Trans Princess長靴娘式精神文明論

ローマ帝国が滅びた理由は、「戦争」ではなく「経済」でした…☆

2017–01–03 (Tue) 23:56
研修から帰り、作り置きのカレーで夕食を摂りながらゼロヘッジを眺めていると、
普段とは少し違うタッチの記事が載っていました。
お題は「ローマ帝国の崩壊と通貨」とあります。
いきなり世界史のお話ですか…と、今日はこの記事のご紹介です…☆

Currency & The Collapse Of The Roman Empire

20170103.jpg

重要な所を掻い摘んで抄訳していきますと…

The Roman Economy(ローマ帝国の経済)
ローマ時代は貿易経済が非常に活発だったが、領土の拡大に伴い輸送等のコストが増大し、ローマ帝国はそれを賄う新たな方法を見出すが、それはハイパーインフレや経済の破綻、財政危機などをもたらした。

Roman Debasement(ローマ通貨の質的低下)
帝国初期の通貨は4.5gの銀を含有した良質のデナリウス銀貨であったが、金銀産出の総量から貨幣鋳造には限りがある。そこで皇帝たちは、貨幣の純度を下げて財政を賄う事となった。マルクス・アウレリウス時代(訳注:2世紀後半)には銀の含有率は75%に下がり、カラカラ帝(3世紀初期)は事実上1.5デナリのコインを2デナリいう額面をつけて流通させた。ガッレリヌス時代(3世紀中期)には、銀は僅か5%しか含まれていなかった。

The Consequences(その後)
これらに対する実体経済への影響が出てくるには時間がかかった。
低コストの通貨の流通量が増えたが、そは経済的成長に寄与しなかった。増えた通貨は人々の手元に残らず、そのまま生活費へ消えた。カラカラ帝は生活が苦しい兵士たちの要求に応えて、賃金を5割増しにした。西暦265年には銀の含有量が僅か0.5%となり、物価は1,000%と急上昇した。

The Effects(結果)
コスト上昇の一方で敵から略奪する貴金属も無く、帝国の維持の為に政府は大増税で苛斂誅求を国民に強いた。ハイパーインフレと増税、価値の下がった貨幣の増発の三重苦が、ローマの商業を溶解させた。3世紀末には、商取引はローカルなものになり、便利な交換媒介物(貨幣や小切手など)の代わりに、バーター取引で行われていた。

The Collapse(崩壊)
西暦235年から284年の危機の間に皇帝は50人後退したが、多くが殺されたり、暗殺されたり、戦死した。ローマ帝国は大混乱し、3つ(訳注=ガリア・ローマ・パルミラ。東西に分かれるのは更にその後です)に分裂した。絶え間無い内戦は国境防衛を脆弱化させ、通商ネットワークは崩壊し、商業行為自体が危険な状態となった。蛮族が四方八方から侵入し、疫病が蔓延した。西暦476年、西ローマ帝国は滅亡した。



とまあ、「悪化は良貨を駆逐する」お話からはじまり、
そうして増え続けたお金が、最後は自分の重さで崩壊し、大帝国すら滅亡させてしまう。
そんな歴史のひとコマなのですが…


ゼロヘッジがわざわざ、そんな「歴史おもしろ話」を記事にする訳もありません。
量的緩和でお金がじゃぶじゃぶになっている中、政府はお金が無く重税を国民にかけまくっています。
そう、今の世界は(勿論日本も含めて)、ローマ帝国末期の経済状態に似ているのです。
「ローマ帝国の滅亡」と言うと、退廃の都にフン族やらゴート族やらがドドドと攻め込んでくる、
ハリウッド映画の一大スペクタクルの様なものを想像する方もおられる様ですが…
確かにそういう事もあったのでしょうが、それはあくまで「結果」のお話です。
本当はゴート族のローマ突入以前に、ローマ帝国はとっくに滅びていたのですよ。
それも原因は戦争ではなく、経済です。
経済が破綻し、内戦などで、もはや国の態をとどめていなかったのです。
民心は(ローマ在住の特権階級以外は)、ローマ帝国から心離れていました。
ですから、ゴート族やフン族の侵入に耐える事も出来ずに、歴史から姿を消したのです。
戦争は最後の駄目押しで、ローマ帝国は経済崩壊で滅亡したのです…☆
今の世界経済は、そのローマ帝国と、よく似た状態になっていませんか…?


ゼロヘッジの記事はそこを言いたいのですよ。
現在の経済体制の崩壊に警戒して下さい、
その為のヘッジをかけて下さいと…☆

日本もどこかのバカ首相とバカ総裁が、上記と同じような事をしてしまいましたが…
この二人は今やレームダックで、そのうち消えるでしょう。
幸い日本は経常収支が黒字ですから、債権債務の相殺などは国内で調整が出来ますので、
ハイパーインフレに対してはなんとかなるとは思いますが、
海外に投資されている方は十二分に警戒して下さいませ。


そういう時期なので、最後に売り逃げしたい連中が一生懸命相場を維持させていますが、
手口がワンパターンなので誰も騙されず、本当にお困りのようです…☆

まあ、自業自得です…☆



追記

今回のパラダイム変換は、ローマ帝国崩壊と同じ位インパクトがあります。
それを戦争・混乱無しに出来るかがキーポイントです。
まずは毎日を、お元気にお過ごしくださいませ…☆


株主になるという事の、本当の意味…☆

2016–12–13 (Tue) 22:59
本日簡易更新ですが、
ちょっと重いというか、生意気を言わせて頂く記事…☆

日経平均が高値更新、内需株回帰は「年内2万円」の吉兆か

たまに「ねえミチルさん、株をやってみようと思うんだけど、何を買ったらいい?」
というようなお話をされる事があります。
リアルでは殆ど…というより全く無いのですが、
ネットのお付き合いの方から、そういう質問を幾度かされた事があります。

答えは総じて言うと、こんな感じです。
「株主になるのは、社長になるより難しいです。やめておいた方がいいです。」

これを更にやんわりと言うのですが、中にはへそを曲げられてしまうケースもあります。
「何訳分からない事言って、本当は分からないのだろう?」
…位に思われ、その後疎遠になるのがお定まりのケースなのですが、
わたしはそれを、丁度良い縁切りだと思っております…☆

「株主になるのは、その会社の社長になるより難しい。」
けれど、この言葉は真実だと思います。
これはね、父がわたしに授けてくれた言葉なのです。
株主さんとはどんな人かというと、「最終的に会社の責任を負う人」の事です。
株を買うという事は、会社の最終的責任を負う事です。
そして会社が危機に陥った時、株主は会社とその経営陣を、助けに行くのが仕事です。
最終責任を負っているのですから、当然ですよね。
だから株主さんはそのタスクとリスクの見返りとして、利益の中から配当金を貰えるのです。
株式会社制度の本来の姿は、そういう事です。
という事は、株主さんは、ある意味会社の経営者以上に、
経営の事に詳しくないといけないのです。
経営に詳しくなければ、やっていけないのが株主です。


しかしですね…今の株主さんたちに、そういう人がどれだけいるのかと言えば、
いても非常に少数派…としか言えないのが、現実です。
経営など出来ない人は勿論、デイトレーダーなど、
仕事をしていない人が株主になって、会社から利益を貪りますし、
経営が危ういとなれば、我先にと売り飛ばしてトンズラします…☆
それは会社にとっても株主にとっても、損をする事は火を見るよりも明らかですよね。
それをこの20年くらい続けてきましたから…
ご覧下さい、その結果が今の体たらくです。
全てが行き詰ってしまい、のたうち回っているではないですか?…☆


なかなか経済体制の転換を今すぐやるのは難しいですから、
これからもしばらくは、今の会社制度の延長線上で崩壊後の再建をやるとすると、
この株式会社制度について、株式を市場で売買する制度を、
少し改めないといけないかもしれません。
まあ、売買全面禁止では投資意欲も大きく減ってしまうでしょうが…難しいところではあります。

と同時に、株で儲けようというのならば、つまり株主になるのならば、
まず経営を学んでからでないといけないと思います。
それは単に株を売買して金を儲けをするのに比べると、遥かに難しい事なのです。


そういう次第で、わたしは安易に株主になる事を、お勧めしていないのです。
自分にも不幸だし、世の中にも迷惑がかかる可能性もありますしね。
株屋新聞の記事を見ながら、そんなことをふと思いました。

元株屋の親を持つ子は、色々手練手管も教わりましたが、
そのもっとずっと手前の、そういう事も学んだりしています。

ただそれを、現実に生かすような事はないですねえ…
わたしは株の売り買いなどやりませんから…☆



追記
明日は忙しそうなので、更新サボるかもしれません…☆


白人世界の舞台裏…☆

2016–12–02 (Fri) 22:49
今回の記事は、ちょっと難しい内容です。
ごく普通の日本人からみると、ちょっと気持ち悪い白人世界のお話です。

ですので、気の向かない方は今回はとばして、
次の記事をお待ちくださいませ…☆


その気持ち悪いのなんて平気のへーさと思っている方は、
続きをどうぞ…


続きを読む ⇒

絶大な権力の崩壊の後に来るもの…☆

2016–11–29 (Tue) 22:00
今日もおいでいただき、誠にありがとうございます☆
すみません、本日簡易更新です。

政府、日韓合意への影響懸念=3カ国会談開催も厳しく

はっきりと言ってしまえば、統一教会の絶大だった権力が崩壊しているのでしょう。
東アジアにはもう一人、統一教会の権力に依存する政権があります。
言わずと知れた、日本の安部政権です。
あ、あと、かりあげクンもいたっけ…☆
これまでスーパーエリートの駒としてやってきた彼らですが、
トカゲのしっぽ切りの例えよろしく、見捨てられるのでしょう。


キッシンジャー博士とトランプ次期大統領が、「いま一番危険な男は、安倍晋三首相だ」と認識を一致させたという

キッシンジャーも今や追われる立場。
それならば、切り捨てるものを切り捨てて、己の延命を図ります。

わたしの父は若き日、ウォール街の会社で働いていたので、
彼らの内面を嫌というほど知り尽くしています。
「彼らは、自分さえよければいい人たちなんだよ…」

そんな思想では、この星の危機を切り抜けることはできないでしょう。
それを超えるものをもった人じゃないと。
そんな人たちに一番大事なのは、知識でも腕力でもなく、人格だと思いますよ…☆

そして、それは決して救世主や超人というわけでなく、
市井にいる一見ごく普通の人たちで、
そんな人たちが横につながって連携して、
それにわたしたちのような、ごく普通の人間が賛同し、協力する…
そういう近未来が、新しい時代の幕開けかもしれませんね…☆


でもでも、もっと本音でいえば…
ごく普通の人も、沢山いるリーダーの一人一人になれるわけです。
もしかしたらわたしも、ある部分でリーダーになれるかな?
そうやってお互いに「ひっぱりあいっこ」をしながら、
みんなで一緒に未来へ行けるといいですね…☆

こんなわたしでも、一緒に行きましょうよと、
言ってくださる方々がいらっしゃればね…☆




深夜の米国の街を彷徨う、道化師の姿に怯える人々…☆

2016–10–30 (Sun) 22:31
10月もそろそろ終わり…秋も深まってくる頃です。

20161031.jpg

明日の朝は仙台市内も内陸は氷点下までさがりそう。
我が家はその内陸なので、朝がつらそうだなあ…
昼の気温はそれなりに上がるので、一日の寒暖差に注意ですね☆



米国の「不気味なピエロ」騒ぎ、マクドナルドなどが配慮の動き

この騒ぎ、In Deepさまのこちらの記事にまとめてありますね。

アメリカ人が最も恐れるものについての世論調査 : 3位は家族の死、2位はテロ攻撃、そして第1位は・・・「ピエロ」

ここでちょっとオカルトなお話でもすれば、このブログらしいのですが…?
まあ、ハロウィンにかこつけた、情報機関の大衆不安喚起工作としか思えませんね。
ハロウィンの習慣が無い欧州大陸ではピエロ騒ぎは大した事無いし…☆

確かに、派手なお化粧をして表情を隠しているのに、その表情が読み取れたりする所など、
ダメな人にはダメかもね…?
でもそんな表向きの印象以上に、なぜ米国人がピエロを恐れるのかと言えば…
それが、自分の知らない「得体の知れない世界」の象徴だからなのかもしれませんね。

それだけでは普通、この様な騒ぎにならないのでしょうが、
米国民たちは、気が付いているのではないでしょうか。
自分たちが生きているこの米国も、世界も、得体の知れないものになってしまっていると…☆

例えば来週に迫った大統領選。
とてもではありませんが、まともな大統領選ではありませんよ。
これまでの合衆国では、とても考えられませんでした。
そこにもってきて、ピエロに象徴されるオカルティックな恐怖…☆

そんな時人々は保守的になり、変わらない事を選ぶようになる…
そう考えている連中が、裏で糸を引いているのではと思います。
大統領選は、なにがなんでも従来路線継承の路線ヒラリーに当選させ、
それを国民は好感して、迎え入れるだろう…

でもそれ、違いますよ、きっと。
米国民はエリートたちの正体を見破ってしまったのですから…
何をするか分からないトランプ以上に、何をしてきたか分からないヒラリーに対して、
自分の知らない「得体の知れない世界」を、感じているのではないでしょうか?
得体の知れない、深夜の街角に現れたピエロの様にね…☆


ちなみに…わたしはピエロ位、全然平気です。
ある意味もっと気持ちいマスカレードみたいな行事には、
子供の頃から参加していましたから…☆


In Deepのオカさまも、こう仰っておられます。

長くなりましたので、ここらあたりにしておきたいと思いますが、それがどんなものであろうと「恐怖」というもの自体は「恐怖と感じる自分」の方に、恐怖の原因がある・・・というのは真理ですし、私もこのあたりを乗り越えたいとは思っていますが、なかなか難しいです。
しかし、恐怖という概念は「大規模な社会コントロール」に簡単に利用されるものでもありますので、本来なら対象は関係なくすべての恐怖は問答無用に感じないほうがいいのです。
それがピエロであろうと世界最強の核兵器であろうと。




そういう事ですので、こんな曲も…



こんな曲も…




真夜中でも普通に聞けます…!(あたりまえだ☆)



« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
Be brave wearing gloves and boots!
清楚な女の子用のセーラー服を着て、それに手袋とブーツを合わせて男の子らしく、水兵さんっぽい、勇ましい感じにしてみました。男の子だから出来る可愛さを…。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR