千年前、何万年、何十万年…となりますが、
まずはそんな歴史を紐解く第一のカギが、
この「1985年8月12日」なのではないかと思います。

あの時も、最終的にはご遺体をDNA鑑定されていたと思いますが、
今回の鹿屋も、同じ状況だと思えるほど、ご遺体は傷んでいたように感じます。

あの頃の事をもう一度よく洗い直せば、
今目の前にある謎と、それへの対処法も、
必然的に分かってくるはずです。

特にご年配の方…
その頃を知る方がいらっしゃったら…
何か教えて下されば幸いです…☆


スポンサーサイト

« 鹿児島で放射能数値が、不思議な上昇をしています…☆ | HOME |  日銀&年金 高くついたチープ・マジック…☆ »

コメント

そういえば翌年1986年はスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発(1/28)、チェルノブイリ原発の爆発(4/26)と築き上げて来た巨大システムとそれを管理する側の劣化が見られた年でしたねえ。

Re: タイトルなし

> そういえば翌年1986年はスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発(1/28)、チェルノブイリ原発の爆発(4/26)と築き上げて来た巨大システムとそれを管理する側の劣化が見られた年でしたねえ。


こんばんは☆
一説には「近代40周年期説」というのがありまして、
その衰亡期が始まるのが、1985年だというものです。
この件につきましては、また記事にしてみますね。

チャレンジャーの爆発と、コロンビアの空中分解…
今年あたりも、何かが起こりそうな気配…
と言いますか、誰かが人為的に起こすのかもしれませんが…☆


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://transprincess.blog.fc2.com/tb.php/971-bf6fe9e4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR