Trans Princess世界は三文劇場

チェックメイト プライムミニスター アベ…☆

2018–03–12 (Mon) 21:08
財務省、森友文書の報告書に安倍昭恵氏の名前 消された文言はこれだ

dims.jpg

H26.4.28

 近畿財務局から森友学園に対し、資料提出を速やかに行うよう要請したところ、森友学園から(1)当初計画していた本年7月の大阪府立審議会への諮問を本年12月に変更したいので、その前提で対応してほしいとの要望とともに、(2)豊中市との開発協議を急ぐ必要があるため、大阪府が小学校新設に係る設置計画書を受理した段階で、近畿財務局から豊中市に「森友学園との本財産の契約を締結することを証する」旨の文書を提出してもらいたいとの要望あり。

 なお、打合せの際、「本年4月25日、安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた。」との発言あり(森友学園籠池理事長と夫人が並んで写っている写真を提示) 。


「安倍晋三総理」「麻生太郎大臣」もカット。森友学園文書から日本会議の記述消える

dims2.jpg

2)理事長

籠池康博氏(別添名刺参照)
同氏は「日本会議大阪(注)代表・運営委員」を始めとする諸団体に関与している。

(注)日本会議大阪は、全国的な国民運動団体である「日本会議」(美しい日本の再建と誇りある国づくりのために政策提言と国民運動を推進することを目的として設立された任意団体)が平成9年に設立されたのに呼応する形で、大阪に根付いたより広汎な国民運動を推進すべく、平成10年6月に設立された任意団体。

なお、国会においては、日本会議と連携する組織として、超党派による「日本会議国会議員懇談会」が平成9年5月に設立され、現在、役員には特別顧問として麻生太郎財務大臣、会長に平沼赳夫議員、副会長には安倍晋三総理らが就任。


2017年2月17日 毎日新聞の記事☆
安倍首相 「私や妻関与なら辞任」国有地格安払い下げで

20170217.jpg

安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、国有地を格安で買い取った学校法人「森友学園」が設立する私立小学校の認可や国有地払い下げに関し、「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と述べた。小学校は今春に大阪府豊中市で開校予定で、「名誉校長」は首相夫人の昭恵さんが就任する見通し。

googleでこの話題をニュース検索してもエラーが出てしまいますが、
この記事だけは見られます…☆
はい、アウト。
本来であれば本日内閣総辞職、議員辞職」なのですがねえ…


会計検査院、改ざん前の文書を保管 国交省から受領

それにしても、こうした案件に会計検査院が手をこまねいていた…
警察は証拠を持ち去り、地検は手心を加え、裁判所は籠池を長期拘留させ、
議会は圧倒的多数を武器に、内閣のごり押しに追随する…

そう、この国は既に、三権分立が崩壊しています。
そして法治主義ではなく、人治主義の国に成り下がりました。
こういう事は独裁国家や、昔の言い方で言えば「開発途上国」がやる事。
日本はもはや、先進国の態など、なしていないのです。
それを認めるのは辛い事なのですが、
ここは国民も現実を見つめる事からはじめましょう。
そうすれば、この惨状から抜け出す道も見えてきます…☆


森友文書、答弁に合わせ改ざん=首相陳謝、麻生氏続投の意向-昭恵氏発言を削除

一昨日の記事でお話しましたが…ほら、やっぱりやりましたでしょう?
東北出身の佐川に全ての責任を押し付け、自分たちは関係ないと言わんばかり。
そして佐川は現在非常に危険な状況にあると察します。
全責任を負って佐川も自殺(or自殺に見せかけた他殺)という事態だけは避けたい。
もう人が死ぬのは見たくないですからね…

身を守るために、強力なリベラル団体の保護を受けたほうが良いと思います。
緊急避難ですから、この際共産党でも良いでしょう。
彼らにはこうしたガードのノウハウがありますから。


それにしても彼らはやる事がワンパターンなので、すぐに分かります。
この人たちは本当に情けない、クズ人間ですね…
何が由緒正しい名門ですか…
それが名門なら、名門などいらないです…☆


そんな恥ずかしい人たちの事は、
世界中で報道されていますよ…☆

英国ロイター
Japan PM, finance minister under fire over suspected cover-up of cronyism

USニュース
Explainer: Altered Documents Turn up Heat on Japanese Leader in Cronyism Scandal

インド ザ・ヒンズー
‘References to Japan PM Abe and wife removed from documents’

サウスチャイナ・モーニングポスト
Japanese officials doctored documents at heart of cronyism scandal, deleting references to PM Abe, wife, minister


いよいよチャウシェスクやムッソリーニに近くなって来ましたか。
頼みの綱は北朝鮮がミサイルでも連発してくれる事ですが、
ところがどっこい、その手は食わぬと、
トランプはその道を完全にふさいでしまいましたから、もうダメ…☆

ね…だから申し上げていたでしょう?
トランプは愚者のふりをした、金融戦争屋ターミネーターなのですよ☆
少なくともここで金融戦争屋を葬らなければという事ですから、
熟考した上で順番を決め、事にあたってきたわけです。
トランプの後ろには、米国の愛国派がついています。


このまま行けば、世界中が注目する中、
安倍は総辞職して議員生活からも引退。
そしていよいよ罪人として裁かれる事になりますが…



そして間もなく春分。
さらに物事は加速していきます。

入試が終わった4月になれば、加計の問題が火を噴くかも知れません。
入試シーズンにやると、「おかげで志願者が減った」と難癖をつけられますが、
この時期になれば加計に訴えられる事もなく、報道する事が出来ます。

そうなるといよいよ、田布施スキームにメスが入るかもしれません。
少なくとも一部の人たちは、そこまで狙っているように思えます。


そして朝日は、未だに切り札を切っていませんね。
最後の最後まで切らなくても良いと思います。
先に切り札を切ってしまった相手が、
あとは勝手に自爆してくれますから…☆


そういえば、ネトサポの組織的抵抗が現在停止したようです。
韓国の様に、パククネのネット工作員までお縄になる事態も考えれば、
そういう事もありかなと…☆





株価連動債形政権…☆

2018–02–08 (Thu) 22:31
今日も安倍たち日本政府は、
国民のお金を使って株の買い支えに必死です。
今も頑張っているようですが…☆

安倍内閣は株価連動内閣。
株価が落ちれば全部終わります。
ですから必死で買い支え。
それなりに効果は出ている…かは微妙です☆

でも、いずれ全部水の泡と消えてしまうでしょう。
株安はおさまりませんからね…


United States 3-Month Bond Yield

20180208-1.jpg


短期債の代表的なチャートです。
米国債券市場は短期債の高騰が収まりません。
それは来月8日に政府機関が閉鎖される事を読んでの事ですが、
つなぎ予算での延命も、もう限界に来てますし、
なによりこの金利高騰で、資金繰りに苦慮している会社や機関が続出しています。
金融恐慌発生の可能性は高いと思います。

日本ももう5年以上、安倍政権で出鱈目をやって来ましたから、
かなりの深い傷を蒙る事は覚悟して下さいませ。
その傷の深さは、これから色々な物が吹き飛んでいく、その順番で決まります。


…この上更に出鱈目をしようとしている安倍たち。
いよいよ呂律も回らなくなってきたようですが…☆




安倍首相が朴槿恵前大統領に宛てた「私信」がバレる…☆

2018–01–26 (Fri) 22:34
宮城は最高気温も0℃に届かない、真冬日が続いています。
積雪はせいぜい20cmほどなのですが、
ガチガチに凍りついて、容易には融けなさそうですね。
今夜も暖かくして休むとしましょう…☆


トランプ劇場、相変わらず絶好調。
その発言に、日本も世界もすっかり振り回されています…☆
その手招きに誘い出されてて踊ってしまうしまうとは、
すっかり懐にナイフを秘めた道化師のペースに嵌ってしまっている証拠です。
ですから申し上げましたでしょう?
あの男を甘く見ると、あとでとんでもない目に遭わされますよと…☆



安倍首相が一転…平昌出席の決定打は朴前大統領への私信

一方、韓国は文在寅政権が切った“最強カード”が奏功したとほくそ笑んでいる。それは、安倍首相が朴槿恵前大統領に宛てた文書だという。
「朴槿恵前大統領が弾劾訴追で青瓦台を追われたドサクサに紛れ、文在寅政権が入手した機密文書の中に安倍首相が朴槿恵氏に宛てた私信があり、〈慰安婦問題については個人的に謝罪する〉といった文面が記されていたと聞きます。慰安婦問題の解決を急ぐ安倍首相が日韓合意の早期実現のために送ったようで、〈日韓合意を実現できるのであれば、50回でも100回でも謝罪する〉とも伝えていたようです。朴槿恵氏は尹炳世前外相の忠告に耳を貸さず、一気に合意の道筋をつけた。“アベ私信”を手にした大統領秘書室は大喜びで、日韓合意の見直しを後押ししたのです」(外交関係者)

この男など、トランプが秘めたナイフを頚動脈にあてなくても、
自分から全部、日本の富を吐き出しそうですね。
それが自分のものではなく、国民の財産だとしても、
否それだからこそ惜しげもなく投げ出して、自らの延命を請うのでしょう。

それはともかく…☆
安倍は同じ仲間の朴槿恵には平身低頭だった。
当たり前です…彼自身が田布施の朝鮮部落の血筋ですし、
金融戦争屋の仕組む争いは、すべて同じ仲間同士ですから。

このスキャンダルがこうして世の表に出てきたのですから、
いよいよクライマックスが近づいたのかもしれません。
そう、みんな金融・戦争屋の、
もっと言えばそれを操る人々の仕組んだ、三文劇場だったら?
争っている者同士のリーダーが、実は裏では仲良しだったとしたら?…☆

明治維新から続く日本と朝鮮半島、そして満州を挟んだ中国との歴史が、
すべて三文劇場だったとしたら…
東アジアの民衆の歴史観・世界観は、大きく変わるかもしれませんね。
「敵も味方も、俺たちみんな騙されていたんじゃないか? おい…?」とね。


各国の民衆が膝を突き合わせて話し合う時が来るかもしれませんね。
それは最終的には、
「確かに過去には色々あったけれど、これからは未来志向で一緒に行きましょう」
という点で合意するでしょう。
その時ようやく、本当の「アジアの夜明け」がやって来るのです。

勿論、そんな事になったら全てがおしまいになる人たちがいますから、
それこそ死ぬ気で抵抗してくるでしょうが…☆

そんな連中との戦い方は、30年前のロシアがお手本・道筋をつけてくれました。
そう、「グラスノスチ=情報公開」です。
あの鉄の帝国「ソビエト連邦」すら崩壊させたグラスノスチ。
これをやられては、後戻りが一切利かなくなります。
そしてロシアも、東半分はアジアの一員なのですよ…☆



コインチェック、出金を停止=トラブル発生か―仮想通貨大手

ほらほら…
一番怖い結果、「元のお金は持ち逃げされて、主催者トンズラ」が、
現実味を帯びて来ましたね。
ですから申し上げていましでしょう?
「ビットコインは、高い授業料を払ってお勉強をするツール」と…☆

ビットコインのもたらした「怪我の功名」として、
ブロックチェーンがあげられるのですが…
これも実は、確かに将来的には非常に有用なのですが、
現段階では、まだまだ使い物にならないツールです。

それについては、また時間があるときに書きますね。
明日は早起きしなければなりませんので…☆



賭場の胴元の心理とやり口…☆

2018–01–04 (Thu) 22:51
東証大発会“大幅上昇” 強気予想も・・・

世界的な株高の流れを追い風に550円を超えて大きく値上がりした日経平均株価は、2万3000円を回復して午前の取引を終えました。相場の格言では“戌笑う”つまり「戌年は株価が上がる」と言われていて、「年内に3万円に到達する」との強気な予想も出ています。
そういえば3年前かな?
株屋の業界団体の会長が「今年は25,000円まで上がる」と、連呼していましたっけ。
今年は誰か手下に言わせて、「3万円」ですか。
ようするにこれ、「3万円でドブ(個人客=カモ)に売り払え」という檄なのですよ…☆
↓こういう記事もありますね。


ただ、その一方で慎重な見方もあります。
「強気の見通しの方が多かったが、最初からこのロケットスタートだと、1年もつのかと、むしろ不安が大きくなってきた。年の後半に向けては、下がるリスクの方が大きいのではないか」(カブドットコム証券 齋藤正勝 社長)

本気で相場を上げるときは、「上げ下げの繰り返し」の操作をします。
一歩的にあげると、上記のような声が出て、賭場から客が逃げてしまいますからね。
上げ下げしながら中期的には上げ相場と言うトレンドが博徒の心をくすぐり、
大量の資金が相場に流れ込みます…これが「相場の胴元」の戦術です。
逆にこのまま一方的に上がっていくのなら、要注意。
それは胴元が売り逃げを図っている証拠でもありますから。
…分かってしまえば、単純で下らないからくりなのですが、
騙されちゃう人、結構多いのですよ…☆



では、株以外の相場、
例えばビットコインなんてどうでしょうかね。

20180104-2.jpg

誘い上げをしていますね。
もう1回吊り上げて、投資家を騙すつもり満々な胴元の意図も感じられます。

ただビットコインの場合はそれ以上に、
投資家をコインに誘導して、金へお金が流れないようにしなければ、
自分たちがゲームオーバーになるという事情もありますから…☆


「相場で必ず儲かるのは胴元だけ」と言われますが…
お客が離れてしまえば、胴元もお仕舞いになる訳です。

そしてわたしの父の金言を借りれば…
どんなに相場を操縦しても、
「最後の最後で、マーケットは正直(適正価格まで戻る)」
という事です…☆





詐欺師だらけのこの世で生き抜くのも、また修行の内…☆

2017–12–09 (Sat) 23:08
魑魅魍魎がうようよしているのがこの世の常でもありますが、
ほらほら、ここに来てたくさん出て来ましたよ…☆


エルサレム首都認定、背後にキリスト教福音派の強力な根回し

ドナルド・トランプ米大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都に認定すると発表した。トランプ氏が大統領に就任する前から、保守的なキリスト教福音派はエルサレムの首都認定を求め、ロビー活動を展開していた。
ユダヤ系米国人の間では、エルサレムの首都認定では賛否が分かれている。これは、パレスチナ側とのいかなる和平合意にも多大な影響を及ぼす政治問題となる。エルサレムの首都認定は、聖書の指示だと多くの福音派教徒が考えており、福音派指導者はほぼ一様に首都認定を支持している。

はい、お疲れさまです。
シオニストに牛耳られたイスラエル政府に続き、
エヴァンジェリカル…いわゆるキリスト教福音派も、
全世界を敵にまわす事になりました。
こうやってターゲットを屋根に上らせ、梯子を外す、これがトランプのお仕事です。


意図的に「大した事は無い」と報道されていますが、
昨日で米国のデットシーリング(債務上限)も復活しましたし、
中東情勢の緊張は極度に高まっています。
こうなると米ドルも非常に不安定な状況になり…
そこで、「リスク回避にはビットコインが一番ですよ」といわんばかりに、
異常な上げ相場が展開されました。


ビットコイン急騰 初の200万円超え

ビットコインは金融戦争屋の商品ですから、その後ろ盾は当然米ドルです。
つまり、何のリスク回避にもなっていない、馬鹿馬鹿しいお話なのですが、
誠に残念なのですがこの見え透いた罠に、結構日本人が引っかかっています。
こちらをご覧下さい。

月次取引高

20171209.jpg

中国が手を引いたあと、日本円と米ドル、韓国ウォンがシェアを伸ばしています。
カモだなあ…☆

2015年8月2日の記事、
三文劇場が続く中、東北・北陸も梅雨明け…☆

の中で、こういうお話をしておりまして…

高い授業料を払ってお勉強をするためのツール、ビットコイン☆
社会的には需要があるシロモノですが、
なにしろそれを運営している人たちが怪しいですから。
11月までに言い値で売れる局面があったら、わたしなら売りますね。
もっとも、最初から買いませんが☆

半月ほど時期がずれましたが、ほぼ予想通りの展開。
この上昇ですから、言い値で売れたと思いますよ。
「頭と尻尾は猫に食わせろ」の例え宜しく、
わたしならここ(多分160-180ドル)で売り抜けていました。
…わたしはこういうバクチが大嫌いなので、買いませんけれどね☆

これ以上の値上げに付き合っていると、人間欲が出ます。
そうなると売り逃げのチャンスを逃してしまいがちです。
所詮は米ドル防衛の為の延命ツールですから、
いずれは一度、潰れるのがオチです。
そもそもこんな不安定な通貨、恐ろしくて決済には使えません…☆
今行われているのは単なる投機、それも凄まじいバブルです。

現状では日本円をもっているのが一番です。
それでも不安という方は、ヘッジ目的で金を買ったほうがましです。
もちろん、現物のゴールドに限りますが…☆



« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
気分転換に、プロフィール画像を期間限定で変えてみました☆
(サービスで更に少し大きめ画像に☆)

こういう古きよき時代の軍服をモチーフにしたファッション、好きなのですよね…☆
本当の強さを持った本物の軍人は、戦争反対なのですよ。
平和維持の為、不肖みちる少尉、それなりに頑張らせて頂きます。勿論、最終的には勝たせて頂きます…☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR